かじきあん > ブログ トップ > カニ下目 > ガザミ科

Category / ガザミ科

    • 2018
    • 04/08

深場に生息していたピンク色の蟹

自分が働く業界は毎年年度末の3月が最大の繁忙期です。
今年初めから自分が追加で担当している業務は、年度末に加えて年度
初めも事務作業が多く、もともと従前から担当している業務自体が
年度末から年度初めにかけて事務作業が多い事も重なり、ここ最近は
休みはほぼ無い状況です。

なのに最近 Pokemon GO に追加された遊びの「フィールドリサーチ」が
面白く毎晩帰宅してからポケ活をしていた結果、観察報告を書く時間が
無くなり休載日が増えてしまってます。
今夜は何とか書くには書きましたが、かなり手抜きの観察報告で申し訳
ありません。

PinkCrabSp20170208d
PinkCrabSp20170208k
PinkCrabSp20170208bPinkCrabSp20170208c
PinkCrabSp20170208p
ワタリガニ科の1種 学名 不明
十脚目 / カニ下目 / ワタリガニ科?

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                 水深-35m 大きさ甲長約25mm
生息域 フィリピン、そのほか不明

深場の洞窟の穴奥にてガイドしてくれてた拓ちゃんが紹介してくれた
自分としては初見の スリーバンド・カーディナルフィッシュ を夢中に
なって撮影してる間に、見つけてきてくれました。
あまりにも衝撃的な色彩に驚き、これまた夢中になって撮影しました。

その後帰国してすぐ調べても種小名が判らず、第4歩脚の指部がひれ状な
ことからワタリガニ類とは思えますがそれ以上の詳しい事は判りません。
まぁ月日が経ってから再び調べれば判るかもと期待し、1年と言う月日が
経ったので再び調べてみましたが、やっぱり判りません。

どなたかご存じでしたら、お手数ですがお教え願います。

    • 2017
    • 05/07

ホソウデガザミ属の1種

既に先月ぐらいから雨が降った翌朝は車や墓石が茶色い汚れが付く様になり、今年も
黄砂が舞い始めていたと思ってたら、昨日のNEWSで「今年の黄砂が初観測されました」
と報道され、不思議に思って調べたところ ” 空中に浮遊した黄砂で大気が混濁した
状態を気象台の観測者が目視で確認した時 ” を定義としている様です。

少ない量でもとっくに舞い初めてて汚れる被害が出ていると言うのに、変な話しです。
まぁ桜の開花宣言と同じような物と思えばいいんでしょうね。

hosoudegazamiSp20170210d
hosoudegazamiSp20170210chosoudegazamiSp20170210e
hosoudegazamiSp20170210a
ホソウデガザミ属の1種  学名 Lupocyclus sp.
 十脚目 / カニ下目 / ガザミ科 / ホソウデガザミ属

撮影 2017年2月:フィリピン マクタン島 水深-10m 大きさ甲長約10mm
英名 Scissor Swimmingcrab
生息域 フィリピンなど。

自分なりに色々と調べてみましたが、生息域や生態など詳しい事は何も判りませんが、
鋏脚や歩脚の独特なフォルムから、ホソウデガザミ属の1種と勝手に決めさせて
いただきました。
いつもの様に、間違っていたら誠に申し訳ございません。

hosoudegazamiSp20170210j

ただ礼儀正しい性格の様でして。
最後に別れる時には、この様に敬礼して一礼されておりました。

かじきあん > ブログ トップ > カニ下目 > ガザミ科

Feed

Page top