かじきあん > ホーム > タグ > 台湾

Tag / 台湾

台湾の観光名所 九份

先日にもう観光報告は書かないでおこうと書きましたが、せっかく写真をいっぱい撮って
きましたので、色々と観光した中から有名どころの “九份(キュウフン)” の観光報告をさせて
いただきます。
天気予報が雨予報だったので一眼は持って行かず、先日の “雙連市場” の朝市の写真と
同様にコンデジで撮した写真だけですが、やはり一眼の単焦点レンズで撮りたい所だらけ
でした。

九份とは簡単に言っちゃえば、19世紀末の日本統治自体に金の採掘で栄えた町にて路地や
石段などは当時のままで、料理店等の建物も多く残っている事から日本統治時代の面影を
未だに残している町です。
しかし第2次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山された事で町は急速に
衰退し一時は人々から忘れ去られた存在でしたが、1989年に台湾国内で空前のヒットと
なった映画 “悲情城市” のロケ地になった事から再び脚光を浴び、1990年代初頭には
台湾国内での九份ブームとなり、各旅行のガイドブックでも多く紹介され、今では台湾を
代表する観光地のひとつになってます。

因みに街並みがアニメ映画の”千と千尋の神隠し”のモデルになったという噂もありますが、
宮崎監督はスタジオ・ジブリとして公式に否定されています。

20160510aaa
九份の全体の街並み。

20160510aab20160510aae
観光バスの駐車場から見た街並みと、道路脇に駐車していたタクシー。

20160510aac20160510aad
町中に入る前の道路の電柱の多くに赤い張り紙がしてあり、所々で爆竹の燃えかすがいっぱい
残ってました。
右側の写真は警察署です。

20160510baa
町の入り口、ここから階段地獄が待ってます。

20160510eaa20160510bab
左の写真の建物には、映画 “悲情城市” の赤い張り紙が貼ってありました。
判りづらい写真ですが、右の写真の茶屋のお婆さんが “千と千尋の神隠し” に出てた湯婆婆の
モデルと噂されており、現地の観光ガイドさんも説明されてました。
でも都市伝説。

20160510bad
街並みの案内看板、高低差はもちろん判りません。

20160510bac
町中に入るとこんな感じです。

20160510caa
20160510cac
20160510cab20160510cae
20160510cad

色々と可愛い置物やら小物、グッズを販売しているお店があれば、食べ物屋さんもいっぱいです。

20160510cai
20160510cba20160510cah
20160510cag20160510cbc
20160510cbb
やはりこう言うお店には、お婆ちゃんのお店番が似合いますよね。

20160510cbe
そしてやはり、アジアの国ではお約束の鶏の丸焼き料理。

20160510bae20160510aaf
電気のメーター、こう言うのは国によって違うので面白いですよね。
右側の写真は町並みの外れにあった案内看板です、こんなとこにバイク駐めてじゃまで仕方ない。

20160510eab20160510ead
左はミネラルウォーターにティーバックの入ったお茶、30元(約100円)でした。

20160510dab20160510eac
右側は観光に来ていた大陸の国の人らしき人達、綺麗に並んでいて驚きです。

20160510daa

最後は展望台から見た基隆市の港、台湾で2番目の貨物取扱量を誇る港らしいです。
団体旅行なので約1時間しか時間がありませんでしたが、次に来る時があれば夕方から夜にかけて
3時間ぐらいかけて、のんびり散歩したいところでした。

台湾の朝市 “雙連市場”

本日はいつもの魚の観察報告はお休みさせていただき、既に先日、Facebookに少しだけ書かせて
いただいた、台湾は台北市での朝市の観光報告をさせていただきます。
ただこのページに使った写真枚数は90枚と非常に多く、文章はあまり書いてませんが見終わるには
時間が相当かかると思いますので、どうぞお時間に余裕が有る時にご覧下さい。

さて先日の弊社の台湾社員旅行にて最終日に正午12時まで自由行動となり、ならばせっかく台湾に
来たんなら、ワンピースの公式グッズ専売店の “麦わらストア台湾店” の “台灣航海王專賣店” が
宿泊しているホテルから地下鉄で2駅ほどなので行ってみるかと思いましたが、なんと開店時間が
12時30分からだそうで諦め、ホテル近くの ” 雙連市場 ” と言う所で朝市が開かれてるらしいので
観光に行ってきました。

朝市だから7時頃には行かないとな等と思いながら、6時に目が覚めたので30分後には出発。

20160511abc20160511abd

朝粥みたいのと、何故か靴が一緒に売られておりました。
またコンビニの前でお婆ちゃんが新聞読んでましたが、朝市で販売でもしに行きそうな荷物です。

20160511abf20160511abe

朝早いのに行列が、人気店なんでしょうかね。
何処の国でもスマホ片手に朝食はよく見かけます。
などと行く途中、台湾の方達の朝の姿を見ながら15分ほど歩いて到着すると、まだ半分ほどの店が
準備中の様子です。

20160511abb20160511aba

こりゃあかんと一度ホテルに戻って今回の社員旅行の内容に付いている朝食を取り、再度、出発して
8時30分頃に着きましたが、それでもまだ 1割ほどが準備中でした。
どうやら台湾の朝はのんびりですね。

20160511aaa20160511aab
20160511aac20160511abg

こう言う風景は、何処の国の朝市もよく似てますね。

20160511aae20160511aad
20160511aaf

ちょっと日本と違うのは、こんな風に狭い道なのにバイクに乗ったまま買い物する人も居ます。
色んな物が売られているので食材別に纏めて見ました。

20160511ada
20160511adb20160511adc
20160511adg
20160511add20160511ade
20160511adf

まず初めに眼に飛び込んでたのは、やはり魚。
なんじゃこりゃ?的なのは、意外や少なかったです。

20160511aca20160511acb
20160511acd

そしてやはり南国に来たならフルーツ~♪
この女性の方の様に、買って持ち帰りたかった。

20160511aea20160511aece
20160511aecd20160511aecf
20160511aecg20160511acf

赤いマンゴーに金龍芒果と書かれてた黄色のマンゴー、パイナップル、バナナ、ドラゴンフルーツに
オレンジなど日本で馴染み有るフルーツが安い安い。
マンゴーは1個165円、マスクメロンが200円、パイナップル170円、マスカットは3房340円などなど。

20160511aeci20160511acg
20160511aec
20160511aeb

最も多くの店で山盛りに売られていたのが緑色のグァバに、赤いワックスアップル。
大きさにもよりますが、だいたいグァバもワックスアップルも1個40円ぐらいでした。

20160511acc20160511ach
20160511aech20160511ace

もちろん例のドリアンも。

20160511aecj

でもドリアンはスーパーマーケットでは、臭い巻き放題でこんな状態で売られましたよ。

20160511afa
20160511afb20160511afc

300mほど直線道の両側にお店が並ぶ露天市場なのですが、真ん中辺りにお寺さんが有りました。
こういう風にお寺や神社の廻りに市場が出来るのは世界共通ですね。
ところで多くの方がお祈りされてる中、Tシャツなどに御朱印の様なのを押して貰う方達が居ました。

日本に戻ってから調べたところ歴代王朝より「北に孔子、南に文昌あり」と言われたほどの賢い方で、
儒教や道教のお手本として、また学問の神様として崇められている文昌帝と言う方がまつられている
廟らしく、文昌宮と言うらしいです。

20160511aga
20160511agb20160511agc
20160511cah

さて朝市に戻ります、つづいてお肉の数々。
台湾では牛を農耕に用いてきた事から牛肉を食する文化が無かったらしく、やはり市場でも牛肉は
あまり見かけませんでした。

20160511agd
20160511age20160511agf

売られてるお店の数も、鶏を販売しているお店の方が多かったです。

20160511agg20160511agi

人種と店舗の装飾が異なるだけで、売られてる姿はフィリピンでも見かけそうな感じです。

20160511agh

ひょっとして、これは例の卵なのか?
文字が読めないので判りませんが、4個で50元、つまり1個34円だと言う事だけ判ります。

20160511baa
20160511bab20160511bac
20160511baf
20160511bag20160511bca
20160511bbd

続いて野菜の数々、日本でも普通に見かけるの物が多かったです。

とは言っても日頃からスーパーに行かない自分は、価格が安いのか?どうか判りません。
でも今までのパターンからいって多分安いかと。
因みに1粒は1個、1包は1袋、1盆は1皿、1把はそのまま、1元が3.4円ぐらいです。

20160511bba
20160511bbc20160511bai
20160511bcf
20160511bah

台湾ならではの長い茄子に、白い苦瓜 ( ゴーヤ ) もちろん売ってました。

20160511bbb
20160511bcg20160511bce
20160511bcc
20160511bcd

やはり市場と言えばファーストフーズと言うか、軽食と言うか日本で言えば屋台のたこ焼屋クラスの
お店も勿論有りました。

20160511caa20160511cac
20160511cab
20160511caf20160511cae
20160511cag20160511cdb

お菓子らしき物も

20160511caj20160511cca
20160511cad
20160511cda20160511cai

お総菜みたいなのとか、その他の食材も売ってました。

20160511cbc20160511cbb
20160511cba20160511cbd

そして、この手の市場にありがちな商品の数々。

20160511cbe

極めつけの商品はこれです。
しかし機能型とか、調整型とか何なんでしょう?
また日本の露天では考えられない販売品ですね。

以上、今回の社員旅行から帰国して毎晩ちょこちょこと書いてきましたが、写真の選択から文章の
構成にレイアウトとかで、制作時間は何と合計7時間もかかりました。
普段の魚の観察報告ならいつも約2時間ぐらいで終わると言うのに。

大変でしたので、明日からはいつもの観察報告に戻らせていただきます。

かじきあん > ホーム > タグ > 台湾

Feed

Page top