かじきあん > ブログ トップ > コエビ下目 > モエビ科

Category / モエビ科

    • 2017
    • 05/25

ナガレモエビ

今年もF-1モナコグランプリが始まりました。
普通のF-1グランプリは金曜の午前と午後、土曜の午前にフリー走行が有って、午後に
予選、日曜に決勝レースと言うスケジュールですが、公道をサーキットとして使用する
モナコだけは金曜のフリー走行を木曜日に催して金曜はお休みになります。

そんな年に1度のイレギュラーなスケジュールなので、毎年つい留守録の設定を忘れがち
ですが、今年は忘れずに2回目のフリー走行を先ほどまで Live で見てましたら、なんと
フリー走行と言うのにコースレコードの出る事、出る事。
やはり今年のF-1は相当早くなっているみたいです。

nagaremoebi20170411d
nagaremoebi20170411b
nagaremoebi20170411c
ナガレモエビ  学名 Hippolyte ventricosa
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / ナガレモエビ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-10m 大きさ約15mm
生息域 伊豆諸島、伊豆半島以南の太平洋岸~琉球列島、インド洋、西部太平洋域など。

水深が3m以深の珊瑚礁域や岩礁域にて、海草類や海藻類の緑藻や褐藻類の葉上に
くっつく様にして生息しております。
頭部から尾柄部にかけて背の中心線上に跳毛状の毛の束が並んで生えており、体色は
生息して居るホストの色彩に合わせていて変異に飛んでおりますが、緑褐色や茶褐色が
多く見られ、大半の個体は第5腹節と第6腹節の境界が白く縁取られます。
 
nagaremoebi20170411a

画像トリミングをする前の撮影サイズですと、こんな感じです。
本種を自分は今回初観察でしたが、次回は違う色彩をみたいですね。

    • 2016
    • 05/18

サンゴモエビ属の1種 その2

社員旅行は出勤扱いと、旅行に行ったのに休日では無いと言う何ともお得な労働基準の
おかげで、先日の月曜日は所用も有って 8連勤後の休日を頂戴しました。
午前中に所用を済まして、午後から自宅でTVを観ながら色々と雑用をしておりましたが、
ワイドショー系番組ではベッキーちゃんの話だらけで、色んな方達から様々な見解が出て
おり人それぞれ三種三様にて、色々聞いて自分は全く違う発想が思い浮かびました。

もしもこの騒動が、相手の男と妻の考えた世間を煙に巻いた策略だったとしたら。

*今回の騒動では『両成敗』のCDがあまりにもタイミング良くリリースされ、各メディアが
 取り上げた事によって大ヒットとなり、従来から不倫と言う行為によって音楽関係者が
 受けるイメージダウンは少ない。
 むしろ今後は著作権料だけでも大きな収益が見込めるし、時が経てば世間は騒動を
 忘れてしまい、音楽家としてのマイナス面は非常に少ない。
 なので世間を騒がせて話題を集めて、想定以上のヒットを狙った。

*奧さんは今回の騒動で表に出ただけで、それまでは隠れた存在だったので離縁した事に
 して再び水面下で暮らせば問題は無いし、しばらく経ってから復縁したとしても世間は
 妻が許した事として特に問題に取り上げない。
 妻であるからこそ LINEでのやり取り内容や、長崎へ行く日程も文春サイドに情報流出が
 容易に出来たし、嫉妬による行為として世間は信じた。

たまたまファンだったベッキーちゃんが過去に恋愛スキャンダルも無く、大騒動にさせる
策略相手としては最適で今回のターゲットとなった。

こんな事がもしも隠された真実だったとしたら、ドラマ1本撮れそうですね。
どうやら自分はミステリー映画の観過ぎで、思考がねじれている様です。

sangomoebiSp20150903a
サンゴモエビ属の1種  学名 Saron Sp
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / サンゴモエビ属

 撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約30mmぐらい
 英名 Marbled Syurimp
 生息域 西部太平洋域、インド洋の熱帯域。

珊瑚礁域の礁珊外縁、リーフのトップやドロップオフ等の珊瑚瓦礫や岩塊の隙間などに
隠れる様に生息しており、夜行性ではありますが希に日中でも観察されます。
頭胸甲や腹節、歩脚などに細い毛が密集して生えております
頭胸甲と腹節にて色彩や模様が異なり、頭胸甲は白色や赤色にて異なる色の円形斑紋が
散在していて、腹節は橙色にに水色の虫食い模様、各歩脚は白色と赤色や青紫色などの
縞模様。

海外の図鑑などには様々な色彩模様が掲載されており、それぞれの種が異なるのか、
もしくは全て同種なのか、今後の研究者のご尽力に期待するところです。
そんな本種の他の色彩報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 04/02

アカシマシラヒゲエビ その3

一昨日は予想していた事とは言え、年度末で帰宅が遅くなり、そして昨夜は友人達と食事後に
帰宅してからTVでバーレーンGPのフリー走行を見ていたら、日付が変わっており旅行中では無く
自宅にいるのに 2日連続の観察報告のアップが出来ませんでした。
さすがに3日連続はまずいので、今日は定時で仕事を切り上げて早めに帰宅して本日のフリー
走行を見ながら、先ほど書き終えました。

さて残念ですがアロンソがドクターストップで出走できず、代わりに乗るドライバーはは今年
日本のスーパーフォーミュラーに参戦する、ストフェル・バンドーン。
なんと木曜日は岡山でテスト走行していて急遽、バーレーンまで移動になったらしく、一緒に
来日していた父親は岡山に居残りで、残念ながら息子のF-1デビューを見られないそうです。
と言うことで、この後日本時間で深夜0時から予選開始が楽しみです。

akashimashirahigeebi20160227Ld
akashimashirahigeebi20160227cakashimashirahigeebi20160227Rc
アカシマシラヒゲエビ 学名 Lysmata amboinensis
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / ヒゲナガモエビ属

 撮影 2016年2月:和歌山県紀伊大島須江 内浦 水深-12m 大きさ約30mm
 英名 Whitebanded Cleaner shrimp
 生息域 伊豆半島以南 ~ 琉球列島、西部・南太平洋域、紅海、インド洋、ハワイ諸島など。

水深が10m~30m位の珊瑚礁域や岩礁域の離れ根の窪みや岩穴、転石帯などに小数匹で
生息しており、魚類へのクリーニング行動が知られております。
各額角は長く白色にて上側に6個、下側に3~4個の歯があり、上側の最後の1個は他の
5個から離れていて、複眼よりやや後ろの頭胸甲上にあります。
体色は腹部は半透明の黄褐色にて、頭胸甲から第6腹節にかけて背中線上に白色の縦帯が
走っていて、その下側の背面には赤色の太い縦帯が入ります。

akashimashirahigeebi20160130b
akashimashirahigeebi20160130dakashimashirahigeebi20160130a
 撮影 2016年1月:インドネシア・バリ島 トランベン 水深-10m 大きさ約30mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 06/27

サンゴモエビ属の1種

今日は夕べ夜更かししてアニメを見てたせいか、朝の支度に時間がかかって出社前に
お墓掃除に行けず、早めに帰社して掃除に行ったところ今年初めて蚊にくわれました。
そろそろ虫除けスプレーが必須の季節になってきましたね。

それで本日の観察報告は写真がちょっとイケてないのと、学名も無く情報も少ないので
過去に撮った写真も載せてもっともらしくさせていただきました。

sangomoebiSp20150409b
sangomoebiSp20150409asangomoebiSp20150409c
サンゴモエビ属の1種  学名 Saron Sp
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / サンゴモエビ属

 撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島 水深-9m 大きさ約120mmぐらい
 英名 Marbled Syurimp
 生息域 西部太平洋域、インド洋の熱帯域。

珊瑚礁域の礁珊外縁、リーフのトップやドロップオフ等の珊瑚瓦礫や岩塊の隙間などに
隠れる様に生息しており、夜行性ではありますが希に日中でも観察されます。
頭胸甲や腹節、歩脚などに細い毛が密集して生えております
頭胸甲と腹節にて色彩や模様が異なり、頭胸甲は白色や赤色にて異なる色の円形斑紋が
散在していて、腹節は橙色にに水色の虫食い模様、各歩脚は白色と赤色や青紫色などの
縞模様。
海外の図鑑などには様々な色彩模様が掲載されており、それぞれの種が異なるのか、
もしくは全て同種なのか、今後の研究者のご尽力に期待するところです。

sangomoebiSp20071118a
撮影 2007年11月:PALAU 水深-5m

sangomoebiSp20060611a
撮影 2006年6月:PALAU 水深-5m

Olivia20070420d
撮影 2007年4月:PALAU 水深-20m

最後の写真は通称 オリビア・シュリンプ と呼ばれているタイプにて、どの個体も
大きさは100mm~120mmぐらいの大きさで、初めて見るまではもっと小さいサイズを
想像していたので、最初に見たときはあまりの大きさに驚いた覚えがあります。

    • 2015
    • 05/31

アザミカクレモエビ その2

さて本日の観察報告の生物は、自分としては人生2度目の観察。
前回初めての時はアザミに生息してるのでは無くて、ユビノウトサカをホストにして
いた為、「うんっ? アザミカクレ?」ってな感じでしたが、今回はまさしくアザミに
隠れていて、晴れて納得!

「アザミついでに ハイアライン カーディナルフィッシュ なんて、隠れてないかな」
「それはありえんとはしても、せめて ヤツトゲテンジクダイ とか」

な~んて、あり得ない妄想しながら撮影してました。

azamikakureebi20150508h
azamikakureebi20150508d
アザミカクレモエビ  学名 Alcyonohippolyte commensalis
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / カクレモエビ属

撮影 2015年5月:高知県柏島 水深-13m 大きさ約10mmぐらい
英名 Xenia Shrimp
生息域 小笠原諸島、和歌山県、高知県 ~ 屋久島、琉球列島、
                       西部太平洋域、インド洋など

珊瑚礁域の礁外縁や礁斜面に生息しているウミアザミやチヂミトサカ類をホストとして
共生しており、ホストの幹の付け根等に隠れる様にして生息しております。
体型は背面側から見た額角は、鋭く先細りになっている小型種にて、体地色は透明色、
全身に渡ってホストの色と同色の唐草模様があり、正中線上と体側面に白色の明確な
縦帯が走り、同様に頭胸甲部にも白色の帯が斜走します。

azamikakureebiB20150508a
azamikakureebiB20150508h
撮影 2015年5月:高知県柏島 水深-13m 大きさ約5mmぐらい

こちらは同じアザミにいた別個体、先の画像の個体の半分ぐらいの大きさでしたが、
雄なんでしょうかね?

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 01/06

アカシマシラヒゲエビ その2

先日2014年のダイビング本数は147本と報告させていただきましたが、どこで潜ったか
調べてみると、一番多いのは和歌山県紀伊大島須江38本、続いて高知県柏島27本、セブと
マクタン併せて26本、三重県尾鷲市三木浦14本、高知県鵜来島12本、沖縄本島10本の順で
後のポイントは全て一桁の本数、更になんと須江と同じ串本町の串本エリアは、たったの
2本だけでした。

こんなに串本エリアで潜らなかったのは初めてですが、須江の38本の内32本が1年の内に
半年間しか潜られない内浦ビーチ。
もしも内浦ビーチが一年中潜れたなら、凄い本数になりそうですね。

akashimashirahigeebi20141228b
akashimashirahigeebi20141228a
アカシマシラヒゲエビ 学名 Lysmata amboinensis
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / ヒゲナガモエビ属

 撮影 2014年12月:和歌山県紀伊大島須江 内浦 水深-30m 大きさ約30mm
 英名 Whitebanded Cleaner shrimp
 生息域 伊豆半島以南 ~ 琉球列島、西部・南太平洋域、紅海、インド洋、ハワイ諸島など。

水深が10m~30m位の珊瑚礁域や岩礁域の離れ根の窪みや岩穴、転石帯などに小数匹で
生息しており、魚類へのクリーニング行動が知られております。
各額角は長く白色にて上側に6個、下側に3~4個の歯があり、上側の最後の1個は他の
5個から離れていて、複眼よりやや後ろの頭胸甲上にあります。
体色は腹部は半透明の黄褐色にて、頭胸甲から第6腹節にかけて背中線上に白色の縦帯が
走っていて、その下側の背面には赤色の太い縦帯が入ります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 11/30

フィコカリス属の1種

11月最後の観察報告は、自分自身は初観察の甲殻類。
小さいだろな~とは想定しておりましたが、やはりかなりの小ささで撮影に苦労しましたが
撮影後に大きく伸ばして確認すると抱卵している卵まで写ってて、カメラの性能の良さに
感謝感激です。

Phycocaris20141120f
Phycocaris20141120b
Phycocaris20141120h
フィコカリス属の1種 学名 Phycocaris simulans
十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / フィコカリス属

撮影 2014年11月:高知県柏島 水深-8m 大きさ約5mm
英名 Aigae Shrimp
生息域 伊豆半島以南 ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋域など

潮通しの良い珊瑚礁域や岩礁域にて、死珊瑚片や岩の下、海藻類などの表面に藻や海藻が
生える様な環境に生息しております、
表面は毛で覆われており、常に頭胸甲と腹節が上向きに平行になる様な位に尾を釣りあげた
姿勢を取っていて、全身を覆う様に長い毛がまばらに生えておりますが、個体によっては
短毛であったり量が少なかったりと個体差があります。
また色彩に関しても赤褐色や緑褐色、白色、薄黄色など生息環境によって変化いたします。
体長は大きくても7mm程度と非常に希種のひとつです。

    • 2014
    • 05/29

アカシマシラヒゲエビ

実はちょっと諸事情にて外泊禁止の身分となりまして、当面の間は遠方への遠征が出来なく
なってしまいました。
決して家庭問題とかそういった下世話な話ではありませんが、いざと言う時に当日中に自宅に
戻られる環境でなければならないと言う理由からで、詳しくは再び遠征再会の頃にでも報告を
させていただきます。

と言う事で当面の間は日帰りで動ける範囲での生物観察が続く事になりますが、すでに今年は
セブに1回、沖縄に2回、高知県に1回遠征済みとと観察ネタは沢山ストックが出来てますので
当観察報告には支障が無いと思われます。
ただ貯まっているのはスズメダイネタとウミウシネタばかりで、観察報告の種属が偏りがちに
なりそうです。



アカシマシラヒゲエビ  学名 Lysmata amboinensis
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / ヒゲナガモエビ属

 撮影 2014年5月:高知県鵜来島 水深-35m 大きさ胴長約40mmぐらい
 英名 Pacific cleanershrimp
 生息域 相模湾以南 ~ 太平洋域、インド洋、紅海など

水深が10m~35mぐらいの岩礁域や珊瑚礁にて離れた根の岩穴や転石帯の間などに
生息しており、魚類のクリーニングをする姿が多く観察されます。
体地色は黄色みががった半透明、頭胸甲から第6腹節にかけ背面が鮮やかな赤色にて、
背中線上に白色の縦帯が入っており、第6腹節の末端で白色の横帯に変わります。
触角の鞭状部と第3脚の先端は白色にて、その他の鋏脚や歩脚は黄色みががった
半透明色です。

    • 2013
    • 11/05

ウズラカクレモエビ その2

不満を書き出したらキリがない某国営放送の視聴料の徴収ですが、我が家は日本国民の
義務と考え、きちんと口座引き落としで支払っております。
だからと言う訳では有りませんが、地上波、BS放送の両方で海洋生物等のドキュメント
番組も多いせいで結構見ておりますが、昨夜は “LIFE〜人生に捧げるコント” と言う
お笑い番組の放送がありました。

過去には、あまちゃんの収録スタジオをそのまま使ってクドカンさんも出演しパロって
みたりと、なかなか面白い番組なんですが、いかんせん不定期放送なので気がつけば
突然放送してるって感じでして、今回の放送も朝刊を見て知った次第でした。
出来れば定期放送にして欲しい番組です。

さて今夜は調子に乗って、2つめの観察報告。
今週も毎日、今年の内浦ビーチ特集を続けさせていただきます。



ウズラカクレモエビ  学名 Alcyonohippolyte maculata
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / カクレモエビ属

 撮影 2011年10月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-5m 大きさ約10mmぐらい
 生息域 和歌山県以南 ~ 屋久島、琉球列島など

岩礁域や珊瑚礁域にて、棚上や礁縁、礁斜面などに生息している ユビノウトサカ コフキ
ウミアザミ
カタトサカの1種 等をホストとしていて、それらホストの幹などに隠れる様に、
ペアもしくは少数匹で生息しております。
頭部と尾部が細くて腹部が太い体形で、雌は雄よりもかなり大きく、ひとめで判ります。
体地色は乳白色にて、ホストの模様に合わせて頭胸甲から尾節にかけて独特の模様の
斑紋が列状に並んでいて、眼は赤色です。

不思議なものでして、2010年春まではいつ見ても トサカガザミ しか見つからなかった
ユビノウトサカ に、2011年の秋に初めて本種が生息しているのが、見つかってからは
毎年観察出来ております。
こう言った現象は本種に限らず他の種であったり、他の地域でも良く見られる現象ですが、
反対に今まで毎年観察出来ていた生物が見られなくなってしまう事も良くある事でして、
今のところ、内浦ビーチのと有る一角で毎年観察出来ていた クジャクベラの幼魚 が今年は
まだ観察出来ておりません。

他にも以前は毎年観察出来てた、ハナゴンベ は今年もやっぱり居てません。
やはり何かが増えたら、何かが減ると言うのは自然の摂理なんでしょうね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2013
    • 08/31

コシマガリモエビ

今週末は月末月初に重なりましたので、本日土曜日は出勤。
台風崩れのせいで海は荒れてるでしょうから、無理に潜っても綺麗な写真は撮れないと
勝手に決めつけ、日曜日も仕事をする事にしました。

自分の職種柄、どうしても1人でデータ打ち込みや集計をしなければならない仕事が多く、
特に月末月初は集中してPCと格闘する時間が多くなります。
来週末は6月のセブ遠征以来、久々に2連休以上の連休を頂戴しますので、この土日で
しっかりと仕事の予習作業を進めておこうと思います。



コシマガリモエビ  学名 Heptacarpus geniculatus
 十脚目 / コエビ下目 / モエビ科 / ツノモエビ属

撮影 2013年8月:隠岐諸島 水深-7m 大きさ約30mmぐらい 
生息域 北海道以南 ~ 九州、中国など

潮間帯から比較的に浅い水深の沿岸の繁茂した藻場にて、それらの海草類に擬態を
する様にして生息しています。
体形は細長く、6つある腹節の内、第3腹節の背面がこぶ状に盛り上がり、第4腹節
~第6腹節が下方向に折れ曲がる事が、和名の由来になっております。
額角は長くて細く前方向に伸ていてび、鋸歯が下側に7個~9個、上側の複眼近くに
4個~7個あります。

体地色は生息している海藻類の色に合わせ緑褐色か茶褐色にて、全身に暗色の細点が
散在しており、背中線上に細い白色の縦線が入ります。

かじきあん > ブログ トップ > コエビ下目 > モエビ科

Feed

Page top