Top > 2007年01月

« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月31日

●名前の判らない海洋生物 その1

早い物で、今日は1月31日。
自分は職種柄、月末は会社の各事業所が月末処理を終えてからの月次の
更新の作業を担当しており、月末はいつも日付が変わる終業時間になります。

まぁ月に一回の事だしって思ってるんですが、今月と来月は水曜日が月末。
当社の事業所は7店舗が水曜定休で、その他は年中無休です。
従って月末処理の店舗が、火曜、水曜と連日有る事になり、当然、自分の終業
時間も2日連続で、日付が変わる退勤時間です。

これも、2月が28日間しかないせいです。
何故、昔の人は31日間有る月を30日間に減らして、2月を30日間にしなかった
のでしょうか?
誰か知っていたら、教えて下さいな。

と言うことで今夜も遅くなります。
なので、ちょっと休憩にとブログでも書いております。

前置きが長くなりましたが、最近サカナのネタが乏しくなって来ておりますので
今回より新シリーズ " 名前の判らない海洋生物 " を始めさせていただきます。

olivia%20Modoki.jpg
栄えある第一回目に紹介させて頂くのは、 サンゴモエビ属の一種 と思われる、
自分の仮称 オリビアモドキ です。
2006年の6月にパラオのショートドロップオフで、ナイトダイビング中に観察が
出来ました。

パラオで新種発表など研究に勤しむサザンマリンダイバーズのヂローさんでも
判らない種にて、自分が海外のエビカニを調べる図鑑 "Crustacea Guide of
the World (世界の甲殻類ガイド(英語版)) " を見ても、当然ながら紹介されて
おりません。

その内、いつかどこかの国の学者さんが調べて発表し命名してくれるまでは、
この写真は名前が仮称のままで、ずぅっとデータ保存される事になります。

早く、どなたか発表して下さ~い。

2007年01月30日

●もう一度撮り直したい その6 アナハゼ

大物とか、レアものを見れたとか、ダイビングは運だけが条件の事が多いです。
その中の一つが補食シーン。
Kasago20020714.jpg
これは、約5年ほど前に西伊豆で撮した アナハゼ
補食シーンです。

これ以外にも、 エソ アナハゼ を補食してたりとか、 カワハギ エチゼンクラゲ
補食してたりとか、いろいろ観察しておりますが、いつもジーーッと見に入ってしまって
写真に撮る事を忘れてしまいます。

ハンマーヘッドシャーク マンタ を補食してるとか、 タイガーシャーク マンボウ
補食してるとか、そんなシーンをいつか撮りたい物です。

でも、そんな場面に遭遇したら、かっ飛んで逃げるでしょうけどね。
絶対に!!

2007年01月29日

●本州最南端の火祭り

先週末の土日は、去年9月以来の串本で潜ってきましたが、土曜日の夕方に
潮岬望楼の芝生を焼く、火祭りが有ると知って見てきました。

20070127aa.jpg20070127ac.jpg20070127ab.jpg

17時20分に温泉の休憩所で知り、30分から点火だったので、潮岬望楼に
付いたときには既にはじまっておりました。
何でも、約10万平方メートルの芝生を焼き尽くすこの行事には、枯れた芝を
焼くことで害虫を駆除し新芽の育成を促すという目的があるそうです。

芝が燃えてる近くまで寄って、ぼぉーっと眺めていて、気が付くと並んでいる
後ろの芝にも火が付いてます。
どうやら、係の人が順番に火を付けていっており、うっかりしていると火の
真ん中に立っている事になってしまいます。

約30分程しか見学しなかったのですが、折角、温泉に入ったのに、衣服や
体がたき火くさくなってしまいました。
でも偶然とは言え、珍しい物が見れて楽しかったです。

2007年01月28日

●串本、2日目

さて、本日も昨日にひきつづき、 かじきあん ツアーで串本です。

前日の海況の悪さから 明日も海峡は良くないだろうと、心の中で勝手に決め
込んで、深夜遅くまで飲んでいた自分は、朝食の集合時間に遅れてしまい
ました。

でも嬉しい誤算です、今日は穏やかな海になりました。
じゃあ他の人は、早起きして早朝ダイビングに行ったのかなと思いましたが、
皆さん、早起きより睡眠を選んだみたいですね。

海況が良くなった事で、本日は 串本ダイビングパーク さんのダイビングボートも、
いつもの港から出港です。

但し、残念ながら、本日はWタンク用の12Lタンクが無く、久々にシングルタンクで
潜る事になりました。
さてさて一ヶ月近くWタンクで潜ってきた自分ですが、Sタンクを軽く感じられるで
しょうか。

1本目、備前
1本目は14LのSタンクで潜ります。
こんな大きなタンクを使っていながら、自分の今日のレギュはインデWタンク用の
ひとつなので、オクトパスがついていません。
実に、バディ思いの無いダイビングになりそうです。

20070128aa.jpg20070128ab.jpg
早めにエントリーしたので、皆さんがそろうまでは大好きな キンセンイシモチ
撮しておりました。
他にもちょっと変わった ダテハゼ を発見、 ヒメダテハゼ と思い撮影しましたが、
家に帰ってから図鑑と見比べると、 ミナミダテハゼ の様です。

皆さんがそろったので、ひがしさんのガイドで砂地をこえた根に向かいました。
行く途中、砂地を丹念に見ますが、ハゼ系は見あたりません。
目的の根に付くと、先約のダイバーがビデオカメラで這い蹲っており、やはり何か
見物が居るようですね。

20070128ac.jpg20070128ad.jpg
20070128af.jpg20070128ae.jpg
先約のダイバーが去ってから近づくと、その根の回りには、 フタイロハナゴイ
タテキンYg 、、 アザハタ コクテンベンケイハゼ タキゲンロクダイ などなど、
被写体がいろいろと固まっており、エアーで潜っている方の減圧近くまで粘って
撮影が出来ました。

ところで、この猫の目をしたウツボ、 DWARF MORAY によく似ておりますが、
何ウツボなんでしょう。
DIVE;810 IN 9:24 OUT 10:15 51分 Max 23.4m Av 17.3m 水温19℃ 透明度 12~15m

本日もボートダイビングを、続けて潜ります。
2日間のラストになって、ようようグラスワールドに潜れそうです。
2本目、グラスワールド
久々に10Lのシングルタンクです。
すごく軽くて、背負ってジャンピングスクワットが出来ました。
やはり日頃の12LのWタンクは体を確実に鍛えている様ですね。

20070128ba.jpg20070128bb.jpg
まずは皆さん一緒に、グラスワールドのスターの黄色の ジョーフィッシュ を、
観察&撮影会です。
近くでは、タマゴをいっぱい抱かえた モンハナシャコ が観察
出来ました。

20070128bd.jpg20070128bc.jpg
たっぷり時間を掛けて撮影した後は、今度はノーマルカラーの ジョーフィッシュ
観察&撮影会。
しかし、グラスワールドは至る所に クビアカハゼ が住んでますね。
ダテハゼ よりも沢山観察できるのは、本州ではここぐらいかも。
DIVE;811 IN 11:23 OUT 12:07 44分 Max 18.9m Av 14.6m 水温19℃ 透明度 12~15m

ダイビング後は器材をチャッチャと片づけて、ログ付けを済まして、遅めのランチを
串本の回転寿司で楽しみ、食後は、きよもんの湯でまったり。
帰り道の車中では、本日の写真の整理と、サカナの名前当てクイズ等で楽しんで
名古屋には21時に着きました。

やはりフォトダイビングは、ブログにも沢山の写真が載せれて絵になりますね。
次回は、今年初めての獅子浜の予定です。

2007年01月27日

●久々の串本、初日

今週末は去年の9月以来、久々の串本。
しかも、現地ダイビングサービスさんに併設しているロッジに格安で宿泊とあり、
総勢11名の かじきあん ツアーでした。

前日の金曜夜に熊野に宿泊し、初日の1本目は11時のボートダイブと言う事で
今朝はゆっくりめに出発しました。
車窓から見える風景は、よく晴れた空に、紀伊半島東部の静かな太平洋の海が
光って見えております。
今日の海峡は良さそうで、ダイビングもきっと良いコンディションと思ってました。

が・・・・。
串本から紀伊大島方向に曲がる交差点を越えて、紀伊半島西部が見えだすと、
みえる海の模様は、一転、白波がガンガン立ってます。
案の定、利用させて頂く現地サービスの 串本ダイビングパーク さんのダイビング
ボートが発着する港も、大きな波が打ち寄せており、同じ港を使用する観光船も
運航中止の様です。

結局、違う港からだったら出向可能との事で、なんとかボートダイビングは出来る
事になりました。
でもビーチはクローズなので、今夜のナイトダイビングは中止です。
楽しみだったのに、残念!

1本目、サンビラ

何とかエントリーは出来ましたが、水面はザッブン、ザッブン、水底も大きくうねって
おり、初めてWタンクを背負ってD200を持って海に入りましたが、セッティング用の
写真のみで、撮影は諦めました。
これだけ荒れていては、ハゼ系が出ている訳も無く、スズメダイ系もみなさん珊瑚や
岩陰に隠れております。

久々にD200で撮影と意気込んでおりましたが、大きく肩すかしを食らっちゃった
気分でしたね。
DIVE;808 IN 11:37 OUT 12:31 54分 Max 14.3m 水温19℃ 透明度 3~5m

2本目のボートは13時出港なので、船の桟橋で休憩、風が少しやんできたので、
住崎に行くだけ行ってみようとなりました。
本日は他のゲストの方はキャンセルをされたみたいで、2本目は、かじきあんで
貸し切りです。

2本目、住崎
こちらも何とかエントリーは出来ました。
しかし、サンビラ同様にこちらも、水面ザブザブ、水底ウネウネです。
何点か写真を撮りましたが、ウネウネに砂の巻き上げが多くてボツ写真ばかり、
結局本日は、2本ともWタンクを背負ってD200を持って海に入る練習と考えて、
撮影は諦めです。
DIVE;809 IN13:43 OUT 14:25 42分 Max 21.8m 水温19℃ 透明度 8~12m

さて2本のダイビングを終えて、後かたづけすると既に15時30分近くです。
今夜の夕食は19時からなので、今からお昼ご飯ですと間の時間も少なく、
結局、タコ焼きでお昼を済ます事にしました。
20070127ba.jpg

みんなで、おいしくたこ焼きを頂いた後は温泉行って、予定外の " 火祭り " を
見て、コテージに戻って夕ご飯。
去年の同じ企画は海鮮鍋でしたが、今年はすき焼き。
どうやら先週も同じ企画が有り海鮮鍋だったそうで、2週連続参加の人が
居るから、違うすき焼きになったらしいです。

その後はコテージでお酒飲んで、いろんな話しに花が咲き、楽しい夜は
更けていきました。

2007年01月26日

●久々のフォトダイビング

今週の週末は、今年初めてD200を海に持ち込みます。
コンデジではチョロチョロ撮しておりましたが、12月15日に須江での撮影を最後に、
真剣な水中での撮影は久々です。

20070126aa.jpg
( 写真は国内でのカメラケースに、いろいろ詰め込んだ状態です。)

金曜の夜に出発なので、仕事から帰宅して準備していると、あまりにも久しぶり
なので電池の充電具合を覚えておりません。
D200は専用電池で電池メーターが付いているので問題ないのですが、ストロボの
Z240は市販の単3充電池を使用しているので、確認ができません。

リチウムだから良いじゃないと思う方も居るでしょうが、それは大きな勘違いです。
リチウム電池はメモリー効果が無いので、継ぎ足し充電はOKですが、所詮、
充電池ですので科学的な充電池回数に限りはあります。
従って、出来るだけ充電回数を少なくする様に努めた方が長持ちしますので、
自分は出来る限り、充電が無くなる手前まで使います。

あれこれ考えた結果、その電池はライトに入れて、ストロボは完全充電済みの
電池に交換しました。
次回からは、ダイビング後に保管する時はメモを残すことにいたします。

2007年01月25日

●再び、奥さんのPC壊れる

先週、半徹夜状態で初期化を繰り返して治ったはずの、奥さんのPCが、
再びWeb接続が出来なくなりました。

再設定し直して、2~3日は正常に動いていた無線LANですが、親機に
認識されておりません。
しかし、今回は有線LANでは問題なく接続できるので、無線LANの子機が
壊れたかなと思い、試しに自分のノートにその無線LANの子機を接続して、
無線LANを構築してみると、まったく問題なく動きます。

更に試しにと、自分の会社用のノートPCに挿入しても問題なく作動します。
( この事は会社に内緒です、ばれたら怒られてしまいます、って怒る立場の
人は自分ですが・・・ )

奥さんのノートPCと、自分のノートPC、会社用のノートPCのOSは、全て
同じXPのSP2です。
こうなると、奥さんのノートPCの無線LANの子機を接続している、カード
スロットルの損傷か、PCのボードの故障が考えられますが、購入してから
既に5年以上も使っているので保証など聞くわけも無く、修理に出したところで
一ヶ月ぐらいは戻ってこないと思います。

残す手として、USBポート接続の無線LANの子機を試す事も考えられますが、
しばらくは面倒でも、有線LANが有る部屋にPCを持って入って、接続する様に
我慢して貰う事になりました。

10年前なら当たり前の事でしたが、今では不便と感じられ、まったく便利な
世の中になったもんです。

2007年01月24日

●もう一度撮り直したい その5 ピンクスクワットロブスター

居そうなポイントに行ってないわけでは無いのですが、過去にたったの一度しか
お会いできていない、 ピンクスクワットロブスター です。
PinkSR20040627.jpg
何でも、最近 サクラコシオリエビ とかに改名されたそうですが、2004年の6月に
撮した時点では、誰がなんと言おうと ピンクスクワットロブスター です。

つい先日も イザリウオ が、 カエルアンコウウオ とかに改名されたそうですが、
スピーシーの1種とか、2種とかが改名されるのは判りますが、名前が固定されて
いたのを改名されるのは、非常に困ります。

改名される度に、過去の写真データを全て修正しなければなりませんし、せっかく
出来の悪い頭で覚えた名前も、またまた覚え直さなければなりません。

ちょっと話がそれてしまいましたが、この写真を撮った時は、どこにフォーカスを
当てれば良いのか悩みました。
目なのか、はさみなのか、それともモジャモジャの白い毛なのか?

写し終えてから、思いました。
全パターンで撮せば良かったんだと。

それ以来、今まで会えておりません。

2007年01月23日

●もう一度撮り直したい(番外編)

ちょっと気分を変えて、自分のダイビングに纏わる撮り直したい物の紹介です。

20060122xy.jpg
そうでなければ大問題ですが、多分、 海上自衛隊所属の潜水艦 です。
去年の1月に、大瀬崎に向かう途中に初観察ができ、帰り道にも再び観察でき
ました。

ダイビング目的なので、105mmと、60mmのマクロレンズしか持ち合わせが無く
105mmで撮した写真です。
この時は、2005年の年末に発売された18~200mmVRⅡレンズを、つい先日に
手に入れたばかりだったので、持ってこなかった事を悔やんだ物でした。
これ依頼、いつも18~200mmVRⅡレンズを持ち歩く様にしております。

でも、平穏な駿河湾内で何か訓練だったんでしょうかねぇ?

2007年01月22日

●もう一度撮り直したい その4 イレズミミジンベニハゼ

3年前の今頃ですが、それ以前も、それ以来も、その時しか観察しておりません
イレズミミジンベニハゼ です。
20040110irezumi.jpg

このサカナに関しては、居なくなるまで3度ほど通いました。
執拗に毎回レンズを、あれこれと試して撮させていただきましたが、自分自身の
スキルが当時はまだまだ未熟な腕ゆえ、残念ながらこの様な不出来な写真しか
残せておりません。

一見、普通の ミジンベニハゼ ですが、目を中心としてイナズマの様な模様が
体前半部分にみられます。
たった一匹でしたが、いつも クロホシイシモチと一緒に暮らしてらっしゃいました。
いつかもう一度、じっくり撮り直してみたいサカナです。
と言うか、出会えたら、とても幸運と思える、そんなサカナです。

2007年01月21日

●もう一度撮り直したい その3 オシャレハナダイ

この10日間に、4回もダイビングに行きながら、ずっとインデペンデントWタンクの
練習で、コンデジで証拠写真を何枚か撮ってはおりますが、まともな写真を写して
おりません。
と言うか、久しぶりにコンデジで撮すと写真を撮るのが難しい。
いかに一眼で撮す事が簡単な事なのかと、改めて実感している次第です。

そんなこんなで写真ネタが少ないので、今回は撮り直したいシリーズを。
osyarehanadai20050505.jpg
ハナダイ好きなら誰でも綺麗に撮りたい オシャレハナダイ
普段であれば水深が50m以深で観察できるハナダイですが、この写真を写した
時は、紀伊大島須江地区のポイント、ナギザキで25m近辺で観察できました。

この当時は、あまりハナダイに興味がなかったので、適度に3~4枚程度しか
撮らなかったのですが、興味いっぱいの今では何とも悔しい限りです。

綺麗なハナダイ系を撮したい事も、自分がテッキーを目指す目的のひとつですが、
見れる事なら浅いに超したことは有りません。
なんて、惜しい事をしていた時期だったんでしょうね。

2007年01月20日

●今週も大瀬崎

本日もインデペンデントWタンクの練習にて、 かじきあん ツアーで大瀬崎に
来ました。
練習と有り、本日もカメラは証拠写真用にイマージュのコンデジをぶら下げてる
だけで、D200はお家で留守番です。

20070120aa.jpg
先週と異なり本日は曇り空、おまけに風が強く吹いており、湾内もところと゜ころ
白波が立ってます。

1本目のポイントは久々に " 先端 " にと、台車に各自の器材を積み込んで出発。
ガラガラと台車を押しながら歩きますが、外海と先端の分かれ道の手前当たり
まで来る頃には、風が強くなり、見える先端当たりの様子は白波だらけ。
本日は20本弱のゲストの方も見えるので、安全を考えてポイント変更です。

どうやら外海は風の影響もなく、若干、流れてるだけの様ですので、 " 柵下 " に
ポイントを変更しました。
1本目、柵下
20070120ca.jpg20070120cb.jpg
左の写真は、インディペンデントWタンクをかつぐ自分です。
はげ頭が水中で冬の寒さにはこたえますが、自分は10℃を切らないとフードは
かぶりません。
本日も透明度はすごく良くて、外海は青い海が広がってます。
エントリー後、まったりと砂地をしばらく楽しむと、 ウツボ に乗っているかわいい
オキゴンベYg が観察できました。
残念、D200で真面目に撮したい画像でした。

20070120cc_edited-1.jpg20070120cd.jpg
その同じ根の反対側で ぴかちゅー:ウデフリツノザヤウミウシ 発見。
他には、 ホウボウのペア ヒメギンポ スズメダイ群れ キンギョハナダイ
イソカサゴ サラサゴンベYg などが観察できて、先週の湾内の魚の少なさは
何だったんでしょうか。

安全停止中に、リフトバックをあげる練習をしました。
あげる事は問題なかったのですが、一緒にグローブまであげてしまい、よその
ガイドさんに教えて頂く始末、更にリールの糸がファーストステージに絡まるなど、
まだまだ練習不足ですねぇ。
DIVE;806 IN 12:06 OUT 13:02 56分 Max 23.3m 水温16℃ 透明度 15~20m

2本目、湾内ちどり前
のんびりと昼食をいただいて、湾内のちどり前の鉄枠方面を潜りました。
20070120da.jpg20070120db.jpg
20070120dc.jpgmijinbenihaze20501.JPG
やはり、今の湾内ちどり前は、いまひとつですね。
先週と同じく、エントリーしてすぐに メジナの群れ や、あちこちに メバル 等が
観察でき、他にも、 ダテハゼ トゲカナガシラ ヒロウミウシ ヒメジ など、
いつものサカナ達は健在です。
鉄枠の近辺では、空き缶にじっくり粘っているフォトダイバーがいましたので、
おそらく ミジンベニハゼ が居るのではと思われますが、全体的に魚がいない
海って感じでしたね。
写真の ミジンベニハゼ は、2005年に撮影した物です。
DIVE;807 IN 14:31 OUT 15:24 53分 Max 22.3m 水温16℃ 透明度 10~15m

さてWタンクも 8本を経験して、ようやくコツを掴んでまいりました。
次回よりエントリー/エギジット環境が良いところでは、やっとD200を持って行こう
と思います。
悪いところではマニフォールドWタンクで潜ったり、水中脱着などの練習に励もうと
思います。

次回は、今年初めての串本の予定です。

2007年01月19日

●ステルス戦闘機&爆撃機

洋楽好きでMTV等の音楽番組好きな方なら、現在ヒット中の U2&グリーン・デイの
共演作 " ザ・セインツ・アー・カミング " のビデオクリップは一度は見た事が有ると
思われます。

B2%20Bomber-b.jpg

その中のシーンで、アメリカのステルス爆撃機 " B2ボンバー " が、ハリケーンの
カトリーナでの被災者に、救援物資を空からパラシュートで落とすシーンが有ります。
大変、感動的な映像に仕上がってますが、本来は救援物資で無く、爆弾を落とす
のが目的の爆撃機で、先のイラク戦争でもインド洋から飛び立ち、敵に見つからない
まま空爆をこなして、無傷で基地に戻っておりました。
一昨年以来、現在もグアムのアンダースン基地には、2機配備されております。

F22%20Raptor%20.jpgF117%20NightHowk.jpg

それに加え、先日のNEWSで米空軍次期主力機でF15戦闘機の後継機となる
F22ラプター戦闘機12機が、2月からアメリカ国外で初めて嘉手納基地に、又、
韓国にもF117ナイトホークが、ともに5月迄の訓練目的で配備されるらしいです。

北朝鮮がおかしな動きすれば、いつでもアメリカのステルス3機種が出動可能な
状態になるわけです。

本当の出動は無い事を祈りますが、このチャンスに本物の、B2、F117、F22を、
一度だけでも見てみたい物です。
( 写真は全てアメリカ空軍の公式Webサイトから無断で頂戴しました、ごめんなさい。)

2007年01月18日

●送別会

昨夜は、自分のブログにもリンクの貼ってある " 南の国から ゆう日記 " の、
ゆうゃんの送別会でした。
錦での韓国料理に始まり、緑区のアジアン居酒屋で終わりを迎えたのは、
午前3時でした。

今週の日曜日には南の島へ旅立つ予定にて、長くても 3年で帰ってくるそう
ですが、いよいよ来週から、タイトル通りの南の島便りをブログに書いてくれる
事でしょう。

20010318%20liloan.jpg
( 2001年3月 フィリピン・リロアンにて )

自分の夢は50歳でリタイアし、南の島で毎日、海で好きな写真を撮って暮らす
事です。
予定通り、2人の子供達も無事に社会人になり、特別に大きな借金も無いので、
いつでも旅立つ気持ちはできてますが、南の島へ行く気が全くない奥さんの事や、
老後の事、会社を辞める事が難しい事などを考えると、夢の実現は困難なのが
現状です。

ゆうちゃんを見てると、とても羨ましく思います。
慣れない習慣の外国での生活ですが、体だけは壊さないで、いつか無事に
日本に帰って来て、再び、一緒に潜れる事を祈ります。

でも、その頃には、自分も南の島で暮らしていたいですけど。

2007年01月17日

●PC修理

今日は先日壊れた家のデスクトップPCの修理です。

自分なりに故障の原因がハードディスクと思うのですが、所詮、素人の
判断にて、もしもメモリとか他の部品だったらどうしようかとも思いましたが
まぁその時はハードディスクとの増設と思えば良いかと思い、朝一番で
大須へ行ってハードディスクを購入してきました。

自宅に戻って、壊れていると思われるハードディスクと交換をしたところ、
自分の素人判断は合っていたようで、無事に治り、バックアップをしていた
データや、いろんなアプリソフトを入れ直し、やれやれでした。

ほっとしたところ、今度は奥さんのノートPCがインターネットが見れないと
言いだし、どうやら無線LANが、認識されていない様子です。

昨年秋に購入し直したばかりなのにと、改めて設定し直しても、どうやら
無線LANの子機から送信はしているのですが、親機のルータが認めて
くれない様子で、何度、設定ソフトを削除して入れ直しても変わりません。

今夜は、ダイビング友達でこの日曜日から、しばらく海外へ行ってしまう、
ゆ◯ちゃんの送別会が有るので、取り急ぎは有線LANだと思って有線の
設定をしたところ、有線もPCから送信していても受信ができません。

何なんでしょうね?
結局、奥さんには今夜は我慢して貰って、明日の夜に一度PCを初期化
するつもりです。

でも、明日の仕事が終わる予定は23時。
明後日は10時に取引先との約束が有りますので、初期化する作業時間も
あまりありません。
でも今週末は大瀬崎の予定ですから、それまでに直さないと、大瀬崎には
行けなくなってしまいます。

結局、睡眠時間だけが無くなりそうです。
うぅっ・・・・。

2007年01月16日

●NEWマシーン F2007

まぁ、ありきたりの名前ですが、今年のフェラーリの新型です。

20070116ad.jpg20070116aa.jpg
20070116ab.jpg20070116ac.jpg
( ( 写真はいろんなWebサイトから無断で頂戴しました、ごめんなさい。)

14日に発表したかと思えば、早くも翌15日にはフィオラノでシェイクダウンテスト。
面白いのは、マッサがドライブで、キミとシューマッハが付き添っておられます。
巷で噂されている様に、キミは未だにマクラーレンからは解放されていないのか?
それとも噂のシューマッハのテストドライブが、ひょっとしてあるのか?

どちらにしても、本レースではシューマッハが乗る事の無い真紅の跳ね馬ですが、
今年はどこまで頑張れるんでしょうね。

20070116ca.jpg20070116ba.jpg

開幕までは、まだまだ約二ヶ月も有りますが、アロンソ小僧が操るマクラーレンも
新型のMP4-22を発表し、ルノーは発表前のR27の写真をスクープされたりと、
今年も話題に欠かさないF1です。

3月18日のメルボルンが、待ち遠しくてたまりません。

2007年01月14日

●1月14日 今日は大瀬崎

昨日に引き続いて、 かじきあん ツアーに参加して、大瀬崎でインディペンデント
Wタンクの練習です。

昨日、今日と2日続けて潜るのは自分だけだったので、昨夜は名古屋に戻らずに
一人で西伊豆の民宿に泊まりました。
おかげで7時間以上も眠れて普段よりも睡眠時間が長く取れ、コンディションは
絶好調です。

20070114aa.jpg20070114ab.jpg
自分にとっては昨年夏以来の大瀬崎。
お天気も昨日と一緒で良い天気ですが、残念ながら今日も富士山は雲の中。
それでも、風もないポカポカ天気のおかげで、日向で暖か~い休憩が取れて、
冬場のダイビングでは皆さん、しかめっ面でダイビングの準備をされますが、
今日はニコニコ顔ですねぇ~。

さて、1本目、今日の他のゲスト3名は、と◯さ師匠の教えで水中スクーターの
スペシャリティの海洋実習。
自分は今日もWタンクの練習なので、スクーターチームと同じ行動は取りづらく
今日は副ドライバー件ファンダイブのし◯ちゃんと、バディダイビングをする事に
しました。
いちおう念の為に、30分後にスクーターチームと、大きなコンクリートのところで
待ち合わせも約束し、エントリー。

予測できた事でしたが、自分がコース計画をたててしまいましたので、ガイドに
なってしまいました。
Wタンク練習中の、カメラを持たない今だけの期間限定の自分のにわかガイド
です。
コース目標は、自分が行きたい23m近辺の鉄枠です。
途中、車いす、3連タイヤなどで、し◯ちゃんの写真撮影を見守りながら、北の
方向へ進路をとっていたつもりでした。

しかし、気がつくと、水面から大きな網が垂れ下がっており、大瀬崎の湾内で、
自分が見たことも無い水中景観が現れました。
どうやら、かなり東方向に来てしまった模様です。
約束の30分も間近と迫り、待ち合わせ場所に進み掛けましたが、もう時間も
ないので、結局、そのまま戻る事にしました。

エキジット後、と◯ささんに " ごめんなさい " と話すと、どうやら水中スクーター
チームも体調不良やらで、5mより深場へは行けなかったとの事で、お互いに
待ち合わせ場所へ行っていたら、待ちぼうけの所でした。

2本目も、し◯ちゃんとバディダイビング。
今回も自分が、にわかガイドなので、自分が行きたい ウミテング が出ている
らしき、ビーナス近辺に行く事にしました。

行く途中は、今回もいろいろ道草をしながら、し◯ちゃんの写真撮影を横から
見守ります。
1本目はスレートが無く、指示棒も忘れてしまいましたが、今回はバッチリ。
見物はカンカンとタンクをたたいて、知らせてあげれました。

残念ながら目的の ウミテング は、見られませんでしたが、今回はコースは
予定通り、45分のダイビング計画は56分と、若干オーバーいたしましたが、
今回は問題なくエキジットできました。

ただ、Wタンクの残圧が共に50を切ると相当な浮力でした。
次回からは、1本目と2本目ではウェイト量を変化すべきと体感できました。

他にも、リールを使用してのフロートをあげる練習も、忘れておりました。
始める前は簡単に考えていたWタンクですが、なかなか勉強させられる事が
多いです。
かなり慣れては来ましたが、次回もカメラは我慢する事にいたします。

次回は一週間後、再び大瀬崎の予定です。

2007年01月13日

●1月13日 今日は井田

20070113aa.jpg
水曜日に初体験したばかりの、インデペンデントWタンク。
最初は短期間につづけて潜った方が、体が覚えやすいと思うので、3日ぷりに
今日、明日と かじきあん ツアーで、西伊豆合宿です。

1本目は、まだ慣れていないとの自分の認識で、今回も照明係に徹しようと
思いましたが、途中、 イバラタツ を撮しているキ◯ラさんの照明担当中に
ダークバスターが電池切れ。
そう言えば充電を忘れてましたが、充電器も忘れてきましたので、明日も
駄目ですね。

海の中の様子と言うと、まさに井田ブルー。
久々に透明度の良い日本の海を体験させていただきました。
スズメダイ の大きな群れなど、ワイド系の写真に最適な海況に、水中では
Wタンクの重さも感じないので、久々に癒されました。

結局、その後は岩場の奥もライトが無い為、のんびりと流しながら潜っていた
ところ、なんと残圧は2本とも120残ってました。
Wタンク2日目にして、ようやく呼吸が平常にできる様になったかも?

そんな事で手持ち無沙汰の自分は、2本目はコンデジのイマージュ片手に
暇つぶし。

20070113ba.jpg20070113bb.jpg
今日はいたるところで、 コウイカ の子供、 ヒメギンポ を見かけました。

20070113bc.jpg20070113bd.jpg
その他、おいしそうな セミエビ 、井田では毎回見かける トラウツボ
コンデジでの画像にて、どれもこれも、いまいちの写真ばかりですみません。
早くWタンクに慣れて、良い写真を撮りまくります。

安全停止中に初めてリフトバックをあげる練習をしましたが、リールの使い方に
モタモタと手間取ってしまい、ちっとも上手にあげれませんでした。
明日の大瀬崎でも練習してみようと思います。

20070113ca.JPG20070113cb.JPG
最後に、井田の堤防からのが画像を2枚。
冬の太平洋の水平線に沈む夕日が、とても綺麗でした。

2007年01月12日

●今度は、PCが・・・。

3年ほど前に購入し、主にDVDのバックアップや、写真の整理、iチューン等に
使っていたPCが、昨夜、とうとう動かなくなりました。

去年の8月末頃より、DVDのバックアップ中に突然、電源が落ちだし、11月
頃よりブルーバックの最悪の状態に進化して、とうとう、昨夜、完全停止の
不機嫌状態になりました。

危なくなった頃より、データは全て外付けHDに移しておいたので、最悪の
事態は避けられましたが、それにしても、去年の夏以降、電子レンジ、掃除機、
ポット、会社のPC、今回の自宅のPCと、家電製品がつぎつぎと壊れます。

思い出せば、去年の春に、水中でのライト、ストロボと続けて壊れました。
去年は、自分にとって物が壊れる年だったのでしょう。
壊れるのが体でなくて、良かったです。

明日、明後日は、11月以来の連休。
西伊豆に、Wタンクの特訓に行ってきま~す。

2007年01月11日

●筋肉痛

朝、おきてみたら、筋肉痛です。
久しぶりにダイビングで筋肉痛になりました。

20070110bb.jpg20070110ba.jpg


確かに昨日のインデペンドWタンクSPの講習での1本目は、急に浮いたり、
沈んだり、そうかと思えばフィンで砂を巻き上げたり、岩にぶつかったりと、
無理なフィンキックのおかげで、足も数回つりました。

でも、翌々日の筋肉痛で無かったのは、ちょっぴり嬉しいです。

ところで、最近は通勤中によくDVDで音楽を掛けてます。
見てるでなくて、掛けると書いたのは、運転中なのでほとんど見て無くて
聞いている状態が多いからですが、もう一つ掛けると書いた理由は、掛ける
DVDのほとんどが、音楽番組を録画したDVDだからです。

いつもはMTV、スペースシャワーTV、Mオン等で録画した週間ベストヒット
物が多いのですが、最近は年末年始の特番で録画したヴィンテージ物が
お気に入りです。

今と違ってMTVが無かった60年、70年、80年代の頃の、ミュージシャンの
映像は貴重な映像ばかりです。
プロモ用のビデオ作成も無かった時代ですから、映像自体は見たことが
無い物が多いので、信号待ちでは、つい見入ってしまいます。
ちょっと危ないかも知れないので、車の中では掛けてはいけないDVDに
認定しました。

今日からしばらくは、2006年年間ベストヒット物を掛けることにします。

2007年01月10日

●2007年潜り始め

2007年の潜り初めは、自分自身の800本目であり、テッキーへの第一歩に
なりました。

20070110ac.jpg20070110ab.jpg
左の写真は本日のダイビングポイント、尾鷲市梶賀の港です。
右は自分が今年の遊びでの目標、テックディープダイバーの為にそろえた
NEW器材の一部です。
BCハーネス、Wタンク用のエアセル、2個のDINレギュレーター、インディ
ペンデンドWタンクキット、セキュリティフロート、リフトバック、リールを
セッティングした状態です。

とりあえず今日は、インディペンデンドWタンク・スペシャリティの海洋実習なので、
12Lエンリッチタンクを2本、インディペンデンドWタンクキットでセットして必用
最小限の装備です。
本日のスペシャリティ2本で自分なりに満足できれば、次からどんどん装備を
増やしていく予定です。

20070110aa.jpg
まず産まれて初めてのダブルタンクでの1本目、記念すべき800DIVEですが、
まるでビギナーダイバーでした。

ご教授いただく かじきあん のひがしさんのブリーフィングのおかげでSタンク
とは異なる潜行スピードの調節は難なくこなしましたが、水中でのバランス取りが
上手くできません。
少しの深度の変化で、バランスが崩れてしまい久しぶりにアタフタしてしまい
ました。

おまけに買ったばかりのマスクの調整を忘れており、マスクに水がじんわりと
入ってくるので、3分おきにマスククリアー。
エンリッチエアーと言うこともあって、26m近辺を長く潜っていた事もありますが、
約50分のダイビング後の残圧は、2本とも50しか残ってません。
何とも凄い量の、エンリッチエアを吸った1本でした。

2本目は、15m近辺の砂地を潜ったせいか、70分潜って終わった時は2本とも
残圧は90。
おぉっ、かなりの進歩です。
水中でのバランス変化も、何とかこなせました。

しかし自分としては、満足ラインのまだまだ50%程度のレベルです。
エア切れダイバーへのエアー供給のスキル等は難なくこなし、スペシャリティに
合格したとは言え、Wタンクでのバランス感覚を自分の物にしないと何の意味も
有りません。
いったい何本潜れば身に付くのか判りませんが、今週末の土、日の2日間も、
カメラは諦めて特訓、特訓です。

と言うところで、テッキーへの道、第一歩の報告でした。

2007年01月09日

●もう一度撮り直したい その2

ご好評の様なので、本日も、もう一度撮り直したいシリーズです。

061013b3.jpg
061015c3.jpg

写真は共に カスリハゼ(ミクロネシアタイプ) 、上側がノーマルカラーで、
下が黄変個体です。
撮影場所は、パラオのサザンマリンダイバーズさんのオリジナルポイントの
GP3、世界で一番、自分が好きなポイントです。
この時は、ガイドさんがマンツーでついて頂き、しかも貸し切りビーチ状態で
あったにも関わらず、残念ながら、こんな写真しか撮れてません。
上の写真は背びれが完全に開いていないし、下の写真は真横の位置に回り
こめず、しかもややボケ写真。

おぉっと、これでは失敗作品シリーズのコメントですね。

こちらは、昨日の スミゾメミノウミウシとは違って、潮位環境が良い時に
サザンさんに行って、お客さんが少なくてサザンさんが暇そうならば、
必ず見せてもらえます。
皆さん、ご存じの様に海の中で狙った生物に必ず会えるって事は
非常に難しい話ですよ。

なので、今年もサザンさんが暇な時をねらって行こうと思っております。
ドロドロなハゼ好きな方、平日に休める方、ご一緒いかがですか?

話しは変わって、仕事もやっと落ち着き、明日は去年の12月15日以来の
久々のダイビング。
いよいよテッキーに向かって、スタートです。

2007年01月08日

●もう一度撮り直したい その1

2006年の失敗作シリーズに対しての苦情が多いので ( ミクシィの方に )、
ちょっと趣向を変更して、もう一度撮り直したいシリーズを始める事にしました。

sagamiminoumiushi20061228.jpg

第一回目は、 サガミミノウミウシ です。
この写真はちょっと古いのですが、2004年の初夏に越前で撮影しております。
おそらく、その時期であれば越前で毎年見られるウミウシとは思うのですが、
何故か、それ以来、出会ったことがありません。

もっとも越前がシーズンの夏は、行き先が南紀が中心になってしまう事が、
出会えない一番の原因と思うのですが、 ダンゴウオ や、ミノ系のウミウシが
観察できる春の越前は好きですが、夏場はどうしてもサカナが多い太平洋側に
自分の体内アンテナは向いてしまいます。

伊豆でも観察はできると思うので、今年こそはもう一度撮ってみたいものです。

2007年01月07日

●2006年の失敗作 その4

sarasaumiusi200605.jpg

2006年の失敗作シリーズに、ウミウシ系のリクエストを頂戴しましたので、
早速、4回目の紹介は サラサウミウシ にしました。

過去にウミウシの図鑑写真は沢さん撮影しているので、最近、ウミウシは
アーチックな写真を撮っております。
この写真は、5月末に獅子浜にてマイクロ60mm+1.4倍テレコンを使って、
ウミウシの触覚2本にピントを合わせ、マクロヲタクに撮影しました。

シャッタースピードは1/250、露出をF13で撮ってみましたが、写真を見て
判る様に、結果は触覚の1本に合っているだけで、手前の触覚はボケてます。

ごく普通に観察できる サラサウミウシ ですが、撮り方によっては、奥が深い
写真に変化します。

今年も、これからがウミウシシーズン。
傑作写真を求めて、今年も頑張りま~す♪

2007年01月06日

●2006年の失敗作 その3

oosujiishimochi200601.jpg

好評 ( 自分だけ?) の、2006年の失敗作シリーズ。
3回目の紹介は オオスジイシモチ です。

自分にしては珍しく、図鑑写真でなくアーチックに撮した写真です。
大瀬崎の湾内にて、マイクロ60mmを使ってイソギンチャクをバックに綺麗な
イメージを心がけて撮影しました。

出来る限り全てのイシモチが同方向を向いた瞬間を、被写体深度を深くして
撮影したつもりが、うかつにも露出F9で撮っておりました。
結果、全てのイシモチにピンが合った写真は0枚でした。
しかも全てのイシモチが同一方向を向いた写真も0枚。

1枚の完成された写真を撮るには、バディ達とはぐれる心構えを、してでも
粘る必要がありそうです。
でも単独潜水はお勧め出来ないので、ガイドさんを独り占めできる平日の
ダイビングが、良い写真への一歩と思います。

2007年01月05日

●2006年の失敗作 その2

umitakehaze200602.jpg

2006年の失敗作。
2回目の紹介は名前の判らない ウミタケハゼ の仲間です。

このサカナの情報を知ってから一週間後に、2日間の日程でこのサカナの
撮影目的で須江に行きました。
観察できるのは内浦ビーチの-26m近辺の深場にて、まず初日の1本目に
撮影したのがこの写真です。

10枚程度撮影しましたが、D100のファインダーでは体全体がジャスピンの
満足写真に見えた為、その後は翌日も違う被写体の撮影をして帰宅しました。
ところが自宅でPCで確認すると、目だけとか、ヒレだけとかのマクロヲタクな
写真ばかりで、目的としていた図鑑写真は一枚も有りません。

翌週の休日、再撮影に再び須江に行きましたが、既にこのサカナはどこかへ
消えてしまっておりました。

最低でも翌日に、もう1本撮っておくべきでした。
今、観察できても、次の観察は保証されない事を、改めて実感させてくれた
そんなサカナでした。

2007年01月04日

●2006年の失敗作 その1

もう2週間以上も海に行ってないので、写真ネタがちっとも増えておりません。
なので、しばらくは失敗写真でも紹介させて頂きます。
いわゆるプロ野球の珍プレーみたいなモンですね。

umiushikakureebi200608.jpg

さて、いきなり2006年の失敗作ベスト1です。
何が失敗かと言うと、この写真を撮った時に自分はこの ウミウシカクレエビ
気付かず、普通に綺麗な ミアミラウミウシ だなぁと思って写真を撮ってました。

なので、たった2枚しか撮ってません。
この写真も、そんな ミアミラウミウシ の写真の一部をトリミングして、大きく
引き延ばした物です。

気づいたのは、当日の帰り道に撮した写真をチェックしていた時でした。
もしも気づいていれば、20枚は撮っていたはずです。
よくも気づかず、 ウミウシカクレエビ が撮れてたものです。

2006年、いちばん悔しい&失敗写真ですね。

2007年01月03日

●子供達のお手本

毎年の事ですが、「家の子供達はああいう大人になってほしくないな」って
思う事を、大晦日から三が日にかけて目にします。

atutasan20070103.jpg

自宅からオフィスまでの通勤は、毎日、熱田さん(熱田神宮)の南西側の
交差点を曲がりますが、この時期、帰り道は路上駐車の車がいっぱい。
もちろんパトカーも、お巡りさんも居るのに取締りを致しません。

普段通りに左車線を走って左折はできないので、左から1本右側を走って
いると、突然、前の車が急ブレーキを踏んで左側によせて止まったりして、
とても危険です。
安全を考えて、もう1本右を走っていると左折ができない事が有るので、
危険を承知で注意しながら、左から1本右側を走ってます。

「だったら、違う道を通ればいいじゃん」って、思う方も居るでしょう。
でも、心がせまい奴やなぁ~と思われるかも知れませんが、年末年始も
働いている自分にしてみれば、休日で遊んでいる人達に通勤道路を
譲ってしまうのは、しゃくに触りますので違う道は通りません。

その心のない違法駐車の人達ですが、子供連れの方も多く見かけます。
子供の前で「周りのみんながやってるから」 などと、言い訳をしてまで、
堂々と交通違反をするのは、やめてほしい物です。
せっかく、すぐ近くに名鉄の駅も、地下鉄の駅もあるんだから、車でないと
行けない所では有りません。

子供はいつも親を見て育ってます。
自分は家の子が入学前に、一度間違ってゴミを道路に捨てた事が
有ります。
それを子供はしっかり見ており、後から奥さんにえらく怒られました。
それ以来、子供の前では常に自分の行動に注意しております。

そもそもお巡りさんが、路上駐車の人たち全員に交通違反の切符を
発行すれば無くなる問題です。
"正月くらい"とか、"慣習なんで"とかで済まさずに、間違っている事は
間違っていると正しく正すのが、お巡りさんだと自分は思うんですが。

お正月そうそう、頑固者の話で申し訳ありません。
それにしても、交通違反をしてまで初詣して、神様はそんな心ない
人達に、ご利益を与えてくれるんでしょうか?

2007年01月02日

●神の子 健在

新年早々、世間より遅れを取っておりますが、元日の夜、ようやく大晦日のK1GPを
録画で見ました。

09_majoros_kid_04.jpg
( 写真はK1オフィシャルサイトから無断で頂戴しました、ごめんなさい。 )

と言っても全部見る時間がないので、とりあえず、所英男VSグレイシー兄ちゃん、
須藤元気VSジャクソン・ページ、そして神の子、山本"KID"徳郁VSイストバン・
マヨルシュの3戦だけですが。

特に見たかったのが 山本"KID"。
北京オリンピックを目指している為、5月3日の1ラウンド4秒KOの宮田和幸戦
以来の試合、期待いっぱいの試合でした。
相変わらずのケモノの様なファイターぶりは健在でしたが、今回はオリンピック
金メダリストとは言え、ちょっと対戦相手が・・・。

最後のボディブローで倒したあとも、いつものがむしゃらな止めの攻撃ではなく、
ゆるゆるのパンチと、1月の天皇杯全日本選手権に出る為なのか怪我をしない
様に意識した上での結果でしょうが、ちょっと最後はいまいちでした。

でも、頑張って北京オリンピックに出てほしい物です。
今月末の天皇杯、60Kgフリースタイルに注目ですね。

2007年01月01日

●2007年 元日

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も当ブログを暇つぶしに、是非ご覧下さい。
誤字脱字が有ってもお許し願いますが、間違った内容の時は速攻でご指摘を
下さいませ。

さて本日は朝から元日営業をしている3店舗の内、2店舗に激励訪問をして、
お昼に一度オフィスに行きました。

20070101.jpg
写真は我が社が入っているのビルのキーボックスです。
このビルは我が社の親会社の自社ビルで、建築中の当時は自分もそこに在籍
しており、完成した時は引っ越しやら、テナント様の入居手配など、自分が担当
しておりました。
グループ内では、その親会社と我が社の2社だけ入居しており、他に10社ほど
テナント様として入居して頂いております。

全部で20室のキーが入退室カードで取り出せるのですが、自分以外にも出社を
されている会社が、一社だけありました。
見えにくいですが緑のランプが点いてると、留守の表示です。
昨夜22時過ぎに帰社する時は、自分が最終退出者でしたので、他にも出社して
いる人がいると、ちょっぴり嬉しい気分です。

しかし我が社でオフィス出社は自分だけ。
ひとり寂しく12月の月末締め処理と月次更新に没頭し、元日営業している残り
1店舗に閉店前に激励訪問。
閉店後、元日だと言うのに、マネージャー、店長、副店長と自分の4人で、販売
促進のミーティングまでしちゃいました。

元日から、普通にまじめに働いて、この一年もやっぱり仕事、仕事かなぁ?
あ~~、早く、潜りたい~~!!