かじきあん > ブログ トップ > フグ目 > カワハギ科

Category / カワハギ科

    • 2017
    • 08/16

アオサハギ その6

毎年、匡平の命日近くになると幼なじみのK君たちがお墓参りに来られてて、
いつもロウソク細工の小物をお供えしてくれております。
今年は、にぎり寿司のロウソクでしたが、ワサビ入りって書いてありました。

おしいっ! 
匡平はお寿司は常にサビ抜きだったんです。
九割がた知ってるけど、完璧には知っていない。
友だちアルアルですね。
しかし今年もお参りに来ていただけたとは、本当に有りがたいことです。

aosahagiYg20170713g
aosahagiYg20170713b
アオサハギの幼魚  学名 Brachaluteres ulvarum
 フグ目 / カワハギ科 / アオサカワハギ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-18m 大きさ約10mm
英名 Puffer filefish
生息域 神奈川県以南 ~ 長崎県までの太平洋岸、日本固有種。

岩礁域やアマモ場などに生息しており、海藻やウミトサカ類などの近くで浮遊し、
夜はそれらをくわえて流されない様に休息しております。
単独で生活し体側面部に細い縦線が複数有るのが特長で、近似種の アミメハギ
比べると体型は丸みを帯びており、 アミメハギの幼魚は体側面部に複数の白斑が
ある事などで区別が可能です。

多くの写真好きダイバーが好んで撮られる、このタマシイ。
でも自分にとっては綺麗よりも、やはり各鰭全開どピン写真を狙います。

aosahagiYg20170714a
撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ約10mm

撮ったど~!!

aosahagiYg20161023a
aosahagiYg20161023c
撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約10mm

でも流石にこのサイズの全身どピンは、なかなか難しいすですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 07/19

スダレカワハギ その2

おかげさまで本日、奥さんの尿管結石を摘出する内視鏡による手術は無事に終わり
ましたが、手術前に「手術してる間は何しとるの?」と聞かれ、「iPadか本でも
読んで病室で待っとるけど」と答えると「この病室、ポケGOのモンスターは出る
けどアイテム取れんから、手術しとる間にアイテム集めといて」と2台の iPhoneを
渡されました。
病人と言う弱みにつけこまれ、この暑いのに病院近くをアイテム満タン溜まるまで
歩かされました。

sudarekawahagiYg20170210g
sudarekawahagiYg20170210asudarekawahagiYg20170210e
sudarekawahagiYg20170210h
スダレカワハギの幼魚  学名 Acreichthys radiatus
 フグ目 / カワハギ科 / フチドリカワハギ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-9m 大きさ約20mm 
英名 Radial filefish
生息域 西表島、フィリピン、マレーシア、インドネシア、パプアニューギニア、
    北東部オーストラリアなど

珊瑚礁域にて水深が1m〜20mぐらいに生息しており、ウミアザミなどのトサカ類に
隠れる様に体色を合わせて擬態しております。
体高は高く体長は体高の約1.6倍にて体後半部も細長くなく、第1背鰭と全身には
多数の皮弁があります。
体地色は茶色にて眼から放射状に白色の帯模様が入り、後半身は数本の白色の横帯が
入ります。

sudarekawahagiYg20170210d
sudarekawahagiYg20170210i

何回撮影してもなかなか図鑑写真が撮れない本種で、今回もいまいち写真をいっぱい
量産しました。
しかも全ての写真が、目にピンが合ってても白トビしていてピン甘に見えます。
もっと細かく設定調整して撮影しないと、どピン図鑑写真は難しそうですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 05/18

カワハギ その3

とりあえず英語と近々スペイン語が追加されるだけらしいですが、Gメールに自動返信の
機能が追加されるそうです。
自動返信と言ってもユーザーの日頃の返信内容等から3つの返信内容を予想して提案され、
どれかを選択するか全て拒否しても良いそうです。
勿論、使えば使うほど使用してるユーザーの動向を記憶して精度が上がっていくそうで、
最初は「使えないな」と思ったとしても使い続けていくと大バケしそうで、早く日本語に
対応してほしいものです。

kawahagi20170411a
kawahagi20170411b
kawahagi20170412b
カワハギの雄の闘争  学名 Stephanolepis cirrhifer
 フグ目 / カワハギ科 / カワハギ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 竜の浜 水深-8m 大きさ約200mm
英名 Thread-sail filefish
生息域 北海道以南 ~ 東シナ海など。

水深が100mぐらい迄の岩礁域沿岸の砂底や砂泥底、貝殻底などに生息しており、幼魚の頃は
流れ藻や浮遊物についております。
体型は強く即偏していて菱形、体の厚みは無く、背鰭棘は眼後端の上方に有るなどが特徴。
体色には若干の変異がありますが、灰褐色から淡褐色のものが多く、体側面に途切れがちな
暗色の縦帯が入ります。
雄の成魚では背鰭の前部軟条が糸状に伸長しますか、雌では伸び無いことで、雌雄の判別が
可能です。

今日はそなん本種の求愛前の雄同士の様子、勝者に求愛の権利が与えられます。
詳しい行動内容は阿部カメラマンさんが出版されてる 魚たちの繁殖 ウォッチング: 求愛から
産卵まで、その知られざる営み
を参照してみて下さい。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 05/14

アオサハギ その5

今日の夕方に遊びに来てくれたネネちゃんから「何して遊ぶ?」と、聞かれたので
「割れにくいシャボン玉あるよ」って、部屋の中でシャボン玉を飛ばそうとしたら
ネネちゃんに「部屋の中でやっちゃ駄目だよ~、さっちゃんに怒られるよ!」って
注意されました。
小学1年生に叱られる、えぇ歳こいたジジイでした。

aosahagi20170318a
aosahagi20170318d
aosahagi20170318c
アオサハギの睡眠中の姿  学名 Brachaluteres ulvarum
 フグ目 / カワハギ科 / アオサカワハギ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ約30mm
英名 Puffer filefish
生息域 神奈川県以南 ~ 長崎県までの太平洋岸、日本固有種。

岩礁域やアマモ場などに生息しており、海藻やウミトサカ類などの近くで浮遊し、夜は
それらをくわえて流されない様に休息しております。
単独で生活し体側面部に細い縦線が複数有るのが特長で、近似種の アミメハギに比べると
体型は丸みを帯びており、 アミメハギの幼魚は体側面部に複数の白斑がある事などで
区別が可能です。

aosahagiB20170318a
撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約40mm

こちらは同じナイト中に見つけた別個体、深く睡眠して流されてしまわない様に皆さん
必死に咥えていました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 04/15

コクテンハギ

地震を嫌がると言われるオオグチザメ、昨今ではメガマウスザメと呼ばれるサメが三重県
尾鷲市の沖合の定置網にかかり、地元の魚店が競り落とし県外に出荷されたそうですが、
どういう風に食べられるんでしょうね。
しかしそれよりもこのメガマウスザメ、記録としては今まで国内では14回しか捕れてない
そうですが、捕れた1~2ヶ月以内に大きな地震が発生しているらしく、昨日の熊本地震は
関係ないとしても不気味な話ですね。

kokutenhagi20160128f
kokutenhagi20160128dkokutenhagi20160128b
kokutenhagi20160128a
コクテンハギ  学名 Pseudomonacanthus macrurus
 フグ目 / カワハギ科 / コクテンハギ属

撮影 2016年2月:インドネシア・バリ島 シークレツトベイ 水深-6m 大きさ200mmぐらい
英名 Strap-weed filefish
生息域 琉球列島、フィリピン、シンガポール、インドネシア、パプアニューギニアなど。

内湾性の沿岸にて岩礁域や汽水域の藻場などに生息していて、遊泳する性質では無く
通常は単独で岩や海草、人工物などに身を寄せております。
体形は強く側偏しており、背鰭の第1棘は眼の中央部よりも後方に位置し、鰓孔裂は
眼の前下方まで達っしていて、腰骨の鞘状鱗は小さて動かす事はできません。
体地色は灰白色から白色にて、全身に渡って暗褐色や赤褐色体の小斑紋が散在して
おり、部分的にそれらの斑紋が不規則な太い帯状に密集し、尾鰭に横帯が入ります。
また体表面には髭の様な小さな皮弁が沢山入ります。
国内では2008年に日本初記録種として報告されたばかりの種です。

    • 2016
    • 03/20

カワハギ その2

今朝も出勤前に昨日の雨上がり後のお墓掃除へと行ってみると、墓地公園手前の道路が
渋滞しております。
今日はお彼岸の中日だったんですね、おかげで危うく遅刻しそうになりました。

いつもの朝だと2~3人ぐらいしか来ていないので、自分の車を駐車する場所は常に同じ
位置、墓地公園に設備されている手桶とひしゃくは、いつも同じ物を使っております。
公共物ながら勝手にマイ駐車場にマイ手桶、マイひしゃくと決めている訳ですが、お盆や
年末年始、お彼岸の時などは、他人に使われてしまっている事が多くて困ります。

まぁ公共物なので、誰が使おうが自由なのは当たり前なんですが。
使った後に置いておく位置ぐらいは、変えないで欲しいな。

kawahagiYg20150803g
kawahagiYg20150803f
kawahagiYg20150803h
カワハギの幼魚  学名 Stephanolepis cirrhifer
 フグ目 / カワハギ科 / カワハギ属

撮影 2015年8月:高知県大月町柏島 竜の浜 水深-8m 大きさ15mmぐらい
英名 Thread-sail filefish
生息域 北海道以南 ~ 東シナ海など。

水深が100mぐらい迄の岩礁域沿岸の砂底や砂泥底、貝殻底などに生息しており、幼魚の頃は
流れ藻や浮遊物についております。
体型は強く即偏していて菱形、体の厚みは無く、背鰭棘は眼後端の上方に有るなどが特徴。
体色には若干の変異がありますが、灰褐色から淡褐色のものが多く、体側面に途切れがちな
暗色の縦帯が入ります。
雄の成魚では背鰭の前部軟条が糸状に伸長しますか、雌では伸び無いことで、雌雄の判別が
可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 01/21

ヨソギ その2

廃棄食材のスーパーなどへの流通問題が騒がれおります。
こんな事を言うのは間違いかも知れませんが、既に多くの方が食べられている可能性が
高いにも関わらず体調不良などのNEWSが無いのは、ひょっとして食べても問題が無いのに
賞味期限や衛生問題などに敏感になりすぎて、まだ食べられるのに無駄に廃棄してる事が
本来の問題で無いのかなと考えたりします。

アジアの国々に出かけて生水を飲んだり生ものを食べると腹を壊すとか、現地の人々が
食べても問題無いのに日本人が食べると問題ががある事自体が本来の問題では無いかとも
思います。
そう言う自分も海外に出かけては直ぐに腹を壊す弱者ではありますが。

yosogiYg20151129a
ヨソギ  学名 Paramonacanthus japonicus
 フグ目 / カワハギ科 / ヨソギ属

撮影 2015年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深 -15m 大きさ50mmぐらい 
生息域 相模湾以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

水深が100m以浅の沿岸の岩礁域や、湾内の砂地などに生息しております。
体色は淡褐色に濃茶色の2本の縦縞が走りますが、模様の個体差が大きく同色の不規則な
まだら模様が出る事もあります。
背鰭と腹鰭の棘は太く伸長し、雌は吻の背縁がへこみ、反対に雄は背縁が飛び出しており、
尾鰭は糸状に数本伸長する事で、識別ができます。

体高は近似種の カワハギ と比べると低くて体型は長細く、成長すると全長は150mmほどに
成ります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 10/28

アオサハギ その4

昨日はここ数日前から急に寒くなり毎朝、気持ちよい布団の中から出られない事を
書きましたが、今夜お風呂に入っててふと気がつくと湯船からの湯気でお風呂場が
曇っておりました。
もう少し寒くなるとお風呂場の暖房を入れますので、風呂場内の室温が上がるのと
換気されるので湯気で曇る事は無くなります。
季節の変わり目の今だけの現象を感じながらも、今年も寒くなっていくんだなと
四季がある日本に生まれて良かったと思います。

aosahagi20151025caosahagi20151025d
aosahagi20151025e
アオサハギ  学名 Brachaluteres ulvarum
 フグ目 / カワハギ科 / アオサカワハギ属

撮影 2015年10月:和歌山県紀伊大島須江 ナギザキ 水深-10m 大きさ25mmぐらい
英名 Puffer filefish
生息域 神奈川県以南 ~ 長崎県までの太平洋岸、日本固有種。

岩礁域やアマモ場などに生息しており、海藻やウミトサカ類などの近くで浮遊し、夜は
それらをくわえて流されない様に休息しております。
単独で生活し体側面部に細い縦線が複数有るのが特長で、近似種の アミメハギに比べると
体型は丸みを帯びており、 アミメハギの幼魚は体側面部に複数の白斑がある事などで
区別が可能です。

aosahagi20130302daosahagi20130302ab
撮影 2012年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-3m 大きさ25mmぐらい

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 08/16

ノコギリハギ

さて明日で世間様のお盆休み連休も終了ですね。
この1週間ちょっと普段なら約1時間の車通勤が40分の通勤時間と、実に20分も短縮されるほど
名古屋市内の通勤時間帯の道路はガラガラに空いていて、毎日快適な通勤でしたが明後日から
またまた混みこみに戻るかと思うと、皆さん長期休暇をもっと延長して楽しんでいてくださいって
気持ちになります。



ノコギリハギの幼魚  学名 Paraluteres prionurus
 フグ目 / カワハギ科 / ノコギリハギ属

撮影 2014年8月:高知県柏島 水深-7m 大きさ30mmぐらい
英名 Blacksaddle leatherjacket
生息域 伊豆諸島、和歌山県以南 ~ 琉球列島、西部太平洋域、インド洋域など。

水深が20mm位までの珊瑚礁域にて、単独もしくはペアで生息しております。
体形は楕円形にて強く側偏しており、吻が突出していて吻端に小さな口があり、腰骨の鞘状鱗は
無く背鰭の第1棘は皮質膜で繋がっていて十分に起立させられません。
体地色は白色~淡白色にて体側面に黒色の横帯状の鞍状斑紋が入り、尾鰭は黄色にて後縁は
丸い形状をしております。
また雄の尾柄部には前方に向いた2対の棘があります。


婚姻色のノコギリハギ
 撮影 2014年8月:高知県柏島 水深-5m 大きさ40mmぐらい

本種は シマキンチャクフグ に非常に似ており、シマキンチャクフグ がテトロドトキシン(ふぐ毒)を
持っている為、擬態していると考えられております。

と、言う事で。


シマキンチャクフグ 学名 Canthigaster valentini
撮影 2009年3月:沖縄 真栄田岬 水深-7m 大き約40mm 

両者の違いは写真上の赤丸で囲んだ部分、眼から吻端にかけての模様の違いで識別が可能です。
横帯だったら シマキンチャクフグ にて、そうで無ければ本種と見分けるのが簡単かと思いますよ。

    • 2014
    • 05/22

タテジマカワハギ

今朝の朝刊を読んで意外に思いましたが、今や航空チケットや各入場券などで当たり前の
ように使っているQRコードですが、日本のデンソーさんが商品の流通改善の為に開発し
その後、開発者も想像していなかった携帯電話のカメラ機能で撮して利用すると言う方法で
普及が広がりましたが、海外に広がったのは2010年頃かららしく、ようやくヨーロッパで
最近普及し始めたそうで、知りませんでしたが当時来日した外国人の多くが技術大国日本の
凄さに驚いていたそうです。

これだけ便利なアイテムが日本だけで普及していたとは、当時の携帯電話が日本国内だけで
充実していたガラパゴス携帯ならではの素晴らしさの現れかと。
マスメディアはガラパゴスと中傷誹謗しておりましたが、日本の技術が世界基準より遙かに
進んでいたと言う事実のひとつでしょうね。


ヒゲハギ  学名 Pervagor nigrolineatus
 フグ目 / カワハギ科 / ニシキカワハギ属

撮影 2014年月:沖縄本島 波の上ビーチ 水深-5m 大きさ30mmぐらい 
英名 Black-Lined Filefish
生息域 奄美大島以南 ~ 西部太平洋域、オーストラリア北西岸など

比較的に浅い水深の珊瑚礁域に生息しております。
体地色は灰色から濃緑色にて、体側面の眼の後方あたりから尾鰭にかけて細い縦線が
多数入っており、吻端から第一背鰭基部までの頭頂部と、眼の下あたりから体側面の
中心部あたりまで、それぞれ白色の縦線が入る事などが特徴です
また鰓孔の周辺に暗色斑紋が無い事で、日本産の他のニシキカワハギ属の生物と区別が
可能です。

かじきあん > ブログ トップ > フグ目 > カワハギ科

Feed

Page top