かじきあん > ブログ トップ > カサゴ亜目 > メバル科

Category / メバル科

    • 2014
    • 03/27

トゴットメバル

自分の仕事がら毎年年度末の3月は地下鉄での移動が多くなります。
大抵、約束の15分前には着く様にスケジューリングしていますので、地下鉄の改札口から
ホームに降りて電車が来ていても飛び込み乗車をする事はまずありませんが、見ていると
飛び込み乗車をする人の多いこと、多いこと。

自分が高校生の頃まで生活していた三重県南部地方では、1本乗り遅れると次は2時間ぐらい
待たないとダメでしたが、地下鉄は 3、4分も待てば次の電車が来ますから、そんなに慌てる
事も無いと思うんですが予定ギリギリの方が多いんですかね。


撮影 2013年11月:三重県南伊勢町相賀 水深-16m 大きさ200mmぐらい


撮影 2014年3月:三重県南伊勢町相賀 水深-10m 大きさ200mmぐらい
トゴットメバル  学名 Sebastes joyneri
 スズキ目 / カサゴ亜目 / メバル科 / メバル属
生息域 岩手県以南の太平洋岸、新潟県以南の日本海などの温帯域、朝鮮半島南部など

岩礁域沿岸に小数匹の群れを成して生息しております。
体地色は赤褐色から灰褐色にて、体側麺の上方、第1背鰭先端の基部あたりから尾柄部に
かけて6個の丸みを帯びた黒褐色の斑紋が並びます。

伊豆地方を多く潜る方には何の変哲も無い普通種かも知れませんが、南紀ダイバーには
レアもの生物。
ここ数年、伊豆で潜ったことの無い自分は見た瞬間、思わず撮してしまいました。

かじきあん > ブログ トップ > カサゴ亜目 > メバル科

Feed

Page top