« ブルースポット・カーディナルフィッシュ その2 | メイン | 休載のお知らせ »

2009年07月07日

●ギンガメアジ

gingameaji%2020041008a.jpg
撮影 2004年10月:マレーシア シバタン島 カフェ下 水深-3m

gingameaji%2020041009b.jpg
撮影 2004年10月:マレーシア シバタン島 水深-20m

本日の写真をごらんになって、えっ?と思われた方が多いと思われますが、
こんな自分でも、ワイド写真を撮ることも有るんですよ。
もっとも 5年前の写真ですが。

いちおう今も 12-24mmのワイドレンズと、10.5mmのフィッシュアイレンズと、
それぞれの水中用のレンズポートも持ってます。
確かに、滅多に使わんですけど。

本当は幼魚が汽水域で見られるらしいので、それらを撮してから報告しようと
思ってましたが、なかなか見かけないので、今回は成魚だけで報告させて
いただきます。

gingameaji%2020060407a.jpg
ギンガメアジ  学名 Caranx sexfasciatus

 スズキ目 / アジ科 / ギンガメアジ属
撮影 2006年4月:PALAU ブルーコーナー 水深 -12m 大きさ500mmぐらい 
英名 Bigeye trevally
生息域 南日本 ~ インド洋、太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域沿岸の礁外縁や、礁斜面等の中層に、大きな群れを
作って生息してます。
体色はメタリックな銀色にメタリックな薄い黄色が混じった感じで、成魚は
鰓蓋の上部に小さな黒斑があります。
幼魚の頃は体側面に黒い横帯が6本ありますが、成長するとともにそれら
横帯は消えてしまいます。

尚、和名は、体色が銀紙を貼ったような色であることから、銀紙アジとなった
様です。

gingameaji%2020060407b.jpggingameaji%2020050318a.jpg

成魚の雄は繁殖期には体色が黒く変化し、婚姻色に変色します。
雌の体色は変化しませんので、ペアとなると、右上の画像の様な銀色と
黒色のペアが、群れから少し離れて泳いでます。

婚姻色って言っても、ハナダイやベラの様な華やかな色で無くて、ただの
地味~な黒色ですので、撮影意欲はいまいち沸いてこないと思いますが、
左上の画像の様な群れの中に、黒いのが混じってたりしますので、次回
ご覧になれた際には、ちょっと注意して観察してみて下さい。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)