かじきあん > ブログ トップ > 地域 > マクタン島

Category / マクタン島

    • 2018
    • 07/16

ユカタイシモチ その7

ワールドカップ終わっちゃいましたね。
2年前のユーロを準優勝で終えたフランスでしたが、今回の優勝で
その悔しさも吹っ飛んだでしょうね。
この1ヶ月間近く毎晩たくさんのいいゲームを見させていただき、
睡眠不足の続く毎日でしたが楽しい1ヶ月でした。
早くも2年後のユーロが待ち遠しいです。

yukataishimochi20170209a
yukataishimochi20170209b
ユカタイシモチのナイトカラー  学名 Pristiapogon exostigma
 スズキ目 / テンジクダイ科 / Pristiapogon属

撮影 2017年2月:フィピン・マクタン島
   水深-5m 大きさ約70mm
英名 Narrowstripe cardinalfish
生息域 奄美諸島以南 ~ 中、西部太平洋域など。

珊瑚礁域の内湾などの礁湖、礁池の珊瑚群落や岩礁周りなどにて単独か、
もしくは小数匹の群れを形成して棲息しております。
体色は日中は薄黄土色、夜間では淡銀灰色にて、第1背鰭の前部分が黒く
染まる事や、体側面の吻端から眼を通って尾柄部まで1本の太い暗褐色の
縦帯が伸びており、尾柄部の所に縦帯より上側に大きな黒色斑紋がある
事などが特徴です。
但し、夜間ではその黒色班紋が不鮮明な個体も観られます。

近似種の カスリイシモチ は、同様に尾柄部にある大きな黒色斑紋が、
暗褐色の縦帯のラインより上方に位置しておりますが、全身の鱗の縁が
濃褐色をしている事で識別が可能です。
その他の近似種の ヒトスジイシモチ は、尾柄部にある大きな黒色斑紋が
暗褐色縦帯と同じライン上に位置している事で識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 07/02

バンダイシモチ その6

何があるのか判らないのがワールドカップ、予選1位通過はまず無いに
してもあわよくば2位通過すればと期待して明日は休日にしておいて
正解でした。
今夜は明日を気にせずベルギーVS戦を見られます。
失礼な話、予選リーグの最終戦はポルトガルに勝っちゃうと1位通過に
なって試合日がずれてしまうので、引き分けて欲しいとこっそり願って
おりました。

しかしベルギーに勝って次の準々決勝戦は土曜日の午前3時キックオフ、
この日は仕事なのでどうやって見るかが思案どころです。

bandaishimochi20170907a
bandaishimochi20170907cbandaishimochi20170907d
バンダイシモチ 学名 Nectamia bandanensis
スズキ目 / テンジクダイ科 / ナミダテンジクダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                   水深-5m 大きさ約60mm
英名 Banda cardinalfish
生息域 小笠原諸島、屋久島、奄美諸島以南
               ~ 紅海、西部太平洋域、GBRなど。

珊瑚礁域にて水深5~10m位に生息しており、日中は岩穴奥深くや岩陰
などに隠れてますが、夜になるとふら~ふら~っとした感じで水底や
根などの近くを浮遊しております。
体の大きさに対し眼は著しく大きく、眼の下から頬にかけ斜め後方向に
先細りの黒色の線があり、体側面には不明瞭な太くて黒色の横帯が2本
入ります。
また、尾柄部にも太くて黒色の明瞭な横帯が1本あります。

bandaishimochi20150409cbandaishimochi20150903c
撮影 2015年4月/9月:フィリピン・マクタン島

bandaishimochi20160908a
撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島
                   
ナイトで最初に見つけた時はこんな感じで浮遊しておりますが

bandaishimochi20160908d

光を当てて撮影していると、こんな感じで隠れてしまいます。

近似種の ナミダテンジクダイ は、眼の下から頬にかけ斜め後方向に
先細りの黒色の線があり、体側面の中央部に6~10本の輪郭が明瞭な
暗褐色の横帯がある事や、尾柄部に太くて黒色の明瞭な横帯が1本ある
事などで識別が可能です。
また同じく近似種の ホソスジナミダテンジクダイ は、眼の下から斜め
後方向に伸びる黒色線の先端が前方向に湾曲を描く事や、体側面の
暗褐色の横帯が不明瞭で5~6本有る事、尾柄部の太くて黒色の横帯は
測線より上方は明瞭で下方が不明瞭である事などが特徴です。

そしてまだ和名のない近似種の マルチバード カーディナルフィッシュ は、
各鰭が黄色く縁取りされている事が特徴です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 06/30

Calaxius属の1種

サッカーの日本代表、色々と賛否両論を書かれてますが、後半に1点
入れられてから自分はドーハの悲劇を思い出して見てました。
あの時に今回の西野監督の采配が出来ていれば、94年のアメリカ大会に
出場できてたでしょうね。
あれから25年、日本のサッカー代表がこんな戦い方が出来るなんて
成長したもんですね。
そして日本代表の監督は日本のサッカーを熟知している監督がやはり
最適と思いました。

さて明日も仕事ですのでウルグアイVSポルトガル戦のTV観戦は諦めて、
フランスVSアルゼンチンだけ見て寝ることとします。
でもその前にオーストリアF-1GPの予選が終わるかが微妙ですけど。

CalaxiusSp20160908b
CalaxiusSp20160908cCalaxiusSp20160908d
CalaxiusSp20160908aa
Calaxius属の1種 学名 Calaxius.Sp
十脚目 / アナエビ下目 / アナエビ科 / Calaxius属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島
                水深-20m 大きさ約20mm
生息域 沖縄本島、フィリピン・マクタン島など 

CalaxiusSp20160908ab
よく見ると抱卵中でした。。

珊瑚礁域にて外縁の礁斜面の瓦礫岩の下に隠れておりました。
撮影した当時に色々と調べてみても正体がわからず、約2年近く経過した
今調べてみても詳しい事は調べきれませんでした。

なになに属の1種、色々と書く時間が無い時の観察報告に最適です。

    • 2018
    • 06/11

ミナミフトスジイシモチ その8

本日のアポゴンマンデイは約1ヶ月前にも書いてる種ですが、前回は
黄色の色彩タイプだけに絞らせていただきましたので、今回は異なる
白色タイプでだけで纏めてみました。
同じ種なのに色違いが明瞭でありながら、生息している環境や日中と
夜間とか雌雄などに関係なく、同じ種でこの2色が観察出来るのは
とても不思議に思います。

minamifutosujiishimochiB20170210a
minamifutosujiishimochiB20170210b
ミナミフトスジイシモチの白色タイプ
         学名 Ostorhinchus nigrofasciatus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                 水深-5m 大きさ約50mm
英名 Blackstripe Cardinalfish
生息域 神奈川県以南の南日本
~ 台湾、中、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、昼中は岩穴や岩陰に隠れる様にして単独で
生息しており、夜になると岩穴から出て海底近くを浮遊しております。
体地色は淡褐色で、体側面に5本の太くて黒い縦帯があり、その内の
真ん中の3本は尾柄部まで届き、黒帯の間には光沢のある白色の細い
縦線がある事などが特徴です。

minamifutosujiishimochi20170412a
minamifutosujiishimochi20170412bminamifutosujiishimochi20170412c
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-18m 大きさ約60mm
minamifutosujiishimochi20170414eminamifutosujiishimochi20170414d
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-12m 大きさ約70mm

minamifutosujiishimochiB20160908a
minamifutosujiishimochi20160908a
minamifutosujiishimochi20160908b
撮影 2016年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-13m 大きさ約50mm

本種は自分は見ると必ずと言っていいほど撮影しているアポゴンです。
そのせいか約1ヶ月前の観察報告の、その前の2015年12月の報告からの
約2年間の間に、なんと本種だけで200枚ほど撮影しておりましたので、
前回の黄色タイプと白色タイプと2回に分けて報告させていただきました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/28

フタホシアトヒキテンジクダイ その3

昨夜F-1モナコGPを観ていて、トンネルの中での映像にてデブリが
鮮明に写っている事に気づきました。
ひと昔前ではトンネル内は真っ暗の映像でしたが、昨今はここまで
鮮明に写るかと技術の進歩は凄いですね。

そう言えば来月辺りに docomoから発売される HUWAEI P20 Proが
凄く気になってます。
Leicaのトリプルカメラによる写真が凄く綺麗で、どうやらAI補正が
素晴らしい様で、一眼カメラにもそのうち搭載されるんでしょうかね。

futahoshiatohikitenjikudai20170907c
futahoshiatohikitenjikudai20170907a
フタホシアトヒキテンジクダイのナイトバージョン  学名 Archamia biguttata
スズキ目 / テンジクダイ科 / アトヒキテンジクダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
 水深-5m 大きさ約60mm
英名 Twinspot Cardinalfish
生息域 琉球列島以南 ~ 中部・西部太平洋域など

水深が 5m〜30mぐらいの珊瑚礁域に少数匹の群れを成して生息して
おります。
背鰭軟条数は9本にて、体地色は薄黄褐色にて体側面には橙色の細い
横線が密に複数入り頭部の眼の下、頬部に暗褐色の太い斜帯がある事、
また鰓蓋の上部後方に不規則な半円形、尾弊部に円形のそれぞれ
暗褐色の班紋が有る事などが特徴です。

futahoshiatohikitenjikudai20130615d
撮影 2013年6月:フィリピン・マクタン島
 水深-5m 大きさ約60mm
futahoshiatohikitenjikudai20150412d
撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島
 水深-8m 大きさ約60mm

こちらは共に日中の色彩です。
どうやら夜になると体地色は薄くなるみたいですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/23

バブルコーラルシュリンプ その2

来月のポケモンコミュニティデイはヨーギラスと発表されました。
昨年2月に現れ出してから今まで苦労して捕獲してきたヨーギラスの
数は今日現在で351匹です。
今年になってから始まった月に1度のコミュニティデイの結果から
3時間の間に100匹近くは捕らえられると思うと、今までの苦労は
何だったんだとちょっと複雑な気分です。

BubbleCoralShrimp20170211e
BubbleCoralShrimp20170211c
BubbleCoralShrimp20170211f
バブルコーラルシュリンプ 学名 Vir philippinensis
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科
            / カクレエビ亜科 / イソカクレエビ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                水深-12m 大きさ胴長約20mm
英名 Bubble Coral Shrimp
生息域 奄美大島以南 ~ 琉球列島、
          インド洋、西部太平洋域、オーストラリアなど。

珊瑚礁域の礁原や周辺の礁斜面などにて水深が3m~40mに生息して
いる ミズタマサンゴ をホストとし、ミズタマサンゴの袋状の触手の
間に隠れ住みます。
体地色は透明色にて鋏脚や歩脚、触角などの外縁が、赤紫色や青紫色の
細い線で縁取られており、腹部の背中線上に1本と眼柄部に数本明るい
同色の細線が入ります。

以前は アカヒゲカクレエビ と混同されてましたが、その後研究者の
方達のご尽力によって現在では別種と判明しておりますかが、和名は
まだ付けられておりません。
近似種の アカヒゲカクレエビ は オオハナサンゴ をホストとして
いる事や、本種の方が第2鋏脚が大きい事などで識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/21

ナミダテンジクダイ その5

毎週月曜日の自分のいちばんの楽しみは、何よりも少年ジャンプの
ワンピースを読むこと。
仕事帰りに購入して、匡平の仏壇にお供えし1時間ほど経って匡平が
読み終えたなと思ってから読みますが、何と今週は休載。
そんな事先週号に書いてなかったぞと思ってみても、新作が載って
無いことには変わりなく、来週月曜日が待ち遠しいです。

namidatenjikudai20170907a
namidatenjikudai20170907dnamidatenjikudai20170907c
ナミダテンジクダイ  学名 Nectamia savayensis
 スズキ目 / テンジクダイ科 / テンジクダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                水深 -10m 大きさ約50mm
英名 Similar cardinalfish
生息域 奄美諸島以南 ~ 紅海、西部太平洋域、GBRなど。

珊瑚礁域にて、水深5~10m位にに生息しており、日中は岩穴の
奥深くや岩陰などに隠れていますが、夜になるとふらふら~っと
した感じで水底近くを浮遊しております。
体の大きさに対して眼は著しく大きく、眼の下から頬にかけ斜め
後方向に先細りの黒色の線があり、体側面の中央部には6~10本の
輪郭が明瞭な暗褐色の横帯があります。
また、尾柄部の測線より上方に太い黒色の横帯がある事も特徴です。

近似種の ホソスジナミダテンジクダイ は、眼の下から斜め後方向に
伸びる黒色線の先端が前方向に湾曲を描く事や、体側面の暗褐色の
横帯が5~6本で有る事、また同じく近似種の バンダイシモチ
体側面の暗褐色の横帯が太く2本で有る事や、尾柄部の太い横帯が
測線より下側も黒色が明瞭であること、他にも近似の マルチバード
カーディナルフィッシュ
は第2背鰭と臀鰭の前縁、尾鰭の上下等が
黄色く縁取られる事などでそれぞれ識別が可能です。

namidatenjikudaiB20170907a
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                水深 -8m 大きさ約35mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/03

ネッタイミノカサゴ その3

先日の朝、通勤時に会ったねねちゃんがニューヨーク・ヤンキースの
ロゴが入った野球帽を被っていたので、「あれ~今日はヤンキースの
帽子なんだね」って言うと、「そうそうヤンキーの帽子」って言って
はしゃいでました。
それをそばで聞いたネネちゃんのお母さん。
「ちがう違うヤンキース、ヤンキーじゃない」って慌ててました。
子どもの行動は予想が難しく、見ていてとても面白いです。

nettaiminokasago20170207a
ネッタイミノカサゴ  学名 Pterois antennata
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / ミノカサゴ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                   水深-10m 大きさ約60mm
英名 Spotfin Lionfish
生息域 小笠原諸島、伊豆半島以南 ~ 太平洋域、インド洋など。

岩礁域や珊瑚礁域にて沿岸から外海までの広い範囲に生息しております。
胸鰭の鰭条が糸状に長く伸びており、鰭膜は鰭条の先端まで達しないこと
などで他のミノカサゴ属の生物と識別が出来ます。
夜行性で日昼は珊瑚の奥や岩陰、岩穴などに隠れておりますが夜になると
出てきて、水底近くにとどまります。

本種も他のミノカサゴ属の生物同様に背鰭の棘に強い毒があり刺されると
危険です。
また近似種の キリンミノ は尾柄部の色彩模様がTの字になっていて、
本種は普通の縞模様であることで識別が可能です。

nettaiminokasago20170209d
nettaiminokasago20170209bnettaiminokasago20170209c
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                   水深-5m 大きさ約40mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 04/30

ミナミフトスジイシモチ その7

本日のアポゴンは前から黄色タイプと白色タイプが観察されていて、
別種なのか亜種なのかと不思議に思っており、アポゴンに詳しい
研究者の方に尋ねても未だ解明されていないそうです。

アポゴンの中でも好きな種でマクタンに潜りに行くと毎回必ず撮って
いるアポゴンなんですが、本日はそんなアポゴンの黄色バージョンに
絞って報告させていただきます

minamifutosujiishimochi20170912a
minamifutosujiishimochiB20170912a
ミナミフトスジイシモチの黄色タイプ
         学名 Ostorhinchus nigrofasciatus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-12m 大きさ約50mm
英名 Blackstripe Cardinalfish
生息域 神奈川県以南の南日本
~ 台湾、中、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、昼中は岩穴や岩陰に隠れる様にして単独で
生息しており、夜になると岩穴から出て海底近くを浮遊しております。
体地色は淡褐色で、体側面に5本の太くて黒い縦帯があり、その内の
真ん中の3本は尾柄部まで届き、黒帯の間には光沢のある白色の細い
縦線がある事などが特徴です。

minamifutosujiishimochiYg20170207d
minamifutosujiishimochiYg20170207bminamifutosujiishimochiYg20170207e
幼魚:撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-12m 大きさ約30mm

minamifutosujiishimochiYg20170209b
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                 水深-5m 大きさ約50mm

こちらは尾鰭の形が正常ではない個体でした。
おそらく成長過程で何か異変があったんでしょうね。

minamifutosujiishimochi20171003a
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
               水深-12m 大きさ約40mm 

そして最後は、自分自身が内浦ビーチで初観察の本種です。
なので定点観察を続けて見たかったんですが、諸事情でこのシーズンは
ほとんど潜れずで、この秋からの次シーズンに期待しております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 04/24

ヨコシマタマガシラ

本日も過去未報告の種ですが、色々と過去の撮影写真を調べてみても
昼間の写真が見当たりません。
なので未報告ながら、いきなりナイトカラーでの報告です。

yokoshimatamagashira20170207b
ヨコシマタマガシラ  学名 Scolopsis ciliata
 スズキ目 / イトヨリダイ科 / ヨコシマタマガシラ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                水深-5m 大きさ約100mm
英名 Whitestreak MonocleBream
生息域 小笠原諸島、琉球列島 ~ 西部太平洋域、キーリング諸島等。

水深が25m以浅の珊瑚礁域や岩礁域にて、ペアもしくはは小さな群れを
成して生息しております。
背鰭は10棘9~10軟条、臀鰭は3棘8軟条にて、体色は背部は褐色にて
体側面には2本の黄色と白色の太い縦帯と幅広い淡色の横帯が入ります。
また幼魚の頃は フタスジタマガシラ によく似た縦帯も入ります。

ちなみに本日の写真は、熟睡してる姿ですので各鰭はほとんど閉じてます。
背鰭を全開して寝てる種も見かけますが、寝ている時は閉じている種が
ほとんどでして、起こすと各鰭を開けますが日中の色彩に戻る事も多くて
いつも起こすかどうか悩んでおります。

yokoshimatamagashira20170208a
yokoshimatamagashira20170208d
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                水深-5m 大きさ約120mm

そして翌日の夜、異なる個体ですが再び本種を見つけたので起こした
ところ、やはり昼間の色彩に戻り泳ぎ去って行きました。

かじきあん > ブログ トップ > 地域 > マクタン島

Feed

Page top