かじきあん > ホーム > タグ > 南紀

Tag / 南紀

ハマフグ その5

今日ちょっと面白い事がありました。
朝、会社の最寄りの地下鉄駅でいつもの様に改札を Apple Watch使って通過しようと
した時に、改札機の画面に「定期期限7月12日」って表示されました。
特に問題無く通れたので、誤表示なんかなと思って無視していたら、今度は帰り道に
改札機で何度 Apple Watchを飾してもエラー状態になり「係員にお問い合わせ下さい」
と表示されます。

仕方ないので改札機の横の窓口の係員に尋ねてみると「そんな腕時計で通れるの?」と
言われてしまい、色々と説明したところ「それなら窓口の奥の方に有る機械に飾して
みたら現在の状態が判る」との事なのでやってみたら、どうやら朝の時に改札口から
出ていない状態になってました。

つまり約11時間近くも地下鉄に乗ってた事になる訳ですが、申告した内容の証明は何も
無いにも関わらず信じて貰い、特に追加料金なんかも取られなくてホッとしました。

hamafugu20170413f
hamafugu20170413ahamafugu20170413b
ハマフグ  学名 Tetrosomus concatenatus
 フグ目 / ハコフグ科 / ラクダハコフグ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-26m 大きさ約150mm 
生息域 三浦半島以南の大平洋岸、琉球列島 ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、水深が 50m以浅の沿岸の砂底や砂泥底に単独で生息しており、
体地色は薄茶色にて、全身に蜂の巣状に茶褐色の模様が入り青色の細点が頭部と背部、
尾柄部に散在します。

眼の上部に2本の棘が有る事や、背中の隆起部の頂点付近にも2本の棘が有る事で本種との
特定が可能ですが、ハコフグ科の多くが正面から見ると四角形であるのに対して、本種は
三角形の形をしている事が最大の特長と思えます。

hamafugu20131207e
撮影 2013年12月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-23m 大きさ約40mm 

hamafugu20140125f
撮影 2014年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約40mm 

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

アマミスズメダイ その9

Facebookの方には少し書きましたが、昨日の朝の通勤途中に会ったネネちゃんから、
「マヌカハニーとパンに塗ってどっちが美味しいか比べたいから、この間の蜂蜜が
まだあったらちょうだい」と言われ、奥さんに届けてもらいました。

そして今朝ネネちゃんに会った時に「マヌケなハニーと、どっちが美味しかった?」
と聞くと「マヌケじゃないよ、マヌカだよ!」と真面目に返されました。
残念、小学1年生にはまだこの手のジョークは通じない様です。

amamisuzumedaiYg20170413a
amamisuzumedaiYg20170413bamamisuzumedaiYg20170413g
amamisuzumedaiYg20170413f
アマミスズメダイ  学名 Chromis chrysura
スズキ目 / スズメダイ科 / スズメダイ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-22m 大きさ約30mm
英名 Stoutbody chromis
生息域 南日本~台湾、西インド諸島、モーリシャス、フィジーなど

水深が5m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域等で観察が出来、成魚は群れを形成して
生息しておりますが、幼魚の頃は群れは作らず、単独で珊瑚や岩などの隙間に隠れたり
しながら生息しております

成魚の体色は黒褐色にて、背鰭の軟条部と臀鰭の後部を結ぶ位置より後ろは淡色であり、
シコクスズメダイ の成魚と非常に良く似ておりますが、本種の方が体高が高くて鱗が
粗めで良く目立つことや、本種の背鰭の軟条数が本種は14本~15本であるのに対して、
シコクスズメダイ は12本~13本であること等で識別が可能です。

また幼魚の小さな頃の体地色は黒みがかった鶯色にて、各鰭の縁と、頭にV字型に蛍光
ブルーの色彩が入り、ひと目で本種と識別が出来ます。

amamisuzumedai20161224a
amamisuzumedai20161224camamisuzumedai20161224f
amamisuzumedai20161224g
撮影 2016年12月:和歌山県串本町紀伊大島須江 内浦 水深-7m 大きさ約80mm

こちらは水温が18度に下がっても頑張ってました。
このまま年を越しても居てくれるかなと思ってましたが、2月末に潜ったときには
見かけませんでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

オシャレハナダイ その6

当観察報告は基本的に過去半年以内に撮影した写真を中心にして書かせていただいて
おります。
本日も本種を4月に撮影したものと思って書いており、大まかに書き終えてから写真を
選択していたら大きな勘違いで、直近に撮影したのは昨年6月でした。
いつもであればボツ原稿にして違う生物に置き換えるところですが、たまたま今回は
書き貯めておいた原稿も無く日付が変わる迄の時間も少ない事から、このまま使わせて
いただきました。

osyarehanadai20160612bosyarehanadai20160612a
オシャレハナダイ  学名 Plectranthias pelicieri
 スズキ目 / ハタ科 / イズハナダイ属

撮影 2016年6月:高知県大月町柏島 ラスベガス 水深-34m 大きさ約80mm
英名 Pelicier’s Parchlet
生息域 伊豆諸島、和歌山県、高知県、琉球列島、
             インド洋モーリシャス、ニューカレドニアなど

水深が35m~70mぐらいの珊瑚礁域のがれ場などにて、普段は岩穴や岩陰に隠れる様に
生息しており、多くのイズハナダイ属の生物がそうである様に遊泳やホバリングはせず、
移動するときは海底を這う様にして動きます。

体地色は鮮やかな赤色にて、体側面の胸鰭から尾柄部にかけて白色の横帯が筋状に不規則に
入り、頭部から体側面の中心あたりまでは黄色と白色の不規則な小斑紋が散在します。
鰓蓋には、外縁部が黄色のリング状で中心が赤色の眼状斑があり、第1背鰭は蛍光黄色にて
棘状に伸長し各棘に赤色斑点が入ります。
また第2背鰭と尾鰭の鰭膜は透明色にて黄色の小斑点が散在し、腹鰭と臀鰭は赤色と白色の
模様で構成されるなど非常に綺麗な色彩模様をしております。

osyarehanadaiB20140223e
osyarehanadai20140223k
撮影 2014年2月:和歌山県串本町紀伊大島須江 ナギザキ 水深-30m 大きさ約70mm

2014年、この年は本種を一番多く観察した年でした。
紀伊大島須江のボートポイントのナギザキ、この頃には見に行こうと思えばほぼ確実に
観察出来る様になってます。

osyarehanadai20140804c
撮影 2014年8月:高知県大月町柏島 ラスベガス 水深-35m 大きさ約80mm

このポイントも見ようと思えば、ほぼ確実です。

osyarehanadai20141103a
撮影 2014年11月:和歌山県串本町紀伊大島須江 内浦 水深-10m 大きさ約60mm

そしてこれはかなり意外な観察ポイント、自分のダイビングの師匠 かじきあん の社長が
最初に見つけましたが、何でこんな水深にって感じでした。
ただこの場所の直径10m近辺は、過去にも キシマハナダイ や、ベニヒレイトヒキベラ
デルタスズメダイ の幼魚が観察出来ているところなので、何か珍しい種が流れ着いてくる
特別な理由が有るのかなと思ってます。

osyarehanadai20141121c
撮影 2014年11月:高知県大月町柏島 勤崎 水深-30m 大きさ約80mm

こちらは自分にしては珍しく背景の色が変わってるなと思って、絞って撮影した写真です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

イロカエルアンコウ その4

先日、前立腺癌全摘出術5年後の検査を受診しました。
結果はPSAの数値は0.008>にて異常なく、これで術後の定期検査は目出度く卒業。
今後は年に1度の健康診断時に数値を計って貰う事になりましたが、ドクター曰く
「でもここまでの精度は計れないとは思いますよ」。

何の事かなと良く見ると、5年前の術後の検査では数値は0.05>でしたが、今回は
0.008>と、精度が1/100単位から1/1000単位とへ上がってました。
確かにここまでの精度の測定が出来る病院は少ないのかも知れませんね。

irokaeruankou20170218g
irokaeruankou20170218eirokaeruankou20170218i
irokaeruankou20170218c
イロカエルアンコウ  学名 Antennarius pictus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 白野ビーチ 水深-6m 大きさ40mm 
英名 Painted frogfish
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、太平洋域、東部太平洋の熱帯域など

比較的に浅い水深の岩礁域や、珊瑚礁域の沿岸部に生息しております。
体色は赤色、オレンジ色、黄色、白色、紫色など多色におよび、他のカエルアンコウ属との
識別点は、本種は第2背鰭の棘 ( 眼の上の前の突起部 ) を覆う皮膚があまり肥厚しなくて、
その後ろの鰭膜との境界が比較的に明瞭なことです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

フチドリハナダイ その 3

ふるさと納税への納税者に対するお返しの高額化が問題になっておりますが、自分は
このふるさと納税に対して今まで何もご協力をしておりません。

そもそも都市に集中していた税金を地方にも分散化したい目的で始まったこのシステム
ですが、納税者が住んでいない地域に納税すれば、当然住んでいる地域への納税額が
減額するわけで、納税による義務教育とか老後生活支援などなど目に見えない生活への
支援資金が減るわけで、名古屋市で言えばせっかくの今の所得税の減額が最悪の場合は
無くなってしまうかも知れません。

反対に、じゃあお前は自分の住んでる地域さえ良ければ他所の地域は道でも良いのかと、
言われれば何とも反論できませんが、普通に納税しても何も貰えないけどふるさと納税を
すれば何か貰えるからお得と、言ってる浅はかな考え方よりはマシかと思ってます。

そもそも何の為の納税なのか。
人それぞれの考え方ですから他人に強要はしませんが、ふるさと納税と言うシステムは
自分は改めるべきシステムと思っております。

fuchidorihanadaiYg20160908a
フチドリハナダイ  学名 Pseudanthias randalli
 スズキ目 / ハタ科 / ナガハナダイ属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-30m 大きさ90mmぐらい 
英名 Randall’s anthias
生息域 八重山諸島、フィリピン、インドネシア、パラオ等の西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域の水深15m~70mぐらいの岩棚の下や岩穴奥、ドロップオフの途中などに
生息しており、少数の群れを作りその位置にとどまる様に泳いでおります。
雌雄共に背鰭の第3棘が伸長し、雄の婚姻色では体側面中央と腹部に太く濃い赤ラインが
目立ちます。

和名は腹鰭や尻鰭などに赤い縁取りが入る事から付けられたそうですが、学名の種小名は
魚類学者の Randall博士への献上名らしいです。
なので英名が、数多いランドールなんちゃら~って名前に成っちゃってますね。

fuchidorihanadaiYg20160908bfuchidorihanadaiYg20170209a
fuchidorihanadaiYg20170209d
撮影 2016年9月/2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-30m

このポインドでの本種は、いつ見ても洞窟の天井に沿う様に遊泳しており、撮れる写真は
ほとんど天地が反対の写真となり泳ぎまくっているので、こんな駄目ダメ写真ばかりです。

fuchidorihanadaiYg20130811a
幼魚:撮影 2013年8月:和歌山県紀伊大島須江 ナギザキ 水深-33m 大きさ40mmぐらい 

幼魚ですらマトモに撮らせてくれない、なかなか難敵です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

マダラテンジクダイ その4

中国ではスマホ決済が急激に拡大していて、今では露天での買い物まで現金よりも
スマホが主流に成っているそうです。
もともと中国ではクレジットカードよりもデビットカードの方が普及していた事も
背景のひとつだそうですが、やり方はお店のQRコードをスマホで読み取って価格を
入力するだけらしく、支払いは予めスマホにチャージしておくかデビットカードの
様な銀行決済システムを使うかのどちらからしいですが、露天商の人達もニセ札を
掴ませられる事も無くて安心とか。
何とも中国らしい理由も普及のひとつですね。

madaratenjikudai20170218i
madaratenjikudai20170218bmadaratenjikudai20170218h
マダラテンジクダイ  学名 Apogonichthyoides umbratilis
 スズキ目 / テンジクダイ科 / カクレテンジクダイ属 

撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ(ナイトダイブ)
                        水深-18m 大きさ約40mm 
英名 Cryptic Cardinalfish
生息域 和歌山県串本町、愛媛県愛南町、高知県柏島、パラオ諸島、インドネシア、
            ブルネイ、ラジャアンパッド島、オーストラリア西岸など。

珊瑚礁域や岩礁域の浅い水深から60mぐらいの深さにて、岩棚や礫底などの死珊瑚類や、
貝殻、転石、瓦礫などに日中は潜んでいて、夜間になると外に出てきて活動します。
体地色は茶色がかった白色にて腹部は薄茶色、眼を中心にして頂点から後ろ真横までの
間に4本と後ろ斜め下方向に1本それぞれ太い暗褐色の帯が入ります。
同様に体側面には太い暗色の横帯が2本とその間に不明瞭な横帯が1本、尾柄部には2本~
3本の不明瞭な横帯が入り最後端に明瞭な横帯が1本入ります。

madaratenjikudai20170411c
madaratenjikudaiB20170411dmadaratenjikudai20170411b
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 竜の浜(昼間)
                         水深-9m 大きさ約40mm   

madaratenjikudaiYg20170411a
幼魚:撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 竜の浜(昼間)
                         水深-9m 大きさ約20mm 

madaratenjikudai20160613a
madaratenjikudai20160613c
口内保育の姿:撮影 2016年6月:高知県大月町柏島 竜の浜(昼間)
                         水深-9m 大きさ約40mm 

図鑑などには生息域に和歌山県は書かれておりませんが、今回で3年連続して和歌山県
串本町紀伊大島で観察しておりますので、今回は生息域に含めさせていただきました。
毎年同じ場所を潜って居ると観察出来る生物で季節を感じて面白く思いますが、今回の
様に以前では観察出来なかった生物が定着していくのも面白いものです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ウミヒゴイ

本日の観察報告はあれほど普通に観察出来るのに、今まで撮ったことがなかったと
思われる生物のひとつです。
なので過去に撮影した画像を使おうとしてもストックがありませんでした。
珍しい生物ばかり探して撮ってないで、もっと何でもキチンと撮らないといけないと
反省でする

umihigoi20170318b
ウミヒゴイのナイトカラー  学名 Parupeneus chrysopleuron
 スズキ目 / ヒメジ科 / ウミヒゴイ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-9m 大きさ約400mm
英名 Yellow striped goatfish
生息域 千葉県以南の太平洋岸、山口県以南の日本海岸、九州西岸~琉球列島、
          小笠原諸島。~済州島、台湾、中国、オーストラリアなど

岩礁域の周辺の砂底や砂泥底にて、単独もしくは数匹にて着底している姿を多く
見ますが、小さなステージほど数の多い群れを形成して、砂底の上を顎下のヒゲで
砂の中の生物を補食しながら移動して生息しております。

体形は細長にて側偏しており、幼魚の頃は眼から尾柄部まで黄色の太い縦帯が入り
縦帯より背部は濃桃色にて腹部は白色ですが、成長すると共に全身が赤みかがった
白色へと変化し、太い縦帯も橙色から赤色へと変わります。
また夜間では全身に、不規則な形の赤色の斑紋が現れます。

umihigoiYg20170218a
ウミヒゴイの幼魚
撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ約80mm

背鰭が立っていないヘボい写真ですが、ご参考までに。

ネジリンボウ その3

うちの奥さんは毎朝、家中のタオルを全て取り替えます。
でも取り替えるって言葉に少し合致しない行為でして、全て取り外して洗濯しますが
新しいのをセットするのは自分です。
洗面所なら自分が歯磨きする時に、トイレであれば自分が入る時にタオルは既に無い
状態なので、自分が予備をセットします。
きれい好きなのはありがたいところですが、ヤルなら最後まで○○○。
とは、口が裂けても言えません。

nejirinbou20170412a
ネジリンボウ 学名 Stonogobiops xanthorhinica
 スズキ目 / ハゼ科 / ネジリンボウ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 竜の浜 水深-10m前後 大きさ約50mm
英名 Yellownose Shrimpgoby
生息域 伊豆諸島、千葉県以南 ~ 南日本の太平洋域、インド洋、
     東オーストラリア、サモア、西部太平洋域など

水深が10m~25mほどの岩礁域や珊瑚礁域の砂底や磯砂底に巣穴を作り、単独もしくは
ペアでテッポウエビ属と共生しております。
大抵は巣穴の上で見張りをしながらホバリングしていて、危険を感じると瞬時に巣穴に
引っ込んでしまいます。

体地色は白色にて頭部吻端は黄色、体側面には4本の太い斜帯があり、第2背鰭や臀鰭、
尾鰭等は透明色、第1背鰭は椀形で黒色、第一背鰭の軟棘が伸長しない事で、近似種の
ヒレナガネジリンボウ と識別が可能です。

nejirinbou20161105c
撮影 2016年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-16m 大きさ約40mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

サクラテンジクダイ その6

先週の話ですが、朝、小学生の分団登校の待ち合わせ場所にネネちゃんと一緒に
居たJタロウ君とKナエちゃんが「アカムシが爪の間に入ると死んじゃうんだよ」
って、話してくれました。
どうやらこの子達が話してるアカムシとはタカラダニのことの様でして、自分は
てっきりアカムシが死んじゃうって話しだと思ってたら、爪の中に入られた人間が
死んでしまうってことらしいです。

恐らく大人が話していたことを反対の意味に捕らえてしまったんだと思いますが、
こんな感じで小学生の都市伝説は広がるのかなと思いました。

sakuratenjikudai20170318c
sakuratenjikudai20170318fsakuratenjikudai20170318h
sakuratenjikudai20170318i
sakuratenjikudai20170318a
サクラテンジクダイ  学名 Cercamia eremia
 スズキ目 / テンジクダイ科 / サクラテンジクダイ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-8m~13m 大きさ約30mm~40mm
英名 Solitary cardinalfish
生息域 静岡県以南 ~ 西部太平洋域、インド洋、紅海、西オーストラリア等。

水深 5m ~ 30m位の、珊瑚礁域や岩礁域の岩孔や洞窟になどで日中は集団で隠れる様に
生息しておりますが、夜になると外に出てきて単独で浮遊します。
体高は低くて後側頭骨に顕著な棘が有ります。
体地色は内蔵部や骨格が透けて見えるほどの半透明色にて、体全体と各鰭に赤色の色素胞が
散在しており特に頭部は密に入ります。

また近似種の トゲナガイシモチ は第1背鰭の第2、3棘が進長している事や体高が高い事などで
本種と識別ができます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

アオサハギ その5

今日の夕方に遊びに来てくれたネネちゃんから「何して遊ぶ?」と、聞かれたので
「割れにくいシャボン玉あるよ」って、部屋の中でシャボン玉を飛ばそうとしたら
ネネちゃんに「部屋の中でやっちゃ駄目だよ~、さっちゃんに怒られるよ!」って
注意されました。
小学1年生に叱られる、えぇ歳こいたジジイでした。

aosahagi20170318a
aosahagi20170318d
aosahagi20170318c
アオサハギの睡眠中の姿  学名 Brachaluteres ulvarum
 フグ目 / カワハギ科 / アオサカワハギ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ約30mm
英名 Puffer filefish
生息域 神奈川県以南 ~ 長崎県までの太平洋岸、日本固有種。

岩礁域やアマモ場などに生息しており、海藻やウミトサカ類などの近くで浮遊し、夜は
それらをくわえて流されない様に休息しております。
単独で生活し体側面部に細い縦線が複数有るのが特長で、近似種の アミメハギに比べると
体型は丸みを帯びており、 アミメハギの幼魚は体側面部に複数の白斑がある事などで
区別が可能です。

aosahagiB20170318a
撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約40mm

こちらは同じナイト中に見つけた別個体、深く睡眠して流されてしまわない様に皆さん
必死に咥えていました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ホーム > タグ > 南紀

Feed

Page top