かじきあん > ブログ トップ > カサゴ亜目

Category / カサゴ亜目

    • 2017
    • 08/02

キリンミノ その4

先日の柏島の後浜ナイト2日目での出来事。
潜水後10分くらいして変わったタコを撮影しようと左手を水底に付けようと
したら、ジャキッとした鋭い痛みを感じて見てみると、本種の背鰭の棘に
当たった様でした。
一般的に毒が強く危険生物なんですが、自分は過去にも本種の棘が刺さった
事があり、その時は最初エライこっちゃと直ちに潜水を中止して陸に上がり
熱湯に付けてたら、5分も経たない内に痛みが取れ大事に至らなかった事が
あります。

今回も最初はジンジンしてましたが酷くなったらエギジットしようと考え、
潜水を続けていたらやはり10分ぐらいで痛みは無くなりました。
自分にしてみれば「ヒメヤマノカミ属、恐るるに足らず」です!
でも決して、自ら刺さりには勿論行きませんよ。

kirinmino20170713e
kirinmino20170713c
キリンミノ  学名 Dendrochirus zebra
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / ヒメヤマノカミ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-10m 大きさ約80mm
英名 Zebra Lionfish
生息域 南日本 ~ 南太平洋、アフリカ東岸、紅海など。

岩礁域や珊瑚礁域にて、比較的に浅い水深に生息しております。
日中は岩陰や岩礁の下あたりでオーバーハングしていたり、岩陰に隠れる様に
している姿をよく見かけます。
成魚は胸鰭上部の鰭膜に切れ込みが無く扇状なこと、眼の上の皮弁が長い事、
尾柄部にTの文字型の模様があること等が特徴。
但し幼魚の頃は胸鰭の棘が鰭膜より新調しており、他の種と混同しがちです。
また他のヒメヤマノカミ属と同様に、各鰭の棘には毒腺があり刺されると
非常に痛みますので注意が必用です。

kirinmino20170713a

コヤツが今回、自分の手に背鰭の棘を刺した輩です。
「知らんがね、おみゃーさんが勝手に触ってきたからだがや」と言ってる様な
感じでした。
でも高知県に生息されてる個体ですから、こんな風に名古屋弁では無かったかも
知れません。

近似種の シマヒメヤマノカミ は、胸鰭が太い横縞模様で第2背鰭、尾鰭と臀鰭が
短い横線の組み合わせ模様である事などで識別が、また ネッタイミノカサゴ
胸鰭の鰭条が糸状に長く伸びていて、鰭膜が鰭条の先端まで達しない事や尾柄部の
模様がTの字で無く、横縞模様である事などで、それぞれ識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 04/23

ダルマオコゼ その5

2日連続して同じ様な話しになりますが、ここしばらくは晴天が続くと言う事で昨夜、
車を洗車しましたが今朝見ると薄く曇りがかっており、ひょっとしてと指でなでて
みると、やはり黄色い粉が付いてます。
と言う事で今日は仕事を早めに切り上げお墓掃除に行ってみると、やはり拭き掃除を
したタオルに黄色い物が付いており、更にこの季節ならではのタカラダニがチラホラ。
今年も春から初夏にかけての自然現象が感じられ、嬉しい事です。

darumaokoze20170411p
darumaokoze20170411edarumaokoze20170411j
darumaokoze20170411k
ダルマオコゼ  学名 Erosa erosa
 スズキ目 / カサゴ亜目 / オニオコゼ科 / ダルマオコゼ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約80mm
英名 Pitted stonefish 
生息域 本州中部以南の南日本、東部インド洋、北東部オーストラリアなど。

沿岸の岩礁域や礫石底に単独で生息していて、底性の甲殻類や魚類を捕食しております。
全身の体形は太くて短く頭部は大きくて丸くなっており、体色は茶褐色やベージュの
タイプが多いが、赤色、黄色など変異にとんでおります。

背鰭、尻鰭、腹鰭の棘には猛毒があり、万が一刺されたりすると激しい呼吸困難から
発汗し昏睡状態となり、2~3時間で死亡する事もあるそうですが、本種の毒は
熱に弱い熱分解性なので、直ぐに60度以上の熱湯に浸す事で症状を軽くできるそうです。
また和名の由来は大きくて丸い頭から「(達磨(ダルマ)」と付けられたそうです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 03/08

トゲカナガシラ その2

自分は地下鉄通勤時に Apple Watch に事前にモバイルSuicaをチャージして使って
おりますが、先日改札前に残高が70円しか残ってない事に気が付いたので、その場で
iPhoneからチャージしようとアプリを立ち上げましたが、Touch ID の指紋認証が
認証されず、更にパスワード入力もパスワード違いとかで弾かれてしまいました。

両方とも弾かれるのは変だなと思いつつも、表示されたパスワードが認証できない時の
連絡先に電話しても延々と話中が続いていて全く繋がりません。
ならばとパスワードの再設定を繰り返してみると再登録したパスワードがことごとく
弾かれてしまい、結局、現金で切符を買って、その後に モバイルSuica のHPの
問い合わせ欄や、良くある質問の所を見ても原因がわからず、Google先生に尋ねて
やっと判明しました。

まずモバイルSuicaでは Touch ID の記憶日時期間が異常に短かい事、更にパスワード
認証に複数回失敗すると24時間ロックされてしまうらしいです。

そんな大事な事こそ、良くある質問の所に書いておくべきと思いますよね。

togekanagashiraYg20170218i
togekanagashiraYg20170218gtogekanagashiraYg20170218k
togekanagashiraYg20170218f
トゲカナガシラの幼魚   学名 Lepidotrigla japonica
 スズキ目 / カサゴ亜目 / ホウボウ科 / カナガシラ属

撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 白野ビーチ 水深-5m 大きさ約10mm
英名 Longwing searobin
生息域 隠岐諸島、兵庫県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、千葉県〜九州南岸の
    太平洋沿岸、瀬戸内海、朝鮮半島南岸、南シナ海、台湾など。

水深が30m~130mぐらいの泥砂底や砂底に生息していて、胸鰭の下部3軟条が遊離し、
指状の動きをして平時は歩く様に移動しますが、危険を感じると大きな胸鰭を使って
素早く移動します。

第2背鰭は14〜18軟条にて基底部に小棘のある骨質板があり、吻棘は顕著にて基底部は
前に突出し吻背面はくぼむかまっすぐな形状をしております。
胸鰭は後端が第2背鰭中央下を超えるほど大きく、青色で縁取られ内側の半分は大きな
黒色班紋がありその外側は黄緑色の地に青色の流状紋が入ります。
また体地色は赤色にて、大きな白色帯が不規則に入ります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 02/19

ヤセオコゼ その2

昨年のクリスマスイブにネックシールや股の部分のシールの各劣化や、ピンホール等から
浸水してしまって修理に出していたドライスーツが、先週金曜日にようやく修理から戻って
きて、運良く土曜日は年に数回しか無い紀伊大島須江の内浦ビーチが24時まで潜れる日で
あり、この土曜日は今年国内初潜りを楽しんで参りました。
本日はそんなナイトダイビングの2本目に、約4年振りに再会できた生物の報告です。

yaseokoze20170218c
yaseokoze20170218jyaseokoze20170218k
ヤセオコゼ  学名 Minous pusillus
 スズキ目 / カサゴ亜目 / オニオコゼ科 / ヒメオコゼ属

撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-23m 大きさ約40mm
生息域 駿河湾以南の太平洋岸、新潟県以南の日本海岸
                      ~ 東、南シナ海、フィリピンなど。

浅い水深から110mぐらいの砂泥底や泥底に生息しており、日中は砂泥底や泥底の中に
隠れておりますが、夜になると出てきてゆっくりとした速度で這う様に行動します。
胸鰭軟条数が9-11、涙骨の2番目の棘が短く下方を向く事、背鰭軟条には黒色斑が無く、
尾鰭に小黒色斑がある事などで同属の多種と識別が可能です。
生息数は少なく、成長すると70mmぐらいまで育ちます。
また鰭棘や頭部の棘は有毒であり刺されると痛みます。

yaseokoze20170218f

ヤセオコゼ の体表には サカナウミヒドラ と言うクラゲの仲間が付いていて、沢山つくと
ミノをまとった様な擬態となり、外敵から身を守ります。
しかしポリプの頃に ヤセオコゼ の体表に付いた サカナウミヒドラ はやがて成長すると
小さなクラゲの姿となり、ヤセオコゼ から離れて海の中を浮遊し、ヤセオコゼ はミノが
無くなった様なヤセた姿になってしまいます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 12/09

ツマジロオコゼ その4

先月、柏島で Pokémon GO のジム攻略に目覚めた自分は、それ以来、仕事帰りにジムを
数ヶ所ほど攻略してポケコインの入手をしておりますが、当初は攻略する要領が判らず
奧さんに聞いてました。
しかしPCやスマホ、タブレットなどIT関連に関するあらゆる質問を、今まで奧さんから
されてばかりでしたのに、ましてや今までゲームなど何もしてこなかった人間から教えて
もらうとは。
恐るべし Pokémon GO です。

tumajirookoze20161022a
tumajirookoze20161022dtumajirookoze20161022c
ツマジロオコゼ   学名 Ablabys taenianotus
 スズキ目 / カサゴ亜目 / ハオコゼ科 / ツマジロオコゼ属

撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-6m 大きさ約120mm
英名 Cockatoo waspfish
生息域 伊豆諸島、伊豆半島以南 ~ 琉球列島、西部太平洋域、インド洋域など。

珊瑚礁や岩礁域にて、比較的に浅い水深の礫砂底やガレ場に単独で生息しております。
縄張り意識が強く、一度見かけるとしばらくは同じ場所で観察できます。
体形は著しく側扁しており、ハオコゼ科の他の多くの種と比較すると細長形、背鰭が眼の
前縁直上から斜め後方に伸びており、第1棘は短くて第2~第5棘が伸長し、第4棘、第5棘と
短くなっていき、第8棘以降の棘はほぼ同じ長さをしております。

体色は黄褐色から茶褐色にて、和名の由来のツマジロ(端が白色)との様に、頭部の眼の
前から背鰭にかけ縁が白色の帯で縁取られる個体もあります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 11/26

セミホウボウ その6

今日の仕事帰りでの出来事ですが、土曜日とあってか比較的に好いている地下鉄の
とある駅で停車中に、降りる駅だと気づかなかったのか慌てて小走りで降りる方が
ドアの側に立ってスマホを操作して居た方にぶつかり、そのスマホが電車とホームの
隙間から落ちてしまいました。

呆然と立ちすくむ 2人。
しかし電車は普通に出発して行きましたので、そのまま電車に乗っていた自分はどう
なったのか判りませんが、無事に壊れずに回収できてる事を祈ってます。
人生、慌てちゃいけませんね。

semihoubouyg20161105b
semihoubouyg20161015b
semihoubouyg20161015fsemihoubouyg20161015a
semihoubouyg20161105a
セミホウボウ 学名 Dactyloptena orientalis
 カサゴ目 / セミホウボウ科 / セミホウボウ属

撮影 2016年10月/11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-16m  大きさ約45mm
英名 Helmut gurnard
生息域 東京湾以南の南日本 ~ ハワイ諸島、西部太平洋、インド洋、紅海など

大陸棚の砂底や砂泥底に生息しており、危険や驚異を感じとると胸鰭を大きく広げて
相手に体を大きく見せ威嚇行動に出ます。
また移動する時も、この大きく広げた胸鰭を使い海底を滑空します。

頭部は骨板で被われていて、背鰭第1棘は分離し著しく伸長し、背鰭数は4基、臀鰭は
7軟条にて判りづらいですが黒色斑紋が1個あります。
また胸鰭には左右対称の大きな眼状斑が2個ありますが、それらを含めた模様には
色彩変化が多く見られます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 06/30

シマヒメヤマノカミ その4

昨年の夏から放送され始めた「ドラゴンボール超 (スーパー)」。
18年振りの新シリーズとうたってる割には、映画版の焼き直しかと落胆してましたが、
6月中旬からやっと新作ストーリーが始まり毎週楽しんで見ております。

1984年に週刊少年ジャンプに連載開始されてから、もう30年以上の年月が経過してても
相変わらず小さな子供達から大人まで人気の高い孫悟空は、やはり永遠のヒーローですね。

shimahimeyamanokami20160613e
shimahimeyamanokami20160613a
シマヒメヤマノカミの黄変個体   学名 Dendrochirus brachypterus
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / ヒメヤマノカミ属

撮影 2016年6月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ80mmぐらい
英名 Dwarf Lionfish
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、太平洋域など。

岩礁域の水深5m~15m位の砂泥底や砂底、珊瑚礁域の岩礁付近などに単独で生息して
おります。
頭部の棘や、頭部から尾柄部にかけ背中部に有るひとつひとつが独立している各鰭は
鋸歯状の形状で、胸鰭の横縞は赤褐色や褐色にて黒い点が列を成しており、尾鰭にも
黒い点が列状に並ぶのが特徴です。
鰭の棘には強い毒がありますので、観察する時は注意が必要です。

近似種のヒメヤマノカミは、頭部の棘や、背中部に有る独立している鰭の形状が細長の
三角形にて、胸鰭の横縞や尾鰭に黒い点が無い事などで、本種との識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 05/14

ニライカサゴ その3

今週末はバルセロナ(スペイン)GPウィーク、いよいよ今年のF-1もヨーロッパラウンドが
始まり、先ほど予選が終わりました。
やっとアロンソが・・・

ご存じの方も多いとは思いますが、現在のF-1マシンでは以前の様にエンジンとは呼ばずに
パワーユニット(PU)と呼んでます。
単純に言っちゃうと現在のF-1マシンを走らせる動力は、従来のエンジン(ICE)と(ERS)と
呼ばれるエネルギー回生システムの組み合わせなので、総じてパワーユニット(PU)と呼ぶ
訳ですが、また性能を上げる事も以前のチューンアップの言葉では無くアップグレードと
呼ばれていて、まるでPCソフトの様です。

今回のスペインGPではマクラーレンHONDAは大幅なアップグレートパツケージの導入かと
噂されてましたが、どうやらシャーシだけアップグレートパツケージを導入し PUは前回の
ソチ(ロシア)で走った物の様です。
アロンゾの母国GPなので期待してましたが、2戦目のPUでも充分に戦えれると言う自信が
出てきた様で、明日の決勝も楽しみですね。

niraikasago20160213c
niraikasago20160227bniraikasago20160227d
niraikasago20160213aniraikasago20160227e

ニライカサゴ   学名 Scorpaenopsis diabolus
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / オニカサゴ属

撮影 2016年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦 水深-10m 大きさ約150mm
英名 False scorpionfish
生息域 小笠原諸島、伊豆諸島、和歌山県、高知県以南
               ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋域など。

沿岸域の岩礁帯や珊瑚礁域、その周辺の砂地や瓦礫砂底等の岩陰や珊瑚の間にて
他の生物に気づかれない様に擬態しております。
背鰭基底部の前方で体の背縁が顕著に盛り上がり、胸鰭内側の鰭膜の外縁付近には
眼径よりも大きな長楕円形の黒班があります。
他にも、胸鰭内側の基底部はまだら模様になる事などで、近似種の サツマカサゴ との
識別が可能です。

また本種は遊泳性では無く、岩や砂底などの上を這うようにして移動し、体色は周囲の
環境に合わせて変化します。

美味な魚として広く知られておりますが、刺毒魚にて背鰭の棘に強力な毒を持ちます。
本種は以前は、セムシカサゴ と呼ばれておりましたが差別的名称であった為、2007年に
現在の名称へ改称されました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 04/19

ハチ その6

先日ネネちゃんとサナちゃんが遊びに来てた時の事です。
逆三角形型のアイスをネネちゃんは角だけ食べて、まん丸形にしてました。

「ほらっ橋本じいちゃん、本物のアイスみたいでしょ!」
「えっ?ネネちゃん、それって、もともと本物のアイスじゃん」って、自分が言うと、
「違うよ、さっちゃん家のアイスはちっちゃいから、ぜんぶオモチャのアイスなんだよ」
「でも、食べられるオモチャのアイスなんだよ」

ネネちゃんは、アイスは大きければ本物で、小さいとオモチャのアイスとの識別をしている
様ですが、こう言う発想にはいつも感心させられます。
子供の想像力って、ほんと凄いですね。

hachi20160227d
hachi20160227bhachi20160227c
ハチ   学名 Apistus carinatus
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / ハチ属

撮影 2016年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-16m 大きさ80mmぐらい
英名 Longfin waspfish
生息域 本州中部以南 ~ 西部太平洋域、インド洋域など

水深が100m位までの砂底や砂泥底に棲息しており、昼間は砂底に潜って身を潜めていて
夜になると水底近くの中層を遊泳しながら活発に活動します。
体型は細長く頭部の一部を除いて櫛鱗に覆われており、体色は体側面の上側は薄茶色にて
腹部は白色、大きく広がる胸鰭は黄褐色にて白く縁取られ、下顎には3本の髭が有ります。
また背鰭後縁には白く縁取られた大きな黒斑が有る事などで本種と同定が可能です。
また背鰭の棘には毒腺があり、刺されると非常に痛むそうです。

hachiB20150307b
撮影 2015年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-22m 大きさ80mmぐらい

本種の性質は非常に臆病にて、見つけてカメラを向けると直ぐに逃げていきます。
なのでなかなか真横や正面側からの撮影が難しく、いつも大変。
毎回、こんな風に斜め前から撮りたいものです。

hachiYg20150307h
撮影 2015年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-16m 大きさ35mmぐらい

こちらは少し小さめのサイズ、背鰭の大きな斑紋が真円に近い感じですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 03/17

ネッタイミノカサゴ その2

先日、ねねちゃんが遊びに来てくれた時にねねちゃんと、さなちゃん、お母さん用にと
ホワイトデーのプレゼントを渡しました。
ねねちゃんに「今日は何の日か知ってる?」と尋ねると、まだ年中さんだからなのか
「知らな~い」って返答でした。
更に聞くとバレンタインデーは何となく知ってるみたいでしたが、怪しいかな~Ww

nettaiminokasagoB20150903c
nettaiminokasago20150903b
ネッタイミノカサゴ  学名 Pterois antennata
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / ミノカサゴ属

撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大き40~50mmぐらい
英名 Spotfin Lionfish
生息域 小笠原諸島、伊豆半島以南 ~ 太平洋域、インド洋など。

岩礁域や珊瑚礁域にて沿岸から外海までの広い範囲に生息しております。
胸鰭の鰭条が糸状に長く伸びており、鰭膜は鰭条の先端まで達しない事などで他の
ミノカサゴ属の生物と識別が出来ます。
夜行性で日昼は珊瑚の奥や岩陰、岩穴などに隠れておりますが、夜になると出てきて、
水底近くにとどまります。

本種も他のミノカサゴ属の生物同様に、背鰭の棘に強い毒があり刺されると危険です。
また近似種の キリンミノ は尾柄部の色彩模様がTの字になっていて、本種は普通の
縞模様であることで識別が可能です。

nettaiminokasago20150412a
撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大き50mmぐらい

nettaiminokasago20150116a
撮影 2015年1月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大き40mmぐらい

国内でも観察が出来る種にて、特に南の島で無ければ観察出来ない訳でもありませんが
見る度に撮影してしまいます。
なのに観察報告はやっと2回目と、撮影する割にはって感じですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > カサゴ亜目

Feed

Page top