かじきあん > ブログ トップ > アーカイブ > 2018-06-04

Date / 2018-06-04

    • 2018
    • 06/04

アオハナテンジクダイ その5

本日のアポゴンはバリ島のトランベンに行って撮り直してから書こうと
思っていた観察ネタなんですが、ここ最近の状況では当面の間はバリ島
どころか和歌山で潜水する事すら出来無さそうなので、とりあえず書いて
おいて再び以前の様に潜水できる状況に戻れたら、新しい写真で再報告
させていただく事といたします。

aohanatenjikudai20160130a
aohanatenjikudai20160130daohanatenjikudai20160130g
アオハナテンジクダイ  学名 Ostorhinchus apogonoides
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2016年1月:インドネシア・バリ島トランベン 
水深-22m 大きさ約70mm
英名 Plain Cardinalfish
生息域 三宅島、和歌山県、高知県以南
~ フィリピン、東インド諸島など

岩礁域や珊瑚礁域にて日中は珊瑚の奥や岩穴、岩陰の奥等にひそむ様に
生息しており、夜間になると外に出て活動します。
体色地色は透明感のある金色っぽい薄い茶色にて、眼の瞳の上下に2本の
水色の細線があり、それらの間は茶色~金色。
またそれらの延長上の体側面に不明瞭な水色の小斑点が少数見られます。
近似種の アオスジテンジクダイ とは、尾柄部に黒帯がない事などで識別が
可能です。

aohanatenjikudai20140504b
aohanatenjikudai20140504f
撮影 2014年5月:高知県宿毛市鵜来島 親指
                  水深-35m 大きさ約80mm
aohanatenjikudai20160422c
aohanatenjikudai20160422h
撮影 2016年4月:高知県大月町柏島 後浜
                  水深-13m 大きさ約70mm

aohanatenjikudai20130302b
撮影 2013年3月:紀伊大島須江 内浦ビーチ
                  水深-5m 大きさ約100mm

自分の今までの本種の観察では濃い色彩のタイプと、薄い色彩のタイプを
見ておりますが、トランベンの個体はやはりかなり濃い個体でした。
水深の浅い深いでの違いでも無く、生息環境によるものなのかどうかは
判りませんが、もっともっと色んな地域で観察してみたいアポゴンです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > アーカイブ > 2018-06-04

Date / 2018-06-04

Feed

Page top