かじきあん > ブログ トップ > トゲウオ目 > カミソリウオ科

Category / カミソリウオ科

    • 2017
    • 11/30

カミソリウオ その5

少し前に書いたエスカレーターを歩く人の問題を、先日の朝のTV番組で
取り上げられてました。
エスカレーターの製造業者さんも出演し説明されてましたが、やはり人が
歩いたり走ったりした時の振動で緊急停止する事があるらしく、非常に
危険なので手すりを掴んで静止して乗って欲しいと注意喚起されてました。

なんでも世界15ヶ国で調査したら15ヶ国全ての国で、歩行する人の為に
片側を空ける悪しき習慣が根付いているとの事。
歩行する方自身が転倒してとか、止まっている人の傘や杖を引っかけて
転倒させたとか、東京都内だけでも毎年平均1,000件以上の事故が発生
しているそうですので、地道に右側に立ち止まる運動を続けてみます。

kamisoriuo20171003a
kamisoriuo20171003dkamisoriuo20171003f
カミソリウオ   学名 Solenostomus cyanopterus
 トゲウオ目 / カミソリウオ科 / カミソリウオ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-24m 大き約80mm
英名 Robust Ghost Pipefish
生息域 房総半島以南、紅海、東アフリカ、インド、フィジー、西部太平洋など

水深が3m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域、及びその周辺の砂底や藻場等にて、
海藻類や海草類等に寄りそい波などに漂う様に頭部を下に向け浮遊しております。
体型は細長く著しく即偏しており、吻は長く腹鰭と尾鰭は大きい。
吻や尾柄部の形は個体によって多少異なっておりますが、体色だけで無く体型も
寄り添っているそれらに似せている事で擬態していると考えられております。

kamisoriuo20170712f
kamisoriuo20170712c
撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約70mm 

過去には本種と、フウライウオ ノコギリフウライウオ の3種類に分けられて
おりましたが、近年の研究者達による分類学的研究の進歩によって、現在では
全て同一種である事が明らかになっております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 10/04

カミソリウオ その4

先週末に潜ってきた紀伊大島須江の内浦ビーチの今シーズンのオープンからの観察報告の
第一弾は何にしようか悩みましたが、毎年、オープンした頃に観察している本種にしました。
季節的なものなのか、水温的なものなのかは判りませんが不思議と毎年、秋口から年末に
かけてここ内浦ビーチでは良く観察出来る気がします。

kamisoriuo20161002c
kamisoriuo20161002f
カミソリウオ   学名 Solenostomus cyanopterus
 トゲウオ目 / カミソリウオ科 / カミソリウオ属

撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-21m 大き約80mm
英名 Robust Ghost Pipefish
生息域 房総半島以南、紅海、東アフリカ、インド、フィジー、西部太平洋など

水深が3m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域、及びその周辺の砂底や藻場等にて、
海藻類や海草類等に寄りそい波などに漂う様に頭部を下に向け浮遊しております。
体型は細長く著しく即偏しており、吻は長く腹鰭と尾鰭は大きい。
吻や尾柄部の形は個体によって多少異なっておりますが、体色だけで無く体型も
寄り添っているそれらに似せている事で擬態していると考えられております。

kamisoriuo20161002h
kamisoriuo20161002gkamisoriuo20161002j
撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-21m 大き約80mm/60mm

観察した当日の1本目にはひとりもんでしたが、2本目に見ると少し離れたところに雌雄が単独で
居ましたので、お見合いがてら撮影してる時だけちょっと一緒になって貰いました。

kamisoriuo20160730b
撮影 2016年7月:三重県尾鷲市三木浦 ナナコのダボ 水深-16m 大き約70mm

過去には本種と、フウライウオ ノコギリフウライウオ の3種類に分けられておりましたが、近年の
研究者達による分類学的研究の進歩によって、現在では全て同一種である事が明らかになって
おります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 10/09

カミソリウオ その3

うっかり録画予約を忘れてしまい半分くらいしか見ておりませんが、先月末に
フジTV系で「ツギクルもん」と言うお笑いの特番をやってました。
売れ始めだしたとか、売れてない芸人のネタ番組ですが以前に放送されていた
「うつけもん」、「オサレもん」の進化形の番組ですが、この手のお笑い番組が
今はあまり有りませんので出来ればレギュラー化して欲しいものです。

kamisoriuoB20151004b
kamisoriuoA20151004akamisoriuo20151004a
kamisoriuoA20151004b
カミソリウオ   学名 Solenostomus cyanopterus
 トゲウオ目 / カミソリウオ科 / カミソリウオ属

撮影 2015年10月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ60mmぐらい
英名 Robust Ghost Pipefish
生息域 房総半島以南、紅海、東アフリカ、インド、フィジー、西部太平洋など

水深が3m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域、及びその周辺の砂底や藻場等にて、
海藻類や海草類等に寄りそい波などに漂う様に頭部を下に向け浮遊しております。
体型は細長く著しく即偏しており、吻は長く腹鰭と尾鰭は大きい。
吻や尾柄部の形は個体によって多少異なっておりますが、体色だけで無く体型も
寄り添っているそれらに似せている事で擬態していると考えられております。

過去には本種と、フウライウオ ノコギリフウライウオ の3種類に分けられて
おりましたが、近年の研究者達による分類学的研究の進歩によって、現在では
全て同一種である事が明らかになっております。

kamisoriuo20150904e
kamisoriuo20150904akamisoriuo20150904b
撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-12m 大きさ70mmぐらい

こちらは単独で、フラフラ~っと漂ってました。
嫁さんでも探してたんでしょうかね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2012
    • 11/13

カミソリウオ その2

我が家の奥さんが、某大手電機量販店で「明るさは今のと同じですから」と説明されて
LEDの電球を購入し、実際には暗かったので交渉して返品をしてきました。
素人の自分でも知っている、LEDは光量が同じでも広角度に明かりを分散しない特性で
暗く感じるという事を、この某大手電機量販店の販売員は知ってて説明しなかったのか、
もしくは、信じたくはありませんがプロのくせに知っていなかったのか。

この某大手電機量販店、以前にも自分が地デジTVを購入しようとした時に売り場にて
販売員が間違った知識の説明を自分にしましたので、その場で正しい知識を教授させて
いただいた事があります。

販売して報酬をいただくと言うプロ意識が無いのか、例えお客様に間違った説明をしても
販売が第一と言った様な会社方針なのか。
我が身に振り替えて、弊社の販売部門がお客様に誠意の無い営業をしていないかと改めて
確認し、そのような事があれば是正したいと思いました。


カミソリウオ   学名 Solenostomus cyanopterus
 トゲウオ目 / カミソリウオ科 / カミソリウオ属

撮影 2012年11月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ60mmぐらい
英名 Robust Ghost Pipefish
生息域 房総半島以南、紅海、東アフリカ、インド、フィジー、西部太平洋など

水深が3m~30m位の岩礁域や珊瑚礁域、及びその周辺の砂底や藻場等にて、海藻類や
海草類等に寄りそい波などに漂う様に頭部を下に向け浮遊しております。
体型は細長く著しく即偏しており、吻は長く腹鰭と尾鰭は大きい。
吻や尾柄部の形は個体によって多少異なっていて、体色だけで無く体型も寄り添っている
それらに似せている事で擬態していると考えられております。

過去には本種と、フウライウオ ノコギリフウライウオ の3種に分かれておりましたが
近年の研究者達による分類学的研究の進歩によって、現在では同一種である事が明らかに
なっております。

雌雄のペアで観察する事がが多い本種ですが、今回は単独匹での観察でした。
約4時間後ぐらいに再び観察するに行くと既に姿は無く、現地サービスのガイドさん達に
聞くと、どうやらこの個体は広い範囲をウロウロしているらしく、だから相方が見つから
ないのかなと思いました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2012
    • 02/10

ニシキフウライウオ その3

先日、今年度の成績予測を上方修正で発表されたトヨタ自動車ですが、アメリカ市場で人気のSUV主力車種の
ハイランダー(日本名クルーガー)の国内生産を全て北米工場への生産移管すると発表されました。
おそらく今後の事業継続を考えられた戦略変更と思われますが、既にカローラもアメリカ工場に生産移管する
事が発表されており、このまま現在の素人集団による日本政府の無能政策が続く様であれば、日本メーカーの
工場はいずれ日本から全て無くなってしまう気がします。

そろそろ素人政治家による大臣政策を諦めて、各分野の専門家大臣の起用に改革していただかないと世界から
どんどん日本が取り残されていく気がします。


ニシキフウライウオ   学名 Solenostomus paradoxus
 トゲウオ目 / カミソリウオ科 / カミソリウオ属

撮影 2012年1月:紀伊大島須江 オオバナ 水深-18m 大きさ50mmぐらい
英名 Ornate Ghost Pipefish
生息域 房総半島以南 ~ 西部太平洋域、インド洋など。

水深が10m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域に生息しております。
体色はバリエーションに富んでいて様々な色彩が観察されますが、ウミシダ類やウミトサカ類、ヤギ類などに
隠れる様に生息して居る事から、これらの仲間に擬態していると考えられております。
各鰭や体表面全身に多数の単一皮弁がある事や、各鰭や体表面に多数の縞模様がある事などの特徴から
他のカミソリウオ科の生物と識別が可能です


写真 2012年1月紀伊大島須江、 左:オオバナ 水深-18m、 右:内浦ビーチ 水深-10m 

今回のメイン画像の個体は紀伊大島須江地区のオオバナと言うポイントでの撮影ですが、このオオバナと
言うポイントは内浦ビーチから北側へ10分ほど泳いでたどり着けます。
そもそも以前はボートポイントだったんですが、数年前にボート代金を浮かす為に、年寄り体育会系ゲストの
多い かじきあん が内浦ビーチから泳ぎ始めたのが最初で、
今ではすっかり、須江では当たり前のビーチポイントになってしまいました。

そして写真下左の個体は内浦ビーチの南側、つまり今、内浦ビーチで潜れば白、黒の2個体が観察可能です。
昨シーズンは出物が少なく(と言っても、温帯域と熱帯域の生物が共に観察できる珍しいポイントですが)
例年のレギュラー生物が中心でしたが、今シーズンは水温がなかなか下がらないせいなのか珍しい生物が
色々と観察できており、毎週潜っていても飽きないポイントですよ。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > トゲウオ目 > カミソリウオ科

Feed

Page top