Top > 2007年03月

« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月31日

●Drスランプ んちゃ編

20070331aa.jpg

先週末の話ですが、またまた買っちゃいました。
と言うか、予約したのは去年の秋ですので、やっと届きましたが正しいかな?

数年前のドラゴンボールZから始まって、鳥山明先生のDVDボックスは全て
購入してしまっております。
夏には、今回の " んちゃ編 " の続編で、" ほよよ編 " も届く予定なんですが、
いったいこのDVDボックスシリーズは、いつまで続くのでしょうか?

今回は、おまけで付いてきたフィギアの箱が大きくて、全体の梱包箱もかなり
大きくなってます。
先日、ネットオークションを見ていたら、この写真の様なドラゴンボールZの
梱包外箱だけで、何点か出品されていました。
自分は作品のDVDが欲しいだけですから、中間の箱はとても丈夫いので
いろいろ荷物を送るのに使ってますが、この外側の梱包箱は何にも考えずに
いつも捨てております。

ちょっと今回は、自分も欲を出して出品してみようかな。

2007年03月30日

●たった一晩で

今日の日記で、ソメイヨシノは2~3枚ぐらい・・・と書いたばかりなのに。

20070330ab.jpg
今朝、会社に着いてみると、近くのサクラがこんなに咲いておりました。
夜中に雨が降って一気に咲いたみたいです。

昨日までは、つぼみだらけだったのに、たった一晩で様変わりです。
これなら来週末と言わずに、もっと早くお花見が出来そうですね。

●アゲハチョウ

今朝、何気にいつも奥さんが手入れしている、玄関前のパンジーを見たところ、
アゲハチョウが止まっておりました。

20070330aa.jpg
写真は既に逃げられた後のパンジーですが、春ですねぇ~。
よく見ると、モンシロチョウ、ハチなどの虫たちも、ブンブン飛んでます。

今月初めの頃は、今年は暖冬だったのでサクラの開花は早いと、報道されて
おりましたが、まだまだソメイヨシノはやっと1本の木で2~3枚咲き始めた程度、
満開は4月1週目の週末あたりでしょうか。
これだと例年並みですね。

でも葉ザクラの入学式よりも、サクラ満開の入学式の方が、年々少なくなって
いく季節感を感じさせてくれるので、今年も例年通りで良かったな~と思って
しまう自分は、既に老人なんでしょうかね。

神様、仏様は信じないくせに、季節感を感じさせてくれる行事はとっても大好きな
自分です。
今年こそは、数年ぶりに山菜採りに出かけてみようかな。

2007年03月29日

●PHOTOSHOP LIGHTROOM

20070329aa.jpg
先日、予約していたADOBEの、写真編集ソフトの PHOTOSHOP LIGHTROOMが
届きました。

自分は常々、D200、D100のデジいちでの水中撮影は、全てRAWデータで
記録しております。

デジカメをオート撮影で無く、マニュアルセッティングで撮る様になってからは、
その時の撮影環境に応じて、ストロボの光量、ISO、シャッタースピード、露出の
4つを、水中でプロ気分に浸って、あれこれセッティングして撮影しておりますが、
所詮は、素人写真。
やはり、セッティングミスにより大半が駄目写真ばかりです。

しかしそんな駄目写真も、Jpegと異なりRAWデータで記録していれば、写真
編集ソフトを使って、少しはみれる写真に様変わりします。
デジカメ写真は、所詮、デジタルデータであり、データ量が大まかなJpeg方式
よりも、データ量がきめ細かいRAWデータは、あとから細かく加工が出来るので
補正が沢山出来るわけですね。

でも欠点は、RAWデータのままでは普通のPCでは見れず、全てJpeg写真に
加工してから確認することになります。
その編集が面倒で、しかも時間がかかる事。
今まで、自分はニコンのキャプチャーシリーズ、ADOBEのPHOTOSHOPを使って
きましたが、写真1枚毎の編集の為、ダイビングの後は大抵2~3時間かけて
Jpegに加工しておりました。

ところが、このPHOTOSHOPシリーズの新ソフトLIGHTROOMでは、選択した
全ての画像を一度に、Jpeg写真に加工できます。
そこで、たまたま出来の良い写真があれば、その画像のみを再度RAWデータ
から、細かく調整してJpeg写真に加工いたします。

更にプレゼンテーション機能が充実しているので、メール添付や、HP用に使う
データ量の小さいWeb写真へ、ワンクリックで加工が完了。

今まで自分が思っていた、写真編集ソフトでの不満を全て解消してくれました。
これなら最近毎日持ち歩いているコンデジのイクシィも、RAWデータで撮すぞと
思いましたが、残念ながらイクシィ900ISはJpegモードだけでした。

こんなに簡単な編集ソフトが出たんだから、カメラメーカーさんもコンデジの
全てにRAWモードを付けて欲しい物ですね。

2007年03月28日

●きよもん湯

20070325ba.jpg
先週末のダイビングの帰り道に、那智勝浦町の きよもん湯 に寄ってきました。
詳しい温泉の内容は、上記のきよもん湯の文字からリンクしてある公式サイトで
確認していただけばと思いますが、ここでは自分なりの感想を書かせていただき
ます。

20070325bb.jpg20070325bc.jpg

ダイビングに行くと帰り道に温泉に寄ることが多いのですが、紀伊半島、伊豆半島
の中では、いちばん自分が、これぞ温泉と感じられる温泉です。
湯室の扉を開けるとすぐに感じる硫黄のにおいのバック効果もあってか、お湯に
つかると、すぐにお肌がすべすべ。
そんじょそこらの温泉とは、ひと味もふた味も違います。
なのに値段は500円と、超リーズナブル。

夏場はウェットで潜る為、串本や須江の帰り道にほとんどよりますが、冬場は
体が濡れる事もないので、現地サービスさんで頭だけシャンプーして帰る事が
多いです。
そのせいか、今回、久々に寄ってきました。

20070325bd.jpg20070325be.jpg
ついでに今回はその後、新宮市にある回転寿司の”錦”で晩ご飯にしましたが、
なんと40分近く並びました。
ちょっと高めの価格ですが、ネタの大きさと美味しさが評判の模様です。

その隣は、昨日紹介を忘れた一人暮らしの ミジンベニハゼ 君。
でもその住んでるガラスビンは、昨年、自分が卵を産んだペアを監察したビン
早くお相手が見つかる事を、お祈り申し上げます。

2007年03月27日

●3月最終ダイビングミジンベニハゼ

先週末は、 かじきあん ツアーで、またもや紀伊大島須江地区で潜って
きました。

先週末で内浦ビーチがクローズしたばかりなので、須江ダイビングセンター
ガラガラと思いきや、なんと先週末より混んでます。
しかも皆さんボートなので、こんなに一度にボートに乗れるのか心配です。

自分の今回の目的は、最近ボートポイントのナギザキで観察できていると言う
フチドリハナダイ の撮影。
来週の土日はあいにくと月末月初なので休日は取れませんし、その翌週からは
いよいよテック講習がはじまり、カメラはしばらくお預けです。
なので最後は綺麗なサカナの撮影と勇んできましたが、このゲストの多さが
大誤算に。

先週日曜の20mオーバーの海況とはうってかわって、本日はニゴニゴです。
3mも見えてません。
おまけにボートは全員が座れないほど、超満員。
当然、こんな大人数ではナギザキは無理との事で、違うポイントの地蔵岩と
コワリ下を潜ることになりました。

流石に、うねりがあり3mも見えないニゴニゴでは、地蔵岩で観察ができる
生物は少なめ、いつもの ミジンベニハゼ を撮すことに。

20070325aa.jpg
現在この地蔵岩で ミジンベニハゼ は、4~5カ所ぐらいで観察出来る様ですが、
ガラスビンで暮らしてる夫婦と、独り者が5mぐらい離れて観察できます。
その更に7m位離れると ウツボ との共生も観察できます。

大瀬崎の空き缶で暮らしてるのと異なり、ここ須江ではガラスビンや、ウニの殻、
サンゴのかけらで暮らしている事が多くて、とても綺麗な絵が撮れます。

そんなご夫婦の方を観察してみると、黄色い卵がいっぱいビンにくっついており、
二人で手を取り合って守っているのか、片方ずつしか手前に出てこない状況で、
なかなか二人揃って正面は向いてくれません。

20070325ab.jpg20070325ac.jpg
それどころか、じ~っとカメラを構えていると、”近づくなぁ~!”とばかりに、
上の写真の様に、白いお腹を見せて一生懸命に卵をガードしてます。

別に捕って食べる気は無いんですけど~~、ミジンさん。
頑張って守って、立派な赤ちゃんを沢さん育てて下さいね。

2007年03月26日

●雨上がりの日

ダイビングをした翌日が運悪く雨上がりの日に当たってしまうと、常日頃からの
我が家の狭い裏庭は、自分のダイビング器材と、奥さんが干す傘などが重なって
大混雑です。

20070326aa.jpg
自分はダイビング器材を、いつも裏庭の倉庫に引っかけて干しています。
いつも奥さんは、洗濯物は二階のベランダに干しますが、ダイビングの翌日は
洗濯物も多く、更に雨上がりとなると前日の洗濯物も乾いておらず、ベランダ中が
洗濯物だらけになってしまい、傘などの雨具に関しては、裏庭のあらゆる所に
引っかけて干すことになります。

当然、生活必需品では無いダイビング器材の干す場所は狭くなり、大きく広げて
干すことは出来ません。
今回はSタンクでしたから未だましな方で、Wタンクの時はレギュレーター等、
器材が増えるので、干し場が狭くて大変です。

そろそろ、器材専用の物干し竿を用意しないと行けないかも知れません。
大きなお家に住んでる方には問題ないお話しかも知れませんが、我が家の様に、
ちびっこ建てに住んでると、Wタンクって、器材だけで無くこんなところまでお金が
かかるようです。

2007年03月25日

●今週も、またまた須江に

NEC_0018.JPG
フチドリハナダイがいるというので、今週も須江に来てしまいました。
( 詳しい内容報告は、後日 )

20070325ba.jpg
帰り道に久々に、きよもん湯によりました。
( 詳しい内容報告は、後日 )

2007年03月24日

●スペシャリティカード

20070324aa.jpg

1月に受けたスペシャリティのカードが、先日手元に届きました。
どんなスペシャリティかと言うと、ディスティンクティブ・メニューのインデペンデント・
ダブル・シリンダー。

ダブル・シリンダー、すなわちWタンクです。
簡単にWタンクと言っても2種類有りまして、初めから2つのタンクをマニホールドで
繋いだ物と、その場で2つのタンクをつなげて使うインデペンデントWタンク。

国内でマイタンクを持ち込める様な所では、予め充填したマニホールドタイプが便利
ですが、海外などマイタンクが持ち込めないところでは、インデペンデントWタンク
キットを使って現地で組む方がお手軽です。

一言Wタンクと言っても、PADIのスペシャリティでは、どちらもディスティンクティブ・
メニューながら、マニホールドタイプとインデペンデントタイプの2つ有り、テック講習の
中でマニホールドタイプは習うので、自分はまず練習用にインデペンデントタイプの
講習を受けて、1月よりWタンクの中性浮力に慣れる練習をしてきました。

特にテックをやらない方でも、Wタンクのスペシャリティーを受講すれば、今より
長い時間のダイビングが可能になります。
普通のダイビングタイムなら、ダイビング2本は持ってしまうので、タンクチェンジの
わずわらししさが無くてすみます。
タンクが重い分、腰のウェィトは少なくなります。

因みにドライスーツの時に、Sタンクで7Kgのウェイトを使う自分は、Wタンクでの
1本目のウェイトは 0Kgです。
2本目の時は、エアーが無くなり浮力の付いたタンクが2本なので、さすがに
浮き安くなり、1.5Kgだけ付けます。

と良いことばかり書きましたが、ちょっと重いってのが欠点ですね。

2007年03月23日

●The High Road / JOJO

先日、グウェン姉さんの新しいアルバムがマイブームと書きましたが、
ここ一週間は、JOJOの How to Touch a Girl に、はまっております。

20070323jojo.jpg

夕暮れのビルの屋上で歌っているシーンを中心に、ウェイトレス姿などの
ドラマ仕立てに仕上げられたPVが、先月あたりからMTV等で放送されて
ますが、最初は普通にただ眺めて居るだけでした。

それが見て聴いているうちに好きになり、最近はそのPVをDVDに落として、
毎日一回は通勤途中に見ております。( 正しくは聴いてます。かな? )
PVでは最初は高い夕陽が、どんどんと撮影中に沈んでゆく中、彼女の歌う
姿が、とても好きです。
でも、これでまだ16歳になったばかりなんだから、驚きモンです。

アメリカではティーンに絶大的な人気の彼女ですが、日本では本国ほどは
って感じですね。
自分自身も、このアルバムからの1st シングルの、Too Little Too Late は
これほど好きではなく、アルバムの The High Road も聴いてなかったので
先日、HPで視聴してみると、約2年前に13歳でのデビューアルバムと違い、
自分好みのバラードが多い。

50近いいいおっさんが、16歳の女の子の歌を好きになるなんて、幾つに
なっても子供のままの様です。

2007年03月22日

●今シーズン、内浦ラストダイブ

先週末の日曜日を最後に、秋まで半年間、内浦ビーチがクローズになりました。

初めて、ここ内浦ビーチで潜ってから、かれこれ5年間。
毎年秋から春にかけて、自分にとってのホームグランド的なダイビングポイント
ですが、ここ紀伊大島の須江漁協さんでは、Wタンクでのレジャーダイビングの
許可が下りていないので、今年年頭よりWタンク練習を始めた自分はなかなか
潜れませんでした。

数えてみたら今シーズンは全部で15本、昨シーズンは26本潜ってますから、
約2/3しか潜っていない訳で、来シーズン迄にはWタンクの潜水許可が下りて
いる事に期待しております。

今回は、昨日2本エンリッチ12Lで深場へ行きましたが、期待していたハゼさん
達は、透明度ニゴニゴの寒い水温で砂の中で冬眠している模様でした。
今日も無理かなと諦めていたら、たった一晩で様変わり、なんと今日は20m以上
見えてます♪

そう言えば昨夜のナイトでの、隣の白野ビーチの透明度はバツグンでしたので、
その頃から潮が変わったんでしょうね。
今シーズンの最終日に、こんなに素晴らしい透明度をサービスしてくれるとは、
須江の神様は、ちょっといけてる神様みたいですよ。

20070318ad.jpg20070318aa.jpg
さて、ダイビングの結果はと言うと、深場へも行ってみましたが、昨日、今日と
期待していた キラキラハゼ には会えませんでした。
会えたのは、いつもの クサハゼ や、 ミジンベニハゼ ヒレナガハゼ サルハゼ
イトヒキハゼ などなど。

20070318ab.jpg
20061118ac.jpg20070318ac.jpg
浅場では、個人的に今シーズンの内浦で一番ヒットの ピンクフラッシャーYg
秋には、大人になった艶姿で現れてね~。
今シーズン初めからずっと居てくれた ハナゴンベYg
こちらは最初コンデジで良い写真が撮れたと思ったのですが、PCの大画面で
見ると、全てボケボケ写真でした。
なので、上の写真は今シーズンの最初に撮った画像ですみません

そして、ここ内浦では個人的に初観察の ウミテング
いつ見ても、カッチョ良い姿です。

060916b1.jpg20060206ab.jpg
 共に今回写真は失敗、前に撮った写真でごめんなさい。
最後の安全停止では、かわいい キンギョハナダイ を撮したり、岩の穴の中を
ダークバスターで照らして シュンカンハゼ を探したりして、自分の今シーズンの
内浦ビーチは終了しました。

2007年03月21日

●かつを茶漬け

先日のナイトダイビング後の夕食は、串本町で "かつを茶漬け" を食べて来ました。

前からそう言う名物が有るよとは聞いておりましたが、自分の実家でも小さい頃
から、 "かつを茶漬け" なる物は存在しており、かつをの刺身の余り物を暖かい
御飯の上に乗せて、上からお茶を掛けて食べるだけなので、そんな物が売り物に
出来る物かと思っておりましたが、今回、初めて食べる機会に恵まれました。

20070317ke.jpg
お店の場所はJR串本駅近く、割烹料理 萬口 です。
なかなか歴史が有りそうな外観のお店ですね。
食べ終わって帰る時に撮した画像なので、看板の電気がきえてたりしますが、
営業中はのれんも出てました。
のれんを片づける時間からみると、どうやら、21時30分迄営業の様です。

入る前に、以前に来たことがあるプテラさんから事前に聞いてはおりましたが、
聞いていた通りオーダーすると、初めて食べる?何回か食べた?と、聞かれて
初めてと答えると、食べ方を教えてくれますので、今回はそのとおりに食べて
みました。

20070317ka.jpg
オーダー後、しばらくして配膳されてきて、おひつのフタを開けたのが上の写真
です。
確かに、ただ暖かい御飯の上にかつををのせてあるだけでなく、かつを自体が
お店独自のたれに浸してあり、鰻のひつまぶしの様に一度に異なる食べ方を
楽しんで食べる様です。

20070317kb.jpg
まず、おひつの御飯の半分を茶碗によそい、上にかつをを、6切れ乗せ、たれを
大さじ2杯かけて、上からのりをふりかけて食べます。
どちらかと言うと、薄味のかつを海鮮丼って感じで、これだけで、まずおいしい。

20070317kc.jpg
二杯めは、おひつに残っていた御飯を全部のせて、残ったかつをと、たれを
全て掛けて、わさびをのせて、のりを振りかけます。

20070317kd.jpg
そしてお茶を掛けると、かつをの色がかわり、かつを茶漬けの出来あがり。

こちらのお味は、やはり薄味のお茶漬けに、大きなかつをの具がはいってると
いった感じで、刺身好きの自分には合ってます。
おいしかったです。
ボリュームは男性なら丁度良いでしょうが、女性はちょっと食べきれない方も
いるのでは。
でも、何故、かつをが一杯めが6切れで、二杯めが5きれなのかは疑問が
残りましたが、それがベストな食べ方なんでしょうね。

お値段は、税込み¥1.365-。
高く感じるか、安く感じるかは味の好みは人それぞれなので、あえてここには
書きませんが、食べてのお楽しみにして下さい。

2007年03月20日

●ナイトダイビング その2 アカエイ

昨日に引き続き、先週末のとても楽しかった、白野ビーチでのナイトダイビングの
お話です。

何がおもしろかったかと言うと生物の多さ、 黒カエルアンコウ、アカエイ、トビエイ、
ハナイカ、ミミイカ、スナダコ、 マダコ、ハリセンボンの群れ、巨大伊勢エビの群れ、
いわしの群れ、 きびなごの群れ、キタマクラの群れ
などなど。

今回初めて白野ビーチを、ナイトダイビングで潜りましたが、いやいや、なかなかの
ナイトダイビングスポットです。

20070317ac.jpg
それで本日紹介させていただくのは、 アカエイ
何故かと言うと、先日イクシィを手に入れてからコンデジでの動画に凝ってます。
もともと芸術的感性に乏しい自分には、膨大なビデオ画像を上手く編集できる
能力は有りません。
しかし、コンデジのビデオで1分程度の画像にしておけば、まぁまぁ飽きずに
見れますので、いろいろ水中で珍しい物だけ撮ってます。

と言うわけで、このブログには載せておりませんが、自分のマイミクさんは是非
mixi に載せた、 アカエイ の画像をご覧下さい。

20070317ad.jpg20070317ae.jpg
その他、寝てたところを起こされて怒りっぱなしの ハナイカ や、見つかっては
砂に潜ろうとする ミミイカ 等の可愛い画像にも挑みましたが、こちらは両方とも
いまいちの映像でした。

やっぱり、映像に関する持って産まれた才能は乏しいようですね。

2007年03月19日

●ナイトダイビング その1 カエルアンコウ

先週末は、 かじきあん のツアーに参加して、南紀の紀伊大島須江地区で潜って
参りました。

使用させていただいたのは、いつもの須江ダイビングセンターさん。
とっても親切なお客様サービスに、いつも勉強させられます。

ここ須江地区で一年を通してメインのボートポイントのナギザキでは、先日より
フチドリハナダイ が出ているとの事ですが、今回それは我慢して、昼間は先週末の
日曜日をもって、今シーズンはクローズとなってしまう内浦ビーチだけ潜って
きました。
もっとも、行く前は来週末でクローズと思ってたのですが、今年は暖冬の為、
例年より早く漁協さんが定置網を入れるらしく、土曜日の2本目が終わった時に
知らされました。
実に良いタイミングで来れたものです。

内浦ビーチ以外にも、今回はナイトダイビングも予定のひとつ。
ナイトダイビングができるのは白野ビーチだけになりますのですが、内浦ビーチの
すぐ隣のビーチなので、変わった生物の期待はたっぷりです。

大のナイトダイビング好きの自分ですが、国内ではなかなか機会に恵まれず、
去年一年間で17本ナイトダイビングをこなしておりますが、国内では昨年夏に
串本でのサンゴの産卵時に潜って以来です。

今シーズン最後のウチウラビーチでの報告を前に、そんなナイトダイビングでの
面白かった事を、紹介させていただきます。

20070317aa.jpg
写真はエントリー前の白野ビーチの風景です。
なにか夕陽をバックに男と女のいい感じの写真ですが、鮮明に仕上げると
ドライスーツ姿が・・・・・・・。

20070317ab.jpg
エントリーしてすぐに、本日のガイドのプテラさんから紹介していただいた
カエルアンコウ と、 ハナアナゴ のお見合い風景です。
実はこの写真の下にも マゴチ も居ましたが、そうなるとヤラセみたいに
見れちゃうので、この2人のツーショットに止めさせていただきましたが、何とも
微笑ましい光景でした。

この黒い カエルアンコウ 、この白野ビーチで潜るのは自分は約一年ぶりですが、
その時も住んでらっしゃったので、おそらく定住者かと思えます。
皆さんも、ぜひ一度ご覧に行ってあげて下さい。

2007年03月18日

●本日も内浦ビーチ

NEC_0015.JPG
本日で、内浦ビーチが今シーズンはクローズ。
しかし透明度20Mオーバー、昨日のニゴニゴは何?
写真はコンデジでの、ちびハナゴンベ。
デジいちより綺麗に撮れるとは。トホホです。
( 詳しい内容報告は、後日 )

2007年03月17日

●夕方の、須江ダイビングセンター

20070317ba.jpg
昼間は大勢のダイバーで、にぎやかだった須江ダイビングセンターも、18時前
にはほとんどの方が帰られ、残るは寒いにも関わらず、物好きなナイトダイバー
だけになりました。

写真は器材洗い場から見れた、西の空に沈み行く春の太陽です。
今日は、残念ながら海の中はニゴニゴでのダイビングでしたが、明日は海況が
良くなることを夕陽に祈ります。

おっと、その前にナイトダイビングでした。
春の夜の海の中、何が見られるか楽しみですね~。

2007年03月16日

●奥さんの誕生日

昨日は、奥さんの誕生日でした。
そのおかげで、14日に長男がホワイトデートの帰りに、昨日の当日は二男が
仕事帰りにと、それぞれケーキを買ってきてくれたので、2夜続けて誕生日
ケーキのおこぼれを授かりました。

の予定でしたが、二男が忘れており、我が家内での株を下げました。

20070315aa.jpg
上のケーキは、誕生日イブに自分が食べたケーキです。
どこのケーキ屋さんの物かは知りませんが、長男がいっぱい人が並んでいた
から、おいしいと思って並んで買ったそうで、注文後に箱詰めするのにも、
整理券が配られていたらしいです。
まぁ、確かにおいしかったです。

20070315ab.jpg
こちらは、自分がホワイトデー兼、誕生日プレゼントにあげた、抹茶生チョコ&
抹茶プリンセットの、抹茶プリンです。

でも良く考えると、今年のバレンタインデーは自分はパラオにいて、何も貰って
いませんでした。
まぁ、そんなもんでしょうね。

2007年03月15日

●Google Analytics

先日、我が社の関連会社のweb制作会社のスタッフと話しをしていた時に、
皆さんがいつも見てくれている、このブログのヒットカウント数の話になり、
Google Analytics と言う面白いソフトを教えてもらいました。

intro_small.jpg
グーグルアースとかで有名な、あのグーグルが提供している無料ソフトで、
Gメールの登録さえすれば、誰でも無料で使えちゃいます。

で、何が面白いかと言うと、自分が作っているHPや、ブログの設定をして
おくと、1日単位、1週間単位などで、世界中のどの地域から、アクセスが
あったのか地図で見れたり、地域名で見れたりします。

流石に見てくれたその方のアドレスまでは判りませんが、プロバイダ名は
判ります。
おそらく、みられた方の使っているプロバイダーのアクセスポイントを表示
しているのでは無いかと思います。

その他、1時間単位の時間帯のヒット数や、どのページに一番アクセスが
多いのかとか、とにかく見ていて飽きませんよ。

本来は、どういうユーザーがどの様にアクセスしてくるかとかの、ビジネス
統計調査を目的に開発したみたいですが、単純にどんな内容の記事の
時にアクセスが多いのとか判ります。

いちばん自分が気に入ったところは、世界地図にアクセスされたマークが
記されるところです。
こんな国の人が、日本のどの地域の方が見てくれていたんだと判ると、
その方が特定できなくても、見ているだけで嬉しくなっちゃいますね。
将来はグーグルアースで表示されたりして。
( でも、それはちょっと怖い!)

自分のHPや、ブログをお持ちの方、是非お試しを。

2007年03月14日

●今年初の、サクラ観察

mixiの方には昨日も少~し書かせて頂きましたが、ケータイでアップした画像が
あまりにもお粗末でしたので、同時にイクシィ900ISで撮した画像で再びアップ
させていただきます。

デジ一眼のD200で撮れよって方もいるかと思いますが、何ぶん水中以外では
D200をテスト撮影以外で使った事が無く、最近、常日頃より持ち歩いている
イクシィの方が、陸上での自分のメインカメラに成っております。

20070313ab.jpg20070313ac.jpg20070313aa.jpg
ワイドのセンス0%、暗~い写真でごめんなさい。

昨日は、いつも実家の父の眼科通院の時に介護付き添いをしている兄の仕事が
忙しく、代打で介護付き添いをしてきました。

車いすのまま乗れるワゴンRに父を乗せて走り出すと、父が " ◯◯◯のサクラは
咲いとったか " と聞いてきました。
自分は来る時に見逃した事を伝え、" いくら暖冬でも、まだやろう " と答えて
その場所を通過しようとすると " どうや? " と、聞いてきます。

実は父はあまり目が見えないのですが、ぼんやりと車が今走っている場所が
判るようです。
自分が " 本当、咲いてるね " と伝えると、満足げに " ◯◯◯のサクラはしだれ
桜で、開花が早い、いつも今頃から咲く " と話しており、更に車が進んで行くと、
" ◯◯◯のサクラはどうや、咲いとるか? " と次々と聞いてきます。

残念ながら、咲いていたのは最初のサクラだけでしたが、夕方、父をおろして
撮影してきたのがこの写真です。
既に17時30分でしたので、暗めの写真となってしまいました。
折角なので、山桜とか、八重山桜も今年は撮してみようかな。

2007年03月13日

●スジハナダイ

さてさて、10日に行った大瀬崎からの最後のお話しです。

2本目は、本日の自分の目的、 スジハナダイ の撮影です。
お恥ずかしい話ですが、2週間前にここ大瀬崎の柵下で潜るまで、こんな所に
スジハナダイ が昔から生息しているとは知りませんでした。

現在、約830本のダイビング歴の中、大瀬崎では200本近く潜ってます。
なのに・・・。

ともあれ、前回はドライスーツの水没で自滅しましたので、リベンジしてきました。
20070310ca.jpg20070310cc.jpg

結果は、もうひとつの写真ばかり。
尾びれの先端が切れてたり、めが合っていても口元がボケボケとか、勿論、
真横クッキリハッキリの写真は皆無です。
又、今度、再リベンジですね。

でも、こんな30mより浅いところに、 スジハナダイ が10匹近く群れてるなんて、
あまり聞いたことがありません。

やはり、恐るべし大瀬崎。
テックディープダイバーになった暁には、ガンガンとハナダイを探しに深場へ
行って見ようと思ったのでした。

2007年03月12日

●ベニカエルアンコウ

本日も10日に行った大瀬崎からのお話しです。

春濁り絶好調の先端にて、ガイドのとがぴーさんから ベニカエルアンコウ
紹介して頂きました。

20070310bb.jpg
ストロボ光量失敗の、白トビ写真でごめんなさい。

しかし、いつも自分はこの手のサカナの区別が苦手です。
クマドリカエルアンコウ は何とか判るのですが、それ以外の カエルアンコウ
イロカエルアンコウ ベニカエルアンコウ オオモンカエルアンコウ の区別が
まったく判りません。

ダイビングのログ付けの時に質問すると、区別の仕方を とがぴーさんは親切
丁寧に教えて下さいました。

なるほどね~、よく判りました。

いつもですと、ここにその区別の仕方をベラベラと書いてしまうところですが、
こればかりはとがぴーさんの持ちネタなので、書けません。
知りたい方は、ぜひぜひ かじきあん のダイビングツアーに参加されて、そんな
とがぴーさんにガイドを頼んで、教えて貰って下さい。

それともうひとつ、サカナの区別の方法を教えて貰いました。
「 言い切ったモン勝ち!!」
確かに~♪

2007年03月11日

●ホシノハゼ

昨日の大瀬崎は、雪化粧の富士山がとても綺麗にみれるほど良いお天気。
風もなく水面は波もなく、うねりもなさそうです。

しかし、エントリーしてみると・・・
水中の中は浮遊物がいっぱい、早くも春濁りの様子です。

1本目は、 サクラダイ 等のハナダイの撮影目的でしたが、
浮遊物がいっぱいで、105mmのデジタルでは断念せざるを得ませんでした。

そんな中、とても綺麗な背鰭を見せてくれたのが、 ホシノハゼ
20070310ba.jpg
まるで、 ケショウハゼ の様に綺麗です。
普段はとっても地味な色合いで、なかなか撮そうとは思いませんが、今日の
艶姿は立派です。

たまには何でも無い普通種も、じっくり観察してみるべきですね。

2007年03月10日

●大瀬崎でWタンクの練習

本日は大瀬崎へ、2週間ぶりにWタンクの練習に行ってきました。

マニュアルに書かれているテックダイビングで有れば、緊急時からの速やかな
脱出目的にて、全ての器材をブラブラさせ無い様に努めます。

ケーブ、カバーンやレックでは、それは大変大切な事でありますが、自分が
目指しているテックタイビングは、深場でのサカナ撮影の為のテックスキルの
習得を目的としております。
なので、体中から、カメラ、ライト、つんつく棒などがブラブラしており、およそ
テックダイバーらしからぬ出で立ちです。

20070310aa.jpg20070310ab.jpg
写真は本日も雪化粧の綺麗な富士山、エギジットに苦労した柵下です。
水滴の付いた写真ですみません。

今回は、初めて14Lスチールタンク2本のWタンクを背負いました。
今までは12Lスチールタンク2本で練習してましたので、これで慣れればテック
講習に入る前の、自分の建てた事前練習は終了です。

ですので、自分が晴れてテックディープダイバーに成れた時の状態の練習と、
体にはコンデジのイクシィ、ダークバスター、つんつく棒をぶら下げて、D200を
持ってエントリーしました。

1本目の先端では、重量のより重さを感じましたが、エントリー、水中に於ける
バランス、エギジットの全てに、何も問題はありませんでしたが、2本目の柵下の
エギジットでは、問題だらけ。

まずフィンを立ったまま脱げずに座ってしまい、脱いだ後になかなか立てません。
やっと立てたと思ったら、今度は重さで足が上がりません。
結局、本日もガイドを担当してくれた とがぴーさんにD200とフィンを持って
もらって、ぜぇぜぇと息を切らして、エギジットしました。

体力を付けないと、4月から始まる講習に支障が出そうです。
そんな課題が見つかった、本日のWタンク練習でした。

2007年03月09日

●カメラ機能の比較

昨日は、朝一番でオフィスへ出社後、栄に有る取引先に訪問して打ち合わせを
する事になり、栄のスタバでスタッフと待ち合わせをしました。

ちょっと早めに着いてしまったので、そう言えば、先日変更したケータイの
カメラ機能のチェックをしようと、イクシーと両方で撮影して、撮した画像同士で
比較してみました。

20070309a.JPG
20070309aa.JPG20070309ab.JPG

まわりには沢さんのお客様が居たので、共にストロボをオフしての撮影です。
それでも " 何や、変な奴やなぁ~ " って顔して見てくる人がいましたが、自分の
探求心の為には、人目など無視、無視。

左がケータイで、右がイクシィです。
どうやら、相変わらずN系のカメラの性能は、もう一つの様ですね。
今まで使っていたFと比べると・・・・・って感じです。

カメラの性能で選ぶ人は、N系以外を選ばれては。
あくまでも個人の感想ですけどね。

2007年03月08日

●海に行かない休日

昨日は、海に行かない休日を過ごしました。
何時ぶりだろう、海にいかない休日は・・・

と言うことで、昨日は朝一番で床屋さんに行って、2週間起きに通院している
お医者さんに行ったら、もうお昼になってました。

午後からは、ホームセンターを3件もはしごして、カメラのハウジングに使いたい
パーツと、先日のパラオで無くなってしまった、カメラケースのロックナットを
探し回りました。

結局、ハウジングに使いたかったパーツは見つかりましたが、ロックナットは
カメラケース自体が輸入品の為、インチねじを使用しており、残念ながら見つかり
ませんでした。
海外に行った時に、向こうのホームセンターで探すしか無いようですね。

その後は、いつも行くスタンドで愛車を洗車しましたが、洗車している時に
道路の植木の満開の花が目にとまり、思わず、パシャッ!

20070307ba.jpg

よく見ると花びらの先端は枯れ始めているので、満開の時期は過ぎていると
思うのですが、地下鉄野並駅を東西に走る道路に沢山、植えられてます。

自分は植物にはうといので、名前は判りませんが、何だか春を感じさせて
くれた花でした。

2007年03月07日

●おNEWの、携帯電話

仕事柄、なんじゃかんじゃと、3ヶ月起きぐらいで携帯の機種を変えて
おります。
会社の携帯だったり、もしくは個人用のだったり、スタッフの成績の
フォローで購入することも、しばしば有ります。
おかげで、家族は、結構、新しい機種を、お金払わずして使って
おります。

今回は会社貸与の携帯を、社内規定で取替えました。
会社貸与の携帯は、開いてもパスワードか指紋認証でしか使えない
様な、セキュリティがしっかりした機種しかダメなのですが、そんな
機能が付いてる機種の中で、自分はこれを選択しました。

20070307ab.jpg20070307ac.jpg

どうですか、この薄さ。
こんな薄いのに、カメラも付いてて、セキュリティもばっちり。
今までズボンのポッケが膨らんでましたが、これのおかげですっきり
させられました。

ただし薄いだけにバイブモーターが小さくて振動が弱いので、上着の
内ポケットでは、なかなか気づきません。
女性がバックの中に入れてると、判らないかも知れませんので、
薄い携帯を選ぼうと思っている方は、頭に入れておいて下さいね。

2007年03月06日

●大丈夫かな?

20070303ab.jpg
写真はWタンク用のハーネスを、初めてSタンク用にセットした写真です。
フロートはWタンク用なので、10Lタンクでは凄い浮力が得られて面白いですよ。

"今年の秋の柏島ではテックダイビングで写真撮影" を目指して、今年の
1月10日から始めたWタンクの練習。

実は4月から本格的に始まるテックダイブ講習の事前練習ですが、1月は
Wタンクで12本潜ったのに、2月は久々の須江、パラオ等があり、約1ヶ月の
インターバルを空けて4本潜っただけでした。

なのに、先週末は、ダンゴでまたまたSタンクで潜っちゃいました。

講習が始まるまで既に一ヶ月を切ったので、そろそろマニュアルを真面目に
読んで勉強をしなくては行けないのですが、その前には事前資格として
ディープスーペシャリストに成っておかなければならず、今週末はディープSP
受講の予定です。
今週は夜ごと、その勉強をしなくては。

考えてみれば4年ほど前に、ディープSPを3本までやりながら、STOPして
おいたのが、ここで響いてきました。

大きな声では言えませんが、撮りたいサカナの為には既に何度も40m以深
にも降りていってますので、" 今更ディープSPかよ " と思えなくも無いですが、
やはりルールはルールです。

今週はまだ月初なので、仕事を終えるのは遅い時間が続きますが、頑張って
勉強いたします、ハイ!

2007年03月05日

●音楽の嗜好

いつも書いてる音楽は、昔の音楽の事が多いですが、決していつも古い音楽ばかり
聞いてる訳じゃありません。

と言うことで、最近良く聞いてる音楽を、たまには書いてみようと思います。

20070305aa.jpg20070305ab.jpg
このところ、聞き込んでるアルバムは、この2つです。
グウェン・ステファニーこと、グウェン姉さんの新しいアルバムと、ザ・ビューの
デビューアルバムが、今の自分にとっては旬となっております。

自分が洋楽を聞き始めたのは中学生の頃、それから高校生活の終わりまでが
いちばん音楽を沢山聴いていたと思います。
なにせ当時の田舎生活ですと、そのぐらいしか楽しめる物が無かった事も、
原因と思います。

当時、自分が知る限りの大人でそんな音楽を聴く人は、兄弟以外に居ません
でした。
皆さん、演歌か歌謡曲 ( 今では死語かな? ) ばかりで、自分も大人になったら
そうなるんだと思ってました。

しか~し、50歳手前の今でも、自分の聞く音楽は洋楽がほとんど。
てぇ事は、ちっとも、中学生の時から進歩していないって事なのか?

よくよく考えてみると、最近のヒットチャートに出てくるアーティスト達で、ヒップ
ホップを別にすれば、フォール・アウト・ボーイ、パニック・アット・ザ・ディスコ、
マイ・ケミカル・ロマンスなどの若いミュージシャンの音楽は、80年、90年代の
音楽と何ら変わっちゃおりません。

結局は嗜好の問題と、最近はそう思って自分の成長の無さを、もみ消している
次第です。

2007年03月04日

●昨日は、ひなまつり

昨日は、ひなまつり。

特別ねらったわけでは無いのですが、ダイビングの帰り道に、お伊勢さんの
おかげ横町へ夕食に寄ってみました。

3月3日のひな祭りだから、ひなあられや、ひな壇とか祭りのにぎやかさを
期待して行きましたが、着いた時間は17時45分。
続々とお店が戸締まりをしており、18時にはほとんどのお店の雨戸が
閉じられてしまいました。

京都とかと違って、古い町並みをライトアップするわけでも無く、お伊勢さん
近くのお店屋さんは18時で閉店しちゃうみたいですね。

20070303da.jpg20070303db.jpg

結局、食べるところもほとんど閉まってしまい、歩き続けてお腹も空いたので
無料駐車場近くの " 手こね茶屋 " で、手こね寿司をいただきました。

20070304aa.jpg
自宅に帰ってみる、居間の机の上に見慣れぬ物が置いてあります。
奥さんに尋ねると、どうやら下の子供が幼稚園の時に作ったおひなさんらしく、
娘のいない我が家では、貴重なおひなさんです。

自分達夫婦にしてみれば、貴重なおひなさんですが、下の子供と言っても
もう23歳の立派な社会人。
本人にしてみれば、案外、照れくさい物かも知れませんね。

昨日は尋ねる機会が有りませんでしたが、本日帰宅してから聞いてみる事に
してみます。

2007年03月03日

●D200マクロぱかタイプ 撃沈!! ダンゴウオ

さて、昨日も書きました様に、2年ぶりの ダンゴウオ 様への再開にと、三重県の
志摩市へいってきました。

現地サービスさんの話では、水温が16度も有るのに先週はひとつのポイントで
15匹も見つかったとか、過去に自分が観察できたのは水温が10度が最高
なんですが、これも異常気象なんでしょうか?

今回の撮影機材は、昨日書きましたD200マクロぱかタイプと、どノーマルな
イクシィ900ISです。
900ISは、もしも、うねりがあるとかの場合に備えての予備でしたが、まだまだ
自分の詰めは甘いと、思い知らされる結果となってしまいました。

ポイントは、アズリビーチとサグラビーチ。
現地ガイドサービスさんの、とても親切な説明で、気分はもう既にダンゴゲットの
気分です。

20070303aa.jpg20070303bc.jpg
左上の写真の様に、とてもぴーかんな青空で暖かいのですが、若干の風が
吹いており、海の中は大きなウネリが時々やってきて、水深5m以深と浅い
事もあってか、全体にうねってます。

そんな中、1本目は本日のガイドの とがピーさんが見事に ダンゴウオ
ガキんちょ発見!!
とうとう昨夜、自宅で練習をしてきたD200マクロぱかタイプを試す時がきました。

しかし、2本のダイビング結果は、見事に撃沈。

昨夜練習をしていて、不安に思った事が現実になりました。
あまりにもシビアなポイントを求めたあまり、マニュアルでもピントが合いません。
やっと撮せたのも、2本目に見た右上のピンぼけ写真ぐらい。

20070303ba.jpg20070303bb.jpg

1本目に、" ええい、くそっ!" と、どノーマルなイクシィで撮した画像が左上の
写真です。
これでもコンデジのマクロ仕様で最大のクローズアップ画像で、肉眼では真ん中
当たりの黒い点にしか見えません。
その画像をトリミングしたのが、右の写真です。

何せ、2mm程度の大きさです。
コンデジのイクシィのノーマルではこれが限界ですね。

結果として、D200マクロぱかタイプは波無し、うねり無ししか使えない事が
判りました。
次回は、今回の海況下でも使える様に、予備のD100をマクロセッティングして、
イクシィと合計3台を持ち込んで挑戦してみます。

悔しいので、2年前に越前で撮した約1mmの ダンゴウオ の赤ちゃんの写真を
紹介させて頂きます。
20070303ca.jpg
因みにこの写真は、D100にレンズは60mmマイクロ、1.4倍テレコンを重ねて
撮りました。
照明は、Z220を2灯使っております。

2007年03月02日

●NEWアイテム

今週末は、一年ぶりに ダンゴウオ を撮影に行きます。
その為に、いつもですと、D200にZ240を2個付けて、目的の被写体によって
105mmマイクロVRⅡか、60mm+1.4倍テレコンを使い分けておりますが、
今回は動かない被写体でも有り、下の写真のようにセッテイングしてみました。

20070302aa.jpg

ちょっと判りづらいと思いますが、レンズは60mmマイクロに、1.4倍と、2倍の
テレコンを重ね、更に1.2倍のクローズアップレンズも重ねて、フィッシュアイの
LEDビデオライト X 2個 + Z240を1灯で組み合わせてます。

超スーパーな、ヲタクマクロ仕様なので、自分では D200マクロぱかタイプと
名付けたセッティングでしたが、本日、更にパワーアップアイテムを入手する
事ができました。

20070302ab.jpg

欲しくて溜まらなかった45度ファインダーです。
やっと、届きました。
既に使っている方には、大した話ではないかも知れませんが、昨年の秋に
柏島のアクアスさんのHPで初めて見て以来、
ずうっと夢見ていたアイテムです。

自分のマルチファインダータイプのネクサスの、裏面のファインダーを交換して
使用しますが、誰でも簡単に交換できる様になっております。

これだけアイテムを揃えたので、あとは被写体のみ!!

2007年03月01日

●爽健美茶のおまけ

今、コンビニで爽健美茶を買うと、おまけで沖縄美ら海水族館が監修されてる
おまけが付いてる時があります。

20070301aa.jpg
見やすい様に、タイマイとマンタはカバーを外して撮しました。

結構、皆さん集め始めているようなのですが、幾つになっても子供の自分は、
先日コンビニで見つけた瞬間に、500mlを6本、一気に大人買いして揃えて
しまいました。
( 大人買いって言っても、6本で 900円もしませんが・・・・ )

でも、いつも思うのですが、こう言うおまけって付いてるコンビニと、付いていない
コンビニが有るのは何故なんでしょう。
同じサークルKでも、お店によって違います。
何か、フランチャイズによって、違うんでしょうかねぇ?

●西伊豆の2日目は、井田

昨夜からお世話になっている民宿 やま弥 さんに、朝食は8時にお願いして、
今日はゆっくり寝てられると、goroさんと2人とも目覚めたのは7時45分でした。

20070224ha.jpg
朝食から、鯛の尾頭の塩焼きです。

昨日ドライスーツに穴を空けた為、今日は古いドライスーツで潜ろうと思い、今朝、
名古屋を出発した かじきあん のひがしさんに持ってきてもらいます。
朝からのんびりしていると、9時30分に迎えに来てくれました。

その後は、一路、井田へ。
20070225ab.jpg
本日は快晴、雪化粧の富士山が綺麗に見れます。
20070225aa.jpg20070225ac.jpg
先日も書きましたが、2月なのにダイバーがいっぱいです。

本日も自分は、12LのエンリッチエアーのインデペンデントWタンクで練習です。
ここ井田では、右上の写真の様に置いて背負えるので、楽に背負えます。

1本目、井田ビーチ
目玉の生物は、 ウミテング イロカエルアンコウ と言うことで、まずは砂地を
ゆっくり移動しながら探してみました。

20070225ba.jpg20070225bb.jpg
なかなかお目玉の物は見つかりませんが、 ハナビヌメリや、 ミズヒキガニ
ハクセンアカホシカクレエビ 等が観察できました。
特に冬の生物の ミズヒキガニ は、自分としてはこの冬、初観察ですね。

20070225bc.jpg20070225bd.jpg
有る程度、海岸線ぞいに泳いでいって折り返し後は、浅場のごろた沿いをゆっくりと
戻ってきました。
特にこれと言った被写体を見つけれませんでしたが、昔とはカメラも変わっている
事だし、数年ぶりに ホシノハゼ クツワハゼ 等の地味なハゼを撮してみましたが、
地味だけに難しいですね、今度は婚姻色の時にでも撮してみます。
DIVE;824 IN 11:21 OUT 12:05 44分 Max 30.2m 水温16℃ 透明度 12~15m

お昼ご飯に弁当を食べながら話していると、どうやら1本目の途中、未だ浅い
地点の砂地で、goroさんと、し◯ちゃんは ウミテング を見たらしく、何故、教えて
くれないんだと、他の皆さんから避難ゴーゴーです。
ダイバーの皆さん、珍物は自分だけで観察せずに、廻りの人にも教えましょうね。

2本目、井田ビーチ
まずは確実に イロカエルアンコウ を観察し、1本目とは反対のコースで帰り道に
ウミテング 探しです。

20070225ca.jpg20070225cb.jpg
自分は、それらの発見はひがしさん達、他の人に任せてごろたの岩場で
ヒメギンポ雄 ヒメギンポ雌 の婚姻色撮影に。
特に珍しい物では無いですが、今日は何だかそちらに目がいってしまってます。

20070225cc.jpg
そうこうしていると、何かが上から目の前に泳いできました。
20mmぐらいの可愛い やまどり です。
ネズッポ系も大好きな自分は、この1個体に10分を費やしましたが、とうとう
最後まで第一背鰭の全開姿は見せてくれませんでした。

DIVE;825 IN 14:03 OUT 14:53 50分 Max 28.4m 水温16℃ 透明度 12~15m

帰り道は、いつもの沼津の丸天でおいしい魚料理を堪能し、2日間とも海の幸に
恵まれたダイビング旅行でした。

次回は三重県南勢町で、天使の輪っか付きの ダンゴウオ 観察の予定です。