かじきあん > ブログ トップ > ヒメ目 > ホタテエソ科

Category / ホタテエソ科

    • 2012
    • 05/10

ホタテエソ その2

以前にも書いたことが有りますが、自分が潜っているポイントの中で アカハタ を一番多く
観察するのは大瀬崎の先端でして、個人的に本種を「大瀬君」と呼んでおります。

そしてもう一種、大瀬崎の先端に来るとこれまた多く観察する「大瀬君2号」が、本日の
報告種です。


ホタテエソ 学名 Pseudotrichonotus altivelis
ヒメ目 / ホタテエソ科 / ホタテエソ属

撮影 2012年5月:大瀬崎 先端 水深-35m 大きさ 約70mm 
生息域 相模湾、駿河湾、伊豆諸島以南 ~ 東シナ海など。

水深が30m~50mぐらいの岩礁域にて、岩礁に隣接する傾斜面の砂地や砂底などに生息して
おり、体型は細長い円錐形、背鰭と臀鰭の基底部が長いことで他のエソ科の生物とは区別が
出来ます。
臀鰭起部を超えるほど長い腹鰭で体を支え、背鰭をピクピクと動かしながら静止してるかと
思うと突然、パパッ、パッと素早く砂地を移動し、時には砂中に潜り隠れてしまいます。

エソとの名前は付いておりますが、一般的に知られているエソ科の生物とは形状など異なり、
1科1属1種の生物です。

ホシノハゼ に何故か反応して、常に動いて
いて、それも本種独特のバババッと瞬間移動をするものですから、舞い上がった砂ボコリが
少しも落ち着きません。

もう少し被写体らしい自覚を持たれて、落ち着いた行動をとってほしいものです。

かじきあん > ブログ トップ > ヒメ目 > ホタテエソ科

Feed

Page top