かじきあん > ブログ トップ

    • 2016
    • 07/26

女子登山部発足@仙丈ケ岳 準備~出発直前編

いつか一緒に登りたいね!
と言い続けていた職場の同僚3人と、南アルプスの女王・仙丈ケ岳(3033m)へ行ってきました!

梅雨明け前の定まらない天気予報に一喜一憂し、直前の予報は雨・・・。
数時間で予報が変わるので、登れるかどうかは現地判断しよう!ということでとりあえず移動~。


中央道の伊那ICを降りて、まずは高遠の「ご城下どおり」で名物高遠そばを♪
通りがかりに見つけた「壱刻」さんで、高遠そばの十割! コシが強く香りも高いおいしいお蕎麦でした~。
辛味大根の汁に焼き味噌を溶かして食べるスタイル、さっぱりしていて夏にいいですね。
ちょっと足りない?ということで名物の五平餅とそば粉で揚げた亀まん追加♪

 

お腹も満たされたところで、登山口&本日の宿泊地である北沢峠行きのバスに乗るために仙流荘へ。
駐車場が無料というところがありがたいですね!
ここで登山届けも出しちゃいます(←やってもらった)。
なかなかいい天気ですので、明日は登れるかな???

携帯の電波が届くのはココまで。
あとは下山後戻ってくるまで(ほぼ)音信不通になります!
関東圏の登山客が多く、どこでもつながるハイカラな北アルプスとは大違いです(笑)。

 

バスに揺られて約50分、北沢峠に到着です!
1日目は登山口にある「こもれび山荘」で1泊して、のんびりと高度順応です♪

夜ご飯まで時間があったので、明日の登山口の確認がてら、周辺を散策しました。
北岳みはらし台にいきましたが、雲の中・・・。

ちょうど宿に戻ったタイミングでザザっと雨が降りましたが、ま、なんとかなるでしょう・・・。

そしてそして、楽しみにしていたおいしいと評判の夜ご飯♪
全て手作りでとても美味しかったです!
特に豚汁が美味しくて、おかわりしちゃいました~♪
明日の登山に向けて、塩分補給はバッチリです

1階はカイコ棚仕様、2階は普通の山小屋のように布団が並べられていました。
我々は2階の小部屋に本日甲斐駒ケ岳に登ってきた別グループと。
楽しい方たちでラッキーでした♪
消灯は20時なので、普段よりかなり早く就寝ですZzz

 

翌日はのんびり5時に起床。
昨日の夜ご飯とはうってかわって、朝ごはんは鮭弁当(漬物いっぱい!)。
出発時間が各自バラバラなので工夫されています。温かいお味噌汁がついてきてGood!
(早い時間じゃないと具は少なくなりますが・・・)

 

身支度を整えて、アタック開始です!
(次回に続く・・・)

3000m超えの仙丈ケ岳(3033m)なので、装備もそれなりのものを・・・。
備忘録としてメモメモ。


■ザック Gregory J33
今まで使っていたKarrimor ridge20は古いし(!)小さいので、Gregory J33に変更!
さすがリュック界のロールスロイス(?)、背負い心地がいいです。
汗っかきですが、背面のメッシュ素材でかなり快適♪
自立しないところが難点ですが、じつはストックをさしておくと自立する裏技があります
(ストック使用中は発動できませんが(笑)) 。
モデルチェンジ後のJADEシリーズは自立するようになりました。

■レインウェア mont-bell Storm Cruiser
こちらも今まで使っていたpatagoniaの Torrentshellからの買い替え。
3000m超えるならGORE TEXでしょ、とかいう意味不明なアドバイスで。
登り始めだけ着る機会がありましたが、素材がやわらかくて着やすかったです。
霧雨程度で短時間だったのでGOREとH2Noのメンブレン透湿性の性能差は不明。

■ 防寒着 各メーカー
patagoniaのlong sleeved overcast shirt、mont-bellのzeoline expeditionと
O.D. パーカ、雨で寒いのでユニクロのウルトラライトダウン追加(笑)
結局終始快適な天候だったので、どれも使うことはありませんでした。

■ストック Black Diamond
借り物ですが軽くて使いやすかったので、購入を検討しようかな?

■その他
行動食、トイレットペーパー、アームカバー、代えの靴下、ファーストエイドセット、
バッテリーパック、ヘッドライト、メガネ・歯ブラシ等日用品、手袋、トイレ用小銭

■当日の服装(登頂開始時)
EddieBauerのキャップ、mont-bellのWIC.T、C3fitのアームカバー、Mizunoの靴下
Columbiaの タイツ、patagoniaのTribune pants、caravanのC1-02S
ビックリするくらい統一性のない服装(笑)

■あってよかったもの
足がつったとき用のツムラ漢方68番芍薬甘草湯(笑)!
即効で効きます!

    • 2016
    • 07/26

女子登山部発足@仙丈ケ岳 準備~出発直前編

いつか一緒に登りたいね!
と言い続けていた職場の同僚3人と、南アルプスの女王・仙丈ケ岳(3033m)へ行ってきました!

梅雨明け前の定まらない天気予報に一喜一憂し、直前の予報は雨・・・。
数時間で予報が変わるので、登れるかどうかは現地判断しよう!ということでとりあえず移動~。


中央道の伊那ICを降りて、まずは高遠の「ご城下どおり」で名物高遠そばを♪
通りがかりに見つけた「壱刻」さんで、高遠そばの十割! コシが強く香りも高いおいしいお蕎麦でした~。
辛味大根の汁に焼き味噌を溶かして食べるスタイル、さっぱりしていて夏にいいですね。
ちょっと足りない?ということで名物の五平餅とそば粉で揚げた亀まん追加♪

 

お腹も満たされたところで、登山口&本日の宿泊地である北沢峠行きのバスに乗るために仙流荘へ。
駐車場が無料というところがありがたいですね!
ここで登山届けも出しちゃいます(←やってもらった)。
なかなかいい天気ですので、明日は登れるかな???

携帯の電波が届くのはココまで。
あとは下山後戻ってくるまで(ほぼ)音信不通になります!
関東圏の登山客が多く、どこでもつながるハイカラな北アルプスとは大違いです(笑)。

 

バスに揺られて約50分、北沢峠に到着です!
1日目は登山口にある「こもれび山荘」で1泊して、のんびりと高度順応です♪

夜ご飯まで時間があったので、明日の登山口の確認がてら、周辺を散策しました。
北岳みはらし台にいきましたが、雲の中・・・。

ちょうど宿に戻ったタイミングでザザっと雨が降りましたが、ま、なんとかなるでしょう・・・。

そしてそして、楽しみにしていたおいしいと評判の夜ご飯♪
全て手作りでとても美味しかったです!
特に豚汁が美味しくて、おかわりしちゃいました~♪
明日の登山に向けて、塩分補給はバッチリです

1階はカイコ棚仕様、2階は普通の山小屋のように布団が並べられていました。
我々は2階の小部屋に本日甲斐駒ケ岳に登ってきた別グループと。
楽しい方たちでラッキーでした♪
消灯は20時なので、普段よりかなり早く就寝ですZzz

 

翌日はのんびり5時に起床。
昨日の夜ご飯とはうってかわって、朝ごはんは鮭弁当(漬物いっぱい!)。
出発時間が各自バラバラなので工夫されています。温かいお味噌汁がついてきてGood!
(早い時間じゃないと具は少なくなりますが・・・)

 

身支度を整えて、アタック開始です!
(次回に続く・・・)

3000m超えの仙丈ケ岳(3033m)なので、装備もそれなりのものを・・・。
備忘録としてメモメモ。


■ザック Gregory J33
今まで使っていたKarrimor ridgeは古いし(!)小さいので、Gregory J33に変更!
さすがリュック界のロールスロイス(?)、背負い心地がいいです。
汗っかきですが、背面のメッシュ素材でかなり快適♪
自立しないところが難点ですが、じつはストックをさしておくと自立する裏技があります
(ストック使用中は発動できませんが(笑)) 。
モデルチェンジ後のJADEシリーズは自立するようになりました。

■レインウェア mont-bell Storm Cruiser
こちらも今まで使っていたpatagoniaの Torrentshellからの買い替え。
3000m超えるならGORE TEXでしょ、とかいう意味不明なアドバイスで。
登り始めだけ着る機会がありましたが、素材がやわらかくて着やすかったです。
霧雨程度で短時間だったのでGOREとH2Noのメンブレン透湿性の性能差は不明。

■ 防寒着 各メーカー
patagoniaのlong sleeved overcast shirt、mont-bellのzeoline expeditionと
O.D. パーカ、雨で寒いのでユニクロのウルトラライトダウン追加(笑)
結局終始快適な天候だったので、どれも使うことはありませんでした。

■ストック Black Diamond
借り物ですが軽くて使いやすかったので、購入を検討しようかな?

■その他
行動食、トイレットペーパー、アームカバー、代えの靴下、ファーストエイドセット、
バッテリーパック、ヘッドライト、メガネ・歯ブラシ等日用品、手袋、トイレ用小銭

■当日の服装(登頂開始時)
EddieBauerのキャップ、mont-bellのWIC.T、C3fitのアームカバー、Mizunoの靴下
Columbiaの タイツ、patagoniaのTribune pants、caravanのC1-02S
ビックリするくらい統一性のない服装(笑)

■あってよかったもの
足がつったとき用のツムラ漢方68番芍薬甘草湯(笑)!
即効で効きます!

    • 2016
    • 07/25

女子登山部発足@仙丈ケ岳 準備~出発直前編

いつか一緒に登りたいね!
と言い続けていた職場の同僚3人と、南アルプスの女王・仙丈ケ岳(3033m)へ行ってきました!

梅雨明け前の定まらない天気予報に一喜一憂し、直前の予報は雨・・・。
数時間で予報が変わるので、登れるかどうかは現地判断しよう!ということでとりあえず移動~。


中央道の伊那ICを降りて、まずは高遠の「ご城下どおり」で名物高遠そばを♪
通りがかりに見つけた「壱刻」さんで、高遠そばの十割! コシが強く香りも高いおいしいお蕎麦でした~。
辛味大根の汁に焼き味噌を溶かして食べるスタイル、さっぱりしていて夏にいいですね。
ちょっと足りない?ということで名物の五平餅とそば粉で揚げた亀まん追加♪

 

お腹も満たされたところで、登山口&本日の宿泊地である北沢峠行きのバスに乗るために仙流荘へ。
駐車場が無料というところがありがたいですね!
ここで登山届けも出しちゃいます(←やってもらった)。
なかなかいい天気ですので、明日は登れるかな???

携帯の電波が届くのはココまで。
あとは下山後戻ってくるまで(ほぼ)音信不通になります!
関東圏の登山客が多く、どこでもつながるハイカラな北アルプスとは大違いです(笑)。

 

バスに揺られて約50分、北沢峠に到着です!
1日目は登山口にある「こもれび山荘」で1泊して、のんびりと高度順応です♪

夜ご飯まで時間があったので、明日の登山口の確認がてら、周辺を散策しました。
北岳みはらし台にいきましたが、雲の中・・・。

ちょうど宿に戻ったタイミングでザザっと雨が降りましたが、ま、なんとかなるでしょう・・・。

そしてそして、楽しみにしていたおいしいと評判の夜ご飯♪
全て手作りでとても美味しかったです!
特に豚汁が美味しくて、おかわりしちゃいました~♪
明日の登山に向けて、塩分補給はバッチリです

1階はカイコ棚仕様、2階は普通の山小屋のように布団が並べられていました。
我々は2階の小部屋に本日甲斐駒ケ岳に登ってきた別グループと。
楽しい方たちでラッキーでした♪
消灯は20時なので、普段よりかなり早く就寝ですZzz

 

翌日はのんびり5時に起床。
昨日の夜ご飯とはうってかわって、朝ごはんは鮭弁当(漬物いっぱい!)。
出発時間が各自バラバラなので工夫されています。温かいお味噌汁がついてきてGood!
(早い時間じゃないと具は少なくなりますが・・・)

 

身支度を整えて、アタック開始です!
(次回に続く・・・)

3000m超えの仙丈ケ岳(3033m)なので、装備もそれなりのものを・・・。
備忘録としてメモメモ。


■ザック Gregory J33
今まで使っていたKarrimor ridgeは古いし(!)小さいので、Gregory J33に変更!
さすがリュック界のロールスロイス(?)、背負い心地がいいです。
汗っかきですが、背面のメッシュ素材でかなり快適♪
自立しないところが難点ですが、じつはストックをさしておくと自立する裏技があります
(ストック使用中は発動できませんが(笑)) 。
モデルチェンジ後のJADEシリーズは自立するようになりました。

■レインウェア mont-bell Storm Cruiser
こちらも今まで使っていたpatagoniaの Torrentshellからの買い替え。
3000m超えるならGORE TEXでしょ、とかいう意味不明なアドバイスで。
登り始めだけ着る機会がありましたが、素材がやわらかくて着やすかったです。
霧雨程度で短時間だったのでGOREとH2Noのメンブレン透湿性の性能差は不明。

■ 防寒着 各メーカー
patagoniaのlong sleeved overcast shirt、mont-bellのzeoline expeditionと
O.D. パーカ、雨で寒いのでユニクロのウルトラライトダウン追加(笑)
結局終始快適な天候だったので、どれも使うことはありませんでした。

■ストック Black Diamond
借り物ですが軽くて使いやすかったので、購入を検討しようかな?

■その他
行動食、トイレットペーパー、アームカバー、代えの靴下、ファーストエイドセット、
バッテリーパック、ヘッドライト、メガネ・歯ブラシ等日用品、手袋、トイレ用小銭

■当日の服装(登頂開始時)
EddieBauerのキャップ、mont-bellのWIC.T、C3fitのアームカバー、Mizunoの靴下
Columbiaの タイツ、patagoniaのTribune pants、caravanのC1-02S
ビックリするくらい統一性のない服装(笑)

■あってよかったもの
足がつったとき用のツムラ漢方68番芍薬甘草湯(笑)!
即効で効きます!

    • 2016
    • 07/25

女子登山部発足@仙丈ケ岳 準備~出発直前編

いつか一緒に登りたいね!
と言い続けていた職場の同僚3人と、南アルプスの女王・仙丈ケ岳(3033m)へ行ってきました!

梅雨明け前の定まらない天気予報に一喜一憂し、直前の予報は雨・・・。
数時間で予報が変わるので、登れるかどうかは現地判断しよう!ということでとりあえず移動~。


中央道の伊那ICを降りて、まずは高遠の「ご城下どおり」で名物高遠そばを♪
通りがかりに見つけた「壱刻」さんで、高遠そばの十割! コシが強く香りも高いおいしいお蕎麦でした~。
辛味大根の汁に焼き味噌を溶かして食べるスタイル、さっぱりしていて夏にいいですね。
ちょっと足りない?ということで名物の五平餅とそば粉で揚げた亀まん追加♪

 

お腹も満たされたところで、登山口&本日の宿泊地である北沢峠行きのバスに乗るために仙流荘へ。
駐車場が無料というところがありがたいですね!
ここで登山届けも出しちゃいます(←やってもらった)。
なかなかいい天気ですので、明日は登れるかな???

携帯の電波が届くのはココまで。
あとは下山後戻ってくるまで(ほぼ)音信不通になります!
関東圏の登山客が多く、どこでもつながるハイカラな北アルプスとは大違いです(笑)。

 

バスに揺られて約50分、北沢峠に到着です!
1日目は登山口にある「こもれび山荘」で1泊して、のんびりと高度順応です♪

夜ご飯まで時間があったので、明日の登山口の確認がてら、周辺を散策しました。
北岳みはらし台にいきましたが、雲の中・・・。

ちょうど宿に戻ったタイミングでザザっと雨が降りましたが、ま、なんとかなるでしょう・・・。

そしてそして、楽しみにしていたおいしいと評判の夜ご飯♪
全て手作りでとても美味しかったです!
特に豚汁が美味しくて、おかわりしちゃいました~♪
明日の登山に向けて、塩分補給はバッチリです

1階はカイコ棚仕様、2階は普通の山小屋のように布団が並べられていました。
我々は2階の小部屋に本日甲斐駒ケ岳に登ってきた別グループと。
楽しい方たちでラッキーでした♪
消灯は20時なので、普段よりかなり早く就寝ですZzz

 

翌日はのんびり5時に起床。
昨日の夜ご飯とはうってかわって、朝ごはんは鮭弁当(漬物いっぱい!)。
出発時間が各自バラバラなので工夫されています。温かいお味噌汁がついてきてGood!
(早い時間じゃないと具は少なくなりますが・・・)

 

身支度を整えて、アタック開始です!
(次回に続く・・・)

3000m超えの仙丈ケ岳(3033m)なので、装備もそれなりのものを・・・。
備忘録としてメモメモ。


■ザック Gregory J33
今まで使っていたKarrimor ridgeは古いし(!)小さいので、Gregory J33に変更!
さすがリュック界のロールスロイス(?)、背負い心地がいいです。
汗っかきですが、背面のメッシュ素材でかなり快適♪
自立しないところが難点ですが、じつはストックをさしておくと自立する裏技があります
(ストック使用中は発動できませんが(笑)) 。
モデルチェンジ後のJADEシリーズは自立するようになりました。

■レインウェア mont-bell Storm Cruiser
こちらも今まで使っていたpatagoniaの Torrentshellからの買い替え。
3000m超えるならGORE TEXでしょ、とかいう意味不明なアドバイスで。
登り始めだけ着る機会がありましたが、素材がやわらかくて着やすかったです。
霧雨程度で短時間だったのでGOREとH2Noのメンブレン透湿性の性能差は不明。

■ 防寒着 各メーカー
patagoniaのlong sleeved overcast shirt、mont-bellのzeoline expeditionと
O.D. パーカ、雨で寒いのでユニクロのウルトラライトダウン追加(笑)
結局終始快適な天候だったので、どれも使うことはありませんでした。

■ストック Black Diamond
借り物ですが軽くて使いやすかったので、購入を検討しようかな?

■その他
行動食、トイレットペーパー、アームカバー、代えの靴下、ファーストエイドセット、
バッテリーパック、ヘッドライト、メガネ・歯ブラシ等日用品、手袋、トイレ用小銭

■当日の服装(登頂開始時)
EddieBauerのキャップ、mont-bellのWIC.T、C3fitのアームカバー、Mizunoの靴下
Columbiaの タイツ、patagoniaのTribune pants、caravanのC1-02S
ビックリするくらい統一性のない服装(笑)

    • 2016
    • 07/25

女子登山部発足@仙丈ケ岳 準備~出発直前編

いつか一緒に登りたいね!
と言い続けていた職場の同僚3人と、南アルプスの女王・仙丈ケ岳(3033m)へ行ってきました!

梅雨明け前の定まらない天気予報に一喜一憂し、直前の予報は雨・・・。
数時間で予報が変わるので、登れるかどうかは現地判断しよう!ということでとりあえず移動~。


中央道の伊那ICを降りて、まずは高遠の「ご城下どおり」で名物高遠そばを♪
通りがかりに見つけた「壱刻」さんで、高遠そばの十割! コシが強く香りも高いおいしいお蕎麦でした~。
辛味大根の汁に焼き味噌を溶かして食べるスタイル、さっぱりしていて夏にいいですね。
ちょっと足りない?ということで名物の五平餅とそば粉で揚げた亀まん追加♪

 

お腹も満たされたところで、登山口&本日の宿泊地である北沢峠行きのバスに乗るために仙流荘へ。
駐車場が無料というところがありがたいですね!
ここで登山届けも出しちゃいます(←やってもらった)。
なかなかいい天気ですので、明日は登れるかな???

携帯の電波が届くのはココまで。
あとは下山後戻ってくるまで(ほぼ)音信不通になります!
関東圏の登山客が多く、どこでもつながるハイカラな北アルプスとは大違いです(笑)。

 

バスに揺られて約50分、北沢峠に到着です!
1日目は登山口にある「こもれび山荘」で1泊して、のんびりと高度順応です♪

夜ご飯まで時間があったので、明日の登山口の確認がてら、周辺を散策しました。
北岳みはらし台にいきましたが、雲の中・・・。

ちょうど宿に戻ったタイミングでザザっと雨が降りましたが、ま、なんとかなるでしょう・・・。

そしてそして、楽しみにしていたおいしいと評判の夜ご飯♪
全て手作りでとても美味しかったです!
特に豚汁が美味しくて、おかわりしちゃいました~♪
明日の登山に向けて、塩分補給はバッチリです

1階はカイコ棚仕様、2階は普通の山小屋のように布団が並べられていました。
我々は2階の小部屋に本日甲斐駒ケ岳に登ってきた別グループと。
楽しい方たちでラッキーでした♪
消灯は20時なので、普段よりかなり早く就寝ですZzz

 

翌日はのんびり5時に起床。
昨日の夜ご飯とはうってかわって、朝ごはんは鮭弁当(漬物いっぱい!)。
出発時間が各自バラバラなので工夫されています。温かいお味噌汁がついてきてGood!
(早い時間じゃないと具は少なくなりますが・・・)

 

身支度を整えて、アタック開始です!
(次回に続く・・・)

3000m超えの仙丈ケ岳(3033m)なので、装備もそれなりのものを・・・。
備忘録としてメモメモ。


■ザック Gregory J33
今まで使っていたKarrimor ridgeは古いし(!)小さいので、Gregory J33に変更!
さすがリュック界のロールスロイス(?)、背負い心地がいいです。
汗っかきですが、背面のメッシュ素材でかなり快適♪
自立しないところが難点ですが、じつはストックをさしておくと自立する裏技があります
(ストック使用中は発動できませんが(笑)) 。
モデルチェンジ後のJADEシリーズは自立するようになりました。

■レインウェア mont-bell Storm Cruiser
こちらも今まで使っていたpatagoniaの Torrentshellからの買い替え。
3000m超えるならGORE TEXでしょ、とかいう意味不明なアドバイスで。
登り始めだけ着る機会がありましたが、素材がやわらかくて着やすかったです。
霧雨程度で短時間だったのでGOREとH2Noのメンブレン透湿性の性能差は不明。

■ 防寒着 各メーカー
patagoniaのlong sleeved overcast shirt、mont-bellのzeoline expeditionと
O.D. パーカ、雨で寒いのでユニクロのウルトラライトダウン追加(笑)
結局終始快適な天候だったので、どれも使うことはありませんでした。

■ストック Black Diamond
借り物ですが軽くて使いやすかったので、購入を検討しようかな?

■その他
行動食、トイレットペーパー、アームカバー、代えの靴下、ファーストエイドセット、
バッテリーパック、ヘッドライト、メガネ・歯ブラシ等日用品、手袋、トイレ用小銭

■当日の服装(登頂開始時)
EddieBauerのキャップ、mont-bellのWIC.T、C3fitのアームカバー、Mizunoの靴下
Columbiaの タイツ、patagoniaのTribune pants、caravanのC1-02S
ビックリするくらい統一性のない服装(笑)

かじきあん > ブログ トップ

Feed

Return to page top