かじきあん > ブログ トップ > アーカイブ > 2017-12-12

Date / 2017-12-12

    • 2017
    • 12/12

ミスジチョウチョウウオ その5

最近ねねちゃんは遊びに来ると、”どうぶつの森”で 遊んでます。
魚を釣ったり虫を捕るのが好きな様で、初めてカブトムシを捕まえた時には
小躍りして喜んでました。
ただまだ小学一年生なので読めない感じが多く、「どれ押していいの?」って
よく聞いてきます。
でも、タップとかOKは判る様でして直ぐに押してます。

漢字は判らないのに英語は判るなんて、自分達世代の現代語と今の子ども達の
現代語は違うと言うことなんでしょうね。

misujichouchouuoYg20171014a
misujichouchouuoYgB20171014amisujichouchouuoYg20171014b
misujichouchouuoYg20171014c
ミスジチョウチョウウオの幼魚  学名 Chaetodon lunulatus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-5m 大きさ約30mm
英名 Oval butterflyfish
生息域 相模湾以南 ~ 中部、西部の各太平洋域、インド洋など。

珊瑚礁域の浅い水深に生息しており、体型は長楕円形にて強く側扁していて、
背鰭の棘数は14本と多く、吻端は丸めの形をしております。
体地色は黄色にて成魚は頭部に3本の黒色の横帯が入り、体側面には細い青色
縦線が複数本入る事や、尾鰭中央部に黄色く縁取られた暗色帯がある事などが
特徴ですが、尾鰭や尾柄部の模様は生息域によって変異が見られます。

なおインド洋域に生息するタイプは臀鰭が橙色にて、体色は全体に薄く紫色
がかっており、以前は同種とされてましたが、今は Chaetodon trifasciatus
言う別種とされております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > アーカイブ > 2017-12-12

Date / 2017-12-12

Feed

Page top