« シロハナガサウミウシ | メイン | 再度、移転のお知らせ »

2010年03月24日

●イラ その2

先日の事、会社で昼休憩中に桜のソメイヨシノの話しをしていたら、ひとりだけ
そめい・よしのさんと言う人の話しと勘違いしているスタッフが居ました。

凄い発想をするものでして、そんな考え方が出来るぐらいならそんな変わった
能力を生かして、ついでに何か新しいビジネスモデルを思いついてくれないかと
思ってしまいました。

ira%2020100220a.jpg

イラ 学名 Choerodon azurio スズキ目 / フエフキダイ科 / メイチダイ属

撮影 2010年2月:獅子浜 水深-12m 大きさ70mm
英名 Scarbreast tuskfish
生息域 南日本、朝鮮半島南岸、台湾、シナ海など。

沿岸の岩礁域に生息しております。
全体の体色はピンク色にて、体側面に濃暗色と白色の斜めに走る大きな帯が
あります。
雄は成長すると頭部がこぶの様になり、更に老成すると頭部の形が四角形に
なっていきます。

ira%2020090207a.jpg

撮影 2009年2月:紀伊大島須江 ナギザキ 水深-16m 大きさ30mm

過去に 本種の報告をした時 は、上の写真の様に成魚の姿とは全く異なる幼魚の
姿を使いましたが、今回の報告は幼魚から成魚に成長する途中の姿です。

人間で言えば、中学一年生位の姿でしょうか。
いつもサカナに関しては成魚よりも幼魚好きの自分ですが、本種に限って言えば
全く姿が異なる幼魚よりも、大人の姿でそのまま二頭身にした様な今回の報告の
姿の方が可愛くて好きですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)