かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > チョウチョウウオ科

Category / チョウチョウウオ科

    • 2018
    • 05/04

シチセンチョウチョウウオ その3

4月から約30年振りぐらいに残業手当が出る報酬体系になった自分は
出来るだけ付かない時間に退社し、帰宅すると自宅近隣のポケモンの
ジムへ出かけては自分のポケモンをジムに乗せてます。

今のルールでは24時間以内に50ポケコインまでしか貰えないので、
せいぜい2~3箇所しか乗せてきませんが、いつもなら乗せたら8時間
以上乗ってるのが予測されジムでも、ここ最近GWで皆さん暇なのか
予想以上に短時間で帰ってきてしまい、いつもみたいに上手くコインが
貰えません。
早くGWなんて終わって皆さん仕事へ行けばいいのに。
でもGW中は通勤の地下鉄は空いてて嬉しいし、なんともです。

shichisenchouchouuo20170210a
shichisenchouchouuo20170210b
シチセンチョウチョウウオ  学名 Chaetodon punctatofasciatus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
   水深-5m 大きさ約70mm  
英名 SpotBanded Butterflyfish
生息域 小笠原諸島、八丈島、琉球列島
                ~ インド洋、西部太平洋域など。

水深が30m以浅の珊瑚礁域や岩礁域に単独、もしくはペアを成して
棲息しております。
体形はやや楕円形にて吻端は短くて尖っており、背鰭棘数は13本と
チョウチョウウオ属らしい特徴です。
体地色は黄色にて腹部は白色、体側面の上半身には濃灰色の横縞が
7本入り、腹部には濃灰色の大小の斑紋が密に散在し上半身にも同じ
斑紋が所々入ります。
また背鰭は黄色にて、腹鰭、臀鰭は白色、尾鰭は基底部が鮮やかな
橙色にて後端向かって白色横帯、黒色横帯が並び後端は透明色です。
チョウチョウウオ属の大半が目の上を通る太い横帯は黒色なのに
対して、本種だけは橙色をしております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 03/27

ツノハタタテダイ その4

今週末で終わってしまうNHK連ドラ「わろてんか」を毎朝観ております。
ここ最近は第二次世界大戦中の話ですが、皆さん胸に生年月日、氏名や
現住所が書かれた物を胸に貼られております。
当時は本人確認をする為の大事なアイテムだったと思うのですが、今の
時代では犯罪防止との事で小学生ですら表示しておりません。

自分が初めて自宅の固定電話を設置した当時は、電話帳に自宅の住所も
表記するのが普通でしたが、今では隠すのが当たり前になってます。
ちょっと前まで当たり前だった事が、今では普通では無い事に。
時代の進化は、必ずしも良いことでは無いですね。

tunohatatedaiYg20171014a
tunohatatedaiYg20171014ctunohatatedaiYg20171004a
ツノハタタテダイの幼魚  学名 Heniochus varius
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / ハタタテダイ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                水深-4m 大きさ約30mm/50mm
英名 Horned bannerfish
生息域 和歌山県以南 ~ ハワイ諸島を除く中部太平洋域など。

水深が25m以浅の珊瑚礁域や岩礁域にて、単独、もしくは少数匹の群れで
いる事が多く、体型は側扁しており体高は高く三角形にて成魚の眼上棘は
角状になります。
また幼魚の頃は眼上棘が顕著ではなく背鰭の一部が伸長しております。

ハタタテダイ属の多くは白色の体地色に模様が入る事に対して、本種では
濃茶色の体地色に2本の白色の横帯がハの字型に入る事や、額が尖っている
ことなどで本種の同定が可能です。

tunohatatedai20170207b
tunohatatedai20170207dtunohatatedai20170207a
成魚:撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアンン島
                 水深-5m 大きさ約200mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 03/09

ヤスジチョウチョウウオ その5

開幕戦のメルボルンで走ってみないと確実とは言えませんが、先月末と
今月6日からのバルセロナでのF-1合同テストにて、トトロッソホンダが
好調です。
ブレーキトラブルでの走行停止以外ほぼ毎回フル走行にて、ホンダ側の
トラブルは皆無、反対に新たにルノーを搭載したマクラーレンは初期の
トラブルだらけと、本当に昨年の不振要因はホンダだけの原因だっのかと
ちょっと疑問に思えます。

yasujichouchouuoYg20170907d
yasujichouchouuoYg20170907e
yasujichouchouuoYg20170907cyasujichouchouuoYg20170907g
ヤスジチョウチョウウオの幼魚  学名 Chaetodon octofasciatus
スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
 水深-5m 大きさ約25mm
英名 Eightbanded butterflyfish
生息域 高知県以南、琉球列島 ~ インド洋、西部太平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域にて、水深が20m以浅に生息しております。
体型はほぼ円形に近くて前後に短い、また背鰭棘は11本とチョウチョウ
ウオ属の多くが13本で有るのに対し、少ないタイプです。
体地色は白色から薄黄色にて、吻端、腹鰭、臀鰭の一部が黄色く染まり、
頭頂部から吻端にかけて黒色の横帯が1本入り、体側面に6~7本の黒色の
細い横帯がある事などが特徴です。

yasujichouchouuo20170911a
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
 水深-8m 大きさ約50mm

なお、パラオなどミクロネシア地方に生息している種は、 濃い黄色
体地色をしております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/11

テンツキチョウチョウウオ その2

未だに Pokémon GO を楽しんでいる自分ですが、12月から現れだした
第3世代のモンスターもそろそろ集められたと思ったら、昨日より新たな
モンスターが現れだして、図鑑コンプはまたまた振り出しに戻りました。

早速、昨日から現れた伝説モンスターのレックウザはゲット出来ましたが、
元々の3DSで遊んでない自分にはどれがレアなのかさっぱり判らずでして、
ともかく片っ端しから何でもゲットしてる次第で、今夜もこの後、ゲット
したモンスターの整理に大忙しです。

tentukichouchouuo20170908a
tentukichouchouuo20170908b
テンツキチョウチョウウオ  学名 Parachaetodon ocellatus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / テンツキチョウチョウウオ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-6m 大きさ約150mm
英名 Dcellated Coralfish
生息域 小笠原諸島。東部インド洋 ~ 西部太平洋の熱帯域など。

内湾の砂底や砂泥底域にて、少数匹の群れを成して生息しております。
体地色は白色にて、体側麺に頭部から眼の上を通り顎下まで伸びる1本、
その後ろの体側面に3本と背鰭最頂点から尾柄部を経て臀鰭まで達っする
1本の合計5本の淵が黒みがかった黄茶色の太い横帯が入ります。
背鰭の棘数が6本とチョウチョウウオ科の生物としては少なく、幼魚では
尾柄部に目立つ黒色の斑紋があります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/13

ミカドチョウチョウウオ その6

本日のセンター試験は全国各地で降雪の影響で大変だったみたいですが、
このNEWS、今まで何度も観てきた気がします。
例年に渡ってこんな同じ影響があるんであれば、いっその事センター試験
自体を天候が落ち着いてる秋頃に変更すれば良いのにと、毎年こんな内容の
NEWSを聞く度にそう思ってしまいます。

mikadochouchouuoYg20170208a
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ約25mm

mikadochouchouuoYg20170912a
撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約25mm

ミカドチョウチョウウオの幼魚  学名 Chaetodon baronessa
スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属
英名 Eastern triangular Butterflyfish
生息域 駿河湾以南
        ~ インド洋、東オーストラリア、西、中、南太平洋域など。

珊瑚礁域の礁池や礁湖等、珊瑚礁の外縁部、礁斜面など、珊瑚が発達してる所に
成魚の多くはペアで生息しておりますが、幼魚の頃は単独で珊瑚の隙間などに
隠れる様に生息しております。

体型は側扁していて背鰭や臀鰭の中央が高く発達しており、主にはミドリイシ類の
ポリプを好んで食べています。
また体色は、頭部には眼の上を通る暗褐色の2本の横帯があり、体側面の胸鰭より
後には”く”の字型の黄色の横縞が全体に広がる色彩が特徴にて、和名のミカドの
由来になっております。

mikadochouchouuoYg20161122dmikadochouchouuoYg20161122c
撮影 2016年11月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約40mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 12/30

タキゲンロクダイ その4

今日は年内最後の休日にて、朝から奥さんの実家のお墓、自分の
実家のお墓、そして匡平のお墓へとお墓参りデイ、奥さんの実家は
宗派が異なりますので唱えませんでしたが、実家と匡平のお墓では
般若心経を唱えて参りました。
匡平のお墓は名古屋市内最大の墓地公園とあってか、年末の今日は
多くのお墓参りの方がいましたがそんな風に唱えている方は少なく、
ちょっと恥ずかしかったです。

takigenrokudai20171122a
takigenrokudai20171122b
タキゲンロクダイ  学名 Coradion altivelis
スズキ目 / チョウチョウウオ科 / タキゲンロクダイ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島 水深-20m 大きさ約80mm 
英名 Highfin coralfish
生息域 小笠原諸島、相模湾以南
             ~ 西部太平洋熱帯域~東インド洋域など

岩礁域周辺や珊瑚礁域周辺の砂底にて、単独か少数匹の群れを成して
生息しております。
体形は背鰭の基底部が高く三角形に近い体形にて、他のチョウチョウ
ウオ科の種と比較して背鰭棘数が少なく8棘、反対に軟条数は30~33
軟条数とやや多めです。

体地色は白色にて頭部から眼の上を通り鰓蓋下部までと、背鰭の前方
基底部からと背鰭の真ん中辺りから腹部にかけてと、背鰭の後方基底
部から臀鰭にかけての計4本の茶褐色の太い横帯が入り、それぞれ上部は
黄色みが強く背鰭前方基底部からと背鰭の真ん中辺りから腹部にかけて
伸びる横帯は腹部で接近、もしくは繋がります。
また背鰭棘は黄色、または白色で前方棘が黒色、腹鰭は黒色です。

takigenrokudaiB20171122a
撮影 2017年11月:高知県大月町柏島 水深-25m 大きさ約60mm 

幼魚の頃は背鰭後部の軟条部に、白色で太く縁取られた大きな黒色の
眼状斑が入りますが成長するとともに消滅してしまいます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 12/12

ミスジチョウチョウウオ その5

最近ねねちゃんは遊びに来ると、”どうぶつの森”で 遊んでます。
魚を釣ったり虫を捕るのが好きな様で、初めてカブトムシを捕まえた時には
小躍りして喜んでました。
ただまだ小学一年生なので読めない感じが多く、「どれ押していいの?」って
よく聞いてきます。
でも、タップとかOKは判る様でして直ぐに押してます。

漢字は判らないのに英語は判るなんて、自分達世代の現代語と今の子ども達の
現代語は違うと言うことなんでしょうね。

misujichouchouuoYg20171014a
misujichouchouuoYgB20171014amisujichouchouuoYg20171014b
misujichouchouuoYg20171014c
ミスジチョウチョウウオの幼魚  学名 Chaetodon lunulatus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-5m 大きさ約30mm
英名 Oval butterflyfish
生息域 相模湾以南 ~ 中部、西部の各太平洋域、インド洋など。

珊瑚礁域の浅い水深に生息しており、体型は長楕円形にて強く側扁していて、
背鰭の棘数は14本と多く、吻端は丸めの形をしております。
体地色は黄色にて成魚は頭部に3本の黒色の横帯が入り、体側面には細い青色
縦線が複数本入る事や、尾鰭中央部に黄色く縁取られた暗色帯がある事などが
特徴ですが、尾鰭や尾柄部の模様は生息域によって変異が見られます。

なおインド洋域に生息するタイプは臀鰭が橙色にて、体色は全体に薄く紫色
がかっており、以前は同種とされてましたが、今は Chaetodon trifasciatus
言う別種とされております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/10

トゲチョウチョウウオ その4

昨日の朝、通勤途中に登校中のネネちゃんに会ったら、大声で
泣いてます。
どうやら前のめりにこけたらしく、手と口が痛いと泣いてます。
まだ家の近くでしたので「うちに帰る?」と聞くと、「学校いく」って
泣いてます。
そうしたらいつも集団登校で連れて行ってくれている小五の
女の子が、「じゃあ学校着いたら一緒に保健室いこう」って言って
学校へ向かいました。

自分達の様な中小企業の会社には保健室なんて有りませんので、
そんな発想はありませんでしたが、確かに家に帰って様子見て
医者に行くよりも、小学校へいって保健室で診てもらったほうが
確実ですよね。
小五の女の子の提案に感心した次第でした。
因みに今朝も会ったネネちゃんは、いつもどおりニコニコと笑って
ました。

togechouchouuoYgB20171004a
togechouchouuoYgB20171004ctogechouchouuoYgB20171004d
トゲチョウチョウウオ  学名 Chaetodon auriga
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
水深-5m 大きさ約35mm  
英名 Threadfin butterflyfish 
生息域 茨城県以南の太平洋岸、山陰地方以南の日本海
~ インド洋、太平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域に生息していて分布域が広いチョウチョウウオ科の
生物です。
体地色は白色にて頭部に眼を通る黒色の太い横帯があり、体側面の斜め
前半部に黒色の前下がりの斜線が、斜め後半部には後ろ下がりの斜線が
それぞれ入ります。
背鰭の中程から後部にかけてと臀鰭は黄色に染まり黒色で縁取られており、
背鰭の後方部に黒色の眼状斑紋が有る事などが特徴です。

togechouchouuoYg20171004a
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                水深-5m 大きさ約45mm 

また成魚になると背鰭後端部の軟条は糸状に伸長します。
尚、紅海に生息する本種には、背鰭の黒い眼状斑は有りません。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 10/27

チョウハン その2

この日曜日に航空自衛隊百里基地で実施される航空観閲式に、米空軍の
B1ランサーと、B2スピリットの両戦略爆撃機が参加される事が本日政府
関係者から公表されました。
特にステルス機のB2スピリットは実現すれば日本での初飛行になりますが、
台風の影響は如何なんでしょうか。
自分は以前にグアムでB2スピリットを見た事がありますが、飛行中の凄く
大きな騒音にステルスと言っても音を消す事は出来ないんだと思いました。

chouhanYg20171004h
chouhanYg20171004a
チョウハンの幼魚 学名 Chaetodon lunula
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年9月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-4m 大きさ約30mm

英名 Raccoon butterflyfish
生息域 千葉県以南 ~ 紅海をのぞく、インド洋、太平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域の、潮間帯から30m位までの水深に生息しております。
体地色は黄色にて眼の上を通る太い黒色の横帯があり、その直後に隣接して
太い白色の帯が続き、成魚はその後方に太い黒色の帯が斜めに入り複数の
黒い細斜線が続きます。
また尾柄部には、黒色の大きな斑紋があります。

chouhanYg20171004dchouhanYg20171004e

とことん撮影のじゃまを楽しんでる ソラスズメさん達。

chouhan20140114a
撮影 2014年1月:フィリピン マクタン島 水深-10m 大きさ約80mm

英名は成魚の眼の周りが黒い事で、アライグマに似ていると言う事から
Raccoon の名が付けられたそうです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 10/11

アケボノチョウチョウウオ その2

本日の観察報告はチョウチョウウオ科の種の中でわりと好きなタイプなのに、
過去に2008年に1度書いたきりでして、過去の写真のストックから捜しても
なかなか出てこず約9年近くも撮影しておりませんでした。
昨日の報告のクロベラみたいに毎年撮している生物もあれば、日頃からよく
観察していても撮って無いとは。
もっとマメに生物全般を撮影しないとと反省です。

akebonochouchouuoYg20171004e
akebonochouchouuoYg20171004cakebonochouchouuoYg20171004b
akebonochouchouuoYg20171004a
アケボノチョウチョウウオの幼魚 学名 Chaetodon melannotus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年9月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-4m 大きさ約30mm
英名 Blackback Butterflyfish
生息域 千葉県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

水深が15ぐらいまでの珊瑚礁域にて、珊瑚類の近くで単独模式はペアを成して
生息しております。
顎下から眼の後部あたりを境目に背鰭から尾鰭、臀鰭を含めた体側面の全周に
渡って周縁部は黄色く染まり、その内側は白色にて黒色の斜線帯が複数入り、
腹部では斑点状になります。
臀鰭基部に黒色斑が入り、幼魚の頃は尾柄部に明瞭な黒色斑紋が入りますが
成長すると共に不鮮明になります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > チョウチョウウオ科

Feed

Page top