「テナガエビ科」カテゴリーアーカイブ

ウミウシカクレエビ その5

明日は今年夏の土用の丑の日、チラシなどの新聞広告を見ていると
今年も鰻の販売が盛況みたいです。
土用の丑の日に鰻を食べると言う慣習は、江戸時代の平賀源内による
宣伝広告のせいとの逸話がありますが、それ以前は寒い時期こそ脂が
のって滋養があるとして晩秋から2月頃にかけて沢さん食べられていた
そうです。

最近は夏の土用の丑の日に消費量が上がる為、その結果、売れ残って
廃棄される鰻が多いそうで勿体ない話です。
特に夏の土用の丑の日に食べなくても良いと思うのですが。

umiushikakureebi20171122c
umiushikakureebi20171122d
umiushikakureebi20171122f
umiushikakureebi20171122g
ウミウシカクレエビ 学名 Periclimenes imperataor
 十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / ホンカクレエビ属

 撮影 2017年11月:高知県大月町柏島
               水深-10m 大きさ約30mm
 英名 Sterfish shrimp
 生息域 伊豆半島以南
     ~ 西部太平洋域、紅海、インド洋、ハワイ諸島など。

岩礁域や珊瑚礁粋にて、ニシキウミウシ ミアミラウミウシ
ミカドウミウシ等の色彩が豊かなウミウシ類や、オオイカリナマコ、
バイカナマコ、ジャノメナマコ などのナマコ類をホストとして
生息しております。

体色や頭胸甲の背面部と側面部、腹節の背面部や尾部などの色彩や
模様は変異が多く、比較的にウミウシ類をホストとしている個体は
白色や紫色、赤色、橙色等の綺麗な色彩をしておりますが、濃褐色
単色のナマコ類をホストとしている個体は、濃い紫色や濃褐色等の
単色の地味な色彩の個体が多く見られます。

umiushikakureebBi20141120f
umiushikakureebBi20141120g
撮影 2014年11月:高知県大月町柏島
               水深-8m 大きさ約30mm

やっぱりホストは綺麗なウミウシのほうが写真映えしますね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

バブルコーラルシュリンプ その2

来月のポケモンコミュニティデイはヨーギラスと発表されました。
昨年2月に現れ出してから今まで苦労して捕獲してきたヨーギラスの
数は今日現在で351匹です。
今年になってから始まった月に1度のコミュニティデイの結果から
3時間の間に100匹近くは捕らえられると思うと、今までの苦労は
何だったんだとちょっと複雑な気分です。

BubbleCoralShrimp20170211e
BubbleCoralShrimp20170211c
BubbleCoralShrimp20170211f
バブルコーラルシュリンプ 学名 Vir philippinensis
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科
            / カクレエビ亜科 / イソカクレエビ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                水深-12m 大きさ胴長約20mm
英名 Bubble Coral Shrimp
生息域 奄美大島以南 ~ 琉球列島、
          インド洋、西部太平洋域、オーストラリアなど。

珊瑚礁域の礁原や周辺の礁斜面などにて水深が3m~40mに生息して
いる ミズタマサンゴ をホストとし、ミズタマサンゴの袋状の触手の
間に隠れ住みます。
体地色は透明色にて鋏脚や歩脚、触角などの外縁が、赤紫色や青紫色の
細い線で縁取られており、腹部の背中線上に1本と眼柄部に数本明るい
同色の細線が入ります。

以前は アカヒゲカクレエビ と混同されてましたが、その後研究者の
方達のご尽力によって現在では別種と判明しておりますかが、和名は
まだ付けられておりません。
近似種の アカヒゲカクレエビ は オオハナサンゴ をホストとして
いる事や、本種の方が第2鋏脚が大きい事などで識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ムチカラマツエビ

今年1月始め依頼潜水活動を全くしておりませんので最近は過去に
撮影してきた写真から選んでおりますが、忙しく潜水していた時には
見逃されていたネタが多くあり、まだ観察報告を書いていなかった
種も色々と見つかります。

さすがにほぼ毎週月曜日に書いているテンジクダイの種での未報告は
ありませんが、本日もそんな本観察報告では未報告のえび君です。

muchikaramatuebi20170209a
muchikaramatuebi20170209c
ムチカラマツエビ 学名 Pontonides loloata
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科
            / カクレエビ亜科 / キサンゴカクレエビ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                水深-20m 大きさ約20mm
生息域 伊豆半島以南 ~ ハワイ、西部太平洋域、インド洋域など 

水深が15m以深の岩礁域や珊瑚礁域に生息しているムチカラマツ類の
幹に生息しておりますが、ホストのムチカラマツ類が密生している様な
所よりもポツポツと離れて生えているムチカラマツ類を好むようです。
体形は突起物が少なく額角は短くて先端は3又しており、体地色は
ホストのムチカラマツ類の色彩に合わせて灰色や褐色、黄色、橙色等の
透明色に5本の太い横帯が入ります。

また近似種の キミシグレカクレエビ は、頭胸甲上に突起が2つ大きく
突き出している事で識別が可能です。

2005年に学名が提唱されておりますが、本種の仲間は数種類確認されて
いますので、今後細かく分類される可能性があります。

カザリイソギンチャクエビ その2

誰もが騒音迷惑と思ってると考えられる、選挙カーによる迷惑な2週間が
始まってます。
8時から20時までに限ると決められてるらしいですが、住宅街に限られず
夜勤労働でその時間帯に就寝している方も居ますし、昼寝が必要な乳児に
とっても凄い迷惑な騒音で、いつになったら改められるのでしょうか。
国民の事を考える職業なら、まずそこから考えろと思います。

kazarikinchakuebiB20171004e
kazarikinchakuebiB20171004ckazarikinchakuebiB20171004a
カザリイソギンチャクエビ 学名 Periclimenes ornatus
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / ホンカクレエビ属

 撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深-5m 大きさ約40mm&20mm
 生息域 房総半島以南 ~ 香港、西部太平洋域、インド洋域、紅海など

岩礁域や珊瑚礁域の比較的に浅い水深に生息している サンゴイソギンチャク や、
シライトイソギンチャク 等に共生しております。
体地色は透明色にて、体側面には数本の白色縦線があります。
左右の眼は白色の横線にて繋がっており、鋏脚や歩脚と尾扇にはそれぞれ濃褐色と
白色の細かな点が散在しております。

kazarikinchakuebi20171004c

今シーズンの内浦ビーチは夏の水温が高かったらしく、浅場のイソギンチャク類が
ほとんど白化していて、それらをホストとして生息して居る本種も色彩の薄い個体が
多く見られます。

kazarikinchakuebi20171004e

よく見るとこの個体は、片側の眼が可愛そうな事になってました、

kazarikinchakuebi20171004d

白化したイソギンチャクと言う事で、綺麗な絵柄も撮れそうです。
まぁそう言う感性と撮影スキルが無い自分にはムリですが。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

ツノメヤドリエビ属の1種 (ラオメネス・コルヌトゥス)

さて今夜もシンガポールF-1GPの決勝レースを見ながら書いてます。
自分的にはスタートして直ぐにつまらない決勝になってしまいましたので、
ほぼチラ見で実況と解説を音声で聞いてる様な状態の興味ウスウスですが、
一般公道をクローズしてのサーキットは、これほど雨の水はけが悪いのか
長年F-1レースを見てきましたが改めて知りました。
こんなラップタイムでは、おそらく規定周回数を廻りきれらない内に2時間
ルールで終わると思われます。

LaomenesPardus20170713a
LaomenesPardus20170713e
ラオメネス・コルヌトゥス  学名 Laomenes pardus
 十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / カクレエビ亜科 / ツノメヤドリエビ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-12m 大きさ甲長約25mm
生息域 和歌山県、高知県、沖縄本島、インド洋、西部太平洋の熱帯域など

ウミシダ類に生息しており、眼の先端が僅かに尖り第2胸脚の左右の大きさは
不同です。
体色は生息するホストにより様々な色彩が見られますが、白色や黄色を地色に
している物が多く、頭胸甲や腹節の背面に褐色や赤褐色の太い帯模様や斑模様が
入り、第2胸脚の掌節後緑に帯状模様が入ります。

LaomenesPardus20160421f
LaomenesPardus20160421c
撮影 2017年7月:高知県大月町柏島

今回の種も以前なら バサラカクレエビ と、ひとくくりに呼ばれてましたが、
先日に報告済みの L.pardus 同様に別種とされましたが、和名を早く命名して
欲しいものです。

ツノメヤドリエビ属の1種 (ラオメネス・パルドゥス)

この夏、毎週金曜日の楽しみの “#金曜日の新垣さん”
今週はバランスボールでしたね。

さて基本的に毎日ひとつの生物をアップしてる当観察報告ですので、毎日
書く事が出来るのならわりと短時間で書けるんだなと思われる方もいるかも
知れませんが、過去に1度でも書いた事がある生物は別として、初めて書く
生物の時は書き上げるのに2時間~3時間ほどかかってしまう時も有ります。
そんな感じで本日の観察報告生物は間違いないかどうかと悩んでしまって、
本種だと確信をした時は既に日付が変わっておりました。
昨日の夜に新たな観察報告がアップ出来てないのは、そんな事からでした。

LaomenesPardus2017074e
LaomenesPardus2017074aLaomenesPardus2017074c
ラオメネス・パルドゥス  学名 Laomenes pardus
 十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / カクレエビ亜科 / ツノメヤドリエビ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-12m 大きさ甲長約25mm
生息域 沖縄本島、インド洋、西部太平洋の熱帯域など

ウミシダ類に生息しており、眼の先端が僅かに尖ることや、第2胸脚は斑紋で
覆われるのにその他の胸脚は縞模様が入る事が特徴です。
色彩はホストのウミシダ類に併せて様々ですが、頭胸甲の背面に横縞模様か
縞模様が変化した斑紋が入ります。

と言う事で特徴を、撮影した写真を大きく拡大して見てみると、
LaomenesPardus2017074b

こんな感じですが、水中で肉眼ではウネウネと動き廻るウミシダの
中に生息して居る事もあり、なかなか識別が難しいです。

LaomenesTigris20150614a
撮影 2015年6月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ甲長約25mmぐらい

こちらは近似種の ラオメネス・ティグリス L.tigris
同様に以前に撮影した写真を大きく拡大してみましたが、本種と比べると
明らかに眼の突起が長くて胸脚の色彩も単色です。

以前は バサラカクレエビ とひとくくりに読んでましたが、現在では9種類ほど
分類されている様で、まだまだ増えていくと楽しいですね。

アンボンウミシダヤドリエビ

今朝、自宅近くの歩道で某英会話教室の生徒手帳を拾いました。
裏表紙を見ると入学前ぐらいの子供が書いた様な名前が書いてあり、手帳の中を
確認すると名前、IDナンバー、連絡先の教室の電話番号が書いてあって4月以降
毎月出席した日に動物のシールが貼ってあります。
これは子供にとっては大事な物と思い連絡先の電話番号に電話すると、どうやら
教室では無くて問い合わせセンターの様な所で、教室が近くなら届けますよと
伝えると調べてくれた結果、近くの某保育園と判り届ける事になりました。

電話に出られた方からせめて名字だけでも教えて欲しいと頼まれ教えると、最近は
落とし物を届けてもお礼等は断られる人が多いかららしく、自分も届けた保育園で
聞かれて後から保護者の方からお礼の電話があっても確かに面倒くさいなと思い
届けて見たら、何とわざわざ届けたのに保育園の方からはひと言お礼を言われた
だけで、自分の名前や連絡先など何も聞かれませんでした。

愛想だけでも良いから聞くべきだろうと思いながらも、教育関係者がこんな風では
通っている園児達は可愛そうですね。

ambonumishidayadoriebi20170713a
アンボンウミシダヤドリエビ 学名 Periclimenes affinis
 十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / カクレエビ亜科 /ホンカクレエビ属

 撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 後浜 水深-10m 大きさ約25mm
 英名 TwinStripe CrinoidShrimp
 生息域 高知県、沖縄本島、慶良間諸島 ~ 西部太平洋域など。

潮通しの良い珊瑚礁域にて、ハナウミシダをホストとして生息しております。
体色はホストの色彩に似せておりますが同一ホスト内でも異なる色彩が存在し、
もともとハナウミシダ自体の色彩が多彩な為、様々なカラーパリエーションが
見られます。
頭胸甲から尾節にかけての背中線上に太い縦帯が入る事や、額角の上下縁が
曲がらない事などが特徴です。

ambonumishidayadoriebi20170713bambonumishidayadoriebi20170713e

自分としては本種は今回が初観察でした。
その喜びに浸りながらダイビング後にPCで確認すると、直ぐ横奥にこちらも
初観察の チビウミシダエビ Pontoniopsis comanthi も写っており不覚にも
そちらが確認出来なかった事が残念でした。
まぁでも柏島に居る事が判ったので、次回ちよっと気をつけて観察してみます。
最も、串本にも居るみたいですけど。

ビイドロカクレエビ その3

朝刊で今夜のTV欄を見て苦笑しました。
まぁこう言う事を書くと、また無知なヤツがほざいてると思われるでしょうが、
日曜日のゴールデンタイムに、国政選挙でも無いのに東京都議選の開票特番が
民放で2局、更に1時間とは言えNHKまでもが。

確かに日本の首都にてちょっとした外国の国家予算ほどの財政のある議会ですし、
結果次第では国政にも影響があるとは思いますが、愛知県民の自分にしてみたら
ほぼ関係の無い議員さんの選挙です。
と言うか、日本人の90%の方達に関係ない選挙なのに全国ネットで特番を組んで
放送する意味があるんでしょうかね、NEWSだけで十分と思うんです。
と思いながらも藤井四段の結果を気にしつつ、やはり見てしまいましたが。

biidorokakureebi20161105b
biidorokakureebi20161105a
ビイドロカクレエビ 学名 Ancylomenes adularans
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / カクレエビ亜科 / Ancylomenes属

撮影 2016年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-22m 大きさ約20mm
生息域 伊豆半島以南 ~ 長崎県、琉球列島、台湾、北部オーストラリアなど

内湾の砂底や泥砂底に生息しており、イソギンチャク類や水底に体を潜らせている
生物などをホストとしておりますが、ホストへの依存性は低く、外敵生物や人間等が
近づくと浮遊して逃げていきます。
多くのカクレエビ亜科の種はホストの側にいて姿勢はそのままで上下左右に動いて
おりますが、本種は全身を横方向左右にフラフラと斜めに傾けて動いており、危険を
察知すると瞬時にそのままの姿勢でスス~ッと移動します。
体地色は透明にて、頭胸甲から腹節にかけて白色の横帯が複数入り、赤色と白色の
細斑点が散在しており、鋏脚の先端と間接部や尾鰭の両端が青色、尾鰭のその内側は
白色です。

biidorokakureebi20161105f

本種は千葉県立中央博物館分館海の博物館の奥野先生により、長崎の辰ノ口で標本が
採取され論文を発表された事から、長崎のガラス細工にちなんで、和名のビイドロが
付けられたそうです。
その辰ノ口では本種は ムラサキハナギンチャク をホストとされている姿が多いそう
ですが、自分が観察している紀伊大島須江の内浦ビーチでは、 ムラサキハナギンチャク
自体が少なく、水底に隠れている生物をホストとしている姿を多く見ます。
と言うか、ホストへの執着性は低いと言うより、無い様な気がしますね。

尚、本種の学名は発表された当初は Periclimenes adularans とされておりましたが、
2010年新属の Ancylomenes が創設され、 Ancylomenes adularans の学名に改められ
ました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

コガラシエビ その3

土曜日の今日、いつもの平日と同じくNHK-BS放送での「ひよっこ」を見終えて家を
出たのに、会社にはいつもより10分以上も早く着きました。
地下鉄の平日とは異なる土日ダイヤではありますが、出勤時間帯は土日でも5分おきに
電車が来ますので条件的には平日と同じです。

違う条件を考えると土日は小学校がお休みなので、ネネちゃんに会えない事ぐらい。
と言う事は、平日は毎朝10分ほどネネちゃん達小学生と会話してると言う事ですね。
先日はゴミをあさってるカラスを見て話してましたが、いつも大人の視点とは異なる
感想が面白いです。

kogarashiebi20170208f
kogarashiebi20170208d
kogarashiebi20170208b
コガラシエビ 学名 Leander plumosu
 十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / マイヒメエビ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約30mm
英名 Longnose Rockshrimp
生息域 高知県〜琉球列島、 インド洋〜西部太平洋域、ニューカレドニアなど。

珊瑚礁域の礁斜面や礁原などにて日中は死珊瑚塊の裏や岩の裂け目などに隠れていて
夜間になると外へ出て、海藻や網、死珊瑚片などの上で観察されます。
体形は細長にて、額角は頭胸甲の2倍以上大きい。
体地色は黄色みががった赤褐色にて、額角には濃褐色の縞模様があり、腹節の背部や
尾部には褐色の小点が点在します。
鋏脚や歩脚は紫がかった半透明色にて腹肢は赤褐色です。
 
和名の コガラシエビ は、細長い体型と、木枯らしが吹く頃の樹木の枝の様な形に
似ている事から、付けられたそうです。
そんな標準和名が付く以前は、第二額角が真横に2つに割れた形から ワリバシエビ
名前でダイバー達からは呼ばれておりました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

トガリモエビ属の1種 (ゴルゴニアンシュリンプ) その3

先週に引き続いて今週末もF-1GPが催されてます。
寒かった中国から一転、今週は暑い中東地域の砂漠の中でのF-1バーレーンGP。
コースレイアウト上から想像すると、今週もマクラーレンHONDAにとっては
かなり厳しいとは思いますが、何とか頑張っポイントゲットして欲しいですね。
もう間もなくスタートです。

GorgonianShrimp20170413e
GorgonianShrimp20170413hGorgonianShrimp20170413i
トガリモエビ属の1種  学名 Tozeuma armatum
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / トガリモエビ属

 撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-11m 大きさ約20mm
 英名 Gorgonian shrimp、Sawblade shrimp など
 生息域 和歌山県、高知県、奄美大島、琉球列島 ~ インド洋、西部太平洋域、
     ハワイ諸島、東アフリカなど

ムチカラマツエビやむオドリカラマツ等に共生しており、体型は細長く眼より前方の口の
部分は極めて細長く伸びております。
体色は共生するホストの色彩に似せていて変異に飛んでおり、透明色に淡黄色や赤色、白色
などの不規則な帯状の模様が並びます
因みに英名のゴルゴニアンとは、ホストのヤギの事らしいです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。