かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > ハゼ科

Category / ハゼ科

    • 2018
    • 01/04

オニハゼ属の1種 その2

いつもF-1GPのライブ放送をTV観戦する時は、公式サイトで閲覧出来る
リーディングボードを同時に見てますが、やはりデータ通信よりも映像
通信の方が遅くて1秒程度の遅延が発生します。
世界の国からのライブ中継などでも感じた方も居ると思いますが、遠く
離れた所からですから仕方ないと思ってましたが、この正月のdocomoの
CFを見て驚きました。

Perfumeの3人が東京とニューヨーク、ロンドンの3ケ所に別れて、同時に
踊りながら歌うCFですが、次世代通信規格の5Gでの映像通信を用いており
遅延がほとんどありません。
現在の4Gでの通信速度はほぼ3.5Gbpsにて通信遅延は約0,01秒と言われて
ますが、5Gでは通信速度は10Gbps程度、通信容量は4Gの1000倍になり、
遅延も0.001秒に成るそうで、0.001秒なら判らない訳ですね。
2020年にサービス開始予定ですが、通信費がどこまで上がるのかちょっと
怖いところです。

onihazeSp20170713a
onihazeSp20170713c
オニハゼ属の1種  学名 Tomiyamichthys Sp
 スズキ目 / ハゼ科 / オニハゼ属
生息域 伊豆大島、伊豆半島、三重県尾鷲市三木浦、高知県、奄美大島、
    沖縄諸島、西表島など。

雌:撮影2017年7月:高知県大月町柏島 水深28m 大きさ約40mm

水深が6m~35mの珊瑚礁域や岩礁域にて、礁斜面や礁砂混じりの砂底や
砂泥底にテッポウエビ類と単独かペアで共生しながら生息しております。
体地色は白色にて体側面に逆三角形状の暗褐色の大きな斑紋が複数入り、
体側面の真ん中あたりには黄色の斑点が不規則な横帯状に入ります。
雄の第1背鰭は三角形にて第2棘と第3棘が糸状に伸長しておりその間の
鰭膜は深く切れ込んでいて、雌の第1背鰭は円形にて各棘は伸長せず上縁
中央付近に黒色斑が入る事などが特徴。

onihazeSp20161105g
雄:撮影2016年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深16m 大きさ約20mm

平凡社の「決定版日本のハゼ」では ホタテツノハゼ属の1種の3 として
掲載されておりますが、発刊後の近年に於いて ホタテツノハゼ属 自体が
オニハゼ属 に改められております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 12/21

アワイロコバンハゼ その3

先日の博多発東京行きのぞみ34号に於ける重大インシデントですが、
小倉駅を発車後に車掌が異常を知り岡山駅からJR西日本の保守担当者が
新大阪まで乗車して確認し、走行支障無しと判断。
規定通り新大阪からはJR東海に乗務員が交代し、名古屋駅でJR東海の
保守担当者が床下点検を実施して台車の異常を発見し運転取りやめに
したそうです。

自分が問題と思ったのはJR西日本の保守担当者3名の内1名が詳細点検を
提案したにも関わらず実施しなかった点です。
インシデントに対する予防は1名でも事象に疑問を感じたら確認すべき
ですが、何故、JR西日本は点検せずに走行支障無しと判断したのか。
JR西日本の判断を疑問視して詳細点検を行ったJR東海、同じJRとは言え
危機管理に対する社員の意識の違いは企業体質の違いかも知れませんね。

awairokobanhaze20171122f
awairokobanhaze20171122c
awairokobanhaze20171122e
アワイロコバンハゼ  学名 Gobiodon prolixus
 スズキ目 / ハゼ科 / ホムラハゼ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島 水深-6m 大きさ約30mm
英名 Elongate Coralgoby
生息域 小笠原諸島、八丈島、和歌山県、高知県、屋久島以南
              ~ 琉球列島、インド洋、太平洋域など

珊瑚礁域の内湾や湾口、礁外縁などにて、テーブル状や枝状の各珊瑚の
珊瑚の枝や隙間の中などに隠れる様にして、単独もしくはペアで生息して
おります。
体高は低め、体色は薄緑色や薄橙色にてアワイロの名前がぴったりと
思われる色彩をしていて、眼から眼下に掛けて通る2本を含み胸鰭までに
合計5本の細くて青白い横線が入り、胸鰭付け根近くから白い点が尾鰭に
かけて並ぶのが特徴です。

近似種の フタイロサンゴハゼ は胸鰭から後ろにも細くて青白い横線が
数本入る事などで識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 12/16

ジュウモンジサラサハゼ その4

今日から Pokémon GO のジム戦に新しい伝説モンスターが現れました。
偶然にも昼休憩中に会社近くに現れましたので戦いに行ってみたところ、
いつもなら新しい伝説モンスターが現れた時は、ネクタイ姿のサラリー
マンやOLさんが100人ぐらいずらずらと集まってくるんですが、さすがに
土曜日とあってかネクタイ姿は自分を含めて3人ぐらいでした。
残念ながら明日も仕事なので、今回の伝説モンスター狩りは来週末に
なりそうです。

jyuumonjisarasahaze20170910c
jyuumonjisarasahaze20170910b
jyuumonjisarasahaze20170910d
ジュウモンジサラサハゼ  学名 Amblygobius decussatus
 スズキ目 / ハゼ科 / サラサハゼ属

撮影 2015年4月:フィリピン マクタン島 水深-10m 大きさ約70mm  
英名 Crosshatch goby
生息域 西表島、インド洋、西部太平洋、
             オーストラリア、ニューカレドニアなど

内湾の湾奧や珊瑚礁域の礁斜面などにて、砂泥底や礫砂泥底などに
巣穴を作成し、単独もしくはペアで生息しており、他のサラサハゼ属と
同様に常時、底面から数Cmほど上でホバリングしております。

体地色は薄緑色がかった白色にて、体側面に吻端から眼を通り尾柄部の
上部付近まで到達する1本と、顎下から尾柄部の中心位置にまで到達する
1本のそれぞれ太い橙色の縦帯が入り、それら縦帯を中心とした格子状の
模様が入ります。
また尾鰭部には中心部に橙色の斑紋がある大きな白色の斑紋が入る事も
本種の特徴です。

jyuumonjisarasahaze20170910a

今回観察した個体は、なかなかよく吠えてくれる良い個体でした。
過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 12/10

ユカタハゼ その3

先週の事ですが、アメリカは北朝鮮に対する威嚇行為として韓国軍との
共同演習に、とうとう F22ラブターを使用しました。
ご存じの方も多いと思いますが、2014年9月シリア爆撃で実戦に初めて
使用されて以来、1度も撃墜された事の無い世界最強のステルス戦闘機。
金正恩の潜伏地まで北朝鮮軍に見つからずに到達して、その位置情報を
後方の戦艦や爆撃機に伝える事が可能です。
そんなラプーターを訓練にしようしたと言う事は、Xデーが近いのかも
知れませんね。

yukatahaze20171003e
yukatahaze20171003a
ユカタハゼ  学名 Hazeus otakii
 スズキ目 / ハゼ科 / ユカタハゼ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                  水深-24m 大きさ約60mm 
生息域 千葉県、相模湾、静岡県、和歌山県、高知県、長崎県、鹿児島県、
    対馬列島など、日本固有種
    
水深が15m~25mぐらいの内湾の軟泥底や、砂泥底に生息しています。
単独で居る事が多く、特徴は第1及び第2背鰭の第1棘が太くて硬く、鰓蓋
上部と胸鰭の基底上部に小さな黒色斑があそれぞれ有ります
また体側面に鰓部後方から尾柄部にかけて5つの黒色斑が縦状に入る事や、
その上下に橙色と水色の小斑点が無数に有る事などが特徴です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/16

カスリハゼ その5

政府が日本人、外国人を問わず日本から外国へ出国する人に対して
一人当たり1,000円の出国税の導入を検討しているそうです。
実施すると年間400億円ほどの税収入になるそうで、常々から自分は
外国によっては出国税を支払っているのに何故日本は無いんだろうと
思ってましたので、1,000円程度なら良いかと思います。

出国税を導入したら外国人の観光客が減るとの反対の意見の方もいる
様ですが、高額を支払って日本へ観光にくる外国人が1,000円の増額で
減少するとは、とても思えませんよね。

kasurihaze20171004c
kasurihaze20171004bkasurihaze20171004g
kasurihaze20171112c
カスリハゼ  学名 Mahidolia mystacina
 スズキ目 / ハゼ科 / カスリハゼ属

撮影 2017年10月/11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
  水深-16m 大きさ約20mm~25mm
英名 Fragfin Shrimpgoby
生息域 千葉県以南 ~ 東アフリカ、インド洋、西部、南太平洋域など

水深が2m~20mぐらいの内湾湾奥の泥底や砂泥底、マングローブ域の
軟泥底などでテッポウエビ類と共生して生息しております。
最大60mm程まで成長し、基本的には巣穴の上でホバリングしており、
他の魚類や人間などが近づき脅威を感じると巣穴に引っ込んでしまいます。

体地色は暗褐色にて体側面に黒褐色の太い帯が斜走線がしており、第1背鰭の
模様が雌雄で異なり、雄は後部に鮮やかな青色と黒色の組み合わさった斑紋が
あり、前部に黒点があります。
また雌では、黄色の縦帯と斜帯が組み合わさっており後部の上部に青色の
小斑紋が入ります。

kasurihazeD20171112e
kasurihazeD20171112dkasurihazeC20171112b

不思議と内浦ビーチでの本種は水深が16m~20m近辺に、今回の報告のような
サイズの小さな個体が生息しており、水深が24m~26m近辺にサイズの大きい
個体が生息しており、大きい個体と小さい個体が同じ水深近くに一緒に生息して
おりません。
これは クサハゼ にも同様の傾向が見られますが、これらの種の特性なのか、
このポイントの環境が影響しているものか、どうなんでしょう。

因みに ダテハゼ オニハゼ は水深が12m~20m近辺にサイズの大きい個体と
小さい個体が混じって生息しております。

kasurihaze20171015b
kasurihaze20171015h
撮影 2017年10月/:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
        水深-18m 大きさ約20mm

10月にはこんな黄色い個体も観察出来ましたが、鰭がちっとも開かずでした。
なので再撮影にと先週末に捜しましたが、物覚えの悪い自分は生息してた場所を
見つける事が出来なくて、撮影する事が出来ませんでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/05

ヤジリハゼ

先日ねねちゃんに催促されてディスプレイし直したワンピースのフィギアですが、
やっぱり思ってたとおり、気づいていませんと言うか忘れ去られてました。
その反対に「iPhone貸してね」と言われて、へっ?って感じで反応していたら
「忘れたの?、つぎ来た時にマリオするからって言ったじゃん」と言われました。
いつもながら想定通りで無い行動が面白いです。

yajirihaze20171014b
yajirihaze20171015a
ヤジリハゼ  学名 Vanderhorstia lanceolata
 スズキ目 / ハゼ科 / ヤツシハゼ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                水深-18m 大きさ約40mm
英名 Spotfine Shrimpgoby
生息域 伊豆半島、和歌山県、愛媛県、高知県、
        奄美大島以南 ~ 琉球列島、インドネシアなど

河川の河口域や内湾の中程から湾奥、水深が2m~35mほどの砂泥底や
砂底にて単独、もしくはペアでテッポゥエビ類と共生しております。
体型は細長くて尾鰭は尖り、体地色は白色にて体側面に茶褐色の斑紋が
散在しており5個の大きな黒色斑が縦列します。
また尾鰭には1本の太い黒色の縦帯が入り、尖った尾鰭が鏃を彷彿させる
事が和名の由来になっております。

yajirihaze20171015c

目の肥えたガイドさんやゲストさんは過去に観察されてかも知れませんが、
自分は内浦ビーチで初観察です。
2日連続して観察出来ましたが、このまま居ついてくれるのか?
自分が勝手に名付けてる”まったりハゼゾーン”での観察ですが、今週末も
確認してこようと思います。

    • 2017
    • 10/28

ミナミダテハゼ

本日観察報告のダテハゼ属は不可思議な行動もあってか、種名が判らずに
撮影してました。
そして種名が判った後にストック写真を探しても無く、よくよく調べたら
観察報告を初めて書く種にて、他にもまだ書いた事のないダテハゼ属の種が
多い事に気づきました。
暫く気にして撮影してきます。

minamidatehaze20170908b
ミナミダテハゼ  学名 Amblyeleotris ogasawarensis
 スズキ目 / ハゼ科 / ダテハゼ属

撮影 2017年9月:フィリピン マクタン島 水深-20m 大きさ約50mm 
英名 Redspotted shrimpgoby
生息域 小笠原諸島、伊豆諸島、伊豆半島、和歌山県、高知県
                    ~ 琉球列島、西部太平洋域など

水深が20m~35mほどの珊瑚礁域の内湾の湾口から中程にかけて、礁斜面の
礫底にテッポウエビ類と単独で共生しております。
体地色は白色にて体側面に赤褐色の太い横帯が5本入り、尾鰭にも横U字型の
帯が入ります。
第1背鰭が半円形にて、第2背鰭の鰭膜の基底部に不規則な形の水色と黄色の
細い縦縞が入り、頭部の眼下に褐色の垂線が1本入る事なので、ダテハゼ属
近似種の ヒメダテハゼ ダテハゼ との識別が可能です。

minamidatehaze20170908a

この個体、面白い行動をしておりました。
普通このてのシュリンプゴビーは巣穴から斜めに飛んだりしますが、この時は
巣穴から離れた岩の上で、身体を水平にしたまま真上にホバリングしてました。
こんな風に着底してると思ったら。

minamidatehaze20170908d
水平のまま真上にホバリングして。

minamidatehaze20170908e
再び水平のまま着底と、この行動を繰り返しておりました。
何か意味がある行動だったんでしょうかね、不可思議な行動でした。

    • 2017
    • 10/21

クサハゼ その7

本日観察報告のハゼは毎年内浦ビーチがオープンして間もない水温が高めの
頃はビュンビュン飛んでますが、水温が23度を切った頃から着底している
姿が多く見られる様になってしまうハゼ。
なので毎年10月はまずこのハゼ撮影が多くなっております。
そんな中、今年は久々に綺麗な個体の撮影が出来ましたのでかなり満足です。

kusahazeYg20171014e
kusahazeYgD20171015b
kusahazeYgA20171015bkusahazeYgB20171015b
kusahazeYgE20171015b
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
               水深-18m 大きさ約30mm~40mm

kusahazeYg20171004a
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                水深-14m 大きさ約20mm
クサハゼ  学名 Vanderhorstea Sp
 スズキ目 / ハゼ科 / ヤツシハゼ属

英名 Majestic shrimpgoby
生息域 小笠原諸島、千葉県以南 ~ インドネシア、フィリピンなど

岩礁域や珊瑚礁域などの内湾の砂底や砂泥底にて、テッポウエビ類と単独
もしくはペアで共生しており、遠目には巣穴の上でホバリングをしてますが
性質的に非常に敏感にて見つけてカメラを構えてた時には、ほぼ着底して
しまいます。

体型は細長にて尾鰭は長くて尖ります。
体地色は青みがかった銀白色にて吻端から第1背鰭の基部まで頭部に蛍光の
水色の縦帯が入り、頬部は水色にて黄色の大小の斑紋が散在します。
体側面には上下を水色の縦帯に挟まれた黄色の縦帯が入りますが、第2背鰭と
臀鰭の基部から後方は水色と黄色途切れがちの縦帯になります。、

kusahaze20171003a
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-26m 大きさ約80mm

この内浦ビーチでは大体14m前後から本種の観察が出来ますが、小さな個体は
わりと浅い水深に多く、大きく成長した個体は22m前後より深めの水深に多く
生息しております。

本種も他の生物と同様に、比較的に小さな個体の方が体側面の青色や各鰭の
青色の縁取りが綺麗で、大きく成長するとこの青色が薄くなってしまう個体が
多くなります。
なので内浦ビーチでは水深が14m~20m辺りの砂地を捜すと、綺麗な個体に
会える確率が高いですよ。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 09/26

ナギナタハゼ その5

本日の生物はとってもレアなハゼなんですが、柏島の松野さんは毎年1回は
必ず見せてくれます。
自分も隣で一緒に捜させていただいてますが、自分には見つけられません。
見つけられないどころか、数年前には隣で捜していたらイイジマフクロウニに
やっつけられました

naginatahaze20170714a
naginatahaze20170714h
naginatahaze20170714enaginatahaze20170714k
naginatahaze20170714m
ナギナタハゼ  学名 Discordipinna filamentosa
 スズキ目 / ハゼ科 / ホムラハゼ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-45m 大きさ約30mm
生息域 高知県、沖縄本島、久米島、マレーシアなど

水深が35m~55mぐらいの珊瑚礁域の礁斜面にて、珊瑚瓦礫などの下に
潜む様にして、単独もしくはペアで生息しております。
第1背鰭の棘は長刀形に大きく伸長しており、第2背鰭と尾鰭と共に褐色の
斑点が複数入ります。
体地色は白色にて頭部の上側は赤褐色の斑点が散在しており、下側は赤色、
境目には唇の付け根辺りから胸鰭基部にかけて白色の太い縦帯が入ります。
体側面には赤褐色の太い横帯が3本入り、尾柄部にも同色の太い横帯が
入ります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 09/11

ホムラハゼ 番外編

今年は既に本種の観察報告を書いているので、今回は番外編です。

21432991_1650545888353519_7407277865992176770_n
21462591_1650546331686808_3228316806941906852_n
21433039_1650546465020128_4623087358787008418_n
ホムラハゼ  学名 Discordipinna griessingeri
 スズキ目 / ハゼ科 / ホムラハゼ属

撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島 水深-16m 大きさ約25mm
英名 Spikefin goby
生息域 柏島、奄美大島、沖縄諸島、八重山諸島、インド洋~西部太平洋

観察をした前日、自分もガイドしていただいたことが有る某ガイドさんが、
被写体の魚の鰭が開いた時にゲストに「いまっ!」って水中で言う事があるし、
時にはカメラを構えているゲストの腕を握って教えてくれる事もあるって
話をしてました。

そして観察した時の事、水中で拓ちゃんから呼ばれて行くと脱いだフィンと
ライトでセッティングされたステージ上にニチリンダテハゼが上がっており、
ストロボ無しの玉ボケ写真撮影を要求してます。
基本的に自分は生物の生息環境も入れたいので、メルヘンとかバックを綺麗に
した写真はあまり撮りませんが、撮影スキルのアップとして時々撮っている
事を拓ちゃんは知っているので久々に呼ばれました。

撮りながら拓ちゃんのイメージ通りかとモニターを見せ、まぁほぼ期待通りに
なったところで鰭を開いた瞬間に撮ろうとすると、拓ちゃんが何か叫びながら
腕をギュッと握ってきました。

「また昨日の話し盛り上げてきたな」と思ったんですが、何度もなんども
叫びながら握ってきて、とうとう「ホムラ~~!!」と叫びました。
まさにパニック状態のガイド様。
ホムラハゼなのにガンガンにライトを当てたまま他のゲストさんを呼びに行き、
残された自分も慌ててノーストロボのメルヘン設定で撮影してしまうパニック
ゲスト。

さらに呼ばれた他のゲスト様も「ホムラ」と言われても、脱いだフィンと
ライトでセッティングされたステージ見れば「もうええわ」と思ったそうで。

いつきても笑いの絶えないアクエリアス・ダイバーズ。
おそらく世界で一番笑えるダイビングサービスさんでしょうね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > ハゼ科

Feed

Page top