かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > キツネアマダイ科

Category / キツネアマダイ科

    • 2014
    • 12/30

キツネアマダイ

この日曜は潜り納めに出かけて居て、昨日の月曜は朝はまだ雨が残ってましたから
今朝は雨上がりの朝のお勤めと、いつもの様に出社前に匡平のお墓掃除に寄ってみて
びっくり!!
いつもの朝なら広い駐車場に駐まってる車は自分のも含めてせいぜい 2、3台なのに
今朝は満車でした。
お盆、お彼岸だけで無く、年末のお墓参り効果は絶大ですね。

kituneamadaiYg20141228d
kituneamadaiYg20141228akituneamadaiYg20141228e
kituneamadaiYg20141228g
キツネアマダイの幼魚  学名 Malacanthus latovittatus
 スズキ目 / キツネアマダイ科 / キツネアマダイ属

撮影 2014年12月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-14m 大きさ約40mm 
英名 Blue Blanquillo
生息域 八丈島、相模湾、和歌山県、高知県、琉球列島以南 ~ インド洋、太平洋域など。

珊瑚礁域やその周辺の砂礫底やガレ場などに生息しており、体をくねらせながらホバリング
しておりますが、礁石や砂底に穴を堀って隠れ場を作ります。
上顎後端が眼の前縁に達っせず、主鰓蓋骨棘は長くて突出しており尾鰭後緑は截形等が特徴。
成魚の体地色は青みがかった白色にて体側面に無太い黒色の縦帯が有りますが、幼魚の頃は
上半身が白色、下半身が黒色の色彩にて、一見、ベラ科の ホンソメワケベラ を始めとした
ソメワケベラ属と見間違えたりします。

    • 2013
    • 07/12

イエロースポッテッド タイルフィッシュ

来週の月曜日は海の日の祝日らしいですが、自分の子供の頃は7月20日が海の日だったので
現在の7月の第3月曜日と言う、毎年、日にちが変わる海の日は、ど~もピンときません。
特に今年の7月20日は土曜日なので、どうしてもそっちが海の日だと思ってしまいます。
更にさらに今週末は海に行けないので、余計にそう思ってしまいます。




イエロースポッテッド タイルフィッシュ  学名 Hoplolatilus fourmanoiri
 スズキ目 / キツネアマダイ科 / サンゴアマダイ属

撮影 2013年6月:フィリピン・マクタン島 水深-38m 大きさ約200mm 
英名 Yellowspotted Tilefish 、Yellowhead Tilefishなど
生息域 インド洋、太平洋熱帯域など。

水深が 18m〜55m辺りの内湾性が強くて潮通しの良い砂泥底や、泥質性に近い砂底に
巣穴を作り、単独もしくはペアで巣穴上をホバリングしながら生息しております。
体地色は淡く青紫色がかった白色にて、吻端から頭頂部は薄黄色、眼の後ろから鰓蓋の
上部辺りにかけてと、その後ろと腹部にも各1個、合計3個の四角い黄色の班紋が入る
事や、尾鰭の中心部に大きな黒色班紋が入る事などが特徴です。

ハゼ類と比較して体が大きいので、上の写真の右下に写っている巣穴も大型です。
個人的にはサンゴアマダイ属の生物はサラサラの砂底のイメージですが、本種は明らかに
泥砂底に生息しておりました。
なので巣穴も、くっきり判ります。

泥砂底のせいか自分が巻き上げる土煙とチリ、更に濁らせてしまう為、本日の写真は全て
クリアーさに欠ける写真に成ってしまいました。
まだまだ修行が足りません。

    • 2012
    • 01/31

ヤセアマダイ

2060年に日本人の人口は8674万人まで減少する試算が発表されましたが、2010年時点での
人口は1億2806万人でしたから、50年間で実に4132万人も減少する事になるんですね。
どう見ても日本人はレッドリスト、絶滅危惧種と思えてしまいました。

ヤセアマダイ  学名 Malacanthus brevirostris
 スズキ目 / キツネアマダイ科 / キツネアマダイ属

撮影 2012年1月:大瀬崎 先端 水深-28m 大きさ約150mm 
英名 Stripetail Tilefish
生息域 伊豆半島以南 ~ 琉球列島、インド洋、太平洋熱帯域など。

珊瑚礁域周辺の砂底や砂礫底にて、水底近くを単独もしくはペアにて浮遊しておりますが、
希に温帯域にも現れます。
体型は細長く主鰓蓋骨に大きな棘を持っており、 キツネアマダイ に似ておりますが
吻は細長くありません。
体地色は青灰色にて体側面に目立つ模様は特になく、背鰭や胸鰭、腹鰭は透明色、尾鰭は
中央部が白色で上下に黒色の縦帯が入ります。
全長が250mmぐらいので成長し、キツネアマダイ科では大形種になります。

撮影 2010年9月:柏島 レッドロック 水深-30m 大きさ約250mm 

キツネアマダイ科の多くの種と比較すると体高が低めで、特に幼魚の頃は腹部にふくらみが
無いことから ” ヤセ ” との和名が付いたんでしょうか?
ちょっと調べきれなくて憶測で申し訳ございません。

ただ大瀬崎の個体よりも、柏島の個体の方が太めに見えたのは気のせいでしょうか?

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > キツネアマダイ科

Feed

Page top