かじきあん > ブログ トップ > コイ目

Category / コイ目

    • 2015
    • 08/15

アジメドジョウ その2

自分は高校生の頃は帰宅部でしたので、夏休みは午前中は海に行って遊んで午後からは
川へ行って遊ぶ事が多く、お昼はおにぎりだけ持って行き採った海産物や淡水魚を焼いて
食べてました。
そして先週末、実家近くの渓流で撮影しながら、ふと思い出しました。

「そう言えば ボウズハゼ は美味しくなかったな~」と。

ajimedojyou20150809a
ajimedojyou20150809d
ajimedojyou20150809eajimedojyou20150809c
アジメドジョウの幼魚  学名 Niwaella delicata
 コイ目 / ドジョウ科 / アジメドジョウ属

撮影 2015年8月:三重県紀北町 三戸川 水深-30Cm 大きさ40mmぐらい
日本固有種、環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類
生息域 富山県、長野県、福井県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府など。

河川の上流から中流部の水が清澄な場所に生息していて、岩や石などの上に付着する珪藻類を
食しており、流れの弱い河川の瀬や淵だけで無く、流れが速い場所でも観察ができます。
寿命は約3年と考えられており、晩秋の頃に伏流の水底に潜り越冬し、1月から3月頃に伏流の
水中で産卵が行われて5月から6月には稚魚の姿が見られます。

成魚の体長は 70mm~100mm程になり、他のドジョウ類と比較すると体形は細く、背鰭と
腹鰭が体の中心部より後方に位置しており、体側面の中央部から背面部にかけ暗色の虫食い状の
斑紋が入ること等が特徴ですが、斑紋が雲状や点列になることも有り生息地域や個体によって
変異が多く見られます。
また口は頭部の下に位置し半月型にて唇が厚く吸盤状になっており、その口で石に吸い付く様に
伝い泳ぎをします。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2012
    • 07/10

アジメドジョウ

春頃からカリカリカリッと異音を出し始めた自分のノートPCですが、使い出してから飛行機への
搭乗が4回程しか無い割にはへたれもんでして、最近ではカリカリ音が更にガリガリ君へと進化を
とげております。
以前使っていたノートPCは、飛行機搭乗歴が20回以上でも何ら問題なく平気だったのに対して、
何ともへたれもんです。

その事が原因なのか、それともメモリが4ギガしかないからなのか、D800で撮ったフルサイズの
RAWデータの解析途中にフリーズしてしまいます。

もともとノートPCの買い換えを予定していたとは言え ( こういう事も有ろうかと、今回購入の
PCのメモリは16ギガにしました)、カメラ本体を32メガピクセルものフルサイズ画像の能力を
持つ D800 に変更したら、勿論ハウジングの購入に始まり、RAWデータ解析の為に最新のPC
ソフトの購入、高容量のメディアの購入、そしてPCもその能力に合った物に変更しないと駄目と、
結局、関連するもの全て交換しないと能力は活かせない様です。
これからD800を購入しようと考えてる方は、以上の費用を考えてから購入しないと大変ですよ~


アジメドジョウの幼魚  学名 Niwaella delicata
 コイ目 / ドジョウ科 / アジメドジョウ属

撮影 2012年7月:三重県紀北町 三戸川 水深-30Cm 大きさ40mmぐらい
日本固有種、環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類
生息域 富山県、長野県、福井県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府など。

河川の上流から中流部の水が清澄な場所に生息していて、岩や石などの上に付着する珪藻類を
食しており、流れの弱い河川の瀬や淵だけで無く、流れが速い場所でも観察ができます。
寿命は約3年と考えられており、晩秋の頃に伏流の水底に潜り越冬し、1月から3月頃に伏流の
水中で産卵が行われて5月から6月には稚魚の姿が見られ、今回の写真の個体はそれらが成長した
姿かと、思われます。

成魚の体長は 70mm~100mm程になり、他のドジョウ類と比較すると体形は細く、背鰭と
腹鰭が体の中心部より後方に位置しており、体側面の中央部から背面部にかけ暗色の虫食い状の
斑紋が入ること等が特徴ですが、斑紋が雲状や点列になることも有り生息地域や個体によって
変異が多く見られます。
また口は頭部の下に位置し半月型にて唇が厚く吸盤状になっており、その口で石に吸い付く様に
伝い泳ぎをします。

さて今回の報告は、もう一つあります。
D800を初めて水中に持ち込み、とにかく小さな生物を遠目に撮影し後ほど写真ソフトで拡大して
32メガピクセルの能力で、いかに繊細に写るかのテストです。
目的としては、本個体の正面面が約3mm~5mmなので遠目に撮ってみましたが、残念ながら
全てピンぼけ。
近づいて撮影した正面面はピンが来ているのですが、やはりフルサイズで遠目に小さな個体の
正面面撮影は、自分の未熟なスキルでは困難な結果でした。

と言うわけで、横姿ではありますが遠目に撮った画像と、それをトリミングした画像を2点ほど
紹介させていただきます。

まずはトリミング無しのノーマル画像、その1です。

つづいて上の画像その1を、トリミングした画像です。

トリミング無しのノーマル画像、その2です。

つづいて上の画像その2を、トリミングした画像です。

結果としては、今までのD300の14メガピクセルと大差が無いような・・・

いやいや、メカでは無くて、やはり自分の大根レベルの腕のせいでしょうね。
比較テストは、次回、海の中で撮影した画像で報告させていただきます。

かじきあん > ブログ トップ > コイ目

Feed

Page top