かじきあん > ブログ トップ > コウイカ目 > ダンゴイカ科

Category / ダンゴイカ科

    • 2017
    • 04/01

ミミイカ その4

今年も早い物で今日から4月、既に3ヶ月も経過していると言うのに潜水したのはセブと
紀伊大島須江のみと言う例年以上の少なさっぷりですが、よくよく考えると昨年1年間に
潜ったのは、バリ、セブ、柏島、紀伊大島須江、串本、三重県三木浦の6ヶ所だけでした。

じゃあその前の2015年はと言うと、セブ、柏島、紀伊大島須江、串本、三重県三木浦と
福井県越前町の6ヶ所だけと、なんともう2年以上も伊豆で潜っておりません。
南紀への高速が延びて便利になった事もありますが、歳をとって億劫になってしまって
よく知った所でしか潜らなくなってるのかも知れませんね。

mimiika20170318a
mimiika20170318cmimiika20170318i
mimiika20170318g
mimiika20170318j
ミミイカ 学名 Euprymna morsei
 コウイカ目 / ダンゴイカ科 / ミミイカ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ胴長約10mm
生息域 北海道南部以南の全国各地、インド洋、西部太平洋域など。

浅い水深の岩礁域や珊瑚礁域の砂底や泥砂底に生息しており、日中は砂の中に潜り隠れて
おりますが、夜間になると出てきて活動をします。
外套膜は丸味のある袋状にて耳の様な鰭は丸い形状をしており、頭部は外套膜に比べて
大きく眼も大きく、腕吸盤は4列にて雄の左第1腕が交接腕に変形しています。
墨汁嚢上に発光器があり、全身に渡って暗紫褐色の色素胞が散在しております。

mimiika20160227g
mimiika20160227b
撮影 2016年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ胴長約10mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 04/06

ミミイカ その3

インフルエンザは発熱した日の翌日を1日目として、5日目までは熱が下がっても体内に
ウィルスが残っているらしく、外出は医師から禁じられてます。
ウィルスの拡散防止の為の外出禁止であれば、人に会わない外出なら良いかと本日は
車でお墓掃除だけ行ってきました。
たった1時間弱の外出でしたが、久々の外出は気持ちよかったです。

mimiika20160227c
mimiika20160227fmimiika20160227a
ミミイカ 学名 Euprymna morsei
 コウイカ目 / ダンゴイカ科 / ミミイカ属

撮影 2016年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-20m 大きさ胴長約10mm
生息域 北海道南部以南の全国各地、インド洋、西部太平洋域など。

浅い水深の岩礁域や珊瑚礁域の砂底や泥砂底に生息しており、日中は砂の中に潜り隠れて
おりますが、夜間になると出てきて活動をします。
外套膜は丸味のある袋状にて耳の様な鰭は丸い形状をしており、頭部は外套膜に比べて
大きく眼も大きく、腕吸盤は4列にて雄の左第1腕が交接腕に変形しています。
墨汁嚢上に発光器があり、全身に渡って暗紫褐色の色素胞が散在しております。

mimiika20150221a
mimiikaB20150207a
撮影 2015年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ胴長約10mm

こちらは約1年前に撮影した個体ですが、本種の和名の由来でもあるミミと呼ばれる大きな
鰭が良く判るかと思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 04/02

ミミイカ その2

残念ながら、内浦ビーチの2014-15年のシーズンは先月末で終了してしまいましたが、まだまだ
未報告の生物の観察報告が残っておりますので、来る10月のシーズンインに向けての予習として
しばらくは続けさせていただきます。
と言うよりも、昨年の11月中旬に柏島で潜って以来、フィリピンのマクタンと紀伊大島須江でしか
潜っておりませんので、当然、どちらかでの観察報告ばかりになっております。

mimiika20150307h
mimiika20150307fmimiika20150307i
mimiika20150307g
ミミイカ 学名 Euprymna morsei
 コウイカ目 / ダンゴイカ科 / ミミイカ属

撮影 2015年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ胴長約10mm
生息域 北海道南部以南の全国各地、インド洋、西部太平洋域など。

浅い水深の岩礁域や珊瑚礁域の砂底や泥砂底に生息しており、日中は砂の中に潜り隠れて
おりますが、夜間になると出てきて活動をします。
外套膜は丸味のある袋状にて耳の様な鰭は丸い形状をしており、頭部は外套膜に比べて
大きく眼も大きく、腕吸盤は4列にて雄の左第1腕が交接腕に変形しています。
墨汁嚢上に発光器があり、全身に渡って暗紫褐色の色素胞が散在しております。

mimiikaB20150307d
mimiika20150307emimiika20150307j

この3枚の画像が本種の外観の特徴が判りやすいかと思います。
でも全く腕を広げてくれなかったので、肝心の吸盤が4列だったかは確かめられておりません。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > コウイカ目 > ダンゴイカ科

Feed

Page top