かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > テンジクダイ科

Category / テンジクダイ科

    • 2017
    • 05/22

サクラテンジクダイ その6

先週の話ですが、朝、小学生の分団登校の待ち合わせ場所にネネちゃんと一緒に
居たJタロウ君とKナエちゃんが「アカムシが爪の間に入ると死んじゃうんだよ」
って、話してくれました。
どうやらこの子達が話してるアカムシとはタカラダニのことの様でして、自分は
てっきりアカムシが死んじゃうって話しだと思ってたら、爪の中に入られた人間が
死んでしまうってことらしいです。

恐らく大人が話していたことを反対の意味に捕らえてしまったんだと思いますが、
こんな感じで小学生の都市伝説は広がるのかなと思いました。

sakuratenjikudai20170318c
sakuratenjikudai20170318fsakuratenjikudai20170318h
sakuratenjikudai20170318i
sakuratenjikudai20170318a
サクラテンジクダイ  学名 Cercamia eremia
 スズキ目 / テンジクダイ科 / サクラテンジクダイ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-8m~13m 大きさ約30mm~40mm
英名 Solitary cardinalfish
生息域 静岡県以南 ~ 西部太平洋域、インド洋、紅海、西オーストラリア等。

水深 5m ~ 30m位の、珊瑚礁域や岩礁域の岩孔や洞窟になどで日中は集団で隠れる様に
生息しておりますが、夜になると外に出てきて単独で浮遊します。
体高は低くて後側頭骨に顕著な棘が有ります。
体地色は内蔵部や骨格が透けて見えるほどの半透明色にて、体全体と各鰭に赤色の色素胞が
散在しており特に頭部は密に入ります。

また近似種の トゲナガイシモチ は第1背鰭の第2、3棘が進長している事や体高が高い事などで
本種と識別ができます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 05/15

セーラム カーディナルフィッシュ その4

今夜のアポゴンマンデイは、近年の再調査と再分類によって新たな属に分類された
アポゴンです。
なので本日記載している学名で Webサイトで検索されても、ほぼ見つからないかと
思われます。
昔の学名の Apogon ceramensis や、Ostorhinchus ceramensis で検索された方が
見つかりやすいと思われますのでご注意を。

CeramCardinalfish20170207cCeramCardinalfish20170207dCeramCardinalfish20170207b
CeramCardinalfish20170207e
セーラム カーディナルフィッシュ(夜間色彩) 学名 Fibramia ceramensis
スズキ目 / テンジクダイ科 / サンギルイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン 水深 -1m 大きさ約40mm
英名 Ceram Cardinalfish、Mangrove Cardinalfish
生息域 フィリピン、インドネシア、PNGなど

マングローブ域の浅めの汽水域に棲息しており、日中は岩穴の奥や亀裂の隙間などに
隠れておりますが夜間になると活発に行動します。
体地色は半透明色にて体側面の中心にに黒色の細い側線が入ること ( ただし夜間は
不鮮明 ) や、眼の後方と尾柄部にそれぞれ黒色の小さな班紋があること、第1背鰭の
前縁に大きな黒色模様が入ること等で識別が可能です。

近似種の パーリー・カーディナルフィッシュ は、体側面の中心に
黒色の細い側線が入ら無い事や、口周りが黄色で眼の後ろに黒色の小班紋が無い事や、
第1背鰭の前縁に不鮮明な赤色と黒色模様が入る事などで識別が可能です。

CeramCardinalfish20170208c
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン 水深 -1m 大きさ約40mm

この観察場所は昼間は潜れない所なので、ナイトでしか観察したことが無くて、本種の
昼間の姿を見ておりません。
ただ凄く浅い水深なので、日差しがまぶしい昼間ではかえって撮り辛いかも知れません。

CeramCardinalfish20170210e
CeramCardinalfish20170210d
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン 水深 -1m 大きさ約40mm

テンジク科の生物と言えば、やはり口内保育の姿。
常に暖かい水温の環境のせいかこの観察場所では、毎回観察が出来ます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 05/08

ブレスレット カーディナルフィッシュ

本日のアポゴンマンデイは最初は別種の幼魚の観察報告を書くつもりでした。
それで最初に撮影した写真の確認をしていると、個体によって体側面に入る白色の
細い横帯の本数が明らかに違います。
「あれっ?」と思いながら、海外の図鑑を調べてみたら別種と判明しました。

またしても自分の知識の無さゆえの大失敗、事前に知っていれば初観察のアポゴン
だっただけに、もっと数多い撮影をしていたと思います。
まだまだアポゴン道への精進の足り無さを痛感いたしました。
本種以外にもフィリピンやインドネシアには、ナミダテンジクダイ属で自分がまだ
未観察の種がもう1種居る様でして、次回の観察時にはキッチリと判別して極めて
きたいと思います。

BraceletCardinalfishYg20170207b
BraceletCardinalfishYg20170207dBraceletCardinalfishYg20170207e
BraceletCardinalfishYg20170207c
ブレスレット カーディナルフィッシュの幼魚 学名 Nectamia viria
スズキ目 / テンジクダイ科 / ナミダテンジクダイ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約30mm
英名 Bracelet cardinalfish
生息域 マレーシア・サバ州、インドネシア、フィリピン、フィジー、
         ミクロネシア ~ オーストラリア・グレートバリアリーフなど

内湾など潮通しがあまり無い所の、水深が4m~8mぐらいの珊瑚礁域にて日中は
珊瑚の中や岩陰の奧などに潜む様に生息しており、夜になると外に出て浮遊して
活動します。
体の大きさに対し眼は著しく大きく体地色は薄黄茶色にて、眼の下から頬にかけて
斜め後方向に先細りの黒色の斜帯が入り、体側面には白色の細い横帯が3本~4本
入ります。
また尾柄部は白色に染まり中心部に上半分が明瞭で下半分が不明瞭な、暗褐色の
太い横帯が1本入り、各鰭は薄黄茶色にて腹鰭の前縁は白色に縁取られる事などが
特徴です。

MultibarredCardinalfishYg20170207b
マルチバード カーディナルフィッシュの幼魚
撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約30mm

こちらが撮影中、思い込んでいたアポゴンの幼魚です。
パッと見では体側面に入る白色の細い横帯の数の違いぐらいしか判りません。

MultibarredCardinalfish20140113g
マルチバード カーディナルフィッシュの成魚
撮影 2014年1月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ約70mm

そしてこちらは撮影中、思い込んでいたアポゴンの成魚です。
体側面に入る白色の細い横帯の数の多さは成魚でも変わりはありません。

    • 2017
    • 05/01

マンジュウイシモチ その5

昨夜は怠けて当観察報告を休載してしまいましたが、本日はアポゴンマンディ。
遠征に行っていない時は、何がなんでも休む訳にはいきません。
と言う事で、本日はテンジクダイ科の種でおそらく一番人気と思われるアポゴンの
紹介をさせていただきます。

manjyuuishimochi20170207d
manjyuuishimochi20170207bmanjyuuishimochi20170207a
マンジュウイシモチ  学名 Sphaeramia nematoptera
 スズキ目 / テンジクダイ科 / マンジュウイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-6m 大きさ約30mm
英名 Pajama cardinalfish
生息域 奄美諸島以南、石垣島、西表島 ~ インド洋、西部太平洋域など。

サンゴ礁域の静かな内湾などで、ショウガサンゴ属などの枝サンゴの間に少数匹の群れを
成して生息しております。
体高は高く、第1背鰭から体の中心部を通り腹鰭にかけて黒色の瞳大の太い横帯が走って
おり、その横帯の前部分は黄色く眼には赤色の横帯が走り、後部分は白みをおびた透明色に
複数の赤色の小班点が散在しており、第1背鰭と腹鰭は黄色にて赤色で縁取られます。

近似種の ホソスジマンジュウイシモチ は本種と比較して体側面の横帯が細く、その横帯の
前部分も後部分も同色の灰褐色なこと等、本種と比較すると地味な色彩にて、両種の識別が
容易に出来ます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 04/24

スポットギル・カーディナルフィッシュ

本日のアポゴンは水深1mほどの観察にて、波に揺れながら撮影した写真はやはり
チリまみれの写真ばかりでした。
そんな見苦しい写真で申し訳ございませんが、自分としては人生で初見のアポゴン
なので本日の観察報告に使わせていただきました。
でも本種の次の観察報告の時には、絶対に完璧な写真で報告させていただきます。

SpottedgillCardinalfish20170208e
SpottedgillCardinalfish20170208aSpottedgillCardinalfish20170208c
SpottedgillCardinalfish20170208b
スポットギル・カーディナルフィッシュ  学名 Ostorhinchus chrysopomus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-1m 大きさ約100mm
英名 Spotted-gill cardinalfish、Cheekspots cardinalfish など。
生息域 フィリピン、パラオ、インドネシアなど西部太平洋域
                       ~ 北部オーストラリア域など。

テンジクダイ属の多くの生物に見られる様に、本種も内湾の珊瑚礁域の珊瑚の中に
日中は隠れる様にして複数の群れを成して棲息しております。
体色は全体は半透明の乳白色にて、頭部先端から尾柄部にかけて茶色の太い縦帯が
2本走り、鰓部にオレンヂ色の斑紋が複数個入る事が特徴です。

BargillCardinalfish20170208b
バーギル・カーディナルフィッシュ  学名 O.sealei
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-2m 大きさ約50mm

近似種の バーギル・カーディナルフィッシュ は、鰓部のオレンヂ色の複数の横帯が、
オレンヂ色の縦帯である事で区別が可能です。

    • 2017
    • 04/17

アオスジテンジクダイ その6

今週のアポゴンは、以前からナイトカラーを海外で観察しておりましたが、色々な図鑑や
Wwbサイトを調べても本種の国内でのナイトカラーの写真がどこにも紹介されておらず、
本当に本種のナイトカラーで正しいのか、若干疑問に思っておりました。

串本や柏島で日中に本種を観察出来るポイントは夜に潜れないので、こうなると屋久島まで
行って確かめないと駄目かも思っていた所、友人の関西ダイバーのNむらさんが昨年の
内浦ナイトで撮影された本種のナイトカラーを Facebook に掲載されていて、やっと本種の
ナイトカラーで合ってたと確信でき、自分も先月ようやく観察出来ました。

aosujitenjikudai20170318f
aosujitenjikudai20170318baosujitenjikudai20170318a
アオスジテンジクダイのナイトカラー 学名 Ostorhinchus aureus (旧Apogon aureus)
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-13m 大きさ約100mm 
英名 Ringtail cardinalfish
生息域 本州中部以南 ~ 西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域にて岩穴や岩壁の奥などにてペア、もしくは少数の群れを作り日中は
隠れる様にして生息しております。
体高が高めで体形はやや即偏しており、テンジクダイ科の中では大型の種です。
体地色は鮮やかな茶橙色をしており、第2背鰭の後端と臀鰭の後端部あたりから尾鰭に
かけては白色をしていて、尾柄部には幅広い黒色横帯が入ります。
吻部から眼の上と下にかけて2本、また口に沿って1本のそれぞれ青色の縦線が入る事が
和名の由来になっておりますが、それらと体側面の側線が白色と暗褐色の縞模様となって
いる事も本種の特徴です。

aosujitenjikudai20170318e
撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-13m 大きさ約100mm 

aosujitenjikudai20170209a
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-9m 大きさ約120mm 

上の写真は国内の南紀で観察出来たナイトカラーで、下の写真はマクタン島で観察を
した本種のナイトカラーです。
若干の違いは有りますが、共に本種で合っていると思えます。

aosujitenjikudai20160908c
撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約70mm 

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 04/03

ヨコスジイシモチ その2

この春、森友学園問題がらみで良く耳にした言葉の「忖度(そんたく)」。
日頃からあまり耳にしない言葉と思っていたら、昨日のTV番組のワイドナショーでは
松本人志さんも使ってられました。

言葉の意味は{他人の気持ちを推し量ること}らしいですが、良い様にも悪い様にも
どちらにでも理解されそうな、なかなか判りづらい言葉ですね。

yokosujiishimochi20170318b
ヨコスジイシモチ  学名 Apogonichthyoides sialis (旧 Apogon cathetogramma)
 スズキ目 / テンジクダイ科 / カクレテンジクダイ属

撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約120mm 
英名 Twinbar cardinalfish
生息域 相模湾以南 ~ 琉球列島、東シナ海、フィリピンなど

水深5m~25mほどの岩礁域周辺の砂泥底や、内湾の防波堤近くなどに生息しております。
頭部が大きく体高が高くて体型はやや側偏しております。
幼魚の頃の体地色は半透明の白色にて、体側面に第1背鰭の前縁から腹部あたりまで繋がる
黒色の太い横帯と、同様に第2背鰭の前縁から腹部あたりまで繋がる黒色の太い横帯が合計
2本入り、尾柄部に黒色の円形斑紋が入ります。
また背鰭は白色にて上述の様に前縁は黒色に染まりますが、腹鰭は黒色にて前縁が白色に
染まります。
成魚では体地色は暗褐色に変わり、2本の横帯が不明瞭になってしまう個体も観察されます。

yokosujiishimochi20160227cyokosujiishimochi20160227a
ヨコスジイシモチの若魚  
撮影 2016年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ約60mm

yokosujiishimochi20151129i
ヨコスジイシモチの幼魚  
撮影 2015年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-23m 大きさ約40mm

近似種の フタスジアカヒレイシモチ や、ミスジアカヒレイシモチ とは第1背鰭の棘数の
違いで識別できますが、腹鰭が本種が白色と黒色の2色に対して、それらは透明色な事で
識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 03/27

ヤツトゲテンジクダイ その2

今朝の新聞読んでたら照ノ富士関も足の怪我の調子が相当悪かったようで、怪我で
休むより出場して変化してでも取った方が良いと稀勢の里関が言われるぐらいなら、
膝の悪化を隠して頑張ってた照ノ富士関の変化も致し方なかったかと思えました。
照ノ富士関は嫌いと言ってしまった自分が恥ずかしいです。

さて本日のアポゴンマンデイは、今まで何度も観察していながら未だににマトモな
写真が撮れていないアポゴンでして、なかなかの強敵です。

yatutogetenjikudai20170207e
yatutogetenjikudai20170207ayatutogetenjikudai20170207f
yatutogetenjikudai20170207b
ヤツトゲテンジクダイ  学名 Neamia octospina
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヤツトゲテンジクダイ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-8m 大きさ約35mm
英名 Eightspain cardinalfish
生息域 屋久島、奄美大島以南 ~ 琉球列島、インド洋、太平洋域など。

水深が3m~8mぐらいの珊瑚礁域にてアザミサンゴの中に隠れる様にして生息して
おります。
体地色は薄くピンクがかった白色にて、眼から後方にかけて3本の赤褐色の斜帯
または縦帯が入りますが、個体によっては色彩が淡くて不鮮明な場合もあります。
各鰭は透明色にて薄い赤褐色と白色の縞模様が入ること等が特徴です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 03/20

ヒラテンジクダイ その4

匡平のお墓は黒色なので毎年この季節は、雨が降ろうが降らまいが黄色い粉と
言うかホコリの様なもので汚れてしまうので、綺麗にしなくちゃといつも行く
度に拭き掃除をしております。
なのに今乗っている車は同じ黒色と言うのに、洗っても直ぐ汚れるなと思うと
洗う気になりません。
同じ現象なのに反対の行動をしてしまうのは、不思議なものです。

hiratenjikudai20170207c
撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約70mm

hiratenjikudai20160910c
撮影 2016年9月:フィリピン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約70mm

hiratenjikudai20150413d
撮影 2015年4月:フィリピン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約70mm

ヒラテンジクダイ  学名 Ostorhinchus compressus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属
英名 Split-banded cardinalfish
生息域 奄美大島以南 ~ インド洋、太平洋域など。

内湾の珊瑚礁域に生息しており、湾口等の防波堤近くで観察されます。
日中は枝状珊瑚の枝間などの隙間に潜む様にしており、夜になると出てきます。
体高は高く側偏しており、体地色は銀白色にて体側面に5本の太い茶褐色の縦帯が
ありますが、その内の1本が頭部の後ろ第1背鰭の下あたりで頭部方向に向けて
二股に分かれており、成長すると共に、その間にも1本の縦帯が洗われてきます。
また尾柄部には茶褐色の小斑紋が入りますが幼魚の頃は1個にて、こちらも生長
すると共に個数が増えます。
また各鰭の色は赤茶褐色です。

hiratenjikudaiB20170207a
撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約50mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 03/13

ハイアライン カーディナルフィッシュ その2

さて本日のアポゴンマンデイは、常日頃よりフィリピンのマクタン島に所在している
アクエリアスダイバーズ から腐海の生物やら、イイネ数が極端に激減する生物
とか言われているアポゴンの中でも、ゲストのほとんどが紹介すると撮ってくれる
アポゴンです。

HyalineCardinalfish20170210f
HyalineCardinalfish20170210eHyalineCardinalfish20170210b
HyalineCardinalfish20170210d
ハイアライン カーディナルフィッシュ
 学名 Foa hyalina
スズキ目 / テンジクダイ科 / タイワンマトイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深 -7m 大きさ約40mm
英名 Hyaline Cardinalfish
生息域 フィリピン、インドネシア、パラオ、パプアニューギニアなど

水深が2m~15mほどの潮通しの良い珊瑚礁域に生息するブルームウミアザミに隠れる
様にして生息しております。
体高は高く大きく側偏しており体地色は透明がかった乳白色にて、頭頂部から吻端に
かけて2本、眼から放射状に複数本のそれぞれ赤茶褐色の斜帯が入り、体側面の中ほど
にも赤茶褐色の横帯が複数本入ります。
また第1背鰭と腹鰭は透明色に赤茶褐色と白色のまだら模様があり、第2背鰭と臀鰭、
尾鰭の各棘は薄桃色にて鰭膜は透明です。

HyalineCardinalfish20170210g

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目 > テンジクダイ科

Feed

Page top