アシスタント・インストラクター(AI)コース

アシスタント・インストラクターになるとできること

  • PADIインストラクターの元で、PADIダイバーコースの知識開発部分を実施できる。
  • PADIインストラクターの元で、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのトレーニング・ダイブ中にある水面スキルの評価を実施できる。
  • PADIピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・ダイバーをPADIインストラクターの元で認定できる。
  • プロジェクトAWAREスペシャルティ・コースを認定できる。
  • PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングのプールまたは限定水域ダイブを実施できる。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンス・コースを実施できる。
  • デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・インストラクター・コースを修了すればデジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーコースを実施できる。
  • エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー・コースを実施できる
    • ※ 上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件となります。
    • ※ コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認をしてください。
    • ※ 上記以外に、PADIダイブマスターが実施できる項目も含みます。

コース参加の条件

  1. PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されていること。
  2. 18歳以上であること
  3. ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
  4. 認定ダイバーになってから6カ月以上経っていること。
  5. 過去24カ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
  6. 病歴/診断書

コースにかかる費用

コース代金:63,000円 (eラーニング代金は別途必要)

含む:
  • 知識開発・水中スキル開発・実践応用それぞれの講習費
含まない:
  • eラーニング受講料($325)
  • 教材代 教材一覧表から必要な教材を発注してください。
  • **海洋実習費(タンク、施設利用、協力金、車両費、交通費、スタッフ経費)
  • **プール実習費(タンク、施設利用、車両費、交通費、スタッフ経費)
  • ** 海洋実習費:9800円×1回
  • ** プール実習費:5250円×1回
  • ※ 追加補習が必要になった場合は上記の料金が回数分加算されます。

PADIに支払う費用

申請料:10,500円

講習にかかる時間や日数は、候補生によって異なります。
追加補修が必要になる場合は、その日数分だけ期間が延長されます。

カリキュラムの内容

  1. PADI e ラーニングのすべての課程を修了する
    • a. 学習、インストラクション、PADI システム
    • b. 一般規準と手続き
    • c. リスク・マネジメント
    • d. ダイビングのマーケティング
    • e. スタート・ダイビング
    • f. PADI スペシャルティ・ダイバー・コースを教える
    • g. ビジネス・オブ・ダイビング−クラス出席**
    • h. キープ・ダイビング−クラス出席*1
    • i. レクリエーショナル・ダイブプラナー(RDP)の教え方*2
    • *1 g,hはオプションですが、強く推奨されています。
    • *2 iはクロスオーバー候補生は必修です
  2. 以下のカリキュラムに出席する
    • a. コース・オリエンテーション
    • b. 知識開発プレゼンテーション
      1. 知識開発講習プレゼンテーション1,2
    • c. 4つのEのカウンセリング・ワークショップ1
    • d. 限定水域での講習
      1. スキル・デモンストレーション・ワークショップ
      2. 限定水域講習プレゼンテーション1,2
    • e. オープンウォーター・ダイブの実施
      1. オープンウォーター講習プレゼンテーション1
    • f. レスキュー練習ワークショップ
  3. 知識開発講習プレゼンテーションを2回行い、
    少なくとも1回で3.5点以上を得点する。
  4. 限定水域講習プレゼンテーションを2回行い、
    少なくとも1回で3.5点以上を得点する。
  5. 2種類のスキルを組み合わせた統合オープンウォーター講習プレゼンテーションを1回行い、各スキルで3.4以上を得点する。
  6. スキル評価スレートに記載されている20種類のダイブスキルをすべて行い、合計68点以上を得点する。ただし、ひとつでも3.0より低い得点があってはならない。
  7. PADIシステム・基準・手続きエグザムで75%以上を得点し、間違えた問題については、正しい答えを理解するまで復習する。75%未満の候補生は再試験を受ける。
  8. オープンウォーターでPADIダイブマスター・コースのダイバー・レスキュー評価を修了する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

かじきあんニュース
  1. 初日の出

    2015年11月28日 【毎年恒例】かじきあんの年末年始ツアー!

    2015年11月28日 【毎年恒例】かじきあんの年末年始ツアー!

  2. 2015年04月29日 【8月17日発】 熊野大花火と串本2ビーチツアー

    2015年04月29日 【8月17日発】 熊野大花火と串本2ビーチツアー

  3. 2015年04月29日 【8月1・2日】夏休みは本栖湖でキャンプ!

    2015年04月29日 【8月1・2日】夏休みは本栖湖でキャンプ!

  4. 2015年01月16日 【3月開催】奄美ツアー参加者募集中!

    2015年01月16日 【3月開催】奄美ツアー参加者募集中!

  5. 休業のお知らせ

    2014年12月10日 年末年始休業のご案内

    2014年12月10日 年末年始休業のご案内

もっと見る
ツアーランキング
    [contact-form-7 id="99" title="問合せ / メッセージ"]
    ページ上部へ戻る