かじきあん > ブログ トップ > ナマズ目 > ギギ科

Category / ギギ科

    • 2012
    • 07/31

ギギ

さて本日、報告させていただく生物は、透視度が50Cm位の中、しかもデジ一眼が
大きすぎて入らない岩穴に生息している環境での撮影でしたので、全てコンデジで
撮した写真です。
タイムラグのあるコンデジで真横写真を撮るスキルが自分には無く、なんとか本種の
特徴の尾鰭などポイントだけは押さえましたが、へたくそな写真ばかりですみません。


ギギ  学名 Psudobagrus nudiceps
 ナマズ目 / ギギ科 / ギバチ属

撮影 2012年7月:岐阜県美濃市 長良川中流域 水深-7m 大きさ300mmぐらい
生息域 本州中部以西、九州の北東部、四国吉野川水系など。
    ( 新潟県筑後川に生息する個体は移殖されたものです。)

河川が注ぎ込む湖や河川の流れが穏やかな所などにて、日中は岩穴の奧や岩壁の隙間の
奧などにいて、夜になると外に出て活動します。
口ひげが8本にて脂鰭があり、尾鰭の後縁が深く二叉すること等が特徴にて、関東地方の
ギバチ や、九州地方の アリアケギバチ は、共に尾鰭の縁がほとんど切れ込まない事で
本種との識別が可能です。

釣り上げられたり水上に上げられたりすると、胸鰭の棘とそれらを支える骨の構造から
ギーギーと音を出すことが、和名の由来になっております。

かじきあん > ブログ トップ > ナマズ目 > ギギ科

Feed

Page top