かじきあん > ブログ トップ > カニ下目

Category / カニ下目

    • 2018
    • 08/02

ナマコマルガザミ その2

レスリング協会に続いてボクシング協会が色々と騒がれてますが、
そう言えば昨年は大相撲協会ももめてましたし格闘技の世界では
色々と遺恨が根深い世界なんでしょうか。
しかし可愛そうなのはボクシングでの奈良県代表チーム、いま噂の
奈良判定のおかげで、明らかな判定勝ちであっても何らかしらと
言われそうですよね。

namakomarugazami20161119b
namakomarugazami20161119d
namakomarugazami20161119h
ナマコマルガザミ   学名 Lissocarcinus orbicularis
十脚目 / カニ下目 / ワタリガニ科 / マルガザミ属

撮影 2016年11月:高知県大月町柏島
 水深-10m 大きさ甲長約15mm
生息域 伊豆半島、紀伊半島以南
~ 西部大平洋域、オーストラリア東岸など

水深が5m~60mぐらいの珊瑚礁域や岩礁域の砂底やに生息している
様々なナマコ類に共生しており、それらのホストの口の中や肛門の中
などの体内に隠れております。
甲面は丸みをおびており額は中央部で僅かに切れ込んでいて、前側縁
には先の丸い5歯があります。
体色には変異が多くホストの色彩に合わせており、甲面に複数の斑紋が
有るタイプや甲面全体が濃褐色のタイプなど様々ですが、歩脚や鋏脚は
どのタイプも白色と暗褐色の縞模様をしております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 04/08

深場に生息していたピンク色の蟹

自分が働く業界は毎年年度末の3月が最大の繁忙期です。
今年初めから自分が追加で担当している業務は、年度末に加えて年度
初めも事務作業が多く、もともと従前から担当している業務自体が
年度末から年度初めにかけて事務作業が多い事も重なり、ここ最近は
休みはほぼ無い状況です。

なのに最近 Pokemon GO に追加された遊びの「フィールドリサーチ」が
面白く毎晩帰宅してからポケ活をしていた結果、観察報告を書く時間が
無くなり休載日が増えてしまってます。
今夜は何とか書くには書きましたが、かなり手抜きの観察報告で申し訳
ありません。

PinkCrabSp20170208d
PinkCrabSp20170208k
PinkCrabSp20170208bPinkCrabSp20170208c
PinkCrabSp20170208p
ワタリガニ科の1種 学名 不明
十脚目 / カニ下目 / ワタリガニ科?

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                 水深-35m 大きさ甲長約25mm
生息域 フィリピン、そのほか不明

深場の洞窟の穴奥にてガイドしてくれてた拓ちゃんが紹介してくれた
自分としては初見の スリーバンド・カーディナルフィッシュ を夢中に
なって撮影してる間に、見つけてきてくれました。
あまりにも衝撃的な色彩に驚き、これまた夢中になって撮影しました。

その後帰国してすぐ調べても種小名が判らず、第4歩脚の指部がひれ状な
ことからワタリガニ類とは思えますがそれ以上の詳しい事は判りません。
まぁ月日が経ってから再び調べれば判るかもと期待し、1年と言う月日が
経ったので再び調べてみましたが、やっぱり判りません。

どなたかご存じでしたら、お手数ですがお教え願います。

    • 2017
    • 10/26

ゼブラガニ その4

色んな海に潜っていて思う事ですが、今年は何々が少ないとか多いとか。
沢山の量を捕らえられる漁師さん達でさえ、毎年捕れ高が変化するのですから、
小数匹の個体を遊びで観察してる自分達が思うのは当たり前かとは思います。
そんな中、本日はここ数年間1匹すら観察出来なかった生物の観察報告です。

zeburagani20171014d
zeburagani20171014c
ゼブラガニ 学名 em>Zebrida adamsii
 十脚目 / カニ下目 / ゴカクガニ科 / ゼブラガニ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦 水深-5m 大きさ甲長約20mm
英名 Zebra urchin crab
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、オーストラリアなど

比較的浅い水深の岩礁域や珊瑚礁域にて、ラッパウニ、シラヒゲウニ、イイジマ
フクロウニなどに寄生し、ホストのウニ類の棘を食べて生息しております。
甲の形は変形した六角形で、両眼の上部分と甲の側部分から前方に角状に伸びて
おり、背面は平らにて、体色は白地に濃い紫色の縦縞模様があります。

zeburagani20151013c
撮影 2015年10月:高知県大月町柏島 竜の浜 水深-9m 大きさ甲長約15mm

内浦ビーチでは自分は約4年振りの観察でした。
以前は浅い水深のラッパウニの20%ぐらいには生息してましたが、2014年に
気がつくと不思議な事に1匹も居なくなっておりました。
その事に気づいてからは、毎回ダイビングの終盤に浅い水深に戻って来ると
捜してましたが、全く見つからずで。

それが今回やっと、自分のダイビングの師匠さんが見つけてくれました。
たった1個体だけでしたが、以前の様に増えてくれる事に期待です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 09/30

Viaderiana属の1種 その2

先日ラジオで面白いこと聞きました。
コードレスでは無いコード付きの掃除機の話ですが、電源コードをある程度
引っ張り出すと黄色いマークが出てきて、更に引っ張ると赤いマークが出て
きますが、赤色はこれ以上引っ張らない、黄色はそろそろ赤色に成るぞとの
警告だと思ってましたが、黄色は最低でもここまでは引っ張り出せとの印だ
そうです。
そのぐらい引っ張り出さないと掃除機内の熱で断線したりするらしく、そう
考えれば掃除機の説明書なんて読んだことありませんから、今まで気がつか
無かったんでしょうね。

ViaderianaSp20170210e
ViaderianaSp20170210aViaderianaSp20170210b
ViaderianaSp20170210d
Viaderiana属の1種 学名 Viaderiana Sp
十脚目 / カニ下目 / ケブカガニ科 / Viaderiana属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ甲長約20mm
生息域 フィリピン、そのほか不明

珊瑚礁域の比較的に浅い水深の礁砂底や礫砂底の砂底などにて、瓦珊瑚や礁瓦礫の
下等に隠れる様に生息しておりました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 09/14

マルソデカラッパ その2

セブからの直行便はセントレアに15時頃に到着しますので、いつも自宅に戻る前に
匡平のお墓掃除に行って安全に旅が出来たお礼をしております。
1週間ぶりとあって般若心経を間違えずに唱えられるか心配でしたが、何も問題なく
唱えられました。
毎朝毎晩、仏壇の前で唱えてるだけに1週間ぐらいでは忘れないようです。

marusodekarappa20170907h
marusodekarappa20170907emarusodekarappa20170907f
marusodekarappa20170907k
トラフカラッパの子供  学名 Calappa calappa
 十脚目 / カニ下目 / カラッパ科 / カラッパ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島  水深-10m 甲長約120mm
英名 Redspotted box crab、Giant box crab など
生息域 相模湾以南~伊豆諸島、インド洋 ~ ハワイ、南太平洋など

珊瑚礁域や藻場にて比較的に浅い水深から50mぐらいの砂底や砂泥底に潜り、
砂の中から眼だけを出し生息しております。
甲は中央が隆起し両側縁は丸くて長く外側に張り出し表面はなめらか、鋏脚の
掌部指部は幅広く、体色は白色、淡褐色、褐色で斑紋が散在するタイプなど
様々な色添に富んでおります。

撮影を始めて暫くすると、近づいてくるヤツがいました。
marusodekarappa20170907n

ぐいぐいと近寄ってきて
marusodekarappa20170907q

そしてツーショットの記念撮影をして、去って行きました。
marusodekarappa20170907s

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 07/29

ユウモンガニ

ふるさと納税で寄付した人が居住している各自治体の個人住民税が、2017年度は
1.767億円も減収したと昨日総務省から発表されました。
自分が住む愛知県でも、88億円の減収だったそうです

以前にも書いた事がありますが、自分は都市部から地方へ財源が移動する事には
反対ではありません。
しかし相反する考え方ではありますが、その結果、自分たちの生活に支障が発生
するのは如何なものかとも思います。

昨今、自分が住む名古屋市内でも横断歩道の白線が剥がれてても塗装する予算が
少ないので見送られてると言われてますが、ふるさと納税が財源不足の全てとは
申しませんが、寄付をされる人はそう言う事も考えてほしいです。
少なくとも寄付をされた人は居住している自治体に対して、住民への生活保障が
薄いとは、口が裂けても言わないでいただきたい。

yuumongani20170209c
yuumongani20170209eyuumongani20170209g
ユウモンガニ 学名 Carpilius convexus
 十脚目 / カニ下目 / アカモンガニ科 / アカモンガニ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深 -5m 大きさ 胴長約120mm
英名 Round crab
生息域 伊豆諸島、相模湾以南 ~ 琉球列島、太平洋域、インド洋、紅海など。

珊瑚礁域や岩礁域の礁原や礁斜面に生息しており、日中は岩の隙間や亀裂などに
隠れていて夜間になると外に出て活動します。
甲面は半球状に盛り上がっており、額は狭くて2歯に別れていて前側縁と後側縁の
境目には大きな突起が1個有り、鋏脚は左右の大きさが異なり右側が大きめです。
体色は赤みががったピンク色の地色に濃赤色の不規則な模様が入るタイプや、
赤橙色に赤褐色の斑紋が入るタイプなど変異があります。

    • 2017
    • 06/28

コノハガ二

今朝のNHK朝ドラの”ひょっこ”は、”ビートルズがやってくる”
自分が洋楽に目覚めた中学生の頃には既に解散していたので、残念ながら自分は
ビートルズ世代ではありませんが、当時来日の時は日本中のビートルズファンが
大興奮だった事は知っております。

そんな朝ドラに影響されて、いつもなら朝の通勤時はRadikoで名古屋ローカルの
Zip-FMの番組を聞いておりますが、今朝は I Saw Her Standing There から聞いて
始まりました。
今、聞いてもビートルズの音楽って良いですよね~。

konohagani20170412h
konohagani20170412dkonohagani20170412b
コノハガ二の雌   学名 Huenia heraldica
 十脚目 / カニ下目 / クモガニ科 / コノハガニ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-7m 大きさ 甲長約20mm
生息域 房総半島以南 ~ 琉球列島、紅海、インド洋域、太平洋域など

沿岸の岩礁域や珊瑚礁域にて、礁湖や礁斜面などの砂礫底や転石帯など海藻が
生えている様な環境に生息しており、日中は海藻や転石の下など隠れていて
夜間は活発に活動します。

成体の雄と雌では甲の形状が異なり、雄は縦長の上部が尖った三角形ですが、
雌は両翼に葉状の大きな突起があります。
体色は生息する環境に合わせていて、茶褐色や褐色、緑色、赤色など沢山の
バリエーションが確認されます。
また雌雄共に額角の先端に海藻を付けて擬態しております。

    • 2017
    • 06/01

アカゲカムリ その3

今朝分団登校の待ち合わせ場所に居たネネちゃん、水筒が今日から新しくなって
嬉しそうに自慢してましたが、保育園に通うサナちゃんは昨日までのニット帽が
麦わら帽子に変わり今日から衣替えらしいです。

やはり中学生達も今日から夏服に変わってましたが、自分達の様な大人は先月から
スーパークールビズとやらでとっくに衣替えをしており、先日も30度超えの日が
続いて居たと言うのに子供達は昔の風習のまま昨日まで冬服だった様です。

そんな規則を決めている学校関係者や教育委員会の人達は、自分たちだけスーパー
クールビズを導入してます。
なんて事、まさかと思いますがしてないでしょうね。

akagekaikamuri20170208c
akagekaikamuri20170208aakagekaikamuri20170208d
アカゲカムリ 学名 Lauridromia intermedia
十脚目 / カニ下目 / カイカムリ科 / カイカムリ属

撮影 2017年2月 フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ甲長不明
生息域 館山湾、東京湾、相模湾、紀伊半島南部域 土佐湾、天草、
                   ~ インド洋中部、西部太平洋域など。

岩礁の礁原や礁斜面に生息しており、礁壁や転石帯の岩肌、砂泥底などで観察出来ます。
甲面は半球形に盛り上がっていて全体が短い柔毛で覆われており、体色は赤色、黄色、
赤褐色など変異が見られます。
額に3歯、前側縁に3歯、後側縁に1歯がそれぞれあり、最後の歩脚の先端は鋏状をして
いて、様々な海綿類を背負ってカモフラージュしております。

akagekaikamuri20160910a
撮影 2016年9月 フィリピン・マクタン島 水深-6m 大きさ甲長不明

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 05/07

ホソウデガザミ属の1種

既に先月ぐらいから雨が降った翌朝は車や墓石が茶色い汚れが付く様になり、今年も
黄砂が舞い始めていたと思ってたら、昨日のNEWSで「今年の黄砂が初観測されました」
と報道され、不思議に思って調べたところ ” 空中に浮遊した黄砂で大気が混濁した
状態を気象台の観測者が目視で確認した時 ” を定義としている様です。

少ない量でもとっくに舞い初めてて汚れる被害が出ていると言うのに、変な話しです。
まぁ桜の開花宣言と同じような物と思えばいいんでしょうね。

hosoudegazamiSp20170210d
hosoudegazamiSp20170210chosoudegazamiSp20170210e
hosoudegazamiSp20170210a
ホソウデガザミ属の1種  学名 Lupocyclus sp.
 十脚目 / カニ下目 / ガザミ科 / ホソウデガザミ属

撮影 2017年2月:フィリピン マクタン島 水深-10m 大きさ甲長約10mm
英名 Scissor Swimmingcrab
生息域 フィリピンなど。

自分なりに色々と調べてみましたが、生息域や生態など詳しい事は何も判りませんが、
鋏脚や歩脚の独特なフォルムから、ホソウデガザミ属の1種と勝手に決めさせて
いただきました。
いつもの様に、間違っていたら誠に申し訳ございません。

hosoudegazamiSp20170210j

ただ礼儀正しい性格の様でして。
最後に別れる時には、この様に敬礼して一礼されておりました。

    • 2017
    • 03/28

ツノナガコブシガニ その2

自分がいつも通勤時に乗る地下鉄は、時間帯もあってか比較的に良く座れます。
いい人ぶる訳では有りませんが、今朝の通勤時に途中の駅で乗ってこられた2人のお子さん
連れのお母さんに、どうぞって席を譲りました。
すると何も言わずにささっと座ったお子さんに対して「お礼を言ってから座りなさい」と
お母さんが叱ってられました。
こんなお母さんに育てられる子供って、幸せですよね。

tunonagakobushigani20170318f
tunonagakobushigani20170318atunonagakobushigani20170318c
tunonagakobushigani20170318j
ツノナガコブシガニ 学名 Leucosia anatum
十脚目 / カニ下目 / コブシガニ科 / コブシガニ属

撮影 2017年3月:和歌山県紀伊大島須江 内浦 水深-22m 大きさ甲長約20mm
生息域 房総半島以南 ~ 九州、インドネシア、南太平洋、オーストラリア、インド洋など。

水深が5m~80mぐらいの内湾の砂底や砂泥底などにて、日中は砂の中に潜って隠れており
夜になると外に出てきて活動します。
甲の形は額が前方向に突き出ている三角形にて光沢のある色彩にて、白色の地色に外縁部を
残して全体は大きな薄茶色をしており、上部に不規則な形の白色斑紋が6個あり、下部には
それらの白色斑紋の列状に白色線が入ります。
鋏脚の長節基部には顆粒状の大きさの異なる突起が有り、歩脚と同様に白色の地色に各節の
近くに赤みがかった橙色の横帯が入ります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > カニ下目

Feed

Page top