« トゲナガハゼ | メイン | バラフエダイの幼魚 »

2009年02月10日

●ストッキーサンドタイルフィッシュ

昨日は仕事上、いろいろ車で移動しては歩き回る事が多かったんですが、
ふと階段を上がる時に、足がなかなか上りません。
日頃の鍛錬不足から、翌日になっても泳ぎまくった足の疲れが全く取れて
ないようです。

と言う事で、明日から久しぶりに WiiFitで走り込もうと思います。
何せ、引きこもり系なので外では恥ずかしくて走れませんから。

Stocky%20tilefish%2020090111a.jpg
ストッキーサンドタイルフィッシュ  学名 Hoplolatilus fronficinctus
スズキ目 / キツネアマダイ科 / サンゴアマダイ属
撮影 2009年1月:PALAU 水深 -**m 大きさ120mmぐらい 
英名 Stocky tilefish
生息域 西部太平洋域など

キツネアマダイ科の報告では、いつも書いてる内容ですが、水深30m以深の
砂礫底などに生息しております。

本種の最大の特徴は、自身で死珊瑚片などで塚を作り、その巣穴に複数匹の
集団生活をする事です。
英名そのままの特徴って事ですが、キツネアマダイ科の生物の棲息行動は
種によってバラバラなところが面白いですね。

Stocky%20tilefish%2020090111b.jpgStocky%20tilefish%2020090111c.jpg
撮影 左右共に、2009年1月:PALAU 水深 -**m 

Stocky%20tilefish%2020070618a.jpg
撮影 2007年6月:PALAU 水深 -**m 

自分は何度撮影しても、ちっ~とも上手く撮れない生物が、いくつかあります。
例えば、 カマヂハナダイ マルチカラーエンジェルフィッシュ などがそうですが、
この ストッキーサンドタイルフィッシュ も、その上手く撮れない生物のひとつです。

実際には自分はこの生物をパラオでしか観察した事が有りませんが、今まで
何度撮しても、全鰭全開の真横バッチリ画像が撮れません。
そう言う画像が取れるまでは当ブログでの紹介はしないつもりでしたが、最近
ハゼ科、テンジクダイ科、スズメダイ科以外の生物も、沢さん報告しなければと
思い、今回は不満足の写真ではありますが・・・

次回のパラオでは、バッチリ撮ってきたい課題のひとつです。 

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)