かじきあん > ブログ トップ > コウイカ目 > ミミイカダマシ科

Category / ミミイカダマシ科

    • 2017
    • 03/05

ミミイカダマシ その3

昨日は母方の親族の集いが有り当観察報告を休載させていただきましたが、本日より
再開させていただきます。
しかし先日褒めちぎった名古屋グランパス、登録選手の人件費が約 1/10と言われてる
FC岐阜にドローとは?
大丈夫なんでしょうかね?

mimiikadamashi20170218h
mimiikadamashi20170218i
mimiikadamashi20170218jmimiikadamashi20170218f
ミミイカダマシ  学名 Sepiadarium kochii
 コウイカ目 / ミミイカダマシ科 / ミミイカダマシ属

撮影 2017年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
   水深-21m 大きさ胴長約20mm
英名 Bottletail cuttlefish
生息域 相模湾以南の太平洋岸、能登半島以西の日本海岸
         ~ 西部太平洋域、インド洋東部、北部オーストラリアなど

浅い水深の岩礁域や珊瑚礁域の砂底や泥砂底に生息しており、日中は砂の中に潜り
隠れておりますが、夜間になると出てきて活動をします。
短く丸いドーム型の外套膜と漏斗は靱帯で、前背縁は頭部とそれぞれ癒着していて、
鰭は丸い形状。
腕吸盤は基部寄りは2列ですが先端20列ぐらいは4列にて、触腕の吸盤は8列で密に
並び、体地色は橙色にて全身に小さな白色斑が散在しております。

mimiikadamashi20170218mmimiikadamashi20170218e
mimiikadamashi20170218nmimiikadamashi20170218o

本種も含め砂底を生息するタコ類の多くは見つけても直ぐに砂底に潜って隠れようと
しますので、各鰭が開きロート管までが開いている写真を撮るのは意外と困難です。
やはり良い写真は、偶然の瞬間と偶然のタイミングが必須ですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 03/17

ミミイカダマシ その2

今日は所用で自分が生まれ育った三重県の実家近く、高校生の頃に過ごした所まで出かけて
きました。
今から約40年前なら約6時間かかってましたが、高速道路が伸びたおかけで今では3時間弱で
行ける様になり、便利な時代になったもんです。

しかし途中の山々の杉の木の茶色い事、茶色い事。
さぞかし多くの花粉が舞ってると思うんですが、年中花粉症の自分はこの地域の杉花粉には
何故か反応しないんです。
名古屋市近郊に舞ってる杉花粉は三重県から飛んで来てるらしく、自宅では過敏に反応して
いるのに不思議な物ですね。

mimiikadamashi20150307b
mimiikadamashi20150221amimiikadamashi20150307a
mimiikadamashi20150307e
ミミイカダマシ  学名 Sepiadarium kochii
 コウイカ目 / ミミイカダマシ科 / ミミイカダマシ属

撮影 2015年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ胴長約20mm
英名 Bottletail cuttlefish
生息域 伊豆半島以南の太平洋岸、能登半島以西の日本海岸
            ~ 西部太平洋域、インド洋東部、北部オーストラリアなど

浅い水深の岩礁域や珊瑚礁域の砂底や泥砂底に生息しており、日中は砂の中に潜り隠れて
おりますが、夜間になると出てきて活動をします。
短く丸いドーム型の外套膜と漏斗は靱帯で、前背縁は頭部とそれぞれ癒着していて、鰭は
丸い形状。
腕吸盤は基部寄りは2列ですが先端20列ぐらいは4列。触腕の吸盤は8列で密に並びます。
また体地色は橙色にて、全身に小さな白色斑が散在しております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2013
    • 03/14

ミミイカダマシ

本日は仕事を早退して、夕方から出発の予定なので昼休憩の時間を利用して、観察報告を
アップさせていただきました。
上手くすれば今週末もまた初観察の生物に出会える予定ですが、その前に本日の観察報告も
自分自身では初観察の生物でした。



ミミイカダマシ  学名 Sepiadarium kochii
 コウイカ目 / ミミイカダマシ科 / ミミイカダマシ属

撮影 2012年3月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ胴長約20mm
英名 Bottletail cuttlefish
生息域 伊豆半島以南の太平洋岸、能登半島以西の日本海岸 ~ 西部太平洋域、インド洋東部、
北部オーストラリアなど

浅い水深の岩礁域や珊瑚礁域の砂底や泥砂底に生息しており、日中は砂の中に潜り隠れて
おりますが、夜間になると出てきて活動をします。
短く丸いドーム型の外套膜と漏斗は靱帯で、前背縁は頭部とそれぞれ癒着していて、鰭は
丸い形状。
腕吸盤は基部寄りは2列ですが先端20列ぐらいは4列。触腕の吸盤は8列で密に並びます。
また体地色は橙色にて、全身に小さな白色斑が散在しております。

最初に海の中で見つけた時は、こんな感じで砂底に潜ってます。

で、撮影しようとちょっかい出すと、こんな感じで出てきて・・・

当然の事ながら、最後は逃げ出します。

こんな可愛らしい姿が、紀伊大島須江の内浦ビーチのナイトダイビングで観察できます。
基本的に毎年秋から春までの期間限定ポイントの内浦ビーチにて、今シーズンから初めて
大晦日以外にナイトダイビングで潜れる様になりました。
と言っても毎日ではなくて2月から3回に分けて期間が設定されてきて、その中でも土日に
潜れるのは今週末が最後です。

本日の報告の時も含めて自分は3本ほどナイトで潜れましたが、残念ながら今週末は異なる
ポイントで潜る予定の為、その次にナイトで潜れるのは早くても今年の秋。
まだナイトで潜っていない方は、今週末に是非どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > コウイカ目 > ミミイカダマシ科

Feed

Page top