« 冬の奄美大島合宿報告(3) アカメハゼ | メイン | 冬の奄美大島合宿報告(5 ) キツネベラYg »

2007年12月29日

●冬の奄美大島合宿報告(4 ) カスリヘビギンポ

本日も、先日の奄美合宿から報告させていただきます。
どうやら当ブログではヘビギンポ系が初登場の様ですが、今年もヘビギンポ系は
沢さん撮していたのに、意外です。

kasurihebiginpo20071222a.jpg
カスリヘビギンポ  Ucla xenogrammus
撮影 2007年12月:奄美大島 倉崎ビーチ  -7m 大きさ約40mmぐらい
英名 Largemouth triplefin
生息域 奄美大島、琉球列島、西部太平洋、南太平洋など

文献によりますと、身体は細長く吻部が尖り、大きな下顎が突出し、体は透明で、
表面に赤斑が入り、紅白の脊椎が透けて見える。
体色に雌雄の差はあまりない。
と、あります。

kasurihebiginpo20071222b.jpgkasurihebiginpo20071222c.jpg

上の写真は、共にナイトダイビングで撮影したものですが、日昼と比較して体色が
濃くなっております。

昼でも夜でも、岩礁や珊瑚の上にひょこっと乗ってる事が多く、透明な体色ゆえに
見逃しがちですが、じっくりさがすと結構、見かけます。
ハゼ系と同様に割と動きが少ない生物ですので、写真は撮りやすいですよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)