かじきあん > ブログ トップ > スズキ目

Category / スズキ目

    • 2017
    • 06/22

ゴシキキュウセン その3

本日報告させていただくホンベラ属の種は、見かけたら直ぐにファインダー越しに
見ながら追いかけて追いかけて泳ぎまくって、止まった瞬間を狙ってシャッターを
切って、また再び追いかけて追いかけて泳ぎまくって撮影して、って事を延々と
繰り返します。

当然ながら、その泳いでる間はファインダー越しに本種を見ているだけなので珊瑚や
岩等にぶつかる事もしばしば、それでもなかなかベスト写真が撮れない強敵です。
まさにベラ撮影はスポーツと思える戦いです。

今回も「やった~撮れたぞ~!」と思っても、残念ながら腹鰭が開いておりません。
でもそんな風に追いかけて泳ぎまくってる時って、凄く楽しくてたまりませんよね。

goshikikyuusenFe20170211c
ゴシキキュウセンの雌 学名 Halichoeres richmondi
 スズキ目 / ベラ科 / ホンベラ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約70mm
英名 Richmond`s wrasse
生息域 小笠原諸島、屋久島、西表島 ~ 台湾、西部太平洋域など。

比較的に浅い水深の、潮通しの良い珊瑚礁域に生息しております。
体形は吻端から頭部にかけて細長く、雌の体地色は橙色にて体側面の吻端から尾弊部に
かけて全身に淡水色の縦帯が複数本入り、白色で縁取られた黒色の眼状斑紋が背鰭の
基底部の先端と真ん中あたり尾弊部の背側の3カ所に入る事などが特徴です。
またの体地色は赤褐色にて体側面の鰓蓋以降、尾鰭まで全身に渡り青緑色の鎖模様が
繋がった様な縦帯が複数本入ります。

近似種の アミトリキュウセン は体側面が黄色のドット模様である事や、カザリキュウセン
縦帯のゴツゴツ感が本種の鎖模様より滑らかな事や個体によっては横帯模様が混じる事
等で識別が可能です。

本種の観察報告は、こちらを どうぞ。

    • 2017
    • 06/20

サンゴトラギス その3

一緒に暮らし始めてから約40年にて、夫婦初めての共通の趣味のポケモンGO。
最近は毎夜の如く、その日にジムからやっつけられて帰ってきたモンスターを再び
ジムに乗せにと、夫婦そろって行くこ事が多かったんですが今夜はひと休み。

未だにポケモンGOを楽しんでる方ならご存じの様に、本日未明からジムの戦いの
システム変更の為にリセットとなり、しばらくはジム戦は休止になります。
自分が乗せていたモンスターも朝方からポツポツと帰ってきて、正午過ぎには合計
14匹のモンスター全てが戻ってきました。

ジム戦をリニューアルして面白くするのは歓迎しますが、その為に今まで苦労して
乗せてきたのを単純にリセットするのは、ちょっとなぁ。
リスタートするまで、そのままにしておくと言う方法は採れなかったのか。
ちょっと不満が残るアップデートでしたね。

sangotoragisu20170413a
サンゴトラギス  学名 Parapercis multiplicata
 スズキ目 / トラギス科 / トラギス属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-18m 大きさ約70mm
英名 RedBarred sandperch
生息域 小笠原諸島、伊豆諸島、和歌山県以南 ~ 琉球列島、など。

珊瑚礁周りの水深が10m~20mぐらいの潮通しのよい砂礫域底や、礫混じりの砂底に
生息していて、ほとんど遊泳はしません。
体地色は白色にて体側面の背側は淡褐色の鞍条横帯があり、腹側には赤褐色の幅の狭い
横帯が並びます。
また背鰭前方部分に赤色の斑紋があり、背鰭軟状部に小黒班が縦一列に並びます。

近似種の ハワイトラギス は、腹側の横帯が背側の鞍条横帯が太さが同じぐらいな事で
識別が可能です。

sangotoragisu20160424csangotoragisu20140705bsangotoragisu20150803b
撮影 2015年~2016年:高知県宿毛市鵜来島、高知県大月町柏島

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/19

カクシヤツトゲテンジクダイ その4

先ほど夕食前に今日はやけにお腹が空いてるな~と思って、気づきました。
所用で16時には仕事を切り上げる為にと、ランチを取らずに働いてたんでした。
そう言えば先日重要な仕事のアポ取りをしたと思って忘れてた事がありましたし、
数時間前の事を忘れているとは、決して若くはありませんが若年性痴呆症と言う
病気の初期症状なのか。

なんて考えながら当観察報告を書いていて、部屋の中がどうにも暑いと思うと
なんと気温30度の湿度が44%、全然ジメジメして無いの判りませんでした。
毎年真夏にご高齢の方がエアコン付けずに部屋の中で熱中症を発症とのNEWSを
よく耳にしますが、自分も気をつけないとならない世代になってきた様です。

kakushiyatutogetenjikudai20170210b
kakushiyatutogetenjikudai20170210ekakushiyatutogetenjikudai20170210d
カクシヤツトゲテンジクダイ 学名 Neamia articycla
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヤツトゲテンジクダイ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約30mm 
英名 Circular cardinalfish
生息域 琉球列島、 ~ 西部太平洋域、インド洋熱帯域など。

比較的に浅い水深から30mぐらいの珊瑚礁域や暗礁の潟にて、珊瑚礫や瓦礫の下や
礫石などの下などに夜でも隠れる様にして棲息しております。
体型はやや細長い卵型で則偏しており、吻部は尖り吻端に2本の長い前鼻管が有り、
吻端から後頭部にかけての背縁は直線的かわずかにくぼみます。
口は大きく第1背鰭の棘数は8棘にて、体地色は赤みががった茶褐色にて尾鰭は赤み
がかった黄色です。
下唇には顎まで届く白線が複数あり、眼から斜め後ろ上方向と下方向にそれぞれ
黒色斜線が2本伸びており、鰓蓋に白色で縁取られた黒色から藍色の大きな斑紋が
有る事などが特徴です。

kakushiyatutogetenjikudai20170207b
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約30mm 
今回の写真もガイドさんが見つけて教えて貰った個体ですが、自分で見つけて撮ると
こんな感じで背鰭とじとじです。

kakushiyatutogetenjikudaiB20170207a
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約30mm 
こちらも同様に自分で見つけた別個体。
お腹がぽっこりと膨らんでいて、ご出産間近でしょうかね。

kakushiyatutogetenjikudai20150903e
撮影2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約30mm 
こちらは以前に撮影した口内保育中の姿です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/16

ツースポットコーラルフィッシュ その3

優勝目前にしたTOYOTA車が、ラスト3分にパワーダウンで完走出来なかった
あの悔しさから1年、今週末はルマン24ウィークです。
今年のWECレースでの第3戦にもなりますが、そのWECの第1戦シルバーストーン、
第2戦スパと TOYOTAは連勝にて、特にスパでは1-2フィニッシュ。
そして昨日行われた予選走行では8号車がポールポジション獲得で7号車が2位と、
フロントローを独占しました。

明日17日の21時~25時のスタート前後と、18日の13時~23時のゴール前後の
時間帯は TOYOTA GAZOO Racing が、JSPORTSでのル・マン生中継番組と同じ
内容の映像をWeb配信してくれます。
今年もF-1で HONDA がパッとしない中、TOYOTA が楽しみですね。

TwospotCoralfish20170211a
TwospotCoralfish20170211dTwospotCoralfish20170211b
ツースポットコーラルフィッシュ 学名 Coradion melanopus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / タキゲンロクダイ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約150mm
英名 twospot coralfish、twoeyed coralfishなど
生息域 フィリピン、インドネシア、パプアニューギニアなど。

水深が10mぐらいの珊瑚礁域や、岩礁域に単独、もしくはペアで生息しております。
背鰭棘数は10本とタキゲンロクダイ属では最も多く、体地色は白色にて頭部に眼の上を
横切る1本と、背鰭基部から腹部にかけて鰓蓋の上を通る1本と少し離れて1本のそれぞれ
背鰭基部あたりでは茶褐色で腹部にかけて暗褐色に変わる太い横帯が入り、その後ろには
前後を橙色の横帯に縁取られた濃灰色の横帯が入ります。

また背鰭第2棘に黒色斑が入り、背鰭後部の軟条部と臀鰭軟条部に白色で縁取られた黒色の
眼状斑がそれぞれ1個入る事などが特徴です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/15

アマミスズメダイ その9

Facebookの方には少し書きましたが、昨日の朝の通勤途中に会ったネネちゃんから、
「マヌカハニーとパンに塗ってどっちが美味しいか比べたいから、この間の蜂蜜が
まだあったらちょうだい」と言われ、奥さんに届けてもらいました。

そして今朝ネネちゃんに会った時に「マヌケなハニーと、どっちが美味しかった?」
と聞くと「マヌケじゃないよ、マヌカだよ!」と真面目に返されました。
残念、小学1年生にはまだこの手のジョークは通じない様です。

amamisuzumedaiYg20170413a
amamisuzumedaiYg20170413bamamisuzumedaiYg20170413g
amamisuzumedaiYg20170413f
アマミスズメダイ  学名 Chromis chrysura
スズキ目 / スズメダイ科 / スズメダイ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-22m 大きさ約30mm
英名 Stoutbody chromis
生息域 南日本~台湾、西インド諸島、モーリシャス、フィジーなど

水深が5m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域等で観察が出来、成魚は群れを形成して
生息しておりますが、幼魚の頃は群れは作らず、単独で珊瑚や岩などの隙間に隠れたり
しながら生息しております

成魚の体色は黒褐色にて、背鰭の軟条部と臀鰭の後部を結ぶ位置より後ろは淡色であり、
シコクスズメダイ の成魚と非常に良く似ておりますが、本種の方が体高が高くて鱗が
粗めで良く目立つことや、本種の背鰭の軟条数が本種は14本~15本であるのに対して、
シコクスズメダイ は12本~13本であること等で識別が可能です。

また幼魚の小さな頃の体地色は黒みがかった鶯色にて、各鰭の縁と、頭にV字型に蛍光
ブルーの色彩が入り、ひと目で本種と識別が出来ます。

amamisuzumedai20161224a
amamisuzumedai20161224camamisuzumedai20161224f
amamisuzumedai20161224g
撮影 2016年12月:和歌山県串本町紀伊大島須江 内浦 水深-7m 大きさ約80mm

こちらは水温が18度に下がっても頑張ってました。
このまま年を越しても居てくれるかなと思ってましたが、2月末に潜ったときには
見かけませんでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/14

オシャレハナダイ その6

当観察報告は基本的に過去半年以内に撮影した写真を中心にして書かせていただいて
おります。
本日も本種を4月に撮影したものと思って書いており、大まかに書き終えてから写真を
選択していたら大きな勘違いで、直近に撮影したのは昨年6月でした。
いつもであればボツ原稿にして違う生物に置き換えるところですが、たまたま今回は
書き貯めておいた原稿も無く日付が変わる迄の時間も少ない事から、このまま使わせて
いただきました。

osyarehanadai20160612bosyarehanadai20160612a
オシャレハナダイ  学名 Plectranthias pelicieri
 スズキ目 / ハタ科 / イズハナダイ属

撮影 2016年6月:高知県大月町柏島 ラスベガス 水深-34m 大きさ約80mm
英名 Pelicier’s Parchlet
生息域 伊豆諸島、和歌山県、高知県、琉球列島、
             インド洋モーリシャス、ニューカレドニアなど

水深が35m~70mぐらいの珊瑚礁域のがれ場などにて、普段は岩穴や岩陰に隠れる様に
生息しており、多くのイズハナダイ属の生物がそうである様に遊泳やホバリングはせず、
移動するときは海底を這う様にして動きます。

体地色は鮮やかな赤色にて、体側面の胸鰭から尾柄部にかけて白色の横帯が筋状に不規則に
入り、頭部から体側面の中心あたりまでは黄色と白色の不規則な小斑紋が散在します。
鰓蓋には、外縁部が黄色のリング状で中心が赤色の眼状斑があり、第1背鰭は蛍光黄色にて
棘状に伸長し各棘に赤色斑点が入ります。
また第2背鰭と尾鰭の鰭膜は透明色にて黄色の小斑点が散在し、腹鰭と臀鰭は赤色と白色の
模様で構成されるなど非常に綺麗な色彩模様をしております。

osyarehanadaiB20140223e
osyarehanadai20140223k
撮影 2014年2月:和歌山県串本町紀伊大島須江 ナギザキ 水深-30m 大きさ約70mm

2014年、この年は本種を一番多く観察した年でした。
紀伊大島須江のボートポイントのナギザキ、この頃には見に行こうと思えばほぼ確実に
観察出来る様になってます。

osyarehanadai20140804c
撮影 2014年8月:高知県大月町柏島 ラスベガス 水深-35m 大きさ約80mm

このポイントも見ようと思えば、ほぼ確実です。

osyarehanadai20141103a
撮影 2014年11月:和歌山県串本町紀伊大島須江 内浦 水深-10m 大きさ約60mm

そしてこれはかなり意外な観察ポイント、自分のダイビングの師匠 かじきあん の社長が
最初に見つけましたが、何でこんな水深にって感じでした。
ただこの場所の直径10m近辺は、過去にも キシマハナダイ や、ベニヒレイトヒキベラ
デルタスズメダイ の幼魚が観察出来ているところなので、何か珍しい種が流れ着いてくる
特別な理由が有るのかなと思ってます。

osyarehanadai20141121c
撮影 2014年11月:高知県大月町柏島 勤崎 水深-30m 大きさ約80mm

こちらは自分にしては珍しく背景の色が変わってるなと思って、絞って撮影した写真です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/12

カスミヤライイシモチ その2

本日のアポゴンマンディは、意外にも8年振りに観察報告のアポゴンです。
書いていて気がついたのは生息域に、生息してるように思える高知県も和歌山県も
記載されておりません。
そりゃなかなか撮影してない訳ですね。

kasumiyaraiishimochiC20170207c
kasumiyaraiishimochiC20170207a
カスミヤライイシモチ  学名 Cheilodipterus artus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヤライイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-10m 大きさ約80mm
英名 Wolf Cardinalfish
生息域 屋久島 ~ 琉球列島、台湾、香港、西部太平洋域、インド洋など。

水深が3m〜25mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域の内湾に少数匹の群れを成し、日中は
珊瑚の枝間や岩穴奥、岩陰などに潜む様に生息しております。
体地色は銀白色にて吻端から尾柄部まで茶色の縦帯が7本入っており、尾柄部には
太い黒色の横帯が入ります。
各鰭の鰭膜は透明にて各棘は茶色、尾鰭の両端は黒色に縁取られます。

また幼魚の頃の尾柄部は大きな黄色の斑紋が入りますが、その中心部には黒色の
斑紋があり、成長すると共に太い黒色の横帯に変わります。

kasumiyaraiishimochiA20170207a
kasumiyaraiishimochiA20170207ekasumiyaraiishimochiA20170207b
撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-10m 大きさ約100mm

kasumiyaraiishimochiE20170207a
撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-10m 大きさ約100mm

こちらは幼魚から成魚へとの変化中の色彩のまま成魚になった個体です。
別種かと思って調べてましたが、洋書の図鑑にバリエーションとして紹介されて
ました。
たまに見る幼魚カラーのデカい ツユベラ みたいなもんでしょうね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/11

メシマウバウオ属の1種 その2

Facebookでは既に報告済みですが、今日の午前中は本日が最終日の名古屋市博物館の
シーボルト展を観て来ました。

今まで自分はシーボルトと言うと教科書で学んだ、当時は極秘情報であった日本国の
地図を国外に持ち出そうとして日本から国外追放された”シーボルト事件”ぐらいしか
知りませんでしたが、当時の日本の民族品や植物、工芸品、文化など多く収集されて
オランダやドイツに日本博物館を作った方と知りました。
展示品の中には日本国内には残されてない物も有り、非常に面白い展覧会でした。

meshimaubauoSp20170413c
meshimaubauoSp20170413gmeshimaubauoSp20170413e
メシマウバウオ属の1種  学名 Pherallodichthys sp.
 スズキ目 / ウバウオ科 / メシマウバウオ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-4m 大きさ約20mm
生息域 八丈島、伊豆大島、和歌山県、高知県、愛媛県、屋久島など。

春から夏にかけて、水深が10m以浅の岩礁域にて根の下や岩の隙間などに少数匹で生息し、
岩壁の横や陰などに産み付けられたスズメダイ類やヘビギンポ類の卵を捕食する姿が
観察されますが、それ以外の季節にはほぼ観察されません。
体側面に濃褐色の太い横帯が3本有り、それらの横帯の間は茶褐色、頭部は濃褐色に染まり
それらには白色の虫食い模様が入ります。

以前では本種は メシマウバウオ Pherallodichthys meshimaensis と考えられてましたが、
近年になり同属の未記載種と改められております。

meshimaubauoSp20160612h
meshimaubauoSp20160614h
撮影 2016年6月:高知県大月町柏島 水深-4m 大きさ約20mm

これは昨年6月に撮影したものですが、この時は団体で捕食に勤しんだおかげかお腹を
大きく膨らませておりました。
今回の撮影は4月にてまだ現れ始めたばかりだったのか、せいぜい2匹ぐらいしか1度に
観察出来ませんでした。
本種を観察するなら今の時期が旬かと思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/10

ベニサシコバンハゼ その2

先日も書きました様に、1週間の休暇の為に仕事を10日間ほど前倒しでやっつけたお陰で
先日から4日間の家出を計画し、今朝、奥さんに体調の事を尋ねると調子は良いそうですが
白血球の数値が悪いままらしくて、医師が言うには数値が良くならない限り再び動けなく
なる様な腹部への激痛と発熱を発症する恐れがあるとの事だそうです。

今回も「 国内なら何かあっても、車で直ぐに戻ってこれそうだから行って来たら」とは
言われましたが、いやいや万が一にもそんな風に再発したら、この後、死ぬまで文句を
言われ続けそうで、当面の間は外泊は出来そうにありません。

benisashikobanhaze20170208g
benisashikobanhaze20170208ebenisashikobanhaze20170208c
benisashikobanhaze20170208a
ベニサシコバンハゼ  学名 Gobiodon histrio
 スズキ目 / ハゼ科 / コバンハゼ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ約20mm 
生息域 高知県、西表島、フィリピン、パラオなど

珊瑚礁域の内湾の浅い水深にて、ミドリイシ科等のテーブル状珊瑚の枝間に単独、もしくは
ペアで生息しております。
体地色は明緑色にて、吻端から胸鰭にかけて眼の上の位置から下顎にかけて数本の赤色の
横縞が、胸鰭より尾柄部に掛けては複数の赤色の縦縞が走ります。

近似種の アカテンコバンハゼ は、本種での赤色の横縞と縦縞が全て赤色の小斑点で有る事、
また シュオビコバンハゼ は顔面の赤色の横縞が本種の様に眼の上の位置からで無く、
眼の横から下に掛けて伸びる事、胸鰭より後ろに赤色の縦縞は無く、全て赤色の小斑点で
ある事等で、それぞれの識別が可能です。

benisashikobanhaze20160908kbenisashikobanhaze20160908hbenisashikobanhaze20160908c
撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ約20mm

今まで何度チャレンジしても、真横全身姿の撮影が出来て無い生物のひとつです。
生息環境が珊瑚の中と言う事も有りますが、いつかは全身を綺麗に撮りたいものです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/09

クラウン・アネモネフィッシュ

今朝いつもの様に集団登校の分団集合の場所でネネちゃん達に会いましたが、みんな
そろって道路の縁の排水溝の金網の中を覗いております。
どうやら小学生の誰かの名札が落ちているらしいので、自分が金網を持ち上げて取って
あげると歓声が上がり「ありがとう~」とお礼の言葉をいただけました。

取り出した名札を見てみると、どうやら知ってる小学生の子のらしく「良かったね~」と
嬉しがっております。
大人だけの家族生活になりいつの間にか薄れてしまってましたが、最近毎朝こう言った
純粋な感情を見せて貰えて嬉しく思えます。

ClownAnemonefish20170209aClownAnemonefish20170209cClownAnemonefish20170209d
クラウン・アネモネフィッシュ 学名 Amphiprion percula
 スズキ目 / スズメダイ科 / 属

撮影 2017年2月:フィリピン カビラオ島 水深-5m 大きさ約40mm
英名 Clown Anemonefish、Orange Clownfish、Eastern Clown Anemonefish など
生息域 西部太平洋域、インド洋域など。

水深が 1m~15mほどの珊瑚礁域にて、シライトイソギンチャクやセンジュイソギンチャク、
ハタゴイソギンチャクにペア、もしくは少数匹の群れで共生しております。
体地色は赤橙色にて体側面に黒色で縁取られた太い白色の縦帯が3本入りますが、地域による
色彩変異も多く見られます。

近似種の カクレクマノミ は太い白色の縦帯が黒色で縁取られない事などで識別が可能にて
カクレクマノミ に比較して東の海域に分布している事から イースタン・クラウン・アネモネ
フィッシュと呼ばれたり、体をくねらせて泳ぐ姿が滑稽に見える事から、道化師=Clown と
呼ばれたりしております。
因みに、種小名の percula は「奇妙な、もしくは奇形な」魚と言う言葉だそうです。

ClownAnemonefish20121201a
ClownAnemonefish20121201b
撮影 2012年2月:フィリピン マクタン島 水深-8m 大きさ約40mm

ご存じの方も多いと思いますがディズニー映画の「ファインディング・ニモ」のモデルに
なった魚です。
意外と カクレクマノミ がモデルと勘違いしている方も多いみたいですが。

かじきあん > ブログ トップ > スズキ目

Feed

Page top