かじきあん > ブログ トップ > アンコウ目 > カエルアンコウ科

Category / カエルアンコウ科

    • 2017
    • 08/09

ヒメヒラタカエルアンコウ その4

自分以外の方も感じられた事があるかも知れませんが、水中でガイドさんが
被写体を見つけられて指示される方向を見ても判らず、モタモタと捜してる
間に居なくなってしまい折角の撮影チャンスを逃してしまう。
そんな事が、いっぱい魚を覚えなければダメだと自分が思ったきっかけでした。

なんて名前なのか?、いつも見てるのとどこが異なるのか?、珍しいのか?
判っていればガイドさんが教えてくれた時にすぐ、もしくは教えて貰う前でも
自分で見つける事が出来るからと。
しかし残念ながら当観察報告を書いた時は記憶していても、しばらくすると
スカッと忘れてしまう。
10代の頃の記憶力抜群の脳みそが、売ってるもんなら直ぐにでも買いたいです。

himehiratakaeruankou20170712a
himehiratakaeruankou20170712L
himehiratakaeruankou20170712i
ヒメヒラタカエルアンコウ  学名 Antennarius randalli
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属 

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-18m 大きさ約30mm 
英名 Randall’s frogfish
生息域 伊豆、小笠原諸島、南日本の太平洋岸、琉球列島、中部、西部太平洋など。

岩礁域や珊瑚礁域などにて、岩根の際や転石下、底域に廃棄された漁網くずの中などに
生息しております。
第1背鰭と第2背鰭のあいだに切れ目が無く、カエルアンコウ属の中では極めて体型に
厚みが無い事などが特徴。
体色は黒色、濃茶色、赤褐色、白色など多くの色彩があり、鼻筋から吻端にかけて白色の
縦帯が入ったり、尾鰭の上下に白色斑紋が入る個体が多く観察されます

himehiratakaeruankou20170712hhimehiratakaeruankou20170712c

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 07/18

カエルアンコウモドキ その4

今日から奥さんが、尿路結石の摘出手術にて3泊4日の入院となりました。
入院期間中はポケGOのジムのパトロールが出来ないと思い昨夜ジムパトロールに
誘いましたが、それよりも入院中の自宅の花の水やりを自分に伝える事の方が
大事な様で、延々と詳しく水のやり方を伝授されました。
間違えても留守の間に枯らせてしまわない様にと、ヒヤヒヤです。

kaeruankoumodoki20170713a
kaeruankoumodoki20170713b
kaeruankoumodoki20170713e
カエルアンコウモドキ  学名 Antennatus tuberosus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウモドキ属 

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-12m 大きさ約20mm
英名 Bandfin frogfish
生息域 小笠原諸島、八丈島、大瀬崎、高知県柏島、奄美大島、伊江島、
    宮古諸島、石垣島、フィリピンなど。

水深が17m以浅の珊瑚礁域や岩礁域にて、珊瑚の隙間や転石の下、岩壁の隙間などに
隠れる様に生息しております。
カエルアンコウ科の多くの種が吻上にエスカ(疑似餌)を持つのに対して本種は無く、
代わりに背鰭第2棘の長さが1.5倍~2倍ほどの先端が尖る細長い棘が有り、それを
くねらせて魚を誘い捕食します。
その他、臀鰭後端が尾柄部と鰭膜で連続する事などで同属他種から区別が可能です。
体色は乳白色に薄茶色の模様や薄黄色に茶褐色の模様、赤褐色、茶褐色など様々な
色彩タイプがあります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/08

イロカエルアンコウ その4

先日、前立腺癌全摘出術5年後の検査を受診しました。
結果はPSAの数値は0.008>にて異常なく、これで術後の定期検査は目出度く卒業。
今後は年に1度の健康診断時に数値を計って貰う事になりましたが、ドクター曰く
「でもここまでの精度は計れないとは思いますよ」。

何の事かなと良く見ると、5年前の術後の検査では数値は0.05>でしたが、今回は
0.008>と、精度が1/100単位から1/1000単位とへ上がってました。
確かにここまでの精度の測定が出来る病院は少ないのかも知れませんね。

irokaeruankou20170218g
irokaeruankou20170218eirokaeruankou20170218i
irokaeruankou20170218c
イロカエルアンコウ  学名 Antennarius pictus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 白野ビーチ 水深-6m 大きさ40mm 
英名 Painted frogfish
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、太平洋域、東部太平洋の熱帯域など

比較的に浅い水深の岩礁域や、珊瑚礁域の沿岸部に生息しております。
体色は赤色、オレンジ色、黄色、白色、紫色など多色におよび、他のカエルアンコウ属との
識別点は、本種は第2背鰭の棘 ( 眼の上の前の突起部 ) を覆う皮膚があまり肥厚しなくて、
その後ろの鰭膜との境界が比較的に明瞭なことです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 10/22

カエルアンコウモドキ その3

先日の朝、とあるTV番組の星座占いで「蠍座の方は、今日はいつもよく行く所で
素敵な出会いがあります」との占い結果が出てました。

良く行く場所?
自宅、会社は当たり前ですから、その次によく行く所と言うと・・・
匡平のお墓。

とても素敵な出会いがある所には思えませんが。

kaeruankoumodoki20151014i
kaeruankoumodoki20151014j
kaeruankoumodoki20151014d
カエルアンコウモドキ  学名 Antennatus tuberosus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウモドキ属 

撮影 2015年10月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ100mmぐらい
英名 Bandfin frogfish
生息域 小笠原諸島、八丈島、大瀬崎、高知県柏島、奄美大島、伊江島、
    宮古諸島、石垣島、フィリピンなど。

水深が17m以浅の珊瑚礁域や岩礁域にて、珊瑚の隙間や転石の下、岩壁の隙間などに
隠れる様に生息しております。
カエルアンコウ科の多くの種が吻上にエスカ(疑似餌)を持つのに対して本種は無く、
代わりに背鰭第2棘の長さが1.5倍~2倍ほどの先端が尖る細長い棘が有り、それを
くねらせて魚を誘い捕食します。
その他、臀鰭後端が尾柄部と鰭膜で連続する事などで同属他種から区別が可能です。
体色は乳白色に薄茶色の模様や薄黄色に茶褐色の模様、赤褐色、茶褐色など様々な
色彩タイプがあります。

kaeruankoumodoki20141122c
kaeruankoumodoki20141122d
撮影 2014年11月:高知県大月町柏島 水深-7m 大きさ60mmぐらい

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 07/04

オオモンカエルアンコウ その2

今日は21時からのF-1イギリスGPの予選を生放送で見ようと、早めに帰社しました。
開始前から高速サーキットのシルバーストーンにてマクラーレンHONDAには不理かと
言われてましたが、さて結果はどうでしょう。
自分は決勝レースよりも予選Q3のラスト3分間が一番好きなんですが、今回もQ3の
ファーストアタックは下馬評通り1列目はメルセデス、2列目ウィリアムズに3列目が
フェラーリ、そして大好きなセカンドアタックのラスト3分間は。
これ以上書いちゃうとみてない方に怒られそうなので伏せときます。

さて本日の観察報告は本当は先日アップしようとしてたところ、アップする当日に
岡山市在住のメルヘン写真で有名なカメラ女子のMさんが、カエルアンコウの可愛い
写真をいっぱいアップされていたので、共通の友達も多い事から自分のヘボ写真と
比較されてしまうとこりゃ大変と、急遽、日程をずらして本日にしました。
いつも観察報告は2~3件書き貯めてストックしてますので、こんな時は助かります。

oomonkaeruankou20150511h
oomonkaeruankou20150511k
オオモンカエルアンコウの幼魚  学名 Antennarius commersoni
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2015年5月:高知県柏島 後浜 水深-12m 大きさ30mmぐらい 
英名 Giant Flogfish
生息域 小笠原諸島、伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、
      山口県以西南の日本海側 ~ 琉球列島、太平洋域、インド洋域など。

岩礁域の珊瑚礁域にて沿岸の浅い水深から45mぐらいまでに多く生息しており、大きな
根の横面や岩壁などに付いているカイメン類や、ウミシダ類などに寄り添う様にして
おります。
カエルアンコウ属としては比較的に大きく生長する種にて、背鰭第2棘は著しく肥厚して
おり、後方の鰭膜はとても小さくて第2棘との境目が不明瞭です。
胸鰭の軟条は分枝しており、体色は赤色や茶褐色、ピンク色、白色、薄黄色、赤橙色など
変異にとんでいて、体側面の斑紋模様も様々なタイプが観察されます。

oomonkaeruankou20150508a
この子は、よく動いてました。
oomonkaeruankou20150508b
oomonkaeruankou20150508c
oomonkaeruankou20150508i
oomonkaeruankou20150508eoomonkaeruankou20150510b
oomonkaeruankou20150510f
撮影 2015年5月:高知県柏島 後浜 水深-9m 大きさ30mmぐらい 

oomonkaeruankou20150207b
oomonkaeruankou20150207doomonkaeruankou20150208b
撮影 2015年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦 水深-7m 大きさ25mmぐらい

oomonkaeruankou20080810c
oomonkaeruankou20080810a
オオモンカエルアンコウの成魚
撮影 2008年8月:三重県尾鷲市三木浦 ナナコのダボ 水深-12m 大きさ100mmぐらい 

oomonkaeruankou20070919a
撮影 2007年9月:和歌山県串本 水深-16m 大きさ200mmぐらい

なんでこの子達は大きくなると、きちゃなくなっちゃうんでしょうね。

本種は大型になれば同定しやすくなりますが、幼魚の頃は イロカエルアンコウ との
識別が非常に難しく、本日掲載した写真も間違っているのが有るかも知れません。
まぁ研究者でも無い自分たちですので、水中の中やログ付け時には言い切ったモン
勝ちとの姿勢でおりますので、間違っていたとしてもご容赦願います。

    • 2015
    • 02/03

ウルマカエルアンコウ

この歳になって先日初めて知りましたが、節分とは季節の分かれる日の事だそうです。
なので年に4回あって、今日の節分は立春の前日、明日から立夏の前日までが春となり立秋、
立冬と続き、これらの前日が全て節分の日だそうです。
ついでに言えば立春と立夏の間には春分、立夏と立秋の間に夏至、立秋と立冬の間に秋分が
あり、立冬と立春の間に冬至があります。
春と秋は分けられるのに、夏と冬は至るんですね、昔の暦は風情があっていいですね。

さてここしばらく先月のマクタン研修での観察報告が続いておりましたが、本日はいつもの
南紀からの観察報告です。

urumakaeruankou20150111a
urumakaeruankou20150111gurumakaeruankou20150111c
urumakaeruankou20150111f
urumakaeruankou20150111k
urumakaeruankou20150111h
ウルマカエルアンコウ  学名 Antennarius coccineus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2015年1月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-6m 大きさ50mmぐらい 
英名 Freckled Frogfish
生息域 八丈島、和歌山県、琉球列島 ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域や、珊瑚礁域の沿岸部にて根や大きめの岩などの裏側や亀裂の天井部など比較的に
日が当たらない様な所に単独で生息しております。
他のカエルアンコウ属と比較してエスカ(疑似餌)の形状が丸く、背鰭と臀鰭の後端から直ぐに
尾鰭が広がり、尾柄部が無い事などで本種と識別が可能です。
体地色は赤橙色、赤褐色、クリーム色など様々です。

    • 2014
    • 11/18

イロカエルアンコウ その3

さて本日の観察報告は、再び今シーズンの内浦ビーチ特集の12回目です。
先週末は仕事でしたので毎週末内浦ビーチは3週連続で途切れてしまい、今週は久々に
平日のダイビングで異なるポイントにて、12種も紹介すればそろそろ内浦ビーチネタも
乏しいところですが、次の予定は月末。
それまではちょっと、特集は途切れ途切れになりそうです。




イロカエルアンコウ  学名 Antennarius pictus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2014年11月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-16m 大きさ30mmぐらい 
英名 Painted frogfish
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、太平洋域、東部太平洋の熱帯域など

比較的に浅い水深の岩礁域や、珊瑚礁域の沿岸部に生息しております。
体色は赤色、オレンジ色、黄色、白色、紫色など多色におよび、他のカエルアンコウ属との
識別点は、本種は第2背鰭の棘 ( 眼の上の前の突起部 ) を覆う皮膚があまり肥厚しなくて、
その後ろの鰭膜との境界が比較的に明瞭なことです。


過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 11/08

カエルアンコウ その4

今シーズンの内浦ビーチで観察できてる生物特集、第5弾は再び誰でも見つけられて、
コンデジでも綺麗に撮れる生物の観察報告です。




カエルアンコウ  学名 Antennarius striatus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2014年11月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ90mmぐらい 
英名 Trilobate frogfish
生息域 本州中部以南 ~ 東太平洋を除く、全世界の温帯域や熱帯域。

沿岸の水深200m以浅の砂底、または砂泥底に生息しております。
体型は側扁し丸みを帯びていて、移動時は胸鰭が変化した足で海底を歩くが、危険を
感じた時などは短距離のジャンプをする様にして泳ぎます。
吻上の棘の先端にあるエスカを疑似餌として小魚を誘い込み、瞬時に大きく開けた口で
飲み込んで捕食します。

今シーズンの内浦ビーチの カエルアンコウ は黄色が流行の様でして、どうやら3個体ほど
生息している様子です。
自分は未だ2個体しか観察しておりませんが、この2個体は南と北に離れておりますので
次回は3個体目を探しに行こうと思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 01/04

クマドリカエルアンコウ その4

さて本日も昨日に引き続き、目出度い紅白模様の生物報告です。

2012年の夏から自分は Nikon D800 と言うカメラを海の中で使っております。
わざわざ海の中と書いたのは陸上ではデカいカメラは重く、偶にコンデジの Canon S120を
使うか、ほとんど iPhoneで撮影しているからです。

約1年半ほど海の中で使っているD800、既に15,000枚ほど撮影しましたがボケ写真撮影には
最高でも、高画質の為か自分の様にカチコチ写真を撮るには全身にピントを合わせるのが
難しくて、いつも以前に使っていた Nikon D300 に戻そうかと悩んでおります。
しかし戻せない要因が本日の様に白色の生物の写真撮影、D800は白飛びに強くて D300では
飛んでたと思う白色が綺麗に撮せます。
と言う事で、今年も一年、毎回悩んで撮影する事になりそうですね。



クマドリカエルアンコウ  学名 Antennarius maculatus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2012年10月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ40mmぐらい 
英名 Cloun flogfish
生息域 南日本 ~ インド洋、太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、比較的に12m位までの浅い水深に生息しております。
背鰭第二棘の鰭膜が薄くて大きい事、眼のすぐ後ろから背部に繋がる明瞭な帯が有ること
などで他のカエルアンコウ属の生物と識別が可能です。


撮影 2013年5月:柏島 後浜 水深-10m 大きさ40mmぐらい 

と、こんな風に小さな頃は、お肌がツルツルでとっても可愛い本種ですが、大きく育ってしまうと



撮影 2013年9月:柏島 後浜 水深-10m 大きさ120mmぐらい 

こんな風にイボイボのお肌になってしまい、いかつい顔になってしまい。
残念ながら、もう可愛いとは言えない存在になってしまいます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2013
    • 11/06

イロカエルアンコウ その2

ここ名古屋では、中日ドラゴンズの落合GMによるドライな査定による選手の年俸査定が
話題になっておりますが、自分的には正しい査定だなと見ております。

プロで有るかぎり成績=報酬金額は当りまえの事、自分の様な中小企業の役員はその年の
会社の収益結果によって報酬が増減するのは普通の事ですから、個人事業者のプロ野球
選手の不成績の結果による大幅downは当然かと思います。
むしろこんな当たり前の事をキチンとやってくれる落合GMが居れば、来年のドラゴンズは
期待できそうですね。



イロカエルアンコウ  学名 Antennarius pictus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2013年11月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ40mmぐらい 
英名 Painted frogfish
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、太平洋域、東部太平洋の熱帯域など

比較的に浅い水深の岩礁域や、珊瑚礁域の沿岸部に生息しております。
体色は赤色、オレンジ色、黄色、白色、紫色など多色におよび、他のカエルアンコウ属との
識別点は、本種は第2背鰭の棘 ( 眼の上の前の突起部 ) を覆う皮膚があまり肥厚しなくて、
その後ろの鰭膜との境界が比較的に明瞭なことです。

今回の観察報告を書いていて、当観察報告に於いてカエルアンコウ属の観察報告が少ない事に
気づきました。
結構、色んな所で撮ってるつもりですが、カエルアンコウ属の識別に自信が無い事が、第一の
原因と思われます。
もっとカエルアンコウ属の勉強を増やして、これからは観察報告数の増加に頑張ろうと思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > アンコウ目 > カエルアンコウ科

Feed

Page top