« ナカモトイロワケハゼ その2 | メイン | 夕焼け »

2008年11月06日

●クラカオスズメダイ ナイトカラー

結局は、やはり下馬評通り、民主党オバマさんでしたね。

現在の世界的不況はアメリカの金融策の失敗が発端ですから、そう言う意味
では、主権政党が変わって政策変更を行なわなければ思うと、オバマさんで
良かったかなと思います。

さて本日からは再び、ナイトダイビングで観察してきた生物報告です。

kurakaosuzumedai20081018a.jpg
kurakaosuzumedai20081018d.jpg
クラカオスズメダイ  Amblyglyphidodon curacao
撮影 2008年10月:PALAU サザン桟橋前 水深-5m 大きさ約80mm
英名 Staghorn Damsel
生息域 奄美大島、屋久島、琉球列島以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

画像は共に、夜20時頃に撮影した物です。
体高は高く、体側面に薄い黄色の部分があり、明瞭な暗色の横帯が有る事で
同定が出来ます。
サンゴ礁域や岩礁域に単独で居る事が多く、中層に複数で群れていたりとか、
潮溜まりや浅瀬では見かけません。

色彩的にもとっても地味な大型のスズメダイなので、南方系のスズメダイでも
オヤビッチャ 辺りと同様に、あまりダイバーに見向きはされない様ですね。

kurakaosuzumedai20071223b.jpg
撮影 2007年12月:奄美大島 ピアテグリ 水深-10m

こちらは昼間の姿、一般のダイバーの方が見かけるのはこの色彩ですので、
見向きされないのも無理は無いかと。

また名前にしても、クラカオのスズメダイと、まるで暗い顔のスズメダイと
想像してしまいますが、どうやら名前の由来は、南米のキュラソーからだそう
ですが、キュラソー島、お酒のキュラソー?

しかもこのスズメダイ、南米には居ないそうです。
不思議な名前の由来ですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)