かじきあん > ブログ トップ > アーカイブ > 2017-08-03

Date / 2017-08-03

    • 2017
    • 08/03

クロスジリュウグウウミウシ その2

ブラックバスやミドリガメ、アメリカザリガニとか最近ではヒアリ等の外来種が
日本に入って来ている事がよくNEWS等で取り上げられ、さぞかし外国の生物は
日本好きだと思ってましたが、自分が知らなかっただけで反対に外国へ密入国し
悪さしてる日本の虫もいるみたいです。

農作物を食い荒らす等で害虫指定の日本在来種のコガネムシ「マメコガネ」が、
アメリカの中西部で大量発生して農作物に被害を与えているそうで、この地域
には本種の天敵が少なく更に過去10年間の気温上昇によって幼虫の生存率が高く
なったかららしいですが、日本以外の外国でも外来種の被害に困ってるんですね。

kurosujiryuuguuumiushi20170712c
kurosujiryuuguuumiushi20170712b
kurosujiryuuguuumiushi20170712a
クロスジリュウグウウミウシ 学名 Nembrotha Lineolata
 裸鰓目 / ドーリス亜目 / フジタウミウシ科 / クロスジリュウグウウミウシ亜科 /
 クロスジリュウグウウミウシ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-10m 大きさ約40mm
英名 Lined Nambrotha
生息域 伊豆諸島、伊豆半島以南 ~ 西部太平洋の熱帯域

岩礁域や珊瑚礁域の水深が10m~20mぐらいに、生息しております。.
体型は細長く体地色は白色から黄白色にて、体表面に赤褐色や黒褐色などの
暗褐色系の細い縦線や波線が走ります。
3つに分岐した鰓の先端は褐色にて触覚は赤色、外套膜の周縁部や口触手部の
先端、腹足の縁などは青色と、カラフルな色彩をしております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > アーカイブ > 2017-08-03

Date / 2017-08-03

Feed

Page top