かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > テンジクダイ科

Category / テンジクダイ科

    • 2018
    • 02/19

スダレヤライイシモチ その5

残念な事にダイビングを楽しんでる人達の中でテンジクダイ科の生物に
興味を持たれている方は少なく、異なる種を観られてもどこが違うのかと
思われる方が大半ですので、おそらく気がつかれている方は少ないと思い
ますが、今シーズンの内浦ビーチは初登場のテンジクダイが多いです。

あくまでも2002年に内浦ビーチを初めて潜ってからの自分の記憶ですので
ひょっとしたら単なる自分の感違いかも知れませんが、本日の観察報告は
そんな初登場のひとつです。

sudareyaraiishimochi20171111b
sudareyaraiishimochi20171111f
スダレヤライイシモチ  学名 Cheilodipterus intermedius
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヤライイシモチ属

撮影 2017年11月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-4m 大きさ約60mm
英名 Inbetween Cardinalfish
生息域 奄美諸島以南 ~ 西部太平洋域、インド洋など。

水深が3m〜15mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域の内湾に少数匹の群れを成し、
珊瑚の枝間や岩穴奥、岩陰などに潜む様に生息しております。
体地色は銀白色にて吻端から尾柄部まで濃い茶褐色の縦帯と薄い茶褐色の
縦帯が交互に各4本の合計8本入っており、幼魚の頃は尾柄部に中心部に
黒色斑紋がある大きな黄色の斑紋がありますが、成長と共に薄れてゆき
老成魚では白色に変色します。

また前鰓蓋骨縁は鋸歯状であり、尾鰭の上下葉は黒色で縁取られます。

sudareyaraiishimochiYg20160908a
sudareyaraiishimochiYg20160908esudareyaraiishimochiYg20160908d
幼魚のナイトカラー:撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島
                    水深-5m 大きさ約40mm

sudareyaraiishimochi20170909asudareyaraiishimochi20170909c
撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
                     水深-7m 大きさ約80mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/12

ヒトスジイシモチ その5

仕事にしろ旅行やスポーツ等の遊びにしろ何事も運が良い事は大事な
要素のひとつとは思いますが、今回の冬季オリンピックを見ていると
強風に結果が左右される選手があまりにも多くて、4年間頑張ってきた
努力が水の泡と消えてしまってる様でとても残念に思えます。
会場設営地の選択ミスなのか、強風対策不足なのか。
他にも関係者の専用道路が無いとか、日本のスキージャンプチームが
競技を終えて帰るバスが来なくて-14度の中で45分も待たされたなど
運営側の不手際が非常に多くて、こんな所で戦わさせられた選手達が
可愛そうですね。

hitosujiishimochi20170910c
hitosujiishimochi20170910b
ヒトスジイシモチ  学名 Pristiapogon exostigma
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヒトスジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深-9m 大きさ約50mm
英名 Bridled cardinalfish、Spur-cheek cardinalfish
生息域 三宅島、和歌山県、高知県、奄美諸島以南~インド・太平洋域、
     紅海、東アフリカ、フレンチポリネシアなど。

珊瑚礁域の内湾などの礁湖、礁池の珊瑚群落や岩礁周りなどで単独か、
もしくは小数匹の群れを形成して棲息しております。
体地色は薄黄土色から赤みががった銀灰色にて、体側面の吻端から眼を
通って尾柄部まで1本の太い暗褐色の縦帯が伸びており、その縦帯と同じ
ライン上で尾柄部に大きな黒色の斑紋があるのが特徴です。

hitosujiishimochi20180106b
撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深-12m 大きさ約60mm 

近似種の ユカタイシモチ は、尾柄部にある大きな黒色斑紋が、暗褐色の
縦帯のラインよりも上方に位置して居る事などで、カスリイシモチ
尾柄部にある大きな黒色斑紋が、暗褐色縦帯のラインより上方に位置して
おりますが、全身の鱗の縁が濃褐色をしている事などで、それぞれ識別が
可能です。

尚、それらの写真での比較は こちら を参照願います。
また過去の本種の報告は、 こちら をどうぞ。

    • 2018
    • 02/05

パーリー・カーディナルフィッシュ その4

本日は休日でしたがどうしても早急にやらなければ入れない業務が
発生し、1時間程度で終わる内容なのでそれだけやっておこうかと
急遽出社しましたが、こんな時に限って Windowsのアップデートに
当たってしまい、アップデートの完了まで約1時間待たされる始末。

こんな事があるのが嫌なので自動アップデートには設定していない
のですが、何故か自動でスタート。
恐らく前回のアップデート時に設定が変更されていたかと思いますが
何にしろ Windowsのアップデート 大っ嫌いです。

PearlyCardinalfish20170207a
PearlyCardinalfish20170207c
パーリー・カーディナルフィッシュ 学名 Zoramia Perlita
スズキ目 / テンジクダイ科 / イトヒキテンジクダイ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                    水深-1m 大きさ約50mm
英名 Pearly Cardinalfish、Lagoon Cardinalfish など
生息域 フィリピン、インドネシア、PNG、オーストラリア北西部など

浅い水深の珊瑚礁域の内湾、礁湖や礁池などにて日中は珊瑚の中、岩穴や
岩陰などに隠れていて、夜間になると外に出て活動します。
体地色は半透明色にて体側面に目立つ特徴や、色彩、模様などの明確な
特徴は何もありませんが、夜間では体側面の中心に不鮮明な光沢のある
青色の太い横帯が入ります。
口の周りは黄色く第1背鰭の前縁に赤色と黒色の模様が入り、第2背鰭の
前縁に淡い赤色が不鮮明に入ります。
近似種の セーラム・カーディナルフィッシュ は、体側面の中心に黒色の
細い側線が入る事 ( 但し、夜は不鮮明になります ) や、眼の後ろに黒色の
小班紋がある事、第1背鰭の前縁に大きな黒色模様が入る事などで識別が
可能です。

PearlyCardinalfish20170210d
PearlyCardinalfish20170210aPearlyCardinalfish20170210b
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                    水深-1m 大きさ約40mm

PearlyCardinalfish20170908f
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                    水深-1m 大きさ約40mm

そして夜も更けてくると体色に青色や黄緑色などの蛍光が目立つ様になり、
自分が本種の最も好きな色彩になります。

PearlyCardinalfish20170908h
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                    水深-1m 大きさ約40mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/29

カスリイシモチ その5

本日のとあるNEWSで、凄いな~と思いました。
台北発のセントレア空港行き日本航空機のトイレの便座近くのパネルから
粘着テープで貼り付けられた金塊が見つかり、入国時の手荷物検査の際に
同種の粘着テープを持っていた男が逮捕されたNEWSです。

同機はセントレア空港に到着後に国内線で羽田空港へ飛び立つ予定なので、
別の仲間が羽田行きの便に搭乗し金塊を回収する計画だったそうですが、
そこまで計画し実行する犯罪グループが存在すれば、到着後に次の目的地へ
離陸する短時間の整備中に隠された金塊を発見する税関職員。
良い悪いは別として、双方とも凄いな~と思いました。

kasuriishimochi20180106a
カスリイシモチ  学名 Pristiapogon kallopterus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヒトスジイシモチ属

撮影:2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
  水深-8m 大きさ約80mm
英名  Iridescent Cardinalfish
生息域 小笠原諸島、和歌山県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

珊瑚礁域や岩礁域にて、日中は岩穴や洞窟奥などに潜んでいて夜間に
なると外に出て単独で活動します。
体高は高く、体長は体高のおよそ2.6-2.9倍、体側面に吻端から尾柄部の
手前まで伸びる暗色の縦帯があり、第2背鰭の基底部に鞍状の暗色斑や、
尾柄部の側線上より上部に暗色斑がそれぞれありますが、夜間など
不明瞭な時もあります。
第1背鰭の前部の鰭膜が黒色〜黄色にて、体側面の鱗の外縁が暗褐色に
縁取られかすり模様になる事などが特徴です。

kasuriishimochi20170210b
kasuriishimochi20170210a
成魚のナイトカラー
撮影 2017年2月 フィリピン マクタン島 水深-9m 大きさ約120mm

kasuriishimochi20170209a
kasuriishimochi20170209c
kasuriishimochiB20170209a
若魚のナイトカラー
撮影 2017年2月 フィリピン マクタン島 水深-9m 大きさ約80mm

テンジクダイ科の種は夜になるとメタリックな色彩が出てくるタイプが
多く見られますが、特に本種はメタリック感を感じます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/22

サクラテンジクダイ その7

もうポケモンGOを卒業された方はご存じないと思いますが、最近では
雨の日とか、雪の日とかにしか現れないモンスターが居ます。
そんな雪の日にしか現れないモンスター、今日は関東地方では沢さん
獲れるんだろうな~と、不謹慎にも関東地方の大雪のNEWSを見ながら
思ってしまいました。
因みに今日の名古屋は雨降りでして雨の日にだけ現れるモンスターが
昼からいっぱい出てましたが、仕事終わって自分が狩りに出かける頃
には雨がやんでしまい 1匹も獲れませんでした。

sakuratenjikudai20180106a
sakuratenjikudai20180106isakuratenjikudai20180106c
サクラテンジクダイ  学名 Cercamia eremia
 スズキ目 / テンジクダイ科 / サクラテンジクダイ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
  水深-5m~9m 大きさ約30mm~40mm
英名 Solitary cardinalfish
生息域 静岡県以南
~ 西部太平洋域、インド洋、紅海、西オーストラリア等。

水深が5m~30m位の珊瑚礁域や岩礁域の岩孔や洞窟になどで日中は集団で
隠れる様に生息しており、夜になると外に出てきて単独で浮遊します。
体高は低くて後側頭骨に顕著な棘が有ります。
体地色は内蔵部や骨格が透けて見えるほどの半透明色にて、体全体と各鰭に
赤色の色素胞が散在しており特に頭部は密に入ります。
また近似種の トゲナガイシモチ は第1背鰭の第2、3棘が進長している事や
体高が高い事などで本種と識別ができます。

sakuratenjikudai20180106j

体地色がほぼ透明色なので撮影した時に後ろの岩肌などの色彩が影響して、
薄緑色の様に写ったり。

sakuratenjikudai20180106e

ピンク色の岩肌の影響で、赤色が目立ったりと。
透明色の生物は色んな色彩になりますね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/15

内浦ビーチ、天竺鯛スペシャル

日頃から和暦よりも西暦を好んで使う自分ですが、平成の元号が使えるのも
あと1年ちょっとかと思うと、2018年よりも平成30年の言葉の方が何故か
重い言葉に感じてしまいます。

そんな平成30年のアポゴンマンデイ初回はいつもの1種だけの報告では無く、
新年早々に今年初ナイトで潜った内浦ビーチで観察出来たアポゴンの報告を
させていただきます。

sakuratenjikudai20180106a
サクラテンジクダイ  学名 Cercamia eremia
 水深-8m 大きさ約40mm

内浦ビーチのナイトのアポゴンと言えば本種。
夜が更けてくると転石帯や岩場だけで無く、砂地に降りてきます。

yokosujiishimochi20180106a
ヨコスジイシモチ 学名 Apogonichthyoides sialis
 水深-12m 大きさ約100mm 

以前は観察出来ませんでしたが、平成27年秋に内浦ビーチで初観察が出来、
それからは毎年観察出来てます。

hitosujiishimochi20180106a
ヒトスジイシモチ 学名 Pristiapogon exostigma
 水深-12m 大きさ約60mm 

こちらはナイトで潜ると以前から偶に観察出来ます。

kasuriishimochi20180106a
カスリイシモチ 学名 Pristiapogon kallopterus
 水深-8m 大きさ約80mm

潮岬を挟んで串本町の西エリアでは普通に観察出来ますが、内浦ビーチでは
自分としては初観察でした。

yaraiishimochi20180106a
ヤライイシモチ 学名 Cheilodipterus quinquelineatus
 水深-18m 大きさ約60mm

こちらも潮岬を挟んで串本町の西エリアでは観察出来ますが、内浦ビーチでは
自分としては初観察です。

oosujiishimochi20180106a
オオスジイシモチ 学名 Ostorhinchus doederleini
 水深-12m 大きさ約60mm

こちらは昼間でも普通に観られます。

aosujitenjikudai20180106a
アオスジテンジクダイ 学名 Ostorhinchus aureus

こちらは昼間には全く観られません。
でも潮岬を挟んだ串本町の西エリアでは、昼間に普通に観察出来ます。

kinsenishimochi20180106a
キンセンイシモチ 学名 Ostorhinchus properuptu
 水深-5m 大きさ約40mm

こちらは昼間でも時々観られます。
因みに自分が本種を観察した北限です。

他にも ネンブツダイ クロホシイシモチ コスジイシモチ スジオテンジクダイ
等も観察しましたが、残念ながら撮り忘れておりました。
1本のナイトダイビングでこれだけの種類のアポゴンが観察出来る内浦ビーチ。
串本町でナイトで潜れるポイントは少なくて、潜れるポイントの中で一番多くの
アポゴンが観察出来るポイントかと思います。

    • 2017
    • 12/25

スジイシモチ属の幼魚

本日は2017年最後の月曜日、2017年ラストアポゴンは何にしようかと
悩みました。
以前にも報告しましたが、基本的に同じ種の観察報告は1年に1度しか
書かない事にしておりますので、2017年に未報告のアポゴンはたくさん
あります。
どれにしようかなと今年から昨年に撮影した中から選んでおりましたが、
なかなかこれと決めきれず、結局、自分の知識では種小名が判らない種を
選択させていただきました。

OstorhinchusSp20170907a
OstorhinchusSp20170907b
スジイシモチ属の幼魚  学名 Ostorhinchus Sp
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                    水深-2m 大きさ約10mm

様々な図鑑や文献、専門家の方達にも質問してみましたが、海外の生物
だけに情報が少なくて判別できておりません。
一番簡単なのは本種の成長を定期的に観察する事ですが、生息して居た
ポイントは アクエリアスダイバーズ のオリジナルポイントにて、なんと
自分以外のゲストが潜ったことが無いところなので、ほぼ不可能。

なにせボートから約200mほど水面移動してアポゴンしか居ない様な場所
ですし、水深もとれて2mほどの浅場なので撮影していて体は揺れるし、
砂底の砂も舞い上がりがち。
まぁこれではよほどのアポゴン好きしか行かないでしょう。

赤色の色素が多い事からおそらく同じ所に生息して居る レッドストライプド
・カーディナルフィッシュ
の幼魚かなと推測しておりますが、決定的な
情報がありません。
こいつは観てみたいなと思われた希有な方は、 アクエリアスダイバーズ
遊びに行かれた時に「行きたいポイントは腐海」と、是非、リクエストを
お願いいたします。

    • 2017
    • 12/18

マルチバード カーディナルフィッシュ その3

早い物で今年の月曜日は今日も含めて、あと2日間だけ。
と言う事は今年のアポゴンマンデイもあと2回となると、何を書こうかと
悩みましたが、フィリピンのマクタン島に行く度に必ずナイトで観察を
しているアポゴンにさせていただきました。

MultibarredCardinalfish20170907a
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約50mm

MultibarredCardinalfish20170209a
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-6m 大きさ約50mm

マルチバード カーディナルフィッシュ のナイトカラー 学名 Nectamia luxuria
スズキ目 / テンジクダイ科 / ナミダテンジクダイ属
英名 Multi-barred cardinalfish、Yellow-edged cardinalfishなど
生息域 西表島、インド洋モルディブ
        ~フレンチポリネシア、フィリピン~オーストラリアなど

内湾など潮通しがあまり無い所の、水深が0m~10mぐらいの珊瑚礁域にて
日中は珊瑚の中や岩陰の奧などに潜む様に生息しており、夜になると外に
出て浮遊して活動します。
体の大きさに対し眼は著しく大きく体地色は薄黄茶色にて、眼の下から頬に
かけて斜め後方向に先細りの黒色の斜帯が入り、体側面には白色の細い横帯が
複数本入ります。
尾柄部は白色に染まり中心部に上半分が明瞭で下半分が不明瞭な、茶褐色の
太い横帯が1本入り、第2背鰭と臀鰭の前縁、尾鰭の上下が黄色く縁取られる
事などが特徴です。

以前には ナミダテンジクダイ のバリエーションとされておりましたが、2008年に
別種として学名が付けられました。
と言う事で、おなじ日に同じポイントで撮影した近似種もついでに。

namidatenjikudai20170907a
ナミダテンジクダイ 学名 N.savayensis
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約60mm

bandaishimochi20170907a
バンダイシモチ 学名 N.bandanensis
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約50mm

同じポイントで1度に3種が観察出来る素晴らしい所ですが、水中で観られて
3種の識別が出来た方はアポフェチですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 12/11

スジイシモチ その3

今朝、地下鉄の改札口の手前10mぐらいの所で自分の横を走って
駆け抜けていった女子高生が、パスケースか何かをコートから
出そうとして手袋を片方落としたので拾ってあげました。

しかし女子高生は落とした事に全く気づかず、そのまま改札を
通り抜けて行こうとしていたので朝から大声で声かけて走って
追いかけるのも嫌だなと思っていたら、何故か改札口を出てすぐ
立ち止まったので、普通に声をかけて渡せました。
もしも渡せなかったら駅員さんに預けるのか、悩まなくてすんで
良かったです。

sujiishimochi20171014b
sujiishimochi20171014csujiishimochi20171014i
sujiishimochi20171014g
スジイシモチの幼魚  学名 Ostorhinchus cookii
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-3m 大きさ約30mm
英名 Cook’s cardinalfish
生息域 千葉県以南 ~ インド洋域、西部太平洋域など。

沿岸の岩礁域や珊瑚礁域の比較的に浅い水深に生息しており、潮間帯や
タイドプールなどでも観察されます。
体地色は灰白色にて、体側面に暗茶褐色の太い縦帯が5本(背鰭の基底部の
帯を除く)入っていて、成魚では尾柄部の中央に瞳孔とほぼ同じ大きさの
黒色斑紋が入ります。

sujiishimochi20170208a
成魚:撮影 2017年12月:フィリピン。マクタン島
                    水深-2m 大きさ約80mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 12/04

ヌメリテンジクダイ その2

昨年辺りからダイビングは1ヵ月に1~2回に減った事が原因なのか、
ダイビング後10日~2週間ぐらいに指先の薄皮がめくれ始めます。
めくれると当然の事ながら色んな指紋認証が認識されにくくなり
困ってましたが、iPhoneXに変えたおかげで楽になりました。
しかしXに加え一緒に持ち歩いてる、Simの入っていないiPhone7と
会社携帯のiPhoneSEは指紋認証のまま。
不便はしばらく続きそうです。

numeritenjikudaiB20171120b
numeritenjikudaiB20171120gnumeritenjikudaiB20171120e
numeritenjikudaiB20171120a
ヌメリテンジクダイ 学名 Pseudamia gelatinosa
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヌメリテンジクダイ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島 水深-31m 大きさ約45mm 
英名 Gelatinous Cardinalfis
生息域 相模湾、奄美大島以南 〜 西部太平洋域など。

水深が1m~40mの珊瑚礁域や岩礁域にて、岩穴の奥や根の隙間の
奥などに潜む様に生息しております。
体型は砲弾型にて長く頭部に孔器列があり、前鼻孔に長い鼻弁が
あります。
体地色は全身にわたって光沢性の有る濃褐色にて、尾鰭に黒色の
斑紋が入ります。

numeritenjikudaiB20161120a

丁度1年前に、同じポイントで観察した時の画像です。
この時は背鰭後方と臀鰭後方の透明色の部分が開いていて本種の
特徴まで撮せましたが、今回もそこまで撮影しようと粘って撮ろうと
していたら横から一瞬にしてパクッと行かれちゃいました。

numerniraikasago20171120a

ニライカサゴ   学名 Scorpaenopsis diabolus
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / オニカサゴ属

コヤツが食べた犯人です。

「あ~っ、貴重なガイドネタが」と話していたら、その時ガイドして
くれてた AQUAS の歩ちゃんが「まぁリクエストされる方はほぼ
居ないですから」と。
アポゴン好きにはスーパーレア物なのに、人気は無さそうです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > テンジクダイ科

Feed

Page top