Top > 2009年01月17日

« 2009年01月16日 | メイン | 2009年01月18日 »

2009年01月17日

●ブルーバックダムゼル

今週始め全チームの先陣を切り、我がフェラーリが、そして続いてTOYOTAと
今シーズンのF-1のNewマシーンが発表され始めました。

今シーズンの大きなレギュレーション変更によって各チーム、フロント、リアの
各ウイングを含め空力的に大きくデザインが変更され、特にリアウイングは
かなり幅が小さくなって、各車イメージが大きく変わりました。

個人的には昨今の、整流板や翼端板がニョキニョキとボディから生えてる様な
空力デザインは好きでなく、以前の凹凸が少ない滑らかな空力デザインによる
ボディが好きですので、今年の各チームのNewマシーンのデザインに期待を
しております。

でもともかくTOYOTAがNewマシーンを発表した事で、HONDAに続き日本の
メーカーの撤退の危機は免れ、ちょっぴりホッとしました。

bluebackdamsel20090110a.jpg
ブルーバックダムゼル  学名 Pomacentrus simsiang
スズキ目 / スズメダイ科 / ソラスズメダイ属
撮影 2009年1月:PALAU 水深- 8m 大きさ 30mmぐらい 
英名  Blueback Damsel
生息域 南日本の太平洋沿岸 ~ インド洋、中西部太平洋域など。

内湾のサンゴ礁域や岩礁域などの浅場にて、死珊瑚塊や崩れた岩礁等が
水底に広がっている様な環境に生息しております。

bluebackdamsel20090110b.jpg

以前に ブルースポットダムゼル のところで、この ブルーバックダムゼル
ブルースポットタ゜ムゼル と、 スズメダイモドキYg を区別する方法を、書かせて
頂きましたが、今回、もうひとつの区別方法を教えていただけました。

区別方法は、目の回りに縦に走る光沢ある薄青色のラインの数です。
その縦のラインが 3本あれば本日紹介の、 ブルーバックダムゼル で、2本の
場合は、 ブルースポットタ゜ムゼル だそうです。

また、 ブルースポットタ゜ムゼル のところで書かせて頂きました、尾柄部上部の
青い点は、 ブルースポットタ゜ムゼル だけでなく、 ブルーバックダムゼル でも
稀に見られるそうです。

そんな細かな違いなんて、って思われてる方もいらっしゃるかも知れませんが、
細かな違いを見比べていくと、生物観察は更に面白くなると思いますよ~♪