Top > 2005年01月

メイン | 2005年02月 »

2005年01月29日

●1月29日 大瀬崎

本日も大瀬崎。

前回も書きましたが、これで今月4回目。

確かに自分は大瀬崎は大好きですが、冬しか来ないとは言え、

1ヶ月内に4回も着たのは初めてです。

しかも毎回湾内のみ、でも大満足です。

流石に毎回、魚の写真も飽きたので今回は富士山です。

う~~ん、こんなにクッキリ見える富士山も、冬の季節なら

ではですね。

2005年01月23日

●ガラスハゼ

先日の大瀬崎で撮しました。

ガラスハゼは透明なところが綺麗で、更におめめがクッキリ。

良い写真に仕上がりやすく、撮しやすい被写体と思います。

今は一眼デジカメですので感じませんが、コンパクトデジカメの

頃は光をあてるとクルクル回って動かれるので、フォーカス

ライトは当てずに頑張ってました。

じっくり粘って撮したい時に、なかなか付き合いの良い魚です。

2005年01月21日

●1月21日 水族館の鳥

鳥羽水族館を散歩中のペリカンです。

水族館なのに、なぜかペリカンが一日に数回散歩をして

お客様を喜ばせております。

近くに立て札があり、良く読むと噛みつかれない様にとの

注意を促しておりますが、散歩させれば誰でも安心と

触ってしまうのでは?

特に子供は。

少し考えさせられたペリカン散歩でした。

2005年01月20日

●1月20日 グアムの軍隊

我が社では2年に一度のペースで海外慰安旅行を催しており、

今回は2月にグアムへ3班に分かれて行く予定です。

本日は日程表やらオプションツアーリスト等が社員に配られて、

いよいよ社内に旅行ムードが高まって来ました。

個人的にもグアムへは去年は2回行っており、とっても大好きな

国でして、この5年間で5回目のグアムになります。

近くて時差が無く、物価もそこそこで年中夏いっぱい、

何と行ってもビーチダイビングなら車で15分も走れば

いつでもOKです。

写真は去年乗っていたダイビングボートに迂回を命じてきた

USA海軍です。

このときはグアムの軍港で係留中の輸送船から戦車が海に落ちて、

軍港の有るアプラ湾内の半分を航行禁止にしてました。

2005年01月19日

●1月19日 あのりふぐ

旬の河豚が食べたいと、だったら折角なら天然トラフグが食べたい。

しかもあの安乗りフグでなくてはと、ドライブがてらにわざわざ

安乗りまで食べに着ちゃいました。

勿論、突然の思いつきとは言え、事前に予約は抜かりありません。

知らない間に、阿児町が志摩市にはなっていても安乗りに代わりは

ありません。

安乗りで食べる天然トラフグは、確かに高いです。

一般のお店で食べる養殖トラフグの4~5倍の値段です。

でも、この旨さは比較できません。

年に一度の楽しみですが、来年も是非、食べたいものです。

2005年01月18日

●1月18日 大瀬崎

今週も、大瀬崎に着てしまいました。

まだ1月半ばなのに、早くも今年3回目になります。

今回のお目当てはミジンベニハゼ。

前回はいまいちの写真にて、今回こそはとリベンジです。

平日と言う事もあり20分ほど粘りましたが、ペアで

横に並んでくれませんでした。

いくら大瀬崎のカメラ慣れした彼らとは言え、なかなか

こちらの期待には耳は貸さない様です。

また、次回に期待でする

2005年01月09日

●1月9日 井田の予定が、大瀬崎

8日に大瀬崎で潜った後、井田へ移動。井田の民宿でささやかな宴会を

こなして朝起きてれば、海はビュンビュン白波立ちまくり~~

勿論クローズにて大瀬崎へ向かいました。

フェラーリ時代(勿論嘘です)に鍛えたピット作業の早さで、D100を

ワイドからマクロへ素早くセッテイング変更。

今日こそディープなハゼをめざすぞぉ~!!

が、な~んと7mmの白地にオレンジみずたまのイロイザリ。

家に持ち帰って水槽で飼っみたい欲望を抑えつつ、偶然他にダイバーが

いないのでたっぷり時間をかけて撮影できました。

しかし、やっぱり小さすぎ--、ポーズはとってくんないし、

できは今一でした。

いつになったら良い写真がとれるのか?今年も課題は山盛りです。

2005年01月08日

●1月8日 大瀬崎

5日からの新年会3連戦も無事終了し、今日、明日と大瀬崎と

井田でまったり写真撮影です。

初日の今日は、大瀬崎の湾内をハゼ撮影の予定...が、何と

この冬初のミズヒキガニ、ミジンベニハゼと、冬らしい生物を

撮影した後に、今度はセミホウボウの赤ちゃん。

う~~ん本日はハゼセッティング大失敗。

2005年01月03日

●ナイトダイブ

ナイトダイブならではのキモガニです。

別に昼間も観察できますが、ほとんどサンゴや岩陰の奥に

引っ込んでいます。

しかし、ナイトですと大胆に表に出てきます。

エビカニが大好きな(見るだけでなく食べるのも)自分にとって、

ナイトは覚醒作用をもたらします。

何しろ、透明度が素晴らしい海だろうが、凄く悪い海だろうが

ナイトはそんなの関係なくマクロの世界って事だけで大満足です。

2005年01月02日

●1月2日 仕事始め

12月31日~1月1日の短い年末年始休暇も終わり、

2日の本日よりお仕事です。

世間では5連休は当たり前の様ですが、我が社では、その2日間で

さえ休まず働いている優秀なスタッフも居ますから、自分なんぞは

まだマシです。

自分の携帯電話も今日からリニューアル

FOMAのN900iGになりました。

これで今後は海外からもブログがアップできます(^^)/


2005年01月01日

●2005年1月1日 須江

2005年は、ダイビング友達11人と海の中で各自のシャンパン

ボトルで乾杯して迎えました。

安いシャンパンとは言え数%アルコールが入っている以上、

ストローでチョビッとだけ飲んでみましたが、結構、水中でも

問題なく飲めましたよ。

年越し前後の2時間限り、年に一度だけナイトダイビングの許可が

出る内浦ビーチは、どんな生物がいるのか?

期待ワクワクのナイトダイビング。

2005年の初ショットは、ピンクのキサンゴカクレエビ。

今年も沢山の写真を撮るぞーー!!



今年も一年、どうか毎日、海峡が穏やかな良い年で有りますように。