かじきあん > ブログ トップ > 嚢舌目 > ハダカモウミウシ科

Category / ハダカモウミウシ科

    • 2016
    • 08/14

テントウウミウシ その4

本日、仕事で移動中にふと気づきました。
自分が乗ってる車はハイブリッドカー、ドライブモードにしてアクセルを踏まなければ
ガソリンを消費せずに電池だけのEVモードで、時速10Km程度で走ります。
つまり Pokémon GO の卵を孵化させるのにベストアイデアではないですか。
ただ、そんな風にノロノロ車を走らせても世間の方達に迷惑かけない道路環境があれば
ではありますが。

tentouumiushi20160730e
tentouumiushi20160730gtentouumiushi20160730f
テントウウミウシ  学名 Stiliger aureomarginatus
嚢舌目 / ハダカモウミウシ上科 / ハダカモウミウシ科 / アオモウミウシ属

撮影 2016年7月:三重県尾鷲市三木浦 箱島魚礁  水深-16m 大きさ約5mmぐらい
生息域 千葉県以南の太平洋域 ~ インド洋、大西洋域など。

体地色は黒色や濃青緑色にて、背側は複数の黄色もしくは橙色の突起で覆われている様に
見えますが、実は黄色もしくは橙色の細かな棘が固まって生えて突起の様にみえております。
中心分あたりには、白色の細点が散在する半透明の長い突起があり、触角は青く白色の
細点が散在しております。
また尾部は青色の細点が散在する半透明をしております。

本当は簑の様な部分の黄色い先端は、先端が黄色い細かな棘が固まって黄色の房の姿の
先端部の様に見せており、全身でも5mm程度しかない大きさから、いかに小さな棘かと
想像できるかと思います。

tentouumiushi20160730d
tentouumiushi20160730k

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 03/05

ミドリアマモウミウシ

先日、自分がプレステでドラクエを遊んでいる時に、ネネちゃんが遊びに来てくれました。
初めて見るゲームに4歳児のネネちゃんは興味津々、でも本当はこわがりやさんなので自分が
コントローラーを渡してもなかなか触りません。
「ネネちゃんのお母さんもドラクエ好きなんだよ~」っ言ったら、やっと触り始めましたが
やはり直ぐに「むずかしい~」って言って、他のオモチャに興味は移りました。

「もっとおっきくなったら一緒にプレステで遊ぼうね」って言ったら、「うんっ」って言って
ましたが覚えててくれますかね。

midoriamamoumiushi20150111b
ミドリアマモウミウシ 学名 Placidadendritica
 嚢舌目 / ドーリス亜目 / ハダカモウミウシ科 / ツマグロモウミウシ属

 撮影 2015年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約5mmぐらい
 生息域 宮城県以南 ~ 屋久島、西部太平洋域など

比較的浅い水深の岩礁域にて、モツレミルやハネモ等の緑藻類の上で観察されます。
体地色は半透明の緑色にて眼域と心嚢は白色、体全体に白色の斑点が散在している緑色の
消化腺と突起が複雑に入っていて、同色の背側の突起は細長い紡錘形にて、一見して海草の
様に見えます。
また触角は細長く、縦状に溝が入ります。

midoriamamoumiushi20150111a

実物の大きさはこのくらいにて、ほとんど海草にしか見えません。
成長しても12mm程度の小型種です。

    • 2014
    • 06/11

テントウウミウシ その3

さて今週もウミウシの観察報告を一点、しかしあまりにも小さすぎるサイズなので撮ってる
時はピンが合ってるかどうかは、さっぱり判らずでして。
撮影後にPCに撮影データを落として、大きく引き延ばして合ってるのがあればホッとするのが
現実ですね。
と言う事で、本日もトリミング・バリバリの写真です。



テントウウミウシ  学名 Stiliger aureomarginatus
嚢舌目 / ハダカモウミウシ上科 / ハダカモウミウシ科 / アオモウミウシ属

撮影 2014年6月:尾鷲市三木浦 ナナコのダボ  水深-16m 大きさ約5mmぐらい
生息域 千葉県以南の太平洋域 ~ インド洋、大西洋域など。

体地色は黒色や濃青緑色にて、背側は複数の黄色もしくは橙色の突起で覆われている様に
見えますが、実は黄色もしくは橙色の細かな棘が固まって生えて突起の様にみえております。
中心分あたりには、白色の細点が散在する半透明の長い突起があり、触角は青く白色の
細点が散在しております。
また尾部は青色の細点が散在する半透明をしております。



撮影 2014年5月:尾鷲市三木浦 ナナコのダボ  水深-16m 大きさ約5mmぐらい

いつ見ても本種は非常に小さくて、今回の写真は全てクローズアップレンズを付けての
写真ばかりです。
本当は簑の様な部分の黄色い先端は、先端が黄色い細かな棘が固まって黄色の房の
姿の先端部の様に見せており、全身でも5mm程度しかない大きさから、いかに
小さな棘かと想像できるかと思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > 嚢舌目 > ハダカモウミウシ科

Feed

Page top