「ハコフグ科」カテゴリーアーカイブ

ハマフグ その6

本日の観察報告の生物はハコフグ科の多くの種の中で自分が一番好きな
ハコフグですが、過去に何度も観察していてもナイトで観察することは
今回が初めてでした。
それで見た印象はと言うとあまり昼間の体色と変化はありませんでした。
強いて上げれば体側面後部の水色の不規則な帯や線が蛍光してたかなと。

hamafuguB20180106d
hamafuguB20180106b
ハマフグのナイトカラー  学名 Tetrosomus concatenatus
 フグ目 / ハコフグ科 / ラクダハコフグ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
            内浦ビーチ 水深-22m 大きさ約60mm 
生息域 三浦半島以南の大平洋岸、琉球列島
                  ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、水深が 50m以浅の沿岸の砂底や砂泥底に単独で
生息しており、体地色は薄茶色にて、全身に蜂の巣状に茶褐色の模様が
入り青色の細点が頭部と背部、尾柄部に散在します。

眼の上部に2本の棘が有る事や、背中の隆起部の頂点付近にも2本の棘が
有る事で本種との特定が可能ですが、ハコフグ科の多くが正面から見ると
四角形であるのに対して、本種は三角形の形をしている事が最大の特長と
思えます。

hamafugu20180106c
hamafugu20180106a
hamafugu20180106e
撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
            内浦ビーチ 水深-23m 大きさ約60mm 

おそらく同じ固体かと思いますが、昼間の姿です。
やはり本種は正面からの三角形のフォルムがララァ・スンが乗っていた
エルメスみたいで、いつ見てもかっこいいなと思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ミナミハコフグ その5

自分は寝る時にはエアコンは消して、扇風機を廻して寝てます。
なので毎朝、暑いと感じて起きてますが今朝は何だか涼しい。
温度湿度計を見てみると温度が28度で湿度が55%と、昨日の朝は温度が
29度で湿度が75%でしたので1日でガラッと変わりました。
そう言えば最近は夜には秋の虫の泣き声が聞こえますし、今日で8月も
終わりと今年も順調に秋が近づいてますね。
そしてこの8月は、潜水本数0本でした。

minamihakofuguYg20170715b
minamihakofuguYg20170715f
minamihakofuguYg20170715jminamihakofuguYg20170715c
ミナミハコフグの幼魚  学名 Ostracion cubicus

 フグ目 / ハコフグ科 / ハコフグ属

撮影 2017年7月: 高知県大月町柏島 水深-6m 大きさ約30mm 
英名  Yellow oxfish
生息域 房総半島以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

水深が50m以浅の岩礁域や珊瑚礁域に生息しておりますが、幼魚の頃は
潮だまり等の極めて浅い水深でも観察する事があります。
カイメン類や藻類、底生動物等を食する雑食性にて、撮影してる時には
判りませんが、背鰭と臀鰭の軟条数は共に9本です。

体型は ハコフグの幼魚 に良く似てますが、成魚は頭部や尾鰭に小さな
黒点がある事で識別が出来ますし、写真の様な幼魚の頃は、体全体にある
黒色斑が眼と同じ大きさかより大きければ本種にて、眼の大きさよりも
明らかに小さな黒色斑であれば、 ハコフグの幼魚 と識別ができます。

minamihakofuguYg20170715i

モデル姿が疲れたのか、最後はケツ向けて穴の奥へ去って行きました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ハマフグ その5

今日ちょっと面白い事がありました。
朝、会社の最寄りの地下鉄駅でいつもの様に改札を Apple Watch使って通過しようと
した時に、改札機の画面に「定期期限7月12日」って表示されました。
特に問題無く通れたので、誤表示なんかなと思って無視していたら、今度は帰り道に
改札機で何度 Apple Watchを飾してもエラー状態になり「係員にお問い合わせ下さい」
と表示されます。

仕方ないので改札機の横の窓口の係員に尋ねてみると「そんな腕時計で通れるの?」と
言われてしまい、色々と説明したところ「それなら窓口の奥の方に有る機械に飾して
みたら現在の状態が判る」との事なのでやってみたら、どうやら朝の時に改札口から
出ていない状態になってました。

つまり約11時間近くも地下鉄に乗ってた事になる訳ですが、申告した内容の証明は何も
無いにも関わらず信じて貰い、特に追加料金なんかも取られなくてホッとしました。

hamafugu20170413f
hamafugu20170413ahamafugu20170413b
ハマフグ  学名 Tetrosomus concatenatus
 フグ目 / ハコフグ科 / ラクダハコフグ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-26m 大きさ約150mm 
生息域 三浦半島以南の大平洋岸、琉球列島 ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、水深が 50m以浅の沿岸の砂底や砂泥底に単独で生息しており、
体地色は薄茶色にて、全身に蜂の巣状に茶褐色の模様が入り青色の細点が頭部と背部、
尾柄部に散在します。

眼の上部に2本の棘が有る事や、背中の隆起部の頂点付近にも2本の棘が有る事で本種との
特定が可能ですが、ハコフグ科の多くが正面から見ると四角形であるのに対して、本種は
三角形の形をしている事が最大の特長と思えます。

hamafugu20131207e
撮影 2013年12月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-23m 大きさ約40mm 

hamafugu20140125f
撮影 2014年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約40mm 

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

レティキュレイト ボックスフィッシュ その4

先月の初めにピロリ菌の治療にて処方していただいた薬ですが、1週間連続して
服用し続ける治療方法にて、日頃からお腹がゆるい自分としては副作用の下痢の
可能性を恐れてなかなかトライ出来ずでしたが、やっとしばらく平常生活が続くと
思われるこの金曜日から服用を始めました。

その結果、下痢の副作用はありませんでしたが、昨夜お風呂に入ると足が痒くなり
よく見ると膝から下に発疹が出ていて、今朝に至っては太ももの内側にも出てきて
お昼過ぎには手首から肘の間にも発疹が出てきました。
どうやら副作用発生率では 1%~5%の状態に該当したと思われますが、なんとも
レアな確率です。
こんなレアな確率能力は、水中での生物遭遇に発揮してほしいものです。

Reticulate Boxfish20170209d
Reticulate Boxfish20170209bReticulate Boxfish20170209a
レティキュレイト ボックスフィッシュ  学名 Ostracion solorensis
 フグ目 / ハコフグ科 / ハコフグ属

雄:撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約150mm
英名  Reticulate Boxfish 、Solor Boxfish など
生息域 東インド洋域 ~ 西部太平洋域など。

水深が1m~35m位の珊瑚礁域に単独もしくはペアで生息しており、特に1m~20m位の
外海に面した珊瑚や岩塊が点在する様な礫砂底で多く観察されます。
体形は他のハコフグ属と同様に背面、側面、腹面が全て平らな四角形にて吻端が飛び出て
いて、背鰭と臀鰭の軟条数はともに9本です。

雄の体地色は鮮やかな青色にて背面には薄青色の虫食い模様が入り、側面には薄青色の
不規則な直線模様と斑点が散在します。
また雌の体地色は茶褐色にて背面には白色の虫食い模様が入り、側面には白色の不規則な
直線模様と網目模様が散在し、頭部や眼下方には黒色斑紋が散在します。

ReticulateBoxfishYg20170209c
ReticulateBoxfishYg20170209eReticulateBoxfishYg20170209a
ReticulateBoxfishYg20170209f
幼魚:撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-6m 大きさ約30mm

本種の監察報告を書くのはこれで4回目ですが、成魚と幼魚を1本のダイビング中に
観察するのは初めてでした。
ならば雌もついでにと思いましたが、自然界の出会いはそんなに上手く運ぶものでは
ありません。
だからこそ面白い物でもありますよね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

クロハコフグ その2

しかしまぁ、日本で生活されている韓国人の方達は約束をしっかりと守られているのに
なんで韓国に住まわれている韓国人の方達はいつも日本との約束を破るんでしょうね。
いっその事、韓国人の全員が日本に移住されて残った国土はアメリカの州へと変更しね
そのハングル州にはアメリカの軍人さんだけが住まれるってのはどうでしょうか?

そうすれば沖縄の米軍基地問題も急速に改善が進みますし、日本も無駄な支援をしなくて
いい様になると思うんですが。

kurohakofuguyg20160131f
kurohakofuguyg20160131gkurohakofuguyg20160131d
kurohakofuguyg20160131a
クロハコフグの幼魚  学名 Ostracion meleagris

 フグ目 / ハコフグ科 / ハコフグ属

撮影 2016年1月:インドネシア・バリ島 水深-10m 大きさ約25mm 
英名  Spotted Boxfish
生息域 和歌山県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

水深が50m以浅の珊瑚礁域や岩礁域に生息しております。
横断面が四角形の形をしていて、いわゆる典型的なハコフグの体形です。
成魚は雌雄で色彩が異なり、雄の体側面は鮮やかな青色に
黄色の小さな斑紋が、背面は暗褐色にて白色の小さな斑紋がそれぞれ散在しており、背面と
体側面の境目あたりに、不規則に途切れがちの黄色の縦縞が入ります。
また雌や幼魚の頃は全身に渡って黒色にて、白色の小さな斑紋が多数散在しております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ハコフグ その2

この夏に弊社の本社機能を持つ事務所が移転し、ちょうど自分が乗っていた社用車も
リースアップとあって、約30年振りぐらいに地下鉄通勤に変更しました。
タイミング良くポケモンGO が公開され、最寄りの地下鉄駅まで歩くのも楽しくなり
更に先月からは appleペイ のお陰で改札も右手に Apple Watch を付けていれば
ただ右手をかざすだけで通れますし、地下鉄代金のチャージも iPhone から出来ます
ので凄く便利です。

ただ問題なのは、通勤先と通勤方法の変更のおかげで、今まで出社前に行けていた
匡平のお墓掃除に行けなくなった事。
ちょっとどころか、かなりの問題です。

hakofuguyg20161022a
hakofuguyg20161022dhakofuguyg20161022c
ハコフグの幼魚  学名 Ostracion immaculatus

 フグ目 / ハコフグ科 / ハコフグ属

撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-3m 大きさ約30mm 
生息域 北海道以南 ~ 九州、小笠原諸島、伊豆諸島、朝鮮半島、香港など

水深が50m以浅の岩礁域や珊瑚礁域に生息しておりますが、幼魚の頃は潮だまり等の
極めて浅い水深でも観察する事があります。
カイメン類や藻類、底生動物等を食する雑食性にて、撮影してる時には判りませんが、
背鰭と臀鰭の軟条数は共に9本にて、体地色は黄褐色で大きな雄は背中の部分が
鮮青色になります。

体型や体色は ミナミハコフグの幼魚 に良く似ておりますが、体全体にある黒色斑が眼の
大きさよりも明らかに小さな黒色斑であれば本種にて、黒色斑が眼と同じ大きさ、もしくは
より大きければ ミナミハコフグの幼魚 と識別ができます。
また成魚では、頭部や尾部の双方に黒色小斑がない事でも識別が可能です。

hakofuguyg20141102b
撮影 2014年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-5m 大きさ約30mm 

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

シマウミスズメ その7

今日は鈴鹿で FI日本GPが開催されました。
日本で開催されるのは嬉しい事ですが、年中TVでF-1生中継を楽しんでいる自分としては、
日中のレースで無くてナイトレースでやって欲しいと思ってます。

時差の関係で日本時間で21時からスタートする欧州ラウンドは生中継を楽しめれるのに、
シンガポールのナイトレース以外のアジア地域で開催されるレースは昼間の放送となり、
仕事か給仕なら海に行ってたりして録画で見る事になってしまうので、それまでに結果をの
情報シャットアウトが大変。
でも再来週のアメリカGpの日本時間の午前4時スタートよりは、まだましですが。

shimaumisuzumeyg20161001a
shimaumisuzumeyg20161001bshimaumisuzumeyg20161002d
シマウミスズメの幼魚  学名 Lactoria fornasini
 フグ目 / ハコフグ科 / コンゴウフグ属

撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深 -5m 大きさ約30mm 
英名 Backspine cowfish
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域の内湾や、水深が30m位までの沿岸に棲息しております。
雄は広い縄張りを持ち数尾の雌を生息させるハーレムを形成するそうですが、日頃から
観察する姿はほとんど単独での行動です。

体地色は黄色にて全身に虫食い状の青色の細線や斑紋が散在しており、頭部に2本と
背面中央部に1本の棘状の皮膚と鱗が変化したものが伸長しております。
また体は骨質の堅い甲羅で形成されており、横断面は五角形をしています。

本種は皮膚に粘液毒のパフトキシンを持っていて、敵に襲われたり脅威を感じると
放出しますので、アクアリストの方々は飼育するのに同じ水槽で飼育する種に注意を
されているそうです。

shimaumisuzumeyg20141214g
撮影 2014年12月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深 -8m 大きさ30mmぐらい 

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ウミスズメ

先日この4月に年長さんになったネネちゃんに 「今度は、なに組になったの?」 と質問を
したところ 「今度は、ゆり組だよ~」 とのご返事でしたが、その直ぐ後の自分への質問が
「はしもとじいちゃんは、何組になったの~?」でした。

「うっ、う~ん、そっ、宙組だったかな~」
思わず、5歳の女の子に「へっ?」って、顔されてしまいました。

umisuzume20150508f
umisuzume20150508bumisuzume20150508d
ウミスズメ  学名 Lactoria diaphana
 フグ目 / ハコフグ科 / コンゴウフグ属

撮影 2015年5月:高知県大月町柏島 竜ノ浜 水深 -9m 大きさ10mmぐらい 
英名 Roundbelly cowfish
生息域 茨城県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

沿岸の水深が50m以浅の砂底域や、岩礁域に単独で生息しております。
体型はやや長めにて横断面は五角形、左右の眼上と腰骨にそれぞれ各1本と背中の中央部に
鋭い棘が1本有り、成魚の腹面はほぼ平らになりますが幼魚の頃は丸みを帯びております。

umisuzume20150508c

本種は背隆起が低くて、その中央の棘が鋭く上を向くことで、コンゴウフグ属の他の種と
識別が可能ですが、特に良く似た シマウミスズメ は全身に青い細線が複数入ることで
区別できます。

レティキュレイト ボックスフィッシュ その3

企業の後継者争いにおいて創業者一族と有能実力社員での争いはよくある事ですが、
その後継者争いに敗れた側が独立する事もよくある話しです。
ただその時のごたごた騒動が世間を騒がすほどの大きなNEWSとなれば、一般的には
企業の経営陣による謝罪会見があると思うのですが、そんな企業の後継者争い事に
振り回された契約社員だけが謝罪すると言うのは、とても不思議に思いました。

経営陣内の意思疎通を上手く統制出来なかった責任の説明も行わず、窮地に陥った
契約社員を支援するどころか、世間への公開謝罪と言う罰則を与えた。
誰もが不思議に思う事をマスメディアは判っていても、指摘すると今後その企業から
契約社員と言う商品の供給を止められてしまう恐れが有るから触れる事はしない。
これでは契約社員は、たまったもんじゃない無いでしょうね。
昨夜の生放送での謝罪を、この人達は可哀想だなと思い観てました。

ReticulateBoxfishYg20150906e
ReticulateBoxfishYg20150906bReticulateBoxfishYg20150906a
ReticulateBoxfishYg20150906d
レティキュレイト ボックスフィッシュの幼魚  学名 Ostracion solorensis
 フグ目 / ハコフグ科 / ハコフグ属

撮影 2015年9月:フィリピン・セブ島 水深-8m 大きさ約25mm 
英名  Reticulate Boxfish 、Solor Boxfish など
生息域 東インド洋域 ~ 西部太平洋域など。

水深が1m~35m位の珊瑚礁域に単独もしくはペアで生息しており、特に1m~20m位の
外海に面した珊瑚や岩塊が点在する様な礫砂底で多く観察されます。
体形は他のハコフグ属と同様に背面、側面、腹面が全て平らな四角形にて吻端が飛び出て
いて、背鰭と臀鰭の軟条数はともに9本です。

雄の体地色は鮮やかな青色にて背面には薄青色の虫食い模様が入り、側面には薄青色の
不規則な直線模様と斑点が散在します。
また雌の体地色は茶褐色にて背面には白色の虫食い模様が入り、側面には白色の不規則な
直線模様と網目模様が散在し、頭部や眼下方には黒色斑紋が散在します。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

クロハコフグ

秋から春にかけて自分のランチは、出勤途中にコンビニでカップ麵とおにぎりを購入して
それを食べる事が多いんですが、流行り物好きのせいか、新製品のカップ面が並んでいると
まず購入してしまいます。

で今日もそんな感じでお昼にカップ麺を作っていて、やれ先入れカヤクだ、後入れスープと
いつからカップ麺はこんなにややこしくなったんでしょうね。
「お湯を入れて、3分待ったら美味しく食べられる」
そろそろカップ麺もそんな初心に戻って欲しいと、最近つくづく思う庶民です。

kurohakofuguYg20151107a
kurohakofuguYg20151107b
kurohakofuguYg20151107c
クロハコフグの幼魚  学名 Ostracion meleagris

 フグ目 / ハコフグ科 / ハコフグ属

撮影 2015年8月: 高知県大月町柏島 水深-5m 大きさ約30mm 
英名  Spotted Boxfish
生息域 和歌山県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

水深が50m以浅の珊瑚礁域や岩礁域に生息しております。
横断面が四角形の形をしていて、いわゆる典型的なハコフグの体形です。
成魚は雌雄で色彩が異なり、雄の体側面は鮮やかな青色に黄色の小さな斑紋が散在し、
背面は暗褐色にて白色の小さな斑紋がそれぞれ散在しており、背面と体側面との境目
あたりに、不規則に途切れがちの黄色の縦縞が入ります。
また雌や幼魚の頃は全身に渡って黒色にて、白色の小さな斑紋が多数散在しております。