かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > テンジクダイ科

Category / テンジクダイ科

    • 2017
    • 10/16

イエローストライプド・カーディナルフィッシュ その5

うちに遊びに来ていた小学一年生のネネちゃんが、帰り際にトイレに行きました。
出てきたネネちゃんに、ジャージャーって凄いおしっこの音が聞こえてたよって
話すとキャアキャア言って喜んでます。
更にブリブリッて音も聞こえたよって話すと、さらにはじけて喜んでました。

YellowstripedCardinalfish20170910a
YellowstripedCardinalfishB20170910a
イエローストライプド・カーディナルフィッシュ
学名 Ostorhinchus cyanosoma
スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深 -8m 大きさ約50mm
英名 Yellowstriped Cardinalfish
生息域 八重山諸島以南 ~ 西部太平洋の熱帯域など

珊瑚礁域の、水深が10mぐらいまでの礁池や内湾に生息しております。
近似種の キンセンイシモチ O.properuptu や、スジオテンジクダイ O.hoiotaenia
比較して小型であり、それらが体側面の白色の縦帯が細くて黄色の縦帯が太い事とは
反対に、白色の縦帯が太くて黄色の縦帯が著しく細い事などが特徴です。
また アカホシキンセンイシモチ O.rubrimaculaは、尾柄部に赤橙色円斑紋が有る事や、
目の下から腹鰭基部あたりまでの色彩の違い等で本種と識別が出来ますが、双方とも
同種との学説もあり、今後の研究者の方達の発表を待ちたいところです。

YellowstripedCardinalfishD20170910a
撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深 -8m 大きさ約30mm

YellowstripedCardinalfishC20170910a
撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深 -8m 大きさ約20mm

本種の過去の報告は、こちらを ご参照願います。

    • 2017
    • 10/09

ブラックスポット・カーディナルフィッシュ

本日のアポゴンマンデイは今年2月に初観察をしていながら写真のデキがいまいち
でしたので、次回、再撮影してから観察報告を書こうと考えていたアポゴンです。

しかしそののち先月9月に再撮影をしようと捜したものの見つからず。
とりあえずちょっと古い今年2月に撮影した、そんないまいちな写真で報告させて
いただきます。

BlackspotCardinalfish20170207d
BlackspotCardinalfish20170207fBlackspotCardinalfish20170207a
ブラックスポット・カーディナルフィッシュ 学名 Archamia melasma
スズキ目 / テンジクダイ科 / Archamia属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-3m 大きさ約60mm
英名 Blackspot Cardinalfish 
生息域 ブルネイ、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニアなど。

水深が 2m〜12mぐらいの珊瑚礁域の内湾の礁湖内や、岩礁域の岩壁や岩穴等で
同属の他種などと混生した群れを形成し生息しております。
体地色は赤褐色にて体側面に橙色の細い横縞が密に複数入り、頭部の眼の下の頬部に
暗褐色の太い斜帯がある事、また鰓蓋の上部後方に不規則な半円形の暗褐色の班紋が
入ります。
近似種の フタホシアトヒキテンジクダイ は、尾鰭基底部にも暗褐色の班紋が入る
事で識別が可能です。

futahoshiatohikitenjikudai20150412e
フタホシアトヒキテンジクダイ  学名 Archamia biguttata
撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島 水深-12m 大きさ約60mm

futahoshiatohikitenjikudai20160130a
撮影 2016年1月:バリ島 トランベン 水深-18m 大きさ約70mm

以前では アトヒキテンジクダイ属の属名は Archamia属 とされてましたが、
2013年に国内において観察される種は全てTaeniamia属 と新たに再分類が
されました。
しかし海外では現在もArchamia属が用いられておりますので、国内に生息して
無い本種はArchamia属 として記載させていただきました。

    • 2017
    • 10/02

シボリダマシ その6

本日のアポゴンは既に過去に何度も報告させていただいてる種でありますが、
いつもなら見つけると撮影しやすい場所まで誘導して移動して貰い、各鰭を
全開にさせて撮影しますが、今回は自然に見つけた場所でそのまま撮影を
してみました。
案の定、全鰭全開は撮れませんでしたが、やはり自然のままが一番ですね。

shiboridamashi20170907e
shiboridamashi20170907bshiboridamashi20170907c
 シボリダマシの抱卵  学名 Fowleria vaiulae
 スズキ目 / テンジクダイ科 / シボリ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約20mm  
英名 Spotless cardinalfish
生息域 徳島県以南 ~ 西部太平洋域、紅海など。

比較的に浅い水深の珊瑚礁域にて、岩壁や珊瑚礫の下などに棲息しております。
体型は則偏しており、吻部はやや尖ります。
全身に淡褐色のまだら模様が散乱し、胸鰭を除いた各鰭には赤褐色の波状斑が
目立ちます。
また体側面には赤褐色の横帯が6~7本あり、眼の周囲に赤色の点列状の模様が
ある事等で本種と同定がが可能です。

近似種の ハワイマトイシモチ は体側面に赤褐色の横帯が無いことと、眼下に
黒褐色の斜帯が1本有る事で、タイワンマトイシモチ は眼の周囲に赤色の点列状の
模様が無く、体側面に赤褐色の横帯が無いこと等で、それぞれ識別が出来ます。

shiboridamashi20170907a

口元の画像を大きく引き伸ばしてみると、黄色い卵が写ってます。
どうやらまだ産みたてみたいですね。
テンジクダイ科の生物の産みたての卵は、種によってオレンジ色や黄色のが
見られます。

関係ありませんが名古屋弁では黄色を、”きいない”と言います。
因みに緑色は、”みどりぃ”
例えば「あの、きいない皿と、みどりぃ箸とってよ」てな、感じで使います。

shiboridamashi20150905c
撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約30mm 

こちらは過去に撮影した抱卵姿ですが、卵が熟してくると他の生物と同様に
透明色に変化します。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 09/25

ネオンテンジクダイ その4

自分はいつも外出中は、左手に”ポケモンGOプラス”を付けてます。
モンスターが出たりアイテムを貰える時に青色や緑色に光ると同時にバイブで
教えてくれて、ボタンを押すだけでモンスターやアイテムを入手できます。

そんな便利な”ポケモンGOプラス”なのですが、Apple の新しいOSの”iOS11″で
不具合が発生していて、iPhone7 のOSをアップデート出来ないどころか、既に
先週入手した iPhone8 を未だに開封できません。
せっかく買ったというのに発着信テストをしただけで、ただの置物になってます。

neontenjikudaiB20170910A
neontenjikudaiB20170910b
ネオンテンジクダイの口内保育  学名 Ostorhinchus parvulus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深-9m 大きさ約30mm
英名  Red-spot Cardinalfish
生息域 奄美諸島以南、石垣島、西表島 ~ インド洋、西部太平洋域など。

内湾の泥底域や砂底域の珊瑚礁域にてウスモモテンジクダイ や、サンギルイシモチ
などの他のテンジクダイ科の生物と混じって生息しております。
体色は透明色にて卵など内蔵がハッキリと見え、体側中央に吻から尾柄部に
かけて1本の黒色の縦帯が入り、尾柄後端にある明瞭で大きな赤色斑により
本種との同定が可能です。

neontenjikudai20170910a
neontenjikudai20170910bneontenjikudai20170910f
撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深-9m 大きさ約30mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 09/18

フレイム カーディナルフィッシュ その3

台風通過後の今朝、出勤前にお墓掃除に行くと強風で吹き飛ばされた小枝や若葉が
墓石にくっつきまくりで、ぴーかんの青空の下で数日ぶりに汗ダラダラになりました。
まるで夏が戻ってきた様な暑さでしたがすっかりと蝉の鳴き声は聞こえなくなって
いて、季節はきちんと秋に代わっているんですね。

FlameCardinalfish20170910d
FlameCardinalfish20170910aFlameCardinalfish20170910k
FlameCardinalfish20170910j
FlameCardinalfish20170910g
フレイム カーディナルフィッシュ
 学名 Fowleria flammea
スズキ目 / テンジクダイ科 / シボリ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深-10m 大きさ約30mm
英名 Flame Cardinalfish、Fire Cardinalfishなど
生息域 インドネシア(ヌサ・ペニダ)、パプアニューギニア(マダン)、
                 フィリピン(ルソン島、セブ島) など

水深が10m~40mほどの珊瑚礁域の礁湖や礁池内の砂地、礁外縁の礁潟などに
生息する枝状ミドリイシ類の珊瑚に中に隠れる様にして生息しております。
体地色は全身に渡って赤橙色にて、上下の唇に複数本の白色の横戦が入ります。
各鰭の棘は赤橙色にて各鰭膜は透明色に白色の斑点が散在していて、個体に
よっては赤色の短い縦縞模様も入ります。
また眼の瞳の周りの虹彩は赤橙色ですが、興奮すると太い白色の横帯が現れます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 09/04

ヤライイシモチ その7

    先日に Facebook とインスタでだけ紹介させていただきましたが、とうとう
    自分のステッカー作ってしまいました。

    20170904aaa

    それで見られた方の数人から「スペルが・・」と、ご進言をいただけました。
    ヤバッ、きちんと説明しておかないとこれはいけない。

    毎週月曜日にアポゴンを書いてる事から、本来ならば Apogon Monday ですが、
    ステッカーは APOGON MANDAY
    実はステッカー作成の校正中にスペルの間違いに気がつきましたが、本来では
    “月曜日のテンジクダイ”なのに、なんと”テンジクダイ男の日”になってます。

    でもこれはこれで、なかなかこじゃれててエンじゃないと言う事で、そのまま
    使ってしまいましたが、 APOGONMAN DAY にすべきでしたね。
    ちょっと、ひねり不足でした。

    yaraiishimochi20170208a
    ヤライイシモチ 学名 Cheilodipterus quinquelineatus
    スズキ目 / テンジクダイ科 / ヤライイシモチ属

    撮影 2017年2月:フィピン・マクタン島 水深 -7m 大きさ約70mm
    英名 Fivelined Cardinalfish
    生息域 小笠原諸島、和歌山県以南 ~ 紅海、インド洋、西太平洋域など

水深が5m~20mぐらいの珊瑚礁域や岩礁域にて、日中は珊瑚の陰や、岩陰や
岩穴奥などに隠れる様に生息しています。
体地色はシルバーっぽい白色にて、体側面に黒色の縦縞が5本走り、各鰭は
透明色です。
尾鰭の基部にある黄色斑紋の中心の黒斑の大きさが、瞳より小さい事などで
本種との同定が可能です。
また幼魚の頃は小さな群れを成しておりますが、成魚に育つと単体での生息に
変化します。

yaraiishimochi20170208b
yaraiishimochi20170208e

今回、本個体を観察していて気がつきましたが、撮影している途中から尾鰭の
上下が黒色に淡く縁取られておりました。
本種の尾鰭は透明と思っており、以前に尾鰭の上下が黒色に縁取られている
幼魚サイズの個体をその識別点から スダレヤライイシモチの幼魚 として報告
させていただいてますが、ひょっとして海外種とかローカルタイプの違いで
本種の幼魚だったかも知れません。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 08/28

オグロテンジクダイ

さて本日のアポゴンは本来ではとても当観察報告に使用できない様な出来の
悪い写真ですが、何せ人生初観察のアポゴンにてご容赦願います。
以前から柏島金ベニは多いと聞いては居ましたが、自分が見るのは初めて。
残念ながらガイドさんと離れていたのでアシストが無く、直ぐに岩の下に
隠れてしまいましたが、見た瞬間に本種と判って興奮しまくりでした。
次回の掲載時には、キチンと真横各鰭全開どピン写真で載せたいものです。

ogurotenjikudai20170713b
ogurotenjikudai20170713fogurotenjikudai20170713c
オグロテンジクダイ  学名 Apogon seminigracaudus
スズキ目 / テンジクダイ科 / コミナトテンジクダイ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ約40mm
英名 Darktail Cardinalfish
生息域 小笠原諸島、静岡県、愛媛県、高知県、奄美諸島以南
                  ~ 琉球列島、フィジー諸島など

珊瑚礁域や岩礁域の比較的に浅い水深に生息しております。
岩の窪みや切れ目、死珊瑚片や岩塊などの陰に日中は潜んでおり、夜間には
外に出てきますが浮遊などはせずに岩のくぼみなどで観察されます。
吻端はやや尖っており第1背鰭は6棘にて、体色は全身に渡って濃赤色ですが
尾柄部と尾鰭の下葉は黒く染まり上葉は透明がかります。

    • 2017
    • 08/21

オオスジイシモチ その7

ここ最近、左の腕を後ろ方向に伸ばすと左肩に激痛が走りますので定期的に通院を
している整体の先生に相談して治療して貰うとあっさりと治りました。
治療後に原因が何かと相談していると、例えば常に肘を閉じた姿勢を続けていると
上腕の筋肉が縮む状態が続き痛むことがあるとの事。
考えてみれば痛みを感じ始めたのは先月末で、ちょうどドラクエ11を遊び始めた頃。
確かにゲームコントローラーを操作する姿勢は、常に肘を閉じた姿勢です。

若い頃は体が軟らかくて何も問題ありませんでしたが、やはり加齢によるものかと。
歳を取るとゲームするにも支障があるんですね、悲しい。

oosujitenjikudai2017074b
oosujitenjikudai2017074aoosujitenjikudai2017074d
oosujitenjikudai2017074c
オオスジイシモチの夜の色彩  学名 Ostorhinchus doederleini
スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイチモチ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約80mm
英名 FourLine cardinalfish
生息域 千葉県以南 ~ 西部太平洋域など

内湾の珊瑚群生域や岩礁域にて、日中はそれらの珊瑚や岩礁の隙間に隠れる
様にして生息しておりますが、夜になるとフラフラ~って感じで中水層を
泳いで捕食したりしております。
体型は長卵形にて体地色は赤みががった白色にて、体側面に濃い茶褐色の
縦縞が5本走り、尾柄部には眼径並みの大きさの黒斑がひとつあります。
また幼魚の時は群れを成しますが、成魚になると単独で生息し繁殖期には
ペアを組みます。

oosujitenjikudaiYg20161001b
幼魚:撮影 2016年10月:和歌山県串本町紀伊大島須江 内浦ビーチ
                     水深-5m 大きさ約40mm

oosujitenjikudai20160614a
oosujitenjikudai20160614b
求愛姿:撮影 2016年6月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約80mm

で、ここまで書いて気づきましたが、本種の産卵シーンどころか口内保育の姿を
写した事がありませんでした。
季節的にはもう今年はムリかと思いますので、来年の課題とさせていただきます。

過去の本種の報告は、 こちら を、参照願います。

    • 2017
    • 08/14

ヤリイシモチ その2

TVの報道バラエティ番組を見ていたら、先日の世界陸上の男子100mリレーで
銅メダルを獲得した事に対して「ボルトのお陰ですね」とメインキャスターが
コメントされていて残念に思いました。
大事な試合の時にベストなコンディションに調整するのも選手の努力です。
銅メダルを獲得した選手達に謝罪して欲しいひと言でした。

しかし予想していたとは言え週初めの月曜日の今朝ですが、通勤時の地下鉄は
ガラガラ。
やはり世間では、休日が流行ってるんですね。

yariishimochi20170208a
yariishimochi20170208cyariishimochi20150118d
yariishimochi20150118a
ヤリイシモチ  学名 Apogon doryssa
スズキ目 / テンジクダイ科 / テンジクダイ属

撮影年月 2017年2月 / 2015年9月
撮影場所 フィリピン・マクタン島 水深-10m / -8m 大きさ約40mm
英名 Night Cardinalfish
生息域 八丈島、奄美諸島以南 〜
         沖縄本島、台湾南部、西部太平洋域、インド洋なと。

岩礁域の洞窟の穴奥や珊瑚礁域の死珊瑚塊などの陰に日中は潜んでおり、
夜間でも出てきて浮遊などはせずに岩のくぼみなどで観察されます。
体色は赤みがかった透明色にて、腹部の内臓や骨なども透けて見えており、
第1背鰭の棘条が伸長すること等で同属多種との識別が可能です。

また近似種の アカフジテンジクダイ は体色が赤みがかった透明色で無く
濃い赤色である事や、 コミナトテンジクダイ や、トゲナガイシモチ
体色が赤みがかった透明色では無く濃い赤色である事に加え、第1背鰭の
形状が異なる事などで識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 08/07

アカフジテンジクダイ その2

昨夜、プロ野球最多登板数の新記録を達成されたドラゴンズの岩瀬投手の
インタビューを聞いていたら、遠征や合宿にも常にマイ枕を持参して8時間
以上の睡眠を保っているそうです。

8時間以上の睡眠は自分はムリですが、最近、車移動で行ける所はマイ枕を
持参しております。
慣れていない枕で寝るよりもマイ枕だと短時間でも熟睡できますので、何とか
海外へも持って行けないかと思案中です。

akafujitenjikudai20160911a
akafujitenjikudai20160911dakafujitenjikudai20160911c
akafujitenjikudai20160911f
アカフジテンジクダイ  学名 Apogon crassiceps

 スズキ目 / テンジクダイ科 / テンジクダイ属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ屋30mmぐらい
英名 Transparent cardinalfish
生息域 小笠原諸島、屋久島、琉球列島 ~ 西部太平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域の水深が20m前後に多く見られますが、地域によっては10m
前後から55mほどに棲息しており、体色は全体に赤褐色にて尾柄部の側線上に
不明瞭な黒色の縦帯が入ります。
日中は岩穴の奥深い所や、珊瑚の隙間の奥などに隠れていますが、夜になると
岩と砂地の間や岩壁の隙間辺りで居る姿が観察出来ます。

以前は アカネテンジクダイ との和名となっておりましたが、これは過去の
間違った同定によるもので、2010年に標準和名として提唱されました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > テンジクダイ科

Feed

Page top