かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > ハゼ科

Category / ハゼ科

    • 2017
    • 04/27

サザレハゼ その2

昨年夏に弊社の本社事務所が移転してから、それまでの車通勤から地下鉄通勤に変わり
健康の為にもと毎朝、最寄りの駅まで歩いております。
朝は時間帯的に丁度、ネネちゃん達を始め地元の小学生達の集団登校する集団にあちら
こちらで出会いますので、大人が手本にならないといけないと思い、車が1台も通って
無くても信号をキッチリと守っております。
( ただ自分は決して聖人君子ではありませんので、大きな声では言えませんが夜の帰り
道で子供達の目が無い時は、信号無視して横断歩道を渡ったりしてますが )

しかし今朝はそんな中、若い女性の方が赤信号を無視して渡って行きました。
自分が母親だったらと考えて、子供達の眼の前では謹んで欲しいものですね。

sazarehaze20170413i
sazarehaze20170413c
サザレハゼ  学名 Grallenia arenicola
 スズキ目 / ハゼ科 / サザレハゼ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-24m 大きさ約20mm
生息域 高知県、屋久島、琉球列島、ボルネオ島、フィリピン、インドネシアなど。

岩礁域や珊瑚礁域にて、転石帯や砂底面に生息しております。
吻は細長く尖っており体側面の脊柱上縁に沿って白色と黒色の斑紋が交互に縦走して
おります。
また尾鰭基底部に、八の字模様の黒色斑があるのが特長です。

平凡社の「決定版 日本のハゼ」には ” ハゼ科の1種-11 ” にて掲載されておりますが、
出版後の2007年3月に学名と正式和名が付いた新属新種です。
英名も調べてみましたが判りませんでした。
ただ同属の G.lipi は Filamented pygmy sand-goby と呼ばれている様ですので 
なんちゃら~ピグミーサンドゴビー なんでしょうね、多分。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 04/08

ヒレグロフタスジハゼ その2

今週はF1中国GPウィークにて初日の昨日は仕事を終え帰宅してから、留守録を
しておいたフリー走行を見ましたが、なんと医療用ヘリコプターが着陸地点が
濃霧の為に着陸できないので飛べない、と言う理由で 1回目のセッションは大半が
赤旗中断。
そして2回目のセッションも同じ理由で中止となってしまいガッカリでしたが、
高価な観戦チケットを購入してサーキットに見に行ってた方達は相当残念でした
でしょうね。
前代未聞の事態では有りましたが、本日の予選と明日の決勝は緊急搬送の時は
パトカーの先導体制を整えたそうですが、もっとスピードあるバックアップ体制を
整えない限り、今後の中国GPの開催は危うそうですね。

hiregurofutasujihaze20170210i
hiregurofutasujihaze20170210fhiregurofutasujihaze20170210d
hiregurofutasujihaze20170210c
ヒレグロフタスジハゼ  学名 Callogobius crassus
 スズキ目 / ハゼ科 / オキナワハゼ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-12m 大きさ約20mm
英名 Stout goby
生息域 西表島、フィリピン、インドネシア、PNG、ソシエテ諸島(タヒチ)など

水深が5m~25m位の珊瑚礁域にて、珊瑚片や死珊瑚塊などの下や隙間に隠れる様に
棲息しております。
体地色は白色にて頭部は黄色く染まり、眼の甲方から胸鰭にかけて茶褐色のまだら
模様の帯があり、体側面の第1背鰭及び第2背鰭の基部の下側と尾柄部に茶褐色の太い
横帯が入ります。
また各鰭は黄色にて先端は白色で縁取られており、黒色の小斑点が散在しております。
成長しても35mm位の大きさです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 03/30

チゴベニハゼ その3

昨夜は久々に当観察報告を書いている途中に寝落ちしてしまいました。
おそらく昼間にポケットモンスターのヨーギラスならず、ネネちゃんサナちゃんと
言うヨウジラスに、たっぷりと遊んで貰った疲れからかと思います。
ヨウジラスの疲れ知らずのあのパワー、出来る物なら分けて欲しいものです。

chigobenihaze20170207d
chigobenihaze20170207e
チゴベニハゼ  学名 Asterropteryx bipunctata
 スズキ目 / ハゼ科 / ベニハゼ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-12m 大きさ約30mm
英名 Naude’s rubblegoby
生息域 八丈島、紀伊半島以南 ~ 中、西部太平洋域、オーストラリアなど。

珊瑚礁域の岩棚の棚奥や岩礁の隙間、死珊瑚塊の隙間などに生息しております
体地色は赤色にて体側面の全身に大きめの白色斑モンが縦列に並んでいて、頭部は
薄桃色にて青みがかった白色の不規則な帯が入ります。
第1背鰭の鰭条が長く糸状に伸長する事や体側面の腹部にも白色斑斑が入る事、
また胸鰭基部に黒色斑紋がある事などで、近似種の ベニハゼ との識別が可能です。

chigobenihaze20130615b
撮影 2013年6月:フィリピン・マクタン島 水深-9m 大きさ約20mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 02/28

キンセンハゼ その5

昨日、今日と奥さんが検査入院しておりました。
初日の昨日は検査してみないと当日に帰宅できるか、翌日の帰宅になるのか判らない
との事なので、無報酬送迎担当の自分としては念の為に仕事は休日を頂戴しましたが、
もともと月末は仕事が忙しい職種なので先週の土日は出勤は当前として、今のご時世、
大きな声では言えませんが自宅に持ち込んでまでこなしてました。

結局、昨日は検査が長引いて夕方に宿泊が決定、送迎担当としては遠出は出来ないので
近場でポケモンGOして連絡を待ち、退院の今日は今日で朝から退院時間の連絡待ちで
遠出は出来ず、近場でポケモンGO。
まぁお陰で、パーティー防止かぶったピカチュウがいっぱいゲット出来ました。

kinsenhaze20170207b
キンセンハゼ  学名 Amblygobius hectori
 スズキ目 / ハゼ科 / サラサハゼ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-9m 大きさ約40mm
英名 Yellowstripe goby
生息域 八丈島、奄美大島、琉球列島、インドネシア、紅海、西部太平洋など

珊瑚礁粋の内湾の湾奥などのガレ場、砂磯底などに生息しております。
頭部の形状は尖っていて体地色は濃茶褐色、頭部の吻端から尾鰭基底にかけて3本の
黄色の縦線が走り、棒状に伸長する第1背鰭には色彩豊かな模様が入ります。
また第2背鰭の基底部後部には、大きな黒色斑があります。

kinsenhaze20170207d

本種を今まで撮影した方なら判っていただけると思いますが、本種は第1背鰭を滅多に
開きません。
なので、いつも開く瞬間をじっと待ちます。
そして待ちに待って開いた瞬間に撮影しましたが、腹鰭と尾鰭が・・・・・
なかなか、やっつけられないハゼの仲間です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 01/27

ハタタテサンカクハゼ その4

昨日の事ですが、昨年11月に受診した健康診断の結果から胃カメラによる再検査を朝から
受けて来ました。
鼻から胃カメラを入れる方法でしたので、10年以上前に受けた口から入れられるよりは
ずっと楽でしたが、受信後に受診中に挿入された空気のせいか、強烈におならが出だして
受診結果を医師から聞くまで待っている待合室でこらえながら、何か大きな物音がする度に
少しずつ放出してごまかしてました。
オヤジの自分でこれですから、女性の方はこらえるのに大変でしょうね。

hatatatesankakuhaze20160909p
hatatatesankakuhaze20160909hhatatatesankakuhaze20160909o
hatatatesankakuhaze20160909m
hatatatesankakuhaze20160909c
ハタタテサンカクハゼ  学名 fusigobius inframaculatus
 スズキ目 / ハゼ科 / サンカクハゼ属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約50mm
英名 Whiteflag Sandgoby
生息域 八丈島、紀伊半島、屋久島、奄美諸島以南 ~ 中、西部太平洋域、
                           インド洋、紅海など

珊瑚礁域の礁外縁やドロップオフなどにて、水深が6m~30m位の岩の亀裂や岩陰などに
隣接した砂礫底や砂底に単独で生息しています。

体地色は半透明で、体全体に小さな黄色斑点が散在しており、胸びれ以降の体内に
黒色斑が数個有り、尾柄部にも大きな黒色斑がひとつ有り、第1背鰭の第1棘が糸状に
伸長し、前部は黒色で先端が白色をしております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

20160909

    • 2017
    • 01/21

オトメハゼ その5

2日連続の大相撲ネタになってしまいますが、稀勢の里関、優勝おめでとうございます~♪
白鵬関が敗れ、控え室でのインタビューが終わりがけの時に稀勢の里関の右目から流れた
ひとすじの涙。
見ていて思わず、こちらもウルっとさせられました。
ここまで来れば明日の千秋楽で白鵬関に勝って、横綱に昇進してほしいものです。
明日の大一番、絶対に見逃せられませんね。

otomehaze20160131d
otomehaze20160131aotomehaze20160131b
オトメハゼ  学名 Valenciennea puellaris
 スズキ目 / ハゼ科 / クロイトハゼ属

撮影 2016年1月:インドネシア・バリ島 トランベン 水深 -22m 大きさ約100mm
英名 Orange-dashed goby
生息域 伊豆半島以南、中・西部太平洋域、インド洋、紅海、オーストラリアなど

珊瑚礁域の礁斜面や、礁池や礁湖などの砂泥底や砂礫底等にペア、もしくは単独で生息して
おります。
体地色は灰白色にて頭部から体側面の全身にかけて橙色の円形斑紋が散在しておりますが、
腹部の円形斑紋は成長すると共に橙色の縦帯状に変化していきます。
口から砂底の砂を吸い込み鰓からはき出す事によって、砂の中に生息しているベントス類
(底生微生物)を食べており、水底付近をゆっくりと移動する姿が観察されます。

otomehaze20160131c

実は撮影した時は本種に似てるけど、きっと外人の近似種なんだろうなと思ってました。
そのぐらい過去に自分が見てきた本種と色彩が異なってたからですが、トランベンならではの
特別な色彩なんでしょうね。

otomehaze20150903g
otomehaze20150903i
撮影 2015年9月:フィリピン マクタン島 水深-9m 大きさ約40mm

こちらが撮影場所こそフィリピンではありますが、国内の多くの潜水地でもよく観察されてる
本種の色彩模様です。
ここまで異なると思わず別種かと思いますよね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 01/11

クロイトハゼ その2

今日は次男の匡平の誕生日です。
天国に行ってなければ今日で33歳、ひょっとしたら孫が居たかも知れません。
自分が33歳の時は長男が9歳、匡平は7歳でしたので不思議ではありません。

先日の大般若会の時にお話ししてたご年配の方が「夫婦で死ぬのは早いモン勝ち」と
言ってられました。
なぜなら残された方がお葬式に始まり、各年忌に墓守り、お寺行事とずっとお世話を
しなくちゃ成らないからと。
なるほど確かにと思いました。
おそらく自分の方が奧さんより先に逝くと思いますが、既に自分は匡平の事で色々と
仏事を行ってますから、早いモン勝ちではなさそうです。

kuroitohaze20161224c
kuroitohaze20161224d
kuroitohaze20161224a
クロイトハゼ  学名 Valenciennea helsdingenii
 スズキ目 / ハゼ科 / クロイトハゼ属

撮影 2016年12月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-16m 大きさ約120mm
英名 Blacklined Sleepergoby
生息域 神奈川県以南 ~ インド洋、中、西部太平洋域など。

水深が3m~35mほどの珊瑚礁域や岩礁域近くの砂底に巣穴を作って生息しており、
幼魚の頃は単独で生息しておりますが、成魚では大半がペアを成して生息しております。
クロイトハゼ属に共通する動きにて、口から砂と共に餌をとりこんで鰓から砂だけを捨て、
砂の中に含まれているベントス(底生微生物)を食べております。

体色は白く、頭の先端から尾鰭先端まで繋がる長い黒色の縦帯が2本あり、第1背鰭に
大きな黒色斑が有ることなどで同属多種との識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 12/31

ササハゼ その2

さて今年もとうとう最後の観察報告になりました。
この時期、毎年恒例の今年の目標結果はと言うと、まずダイビング本数は100本と目標の
▲50本、昨年実績の▲62本のふがいない成績でした。
実は先日のドライスーツ水没時に99本と思ってましたが、計算間違いで100本でしたので
6年連続、14回目の年間100本超えは何とか達成できました。
そしてお墓掃除の回数は165回と、こちらは5年連続の150回超えの目標達成ではありますが
昨年に比べると▲9回でした。
ダイビングに行かない分だけお墓掃除に行けるかと思うところですが、雨降りとかの天気
次第でもありますので難しいところです。
さて明日からリセット、皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

sasahaze20161106e
sasahaze20161106bsasahaze20161106a
ササハゼ  学名 Valenciennea wardi
 スズキ目 / ハゼ科 / クロイトハゼ属

撮影 2016年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ約50mm
英名 Widebarred goby
生息域 伊豆大島、相模湾以南 ~ 琉球列島、紅海、東アフリカ ~ オーストラリアなど

内湾域の水深が6m~20mぐらいの砂底や砂泥底にペア、もしくは単独で巣穴を作り生息し
砂ごと餌を捕食して鰓から砂のみ排出します。
体地色は白色に、て頭部眼の下に水色のやや斜め方向の縦帯があり、体側面に3本の黄褐色
から茶褐色の太い帯が入ります。
また第1背鰭に、ほぼ正方形の黒色の大きな斑紋が入ります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 12/22

ミズタマハゼ

本日の生物は撮影した時にあまり良い写真が撮れず、観察報告を書く時は過去に
撮影した写真を使えば良いかと思っていて、さていざ書こうとして過去に撮して
きた写真ストックを捜してみましたが、1枚も有りませんでした。
いつも南紀や柏島で撮していたと思ってましたが生息域では無く、大きな勘違い
だった様です。

と、本日の写真の出来の悪さの言い訳でした。

mizutamahaze20160912a
mizutamahaze20160912bmizutamahaze20160912c
ミズタマハゼ  学名 Valenciennea sexguttata
 スズキ目 / ハゼ科 / ダテハゼ属

撮影 2016年9月:フィリピン マクタン島 水深-6m 大きさ約70mm
英名 Sixspot goby、Sleeper Bluedotgobyなど
生息域 :慶良間諸島、八重山諸島以南 ~ インド洋域、太平洋域など

内湾の湾奥や珊瑚礁域の礁原などにて、水深が1m~8mほどの礫砂底や砂泥底に
生息しており、希に河川の河口等でも観察されます。
第1背鰭は三角形にて先端に小さな黒色の斑紋が入り、体地色は淡白色にて頭部に
薄青色の小さな斑紋が6個入ります。
また腹部に不明瞭なピンク色の縦帯が入る事等で同属多種との識別が可能です。

食性は砂中に潜んでいる生物などを捕食する為、砂底の砂を口に含み捕食後に
鰓から砂を排出します。

    • 2016
    • 12/18

パンダダルマハゼ その5

さて本日の生物は当観察報告では5回目になりますが、前回4回目の報告は8年前と撮影
自体も約8年振りでした。
昨日の センネンダイ は10年振りの撮影と、2日続けて久々の生物の観察報告です。

pandadarumahaze20161122a
pandadarumahaze20161122k
pandadarumahaze20161122i
パンダダルマハゼ  学名 Paragobiodon lacunicolus
 スズキ目 / ハゼ科 / ダルマハゼ属

撮影 2016年11月:高知県大月町柏島 水深-22m 大きさ約15mm
英名 Blackfin coral goby
生息域 小笠原諸島、紀伊半島、柏島、沖縄諸島、八重山諸島、
      インド洋 ~西部太平洋など

水深が3m~30mほどの珊瑚礁域にて、単独もしくはペアでハナヤサイサンゴ属の珊瑚の
枝の隙間に隠れる様に、単独もしくはペアで生息しております。
頭部には細かいひげ状の突起が密生しており、体地色は乳白色にて頭部は薄く赤みがかって
いて、背鰭と胸鰭、臀鰭、尾鰭は黒色に染まり、近似種の カサイダルマハゼ は胸鰭が黒色に
染まっていない事で識別が可能です。

pandadarumahaze20161122e
実際にはペアで生息しておりましたが、水中写真撮影がへたっぴな自分は真面なペア写真が
撮れませんでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > ハゼ科

Feed

Page top