Top > 2006年01月

« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月28日

●1月28日 串本2日目

串本 2日目



7時からの早朝ダイビングの為、朝食は6時15分に朝食です。

う~~っ、ね・む・い・・・







2日目の本日は、9時と11時出航のボートダイビングで早めに引き上げの予定。

実はビーチの東淵にオオモンイザリウオが居るよとの事で、7時の早朝ダイビングと

なりました。



ビーチの東淵なので、結構泳ぎます。

本日も、い◎えちゃんはD70、◎づちゃんはイマージュをビーチだけで体験撮影ですが、

昨夜拝見した画像はお二人ともナカナカで、結構イケてます。

珍しい赤ちゃんのトラウツボ等を観察しながら、泳ぎ着いた東淵にてみんなで捜しますが、

やっぱりいつもの如く、見つけたのはショップオーナーのヒ◎シさんでした。

確かにオオモンイザリウオ、しかし105mmでは顔のアップしか撮れません。



その後は予定通り2本のボートダイビングをして、名古屋に戻りました。

今回の真冬の串本、砂地ハゼ系は、なかなか観察できませんでした。

大好きなイソハゼ類も少なく、名古屋と比べて陸では暖かな串本でも、流石に冬は

サカナが少なかったです。



DIVE;633 IN 7:16 OUT 8:03 47分 Max 6.7m Ave 4.2m 水温17℃ 透明度10~15m

DIVE;634 IN 9:19 OUT 10:03 44分 Max21.3m Ave16.4m 水温17℃ 透明度 5~10m

DIVE;635 IN11:21 OUT 12:08 47分 Max17.0m Ave13.1m 水温18℃ 透明度 5~10m

>


2006年01月27日

●1月27日 串本初日

串本初日



今週末は、串本にやって来ました。

このところ、すぐ近くの紀伊大島へはよく来てたので、串本はたった2ヶ月振りなのですが、

何だかとっても久しぶりに感じます。







今日は11時と13時出航のボートを予約しているのですが、昨夜から串本に入って居る為、

ちょっと早起きして1本目にビーチで潜りました。



今回は自分のD70を、最近、水中撮影にますます興味を持ち始めている、い◎えちゃんに、

コンデジのイマージュを、水中ではデジカメデビューの◎づちゃんにスペシャルレンタル。

お二人が少しでも水中撮影に興味を増し、毎週の様にダイビングに出かけていただければと、

深くお祈りしてお貸ししました。



自分はD100で久しぶりに105mmをセットしましたが、いつもの60mmとは違いなかなか

フォーカスが合わせにくく、やはり今回もダメ写真ばかりです。

D200のハウジングが届くまでに、もっともっと修行が必用です。



夜は、久々にナイトダイビングをしました。

思い起こせばサンゴの産卵目当ての7月の串本ぶり、って事は同じポイントですね。

サカナが居なかった思いで潜ってみると、あれれっ夏よりもサカナが多い。

サザナミヤッコの幼魚やら、◎英ちゃんが一生懸命踊らせようとしてもちっとも踊ってくれない

スパニッシュダンサー、眠りについたばかりのブダイ、ハリセンボン、群れをなして、ぐっすり

睡眠中のクロホシイシモチ。



前回は産卵シーンを目的にサンゴばかり見ていたので、今回の様に視線を変えてみると、

結構、楽しいナイトポイントでした。



その後はお泊まりツアーならではの、お楽しみ。

総勢12名の皆さんで、お酒を飲みながら皆さんの水中写真を見て、UNOで盛り上がり、

明日の早朝ダイビングにそなえて、深い眠りにつきました。



DIVE;629 IN 9:25 OUT 10:08 43分 Max 6.7m Ave 4.8m 水温18℃ 透明度10~15m

DIVE;630 IN11:22 OUT 12:04 42分 Max23.7m Ave17.6m 水温18℃ 透明度 5~10m

DIVE;631 IN13:23 OUT 14:08 45分 Max17.0m Ave12.1m 水温18℃ 透明度 5~10m

DIVE;632 IN17:51 OUT 18:48 57分 Max 3.3m Ave 2.4m 水温18℃ 透明度 Night


2006年01月23日

●潜水艦

大瀬崎に行く途中と帰り道に潜水艦を見ました。

過去にハワイ、グアム、サイパンで観光用の潜水艦を見た事は有りましたが、

軍用(多分、海上自衛隊と思われるので自己防衛用が正しい?)を見るのは、

産まれて初めてです。



かなり遠かったのと、ダイビングの行き帰りですから60mmマクロレンズと

テレコンしか持って無かったので、ベストな写真は撮れませんでしたが、

富士山をバックに構図は最高です。



また見れるかも知れないので、常々ズームレンズも持ち歩く様にします。

2006年01月22日

●1月22日 大瀬崎

今年初の大瀬崎は、3本とも湾内



今週は、今年初の大瀬崎に来ました。

箱根が雪模様らしく、関東方面からの車の屋根には雪が積もっており、先週の紀伊大島

と比較すると、かなり寒いです。

寒いと言うことで、本日はウミウシダイブを計画する事に。









湾内を3本で3箇所潜りましたが、やはりハゼ系は出ておらず、せいぜいハナハゼ(yg)と

ダテハゼぐらいです。

と言う訳で、本日は地味なサカナとウミウシ系の撮影を楽しむ事に変更です。

現在の大瀬崎はピカチューがはやっており、3本のダイブで何と8個体も観察でき

ちゃいました。

ピカチューが見たい方は、今がチャンスです。



ミズタマウミウシは別として、いつもゴロゴロしているサカナを撮影しようと観察してみると、

結構、おもしろいポーズも取ってくれております。

たまには、トラギス45分1本勝負も良いかも知れません。



でも、やはり伊豆は南紀に比べ、陸も海の中も寒いですね。

大瀬崎は山が近く、冬は日が沈むのも早く、日が当たらないだけで寒く感じます。

チャッチャッと3本潜って、清水の魚市場で夕ご飯を食べて帰ってきました。



DIVE;626 IN 9:18 OUT 10:13 55分 Max24.6m Ave16.1m 水温14℃ 透明度10~15m

DIVE;627 IN10:53 OUT 14:43 50分 Max21.2m Ave14.6m 水温15℃ 透明度10~15m

DIVE;628 IN13:34 OUT 14:24 50分 Max24.6m Ave16.1m 水温15℃ 透明度10~15m


2006年01月19日

●モータースポーツ

先日マカオGPの事を書きました。

ダイビングに次に大好きなことがモータースポーツ、特にF1です。



ダイビングが幼少の頃からの海での素潜りの延長と考えれば、海遊び

キャリアは約40年にもなりますが、モータースポーツとの出逢いは

中学の時ですので、その次に長いキャリアの趣味になります。



F1との出逢いはプラモデル作成でした。

小学生の頃に鉄腕アトムや、ウルトラマン、サンダーバード等の

キャラクター物から始まったプラモ好きは、中学生の頃には1/35

スケールのTAMIYAミリタリー物を使ったジオラマ作成に移って

おりました。



たまには代わった物をと購入したのが、F1のロータス72Dでした。

ビデオ等、まだ世の中に普及していない時代ですから、雑誌などの

紙媒体しか塗装の資料が無く、必然的にモータースポーツ系の雑誌を

購入しますが、どうやらF1とやらは当時は年間12レースほど有り、

その都度、カラーリングが若干異なる事が判明します。



その為、バツクナンバーなどを購入し読みふける事が多くなり、一度

本物のレースを見たくなりましたが、残念ながら当時は日本でのF1

開催は有りませんし、海外旅行など新婚旅行でさえ行かない時代です。



結局、その後もTAMIYAから発売されるF1を作成する為、雑誌

を購入し続け、いつのまにかF1お宅になってしまった次第です。


2006年01月17日

●マカオGP





今週の月曜日から土曜日まで、フジTV739にて2000年以降のマカオGPが放送されてます。



マカオGPは前座のギアレースを従えて、カテゴリーはF3で行われます。

F1、F3000よりもランクは格下なのですが、有名なF1ドライバーの多くはF3から、F3000を

とばしてランクアップしており、特にマカオGPは例年、その年のイギリス、フランス、ドイツや、

日本の各チャンピオン、近年ではユーロチャンピオン等が集約し、その年のF3世界一を競い

ますので、当然、F1のスカウター達も集まります。



激しさも断トツにて、あのジェィソン・バトンでさえ98年の2位が最高ですが、過去にはセナ、

シューマッハ、そして佐藤琢磨もマカオGPを征した翌年にF1デビューを果たしており、まさしくF1ドライバーの登竜門レースとも言えます。



公道レースとしては、やはりF1のモナコGPが有名で自分も大好きなので毎年楽しみにして

おりますが、それよりもマカオGPはずっとずっと楽しみです。

2001年の日本人初優勝の佐藤琢磨以来、日本人チャンピオンは現れておりませんので、

2006年こそ、日本人チャンプが現れて欲しい物です。

2006年01月15日

●1月15日 紀伊大島

本日も3本全て内浦ビーチ



先週、やっと出会えた黄色のウミタケハゼの写真がイマイチだったので、撮り直しに今週も

紀伊大島にやって来ました。

到着するなり、現地サービスのガイドの川◎さんに " 今週も名古屋から来たの?今年は

皆勤賞狙い? " と言われてしまいました。









先週の黄色ウミタケ写真は、60mmマクロに1.4倍テレコン(デジタルなので約190mm)の

セッティングで撮した為、目と口だけがドンピシャ、ぼやぼやボディの写真ばかりでした。

図鑑写真が撮りたい自分としては、今日は60mmマクロのみのセッティングにて、海に

入る前の陸上からF値も開け気味で、気合いバリバリです。



1本目、今回もスクーターの出番は無く、ミジンベニハゼ狙いの松◎さんと途中20m付近で

お別れした後は、デコ対策にて中層を延々と泳ぎます。

目的地に着くや一気に潜行、今週もガイドしていただいているヒ◎シさんとスーパーマクロ

捜査に入りましたが、捜せど、捜せど見つかりません。

目標の、地面からぐにゃっと出ている曲がった鉄の棒はあるのですが・・・。

結局、1本目は諦めて、クルマダイ、でっかいヒレナガハゼ等を撮し、インドアカタチのクネ

クネ水中ダンスを堪能し、帰り道にミジンと未だ格闘中の松◎さんと合流して上がりました。



休憩中に現地ガイドの川◎さんに " 黄色のウミタケおらんかったよ " と報告してみると、

" 月曜からおらんくなった、日曜日に虐めんんかった? " との事。

自分が撮り直しに来たのにと言うと " あんな動かんサカナの写真を失敗?信じられん "

と言われる始末です。

確かにごもっともです。



日曜の帰り道にリベンジを決意し、一週間後にやって来た自分。

でも現実には、その翌日から居なくなっていたとは。

今回、黄色のウミタケだけが目標であった自分は、その後は気合いも薄れた写真ばかりに

なったのは言うまでも有りません。



一方、ミジン格闘家の松◎さんは、その後の2、3本目も全てミジン一本勝負で燃えまくりの

一日でした。



あの黄色いウミタケハゼには、おそらく二度と会えないのでしょうね。



DIVE;623 IN10:59 OUT 11:57 58分 Max27.4m Ave13.4m 水温16℃ 透明度 5~10m

DIVE;624 IN13:02 OUT 13:47 45分 Max23.7m Ave14.6m 水温17℃ 透明度 5~10m

DIVE;625 IN14:56 OUT 15:46 50分 Max22.2m Ave13.4m 水温17℃ 透明度 5~10m


2006年01月11日

●パラオ行き延期に





2月に予定していたパラオですが、残念ながらマイレージ利用席が完売で諦める事に

なりました。

そもそも過去2年連続して3月に行ってたのですが、今年は仕事が3月は忙しく、

2月なら行けると確定したのが年末年始でした。

やはり申し込みが遅すぎた様です。



パラオのベストシーズンは2月後半からなのですが、流石にパラオは手前でも大人気

ですね、結局4月まで延期です。

4月は多分、ガラガラに空いてると思いますので、上手く行けば憧れのカヤンゲルに

行けるかも?

過去、毎回カヤンゲルをリクエストしてましたが、何せベストシーズン真っ最中では

そんな我が儘が通るはずも無く、いつも来年こそはと思っておりました。

あとは4月でも一緒に行ける人達が多い事を祈るだけです。

2006年01月08日

●1月8日 紀伊大島2日目

1本、2本、3本、更に4本目 全て内浦ビーチ



昨日に引き続き、本日も内浦ビーチです。

昨日は深場へは行きませんでしたので、本日はいよいよ待望の黄色のウミタケハゼを見に

深場へ行ってみます。











正しいダイビングのセオリー通りに、1本目に深場です。

減圧対策でひたすら中層を泳いで、ポイントに付いたら一気に潜行する計画に加えて、

本日ご一緒の方はクルマダイへ、自分は黄色のウミタケへと撮影順序の計画もバッチリ。

しかし、遠~い、遠~い。

泳いで、泳いで予定通りに撮影を終えると自分はさっさと中層へ浮上して、減圧対策です。

帰り道にカンナをちらりと見て、やっとツノザヤも発見です。

しっかりと減圧対策を施したのですが、やっぱり深場に行ったおかげでダイコンは早めに

悲鳴を上げ安全停止となりました。



2本目は気合いを入れて、ツノザヤ撮影。

ところがエントリーして移動し始め、カメラチェックをするとアンティスのポートが10度ほど

動いてしまい、フォーカスが合わせなくなってしまいました。

下手に触って水没してしまうのを避ける為、今回は目視での観察に留めました。



3本目は昨日ガイドしていただいた、谷◎さんのIDCの生徒役です。

PPBのシミュレーションにて、罠を仕込んで駄目生徒になりすましました。

たまには変わったDIVEも面白いですね。



4本目は勿論ツノザヤにリベンジ。

2日間沢山潜り込んだ成果とあってか、とってもレアなカンナとツノザヤのツーショットを

ゲット。

更に2mm程度のマイクロちびカンナ等、たっぷり撮した帰り道には本日もハナイカを撮影

できました。

しかし真正面から見ると、今にも泣きそうなハナイカ君。

あまりにもしつこく撮影されるでこんな顔になるのでしょうか?



DIVE;619 IN 9:45 OUT 10:29 44分 Max27.4m Ave16.1m 水温17℃ 透明度15m

DIVE;620 IN11:58 OUT 12:45 51分 Max25.6m Ave14.6m 水温15℃ 透明度15m

DIVE;621 IN14:35 OUT 15:06 31分 Max10.3m Ave 8.2m 水温17℃ 透明度15m

DIVE;622 IN15:48 OUT 16:30 42分 Max21.0m Ave14.9m 水温15℃ 透明度15m




2006年01月07日

●1月7日 紀伊大島初日

1本、2本、3本 内浦ビーチ



2006年の潜り初めは、今年も内浦ビーチです。

2005年はここで年越しして、思えば2004年の潜り始めも内浦ビーチでした。

これで3年連続ですね。











今回は最近見つかった深場にいる黄色のウミタケハゼ、数々のピカチューを見ましたが、

自分はまだ見た事がないカンナツノザヤウミウシ、ツノザヤウミウシなどなど。

ボートポイントでは水色のミズタマウミウシも居るそうですが、今回は内浦ビーチだけでも

被写体がいっぱいです。



今回、ご一緒の方が約半年ぶりのドライスーツと言うことで、初日の本日は深場は

避け、1本目はいつものハゼウォッチングです。

まずはエントリー付近でキンギョハナダイYgやナガサキスズメダイYg等でカメラの

チェックをして、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、オニハゼ、ハチマキダテハゼ等、

いつものメンバーの観察です。

安全停止は、バカでかいサンゴモエビの撮影。

内浦の安全停止はいつも面白い被写体に出会えます。



昼食後の2本目はウミウシチェック。

事前にレクチャーを受けた場所へ行って見てしばらく探していると、居ましたカンナです。

予想よりも大きな体です。

しかし探せど探せど普通のツノザヤは判りません。

帰り道にハナゴンベを撮そうと思い見に行くと、今年は早くも既に引っ込み気味になって

おりテトラの奥に入ったままでした。



今日は泊まりなので、のんびりと3本目をスタートです。

今回もカンナをたっぷり撮し、帰り道には現地サービスの方にハナイカを教えていただき、

約一年振りにハナイカに会えました。

いつ見ても変わった形です。

でもコウイカの仲間ですから、きっと美味しいのでしょうね。



ダイビング後は温泉に浸かって美味しい魚を食べて、明日の深場に備え早めに寝ました。



DIVE;616 IN10:45 OUT 11:35 50分 Max20.1m Ave14.6m 水温17℃ 透明度15m

DIVE;617 IN13:10 OUT 13:56 46分 Max23.1m Ave15.5m 水温17℃ 透明度15m

DIVE;618 IN15:34 OUT 16:18 44分 Max21.3m Ave14.9m 水温17℃ 透明度15m




2006年01月03日

●1月3日 ログの整理

お正月も3日目になると仕事も落ち着き、久々に自宅に早く戻れたので、

年末は忙しくて手を付けられなかった2005年のログの整理をしました。



整理してみるとログブックでは現在614本なのに、データを入力してある

PCだと何故か615本です??

振り出しに戻ってみて1月1日から1本ずつ再確認すると、ログブックでは

何と577本を2度もカウントしておりました。

結局615本が正しいのですが、てっ事は、600本の時は601本だったと

言う事で、599本の時が、600本だったと言う事になります。



こんな事実に気が付くと、やはり100本単位での記念品は貰わない方が

良い。

600本目はみんなに隠してて良かった。

やはり今年も700本目は隠しておこうと、固く決意をするのでした。


2006年01月02日

●1月2日 今年もパラオへ、目標150本

2月に、3年続けてベストシーズンのパラオへ行ける事になりました。

昨年3月に行って帰国してから計画をしておりましたが、一時は仕事の関係で行けそうに

なく、諦め掛けておりましたが何とか行ける事になりました。

昨年のパラオではスーパー秋葉系マクロを堪能できましたが、今年はどんなネタが

おちているのか楽しみです。



結局、2005年は年間目標の150本に6本届かず、144本でした。

2004年は計画の詰めが甘く、大晦日に雪が降り潜れず149本で終えてしまい

2005年こそはと思っておりましたが、またしても計画の詰めが甘く、例年にない大雪の

せいで12月に行く予定だったダイビングが2日間駄目になりました。

今年こそは11月までに150本目指して、毎月14本目標で頑張ります。

てっ事は毎月5~6回ダイビングに行かなければならない。

う~~ん、頑張るぞっ!!


2006年01月01日

●1月1日 お正月

明けましておめでとうございます!

元旦より仕事の自分は、今日一日で何人の方にご挨拶をしたか判りません。

でもいつもよりは早く帰宅できたので、昨夜、放映されてたK-1と、プライドの録画を

早送りしながら全て見ました。



改めて感じましたが、試合時間の放映時間って凄く少ないんですね。

プライドは、一つ目の試合が始まるまでに一時間もかかってます。

K-1は放映時間が短かったせいか、見たかったシュルトvsホースト、バンナ、レミー、

アーツ等の試合の放映はカットされてました。

ショーアップ部分の放映をもっとカットして、全ての試合を放映してほしいなぁ~。