かじきあん > ホーム > タグ > フィリピン

Tag / フィリピン

ホタルビサンゴアマダイ その2

土曜日とか日曜日、祝祭日に働いている時の喜びのひとつが通勤道路が
空いてることや、通勤電車がガラガラな事。
なのに今日は日曜日と言うのに出社中の地下鉄は激混み、やはり世間は
夏休みの休日の模様です。

それにしてもそんな暑い地下鉄の車中でも家族連れの皆さん笑顔、笑顔。
特に子供たちの楽しそうな笑顔には、朝から元気いただけました。
子どもの笑顔って、何よりも宝物に思えます。

hotarubisangoamadai20170910c
hotarubisangoamadaiB20170910bhotarubisangoamadaiB20170910d
hotarubisangoamadai20170910a
ホタルビサンゴアマダイ  学名 Hoplolatilus fourmanoiri
 スズキ目 / キツネアマダイ科 / サンゴアマダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深-40m 大きさ約200mm
英名 Yellowspotted Tilefish 、Yellowhead Tilefishなど
生息域 西表島、インド洋、太平洋の熱帯域など。

水深が 18m〜55m辺りの内湾性が強く潮通しの良い砂泥底や、泥質性に
強い砂底などに巣穴を作り、単独かもしくはペアにて巣穴上をホバリング
しながら生息しております。
体地色は淡く青紫色がかった白色にて吻端から頭頂部は薄黄色、眼の後ろ
から鰓蓋の上部辺りにかけてとその後ろや腹部とか、入る位置に個体差が
ありますが合計3個の四角い黄色の班紋が入ることや、尾鰭の中心部に
大きな黒色班紋が入ること等が特徴です。

hotarubisangoamadai20170910b
ハゼ類と比較して体が大きいので、上の写真に写っている巣穴もかなり
大型です。
個人的にはサンゴアマダイ属の生物はサラサラの砂底のイメージですが、
本種は泥砂底に生息しておりますで、巣穴も鮮明に判ります。

hotarubisangoamadai20150905b
hotarubisangoamadai20150905c
撮影 2015年9月:フィリピン・セブ島 水深-38m 大きさ約200mm

こちらは同じポイントで上の写真より2年前に撮した個体です。
今回もそうですが背鰭が開けば尾鰭が閉じて、尾鰭が開けば背鰭が
閉じると言う、なかなか手強い種です。

前回の観察報告は和名でなく英名でさせていただいてますが、2017年に
西表島で発見された個体を基にして2017年に和名が提唱されました。
和名の由来は黒色斑紋と黄色の四角形の斑紋が蛍火をイメージさせる事で
付けられたらしいです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ユカタイシモチ その7

ワールドカップ終わっちゃいましたね。
2年前のユーロを準優勝で終えたフランスでしたが、今回の優勝で
その悔しさも吹っ飛んだでしょうね。
この1ヶ月間近く毎晩たくさんのいいゲームを見させていただき、
睡眠不足の続く毎日でしたが楽しい1ヶ月でした。
早くも2年後のユーロが待ち遠しいです。

yukataishimochi20170209a
yukataishimochi20170209b
ユカタイシモチのナイトカラー  学名 Pristiapogon exostigma
 スズキ目 / テンジクダイ科 / Pristiapogon属

撮影 2017年2月:フィピン・マクタン島
   水深-5m 大きさ約70mm
英名 Narrowstripe cardinalfish
生息域 奄美諸島以南 ~ 中、西部太平洋域など。

珊瑚礁域の内湾などの礁湖、礁池の珊瑚群落や岩礁周りなどにて単独か、
もしくは小数匹の群れを形成して棲息しております。
体色は日中は薄黄土色、夜間では淡銀灰色にて、第1背鰭の前部分が黒く
染まる事や、体側面の吻端から眼を通って尾柄部まで1本の太い暗褐色の
縦帯が伸びており、尾柄部の所に縦帯より上側に大きな黒色斑紋がある
事などが特徴です。
但し、夜間ではその黒色班紋が不鮮明な個体も観られます。

近似種の カスリイシモチ は、同様に尾柄部にある大きな黒色斑紋が、
暗褐色の縦帯のラインより上方に位置しておりますが、全身の鱗の縁が
濃褐色をしている事で識別が可能です。
その他の近似種の ヒトスジイシモチ は、尾柄部にある大きな黒色斑紋が
暗褐色縦帯と同じライン上に位置している事で識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

イエローストライプド・カーディナルフィッシュ その6

西日本豪雨で被災された方達には申し訳ありませんが、自分の知人や
友人に大きな被害がなくて幸いに思っております。
本日あたりから家屋に浸水してきた水が引いた映像をTV等の報道を
観ておりますが、我が家も約18年前に床上75cm浸水被害にあって
おり、その時に目にした光景と変わりない映像に思えました。

旅先でのハプニング好きな自分でもあんな体験は2度としたくない
ものです。
被災された方達が被災以前に近い生活に、少しでも早く戻れる様お祈り
申し上げます。

YellowstripedCardinalfish20170912b
YellowstripedCardinalfish20170912a
イエローストライプド・カーディナルフィッシュの口内保育
学名 Ostorhinchus cyanosoma
スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・カビラオ島
 水深 -6m 大きさ約60mm
英名 Yellowstriped Cardinalfish
生息域 八重山諸島以南 ~ 西部太平洋の熱帯域など

珊瑚礁域の、水深が10mぐらいまでの礁池や内湾に生息しております。
近似種の キンセンイシモチ O.properuptu や、スジオテンジクダイ
O.hoiotaenia と比較して小型であり、それらが体側面の白色の縦帯が
細くて黄色の縦帯が太いこととは反対に、白色の縦帯が太くて黄色の
縦帯が著しく細い事などが特徴です。
また アカホシキンセンイシモチ O.rubrimaculaは、尾柄部に赤橙色の
円斑紋が有る事や、目の下から腹鰭基部あたりまでの色彩の違い等で
本種と識別が出来ますが、双方とも同種であるとの学説もあり、今後の
研究者の方達の発表を待ちたいところです。

YellowstripedCardinalfish20170912c
残念ながら口内保育中の卵を明確に撮れませんでした。

そして此方は通常の体型です。
YellowstripedCardinalfishB20170912a
撮影 2017年9月:フィリピン・カビラオ島
 水深 -6m 大きさ約50mm

本種の過去の報告は、こちらを ご参照願います。

クロメガネスズメダイ その5

本日は仕事でしたので昨夜はフランスVSウルグアイ戦を観て就寝し、
朝からベルギーVSブラジル戦の結果情報のシャットアウトを試み
ましたが、帰宅後ポストから夕刊を取り出した瞬間にまさかの失態。
一面に結果を書かないで欲しかったです。

自分が嫌いなネイマールがエースのブラジルにベルギーが勝った事は
とても嬉しかったですが、日本戦とは全く異なる戦い方でしたね。
こうなればベルギーが優勝することを期待します。

kuromeganesuzumedai20170907b
kuromeganesuzumedai20170907d
クロメガネスズメダイの幼魚 学名 Pomacentrus vaiuli
スズキ目 / スズメダイ科 / ソラスズメダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・カビラオ島 水深-5m 大きさ約30mm
英名 Princess Damsel
生息域 南日本の太平洋沿岸 ~ インド洋、中西部太平洋域など。

水深が20m位までの珊瑚礁域の砂礫底や礁斜面などに生息していて、特に
幼魚の頃は浅い水深に単独で棲息しております。
幼魚の頃は体地色は黄色や橙色、青色など様々で、体側面に青色の縦点列が
入り頭部から背中にかけては橙色で青色の縦線が入ります。

背鰭後部には暗色の大きな眼状斑があり、成魚になると体地色は薄紫色や
薄水色などの単色へと変わり、各縦線や縦点列は消えますが背鰭の眼状斑は
消えません。
近似種の メガネスズメダイ とは、尾鰭の付け根に白い帯が有り無しで区別が
可能です。

kuromeganesuzumedai20080906a
撮影 2008年9月:高知県大月町柏島 

kuromeganesuzumedai20151016i
撮影 2015年10月:高知県大月町柏島

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

バンダイシモチ その6

何があるのか判らないのがワールドカップ、予選1位通過はまず無いに
してもあわよくば2位通過すればと期待して明日は休日にしておいて
正解でした。
今夜は明日を気にせずベルギーVS戦を見られます。
失礼な話、予選リーグの最終戦はポルトガルに勝っちゃうと1位通過に
なって試合日がずれてしまうので、引き分けて欲しいとこっそり願って
おりました。

しかしベルギーに勝って次の準々決勝戦は土曜日の午前3時キックオフ、
この日は仕事なのでどうやって見るかが思案どころです。

bandaishimochi20170907a
bandaishimochi20170907cbandaishimochi20170907d
バンダイシモチ 学名 Nectamia bandanensis
スズキ目 / テンジクダイ科 / ナミダテンジクダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                   水深-5m 大きさ約60mm
英名 Banda cardinalfish
生息域 小笠原諸島、屋久島、奄美諸島以南
               ~ 紅海、西部太平洋域、GBRなど。

珊瑚礁域にて水深5~10m位に生息しており、日中は岩穴奥深くや岩陰
などに隠れてますが、夜になるとふら~ふら~っとした感じで水底や
根などの近くを浮遊しております。
体の大きさに対し眼は著しく大きく、眼の下から頬にかけ斜め後方向に
先細りの黒色の線があり、体側面には不明瞭な太くて黒色の横帯が2本
入ります。
また、尾柄部にも太くて黒色の明瞭な横帯が1本あります。

bandaishimochi20150409cbandaishimochi20150903c
撮影 2015年4月/9月:フィリピン・マクタン島

bandaishimochi20160908a
撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島
                   
ナイトで最初に見つけた時はこんな感じで浮遊しておりますが

bandaishimochi20160908d

光を当てて撮影していると、こんな感じで隠れてしまいます。

近似種の ナミダテンジクダイ は、眼の下から頬にかけ斜め後方向に
先細りの黒色の線があり、体側面の中央部に6~10本の輪郭が明瞭な
暗褐色の横帯がある事や、尾柄部に太くて黒色の明瞭な横帯が1本ある
事などで識別が可能です。
また同じく近似種の ホソスジナミダテンジクダイ は、眼の下から斜め
後方向に伸びる黒色線の先端が前方向に湾曲を描く事や、体側面の
暗褐色の横帯が不明瞭で5~6本有る事、尾柄部の太くて黒色の横帯は
測線より上方は明瞭で下方が不明瞭である事などが特徴です。

そしてまだ和名のない近似種の マルチバード カーディナルフィッシュ は、
各鰭が黄色く縁取りされている事が特徴です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

Calaxius属の1種

サッカーの日本代表、色々と賛否両論を書かれてますが、後半に1点
入れられてから自分はドーハの悲劇を思い出して見てました。
あの時に今回の西野監督の采配が出来ていれば、94年のアメリカ大会に
出場できてたでしょうね。
あれから25年、日本のサッカー代表がこんな戦い方が出来るなんて
成長したもんですね。
そして日本代表の監督は日本のサッカーを熟知している監督がやはり
最適と思いました。

さて明日も仕事ですのでウルグアイVSポルトガル戦のTV観戦は諦めて、
フランスVSアルゼンチンだけ見て寝ることとします。
でもその前にオーストリアF-1GPの予選が終わるかが微妙ですけど。

CalaxiusSp20160908b
CalaxiusSp20160908cCalaxiusSp20160908d
CalaxiusSp20160908aa
Calaxius属の1種 学名 Calaxius.Sp
十脚目 / アナエビ下目 / アナエビ科 / Calaxius属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島
                水深-20m 大きさ約20mm
生息域 沖縄本島、フィリピン・マクタン島など 

CalaxiusSp20160908ab
よく見ると抱卵中でした。。

珊瑚礁域にて外縁の礁斜面の瓦礫岩の下に隠れておりました。
撮影した当時に色々と調べてみても正体がわからず、約2年近く経過した
今調べてみても詳しい事は調べきれませんでした。

なになに属の1種、色々と書く時間が無い時の観察報告に最適です。

ワキグロアカフエダイ

先日遊びに来てくれたネネちゃんとサナちゃん。
Amazon Echo に向かって「アレクサ○○してっ」って何度叫んでも
反応しません。
壊れたかなと思いながら自分や奥さんが声かけてみると、ちゃんと
反応します。
どうやら子供の甲高い声には反応しない様で、安全の為なのかなと
Web で調べて見ると同様の現象が多く載ってましたが、声をかけ
続けていくとAIが学習して反応する様に成るみたいです。

因みに自分が「アレクサ、子供の声には反応しないの?」と聞くと
「すみません、判りません」と答えくれました。

wakigurofuedai20170910e
wakigurofuedai20170910b
wakigurofuedai20170910d
ワキグロアカフエダイの幼魚  学名 Lutjanus timorensis
 スズキ目 / フエダイ科 / フエダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島
               水深-42m 大きさ約60mm 
英名 Timor snapper
生息域 和歌山県、西表島 ~ インド洋、西部太平洋域など。

水深が20mから130mほどの砂底域や泥砂底域に単独で生息して
おり、他のフエダイ科の種より深海を好みます。
成魚の体色は全身に渡って赤色にて、胸鰭の脇や基部が黒い事や
背鰭や臀鰭、尾鰭等の軟条部縁辺が非常に尖る事、また縁辺の
黒い幅が明瞭に広い事などで他の赤色のフエダイ科の種と識別が
可能です。
幼魚の頃は体地色は赤みかがった白色にて、吻端から眼の上を通り
背鰭の後端まで赤褐色の太い帯が入り、尾柄部に大きめの白色斑が
明瞭に入りますが、成長すると共に不明瞭になります。

ミナミフトスジイシモチ その8

本日のアポゴンマンデイは約1ヶ月前にも書いてる種ですが、前回は
黄色の色彩タイプだけに絞らせていただきましたので、今回は異なる
白色タイプでだけで纏めてみました。
同じ種なのに色違いが明瞭でありながら、生息している環境や日中と
夜間とか雌雄などに関係なく、同じ種でこの2色が観察出来るのは
とても不思議に思います。

minamifutosujiishimochiB20170210a
minamifutosujiishimochiB20170210b
ミナミフトスジイシモチの白色タイプ
         学名 Ostorhinchus nigrofasciatus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                 水深-5m 大きさ約50mm
英名 Blackstripe Cardinalfish
生息域 神奈川県以南の南日本
~ 台湾、中、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、昼中は岩穴や岩陰に隠れる様にして単独で
生息しており、夜になると岩穴から出て海底近くを浮遊しております。
体地色は淡褐色で、体側面に5本の太くて黒い縦帯があり、その内の
真ん中の3本は尾柄部まで届き、黒帯の間には光沢のある白色の細い
縦線がある事などが特徴です。

minamifutosujiishimochi20170412a
minamifutosujiishimochi20170412bminamifutosujiishimochi20170412c
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-18m 大きさ約60mm
minamifutosujiishimochi20170414eminamifutosujiishimochi20170414d
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-12m 大きさ約70mm

minamifutosujiishimochiB20160908a
minamifutosujiishimochi20160908a
minamifutosujiishimochi20160908b
撮影 2016年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-13m 大きさ約50mm

本種は自分は見ると必ずと言っていいほど撮影しているアポゴンです。
そのせいか約1ヶ月前の観察報告の、その前の2015年12月の報告からの
約2年間の間に、なんと本種だけで200枚ほど撮影しておりましたので、
前回の黄色タイプと白色タイプと2回に分けて報告させていただきました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ワモンキセワタ その3

今週末のF-1は、モントリオール。
ヨーロッパと異なりアメリカ大陸で催されるGPは、自分が決勝よりも
好きな予選は日本時間の深夜3時から。
とてもLiveでは観られないので朝起きてから録画を観ますが、明日の
日曜日仕事なので(と言っても休日の今日も2時間ほど出社してましたが)
早朝にアレクサに起こして貰って観る事にします。
昨今はウカウカしてると、PCから情報が報告されちゃいますからね。

wamonkisewata20170910c
wamonkisewata20170910e
wamonkisewata20170910awamonkisewata20170910h
wamonkisewata20170910g
ワモンキセワタ  学名 Philinopsis pilsbryi
頭楯目 / キセワタ上科 / カノコキセワタ科 / カノコキセワタ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島
                水深-12m 大きさ約40mm
生息域 屋久島以南~西部太平洋域、インド洋域など。

内湾から外洋に面した岩礁域や珊瑚礁域、水深も5m~40mほどの
広範囲に生息する種ではありますが、希種でもあります。
体地色は乳白色から淡黄色にて、体の下部を除く全身にわたって
黒色の大きな輪状の斑紋で覆われておりますが、個体によっては
輪状では無い個体も観察されます。

wamonkisewataB20170910a
撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島
                水深-25m 大きさ約40mm

自分は本種を観察すると、必ず撮影してしまいます。
でも一緒に潜って居て自分以外に撮影してる人はまずおりません。
凄く珍しいんですけどね、やっぱパッと見はナメクジですからね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

タンザクハゼ属の1種

以前にも書きましたが、このところほとんど潜水していないので過去に
撮影してきた生物の観察報告をしております。
がんがん潜水していた時は、撮影しながらあれ書こうこれ書こうと次々に
思いつきますが、過去の撮影した生物を探すのに時間がかかってしまい
最近はそんな感じで休載する日が増えてます。

そんな事を考えていて思い出しました。
未記載種なら、調べても資料が無くて書き上げるのに時間がかからない。
本日は、そんな手抜きの観察報告です。

tanzakuhazeSp20150905a
tanzakuhazeSp20150905b
タンザクハゼ属の1種 学名 Vanderhorstia flavilineata
 スズキ目 / ハゼ科 / タンザクハゼ属

撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島
              水深-42m 大きさ約50mm
生息域 フィリピン。

珊瑚礁域外縁の水深が40mほどの泥底に巣穴を形成して、その上方に
ホバリングしながら単独で生息しておりました。
体型や色彩は セイルフィンリボンゴビー に似ておりますが、特徴の
第1背鰭は大きくなく別種と思われますが、相変わらずの自分の知識
不足にて同種の雌とか、既に異なる記載種かも知れません。

かじきあん > ホーム > タグ > フィリピン

Feed

Page top