かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > タウエガジ科

Category / タウエガジ科

    • 2012
    • 08/06

ダイナンギンポの幼魚

自分が29歳の時に発売された、ファミコンソフトのドラゴン・クェスト。
今までテリーシリーズなどの番外篇も含めて、全ての作品を遊んできましたが、今回の
ドラクエ10は初めて購入しませんでした。

今回はドラクエ初のネットゲームにて、最初にソフトを購入し20日間遊んだら、その後は
更に遊べる期間を購入するシステムにて、遊び始めた日からプレイしてもしなくても一定の
期間が経過したら、更に期間を購入するシステムにて、自分の様に毎日ゲームを出来る環境
では無くて、時間が出来た時にだけ遊ぶタイプにはこのシステムは楽しめません。

実際にプレイした積算時間に応じた課金システムなら良かったのに。
いつもなら発売日以降売り切れ続出なのに、今回は売れ残っている現状を目にしますと
そう思っているドラクエファンは自分以外にも多いんだなと思います。



ダイナンギンポ  学名 Dictyosoma burgeri
 スズキ目 / タウエガジ科 / ダイナンギンポ属

撮影 2012年8月:福井県越前町 学校下 水深- 5m 大きさ50mmぐらい 
生息域 日本の各地、朝鮮半島南部、遼東半島など

各地沿岸の磯や潮溜まり、岩礁域の浅い水深に生息していて、転石の隙間や防波堤の切れ目、
ちぎれた海草や藻、ごみ等で水底にある塊などの下に隠れております。
体型は太くてやや長め、腹鰭は無く、尾鰭と背鰭、臀鰭は繋がっているが境目はややくびれて
おり、体側線が背中から腹側へ走っているという特徴をもっております。
体地色は薄茶褐色や暗緑褐色、白色などで、吻端から背鰭前部の基部あたりまで白色の太い
縦帯が入り、顔部に黒色小斑点が散在します。

近似種の ベニツケギンポ は、鰓蓋の上端部に赤色の斑紋が有る事などで識別ができます。


撮影 2012年8月:福井県越前町 学校下 水深-8m 大きさ250mmぐらい

今回は越前では毎年この時期特有の、水温が高くなり海が荒れた時に色んな海草や海藻類が
ちぎれ、廃棄された網などの漁具やゴミ等と一緒になって海底の潮だまりに貯まっているのを
捲っていて見つけました。
この時期、それらを捲っていると本種を始め、ホウボウ類やカサゴ類、タツノオトシゴなどが
隠れている事が多く、楽しみのひとつです。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > タウエガジ科

Feed

Page top