« 昨日、3月8日は | メイン | ユウダチタカノハの幼魚 »

2010年03月10日

●ヤグルマウミウシ

この季節、昔から三寒四温と言う言葉が有りますが、まさにその通りですね。

3月に入ってから、晴れの日と雨の日が短い周期で繰り返しており、温かな日と
寒い日が繰り返してますが、ここ最近の海の中では、伊豆や南紀の海では
フクロノリが満開にて、春が近づいている事が感じられます。

umiushi%2020100306a.jpg
ヤグルマウミウシ   学名 Crimora lutea
 裸鰓目 / ドーリス亜目 / フジタウミウシ科 / ヤグルマウミウシ属

撮影 2010年3月:紀伊大島須江地区 内浦 水深 -9m 大きさ約10mmぐらい
生息域 千葉県以南 ~ 西部太平洋域、インド洋域など

岩礁域にて水深が-30m以浅に生息しております。
体色は黄色で黒色の小突起が散在しており、特徴としては頭部先端の小突起の
先端は2裂している物が多く、背面部と側面部の小突起は円錐形をしております。
また触角、及び鰓は黄色、もしくは橙色にて、先端が白くなるタイプも有ります。

本写真からも、頭部先端の小突起先端が2裂している事や、背面部と側面部の
小突起が円錐形をしている事が判るかと思います。

umiushi%2020100306b.jpg

本種は大きくても15mmほどの小さなウミウシにて、今回の写真は全て105mmの
マクロレンズにクローズアップレンズを付けて撮影しております。
従って被写界深度はmmサイズとなり、フォーカスを触角に合わせると二次鰓は
ボケボケとなり、ウネウネの極めて悪い海況の中、上手く撮影する為にいろいろと
自分の体のポジションを替えながら、非常に難しい撮影でした。

更に自分自信が初観察の生物にて興奮した撮影となってしまい、今回の2枚の
写真ぐらいしかまともに報告できる写真が有りませんでした。
反省です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)