かじきあん > ブログ トップ > シャコ目

Category / シャコ目

    • 2017
    • 02/03

ゴールデン・マンティスシュリンプ

先日診断して貰った胃カメラによる検査結果が出ました。
健康診断で引っかかった胃の中の窪みや突起には何も問題はありませんでしたが、
ピロリ菌が見つかり、治療をする事になりました。
治療方法は1週間に渡って毎朝と夜に薬を服用し、投薬終了後4週間以降に呼気による
検査でピロリ菌が消滅したかを確かめる方法です。

投薬の副作用として嘔吐や下痢を生じる事があるらしく、治療方法の説明をされた時に
「この日曜日から旅行に行くんですけど」と質問してしまいましたが、投薬のスタートは
個人任せとの事にて、よくよく考えればピロリ菌なる物がいつから住み着いていたかも
判りませんし、今日明日を要する様な病気ではありませんから確かにと思いました。
なので投薬スタートは旅行から帰ってきてから始めます。

GoldenMantis20160909b
ゴールデン・マンティスシュリンプ 学名 Lysiosquilloides mapia
口脚目 / トラフシャコ科 / Lysiosquilloides属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-9m 大きさ不明
英名 Golden Mantis Shrimp
生息域 八重山諸島 ~ 西部、南太平洋域など

比較的に浅い水深の珊瑚礁域の礁原や礁池などにて、礁砂底や礫砂底に巣穴を作り
巣穴から頭部だけを出して生息しており、全身をあらわにする事はほぼ有りません。
体型は細長くて全身に渡って鮮やかな橙色をしており、他のシャコ類との識別が容易に
出来ます。

国内では通称「バルタンシャコ」と呼ばれているトラフシャコの仲間ですが、正式な
和名は付けられておりません。
希に南の島で潜って居ると見かけるシャコですが、いつも眼がどこにあるのか判らなくて
ピントをどこに合わせていいのか悩む生物です。

    • 2015
    • 11/11

モンハナシャコ その3

本日の夕刊の一面は全面に渡って、MRJの初飛行成功の記事でした。
まぁ地元名古屋の報道だしねと思っていたら、TVやWeb等の様々なメディアで
報道されており、やはり日本にとって嬉しいNEWSだったんですね。

しかし第二次世界大戦までは数々の高性能の飛行機を生産していた日本なのに
今までジェット旅客機を生産して無かったこと自体が自分は不思議に思います。

monhanasyakoYg20151013h
monhanasyakoYg20151013d
monhanasyakoYg20151013g
モンハナシャコの子供   学名 Odontodactylus scyllarus
 シャコ目 / ハナシャコ科 / ハナシャコ属

撮影 2015年10月:高知県柏島 水深 -12m 大きさ 胴長30mmぐらい
英名 Smashing Mantis Shrimp
生息域 相模湾以南 ~ 琉球列島、西部太平洋域、インド洋域など

珊瑚礁域の比較的に浅い水深に生息しており、ハナシャコ科の生物では、最も
体色が鮮やかで美しいシャコです。

左右の眼をクルクルと器用に別々に動かして、餌を探したり、索敵をしており、
鎌形の強大な捕脚を使って、貝類の殻やカニの甲羅を割ったりして補食します。
また、この捕脚を使って敵に対して攻撃する事もあり、その力は人間がうっかり
指を出したりすると、爪を割られる程の強さです。

monhanasyakoYg20151013e

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 10/05

モンハナシャコ その2

新潟県の20代の女性教諭が道路で拾った現金3,000円を警察に届けずに、なんと
自分のSNSサイトに「3,000円拾いました。大切に使います」と書き込み、新潟県の
教育委員会から戒告処分を受けたらしい。

例え10円でも拾ったら警察に届けるのは小学生でも知ってる事だと思ってましたが、
最近の教諭は知らないみたいですね。
こんな教諭に教えてもらう現代の生徒さん達は、本当に可愛そうだと思います。




モンハナシャコ   学名 Odontodactylus scyllarus
 シャコ目 / ハナシャコ科 / ハナシャコ属

撮影 2014年8月:高知県柏島 水深 -12m 大きさ 胴長100mmぐらい
英名 Smashing Mantis Shrimp
生息域 相模湾以南 ~ 琉球列島、西部太平洋域、インド洋域など

珊瑚礁域の比較的に浅い水深に生息しており、ハナシャコ科の生物では、最も
体色が鮮やかで美しいシャコです。

左右の眼をクルクルと器用に別々に動かして、餌を探したり、索敵をしており、
鎌形の強大な捕脚を使って、貝類の殻やカニの甲羅を割ったりして補食します。
また、この捕脚を使って敵に対して攻撃する事もあり、その力は人間がうっかり
指を出したりすると、爪を割られる程の強さです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > シャコ目

Feed

Page top