かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 紀伊大島須江

Category / 紀伊大島須江

    • 2018
    • 02/23

ヒレグロスズメダイ その7

自宅から最寄りの地下鉄駅までは小さな川の東側と西側に一方通行の
道路があり、それぞれ歩道が整備されております。

車では一方通行なので駅に向かうには東側を、駅から自宅方向へは
西側を走りますが、気がつくと不思議な事に歩道を歩く時も同じ様に
駅に向かう時は西側を、帰り道は東側を歩いてますが、これも習性の
ひとつなんでしょうかね。

hiregurosuzumedai20171003a
hiregurosuzumedai20171003b
ヒレグロスズメダイの幼魚  学名 Chromis atripes
 スズキ目 / スズメダイ科 / スズメダイ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
 水深-10m 大きさ約35mm
英名 Darkfin Chromis
生息域 三宅島、駿河湾以南 ~ 西部太平洋域など

水深が10m~20mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域にて、岩壁の窪みや岩穴から
出入りする様な仕草で生息しております。
体地色は薄茶色に背鰭と臀鰭の先端部は黒く染まり、尾鰭の付け根付近は
黄色く染まり尾鰭の両葉の上下先端はそれぞれ2本の軟棘が糸状に伸長して
おります。
また眼を挟んで上下が黒色に染まる事から、いわゆるネコ目に見えます。

hiregurosuzumedaiYgB20161001c
hiregurosuzumedaiYgB20161001ghiregurosuzumedaiYgB20161001f
撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
 水深-5m 大きさ約25mm

内浦ビーチでは毎年オープンした10月から11月頃にかけて観察出来ますが
年を越した頃には見かけなくなります。
そういう意味では季節限定のレア種かも知れませんが、それ以前に可愛さ
たっぷりなので毎年見る度に刺さっております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/22

イロカエルアンコウ その5

先日の休日、所用から車で自宅へ戻る途中にネネちゃんに会いました。
どうやらインフルエンザで休んでる同じクラスの友達に連絡帳を届けに
行く途中らしく「車で送ってこうか」と言うと「乗せってって~」と。

その友達の家に車を横付けして様子を見てたら、その友達のお母さんが
出てきて自分も挨拶しましたが、再び自分の車に乗るネネちゃんを見て
きっと本当のお爺ちゃんと思ったでしょうね、偽物なんですけど。

irokaeruankouYg20180106a
irokaeruankouYg20180106dirokaeruankouYg20180106e
irokaeruankouYg20180106f
イロカエルアンコウ  学名 Antennarius pictus
 アンコウ目 / カエルアンコウ科 / カエルアンコウ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-10m 大きさ約30mm 
英名 Painted frogfish
生息域 伊豆半島以南 ~ インド洋、太平洋域、東部太平洋の熱帯域など

比較的に浅い水深の岩礁域や、珊瑚礁域の沿岸部に生息しております。
体色は赤色やオレンジ色、黄色、白色、紫色など多色におよび、他の
カエルアンコウ属との識別点は、本種は第2背鰭の棘 ( 眼の上の前の
突起部 ) を覆う皮膚があまり肥厚してなくて、その後ろの鰭膜との
境界が比較的に明瞭なことです。

irokaeruankouYg20171121L
irokaeruankouYg20171121cirokaeruankouYg20171121h
irokaeruankouYg20171121m
撮影 2017年11月:高知県大月町柏島後浜
     水深-10m 大きさ約20mm

irokaeruankouYg20161002a
撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-5m 大きさ約40mm

ここ2年間でもっと色んな個体を撮していたと思うのですが、取りあえず
捜せ出せたのはこの3個体だけでした。
確か白色やピンク色も撮してたぞと思ってましたが、良く見るとオオモン
とか別種ばかりで。
でもこれだけ色の異なるタイプを観察出来る種は嬉しいですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/19

スダレヤライイシモチ その5

残念な事にダイビングを楽しんでる人達の中でテンジクダイ科の生物に
興味を持たれている方は少なく、異なる種を観られてもどこが違うのかと
思われる方が大半ですので、おそらく気がつかれている方は少ないと思い
ますが、今シーズンの内浦ビーチは初登場のテンジクダイが多いです。

あくまでも2002年に内浦ビーチを初めて潜ってからの自分の記憶ですので
ひょっとしたら単なる自分の感違いかも知れませんが、本日の観察報告は
そんな初登場のひとつです。

sudareyaraiishimochi20171111b
sudareyaraiishimochi20171111f
スダレヤライイシモチ  学名 Cheilodipterus intermedius
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヤライイシモチ属

撮影 2017年11月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-4m 大きさ約60mm
英名 Inbetween Cardinalfish
生息域 奄美諸島以南 ~ 西部太平洋域、インド洋など。

水深が3m〜15mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域の内湾に少数匹の群れを成し、
珊瑚の枝間や岩穴奥、岩陰などに潜む様に生息しております。
体地色は銀白色にて吻端から尾柄部まで濃い茶褐色の縦帯と薄い茶褐色の
縦帯が交互に各4本の合計8本入っており、幼魚の頃は尾柄部に中心部に
黒色斑紋がある大きな黄色の斑紋がありますが、成長と共に薄れてゆき
老成魚では白色に変色します。

また前鰓蓋骨縁は鋸歯状であり、尾鰭の上下葉は黒色で縁取られます。

sudareyaraiishimochiYg20160908a
sudareyaraiishimochiYg20160908esudareyaraiishimochiYg20160908d
幼魚のナイトカラー:撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島
                    水深-5m 大きさ約40mm

sudareyaraiishimochi20170909asudareyaraiishimochi20170909c
撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
                     水深-7m 大きさ約80mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/17

アイゴ その3

なかなか金メダリストが誕生しない今回のオリンピックでしたが、
やはり本命とされてた羽生選手は凄いですね~。
自分みたいな下々の人間が言うのも偉そうでなんですが、本当に
おめでとうございました。
日本国民に素晴らしい感動を与えてくれた事に感謝申し上げます。

実は自分は仕事でしたが、昼休憩を調整してNHKのインターネット
放送でLiveで観る事が出来ました。
2年前のリオでは無かった様な気がしますが、今回のオリンピックは
競技種目によって異なりますが、NHKと民放によるインターネット
Live配信が観られてとてもありがたいです。

aigoYg20180107b
幼魚:撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-5m 大きさ約50mm

aigo20180107a
成魚:撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-5m 大きさ約150mm

アイゴ 学名 Siganus fuscescens
スズキ目 / アイゴ科 / アイゴ属
英名 Dusky rabbitfish
生息地 下北半島以南、琉球列島、台湾、東部インド洋
~ 西部太平洋の熱帯域など。

珊瑚礁域や、沿岸の岩礁域、藻場等に生息しております。
体色は淡褐色、灰褐色、淡黄色等にて体側面に白色斑が散在しますが、
その時の状態によっては、現れたり消えたりもします。
また体側面の前部に円い暗色斑が現れる事も有ります。

本種の仲間で琉球列島辺りに生息している、体側面の白色斑が細かな
タイプは、以前は シモフリアイゴ 学名 S.canaliculatus と呼ばれて
おりましたが近年の研究結果から、本州~九州地域に生息する本種と
遺伝学的に同種であると判明し、現在では本種のシモフリアイゴ型と
考えられております。
因みに学名 S.canaliculatus は、別種とも考えられております。

aigo20170207g
aigo20170207a
撮影 2017年2月:フィリピオン・マクタン島 ナイトカラー
水深-10m 大きさ約150mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/14

セグロサンゴヤドカリ その4

最近は連休すると連休明けの仕事が大変なので、3日間働いては
1日休日のパターンで働いておりますが、そのパターンで本日は
ボードのハーフパイプ決勝見たさに休日にしました。
ところが今朝の発表にて Pokémon GO が今日明日の2日間だけ
バレンタインイベントでラッキーが普段より多く現れるとの事。

確かにサーチアプリを起動すると出現通知がパラパラ届くので、
TVでオリンピック観戦しながら通知が届く度に出動の、忙しい
休日でした。

segurosangoyadokari20180107a
segurosangoyadokari20180107c
セグロサンゴヤドカリ 学名 Calcinus gaimardii
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ヤドカリ科 / サンゴヤドカリ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
          水深-4m 大きさ不明 (鋏脚は約15mm)
英名 Gaimard’s hermitcrab
生息域 房総半島以南 ~ 西、中、南部太平洋域、インド洋など。

岩礁域や珊瑚礁域にて、潮間帯から10m位までの水深の転石の上や
石塊や岩の隙間等に生息しております。
歩脚はオレンジ色か濃茶色にて先端部近くは白色をしていて先端は
黒色です。
鋏脚は濃茶褐色、触角はオレンジ色、眼柄部は濃茶褐色にて中央の
部分がオレンジ色をしていて、先端部と眼は青色です。

segurosangoyadokari20180107d
前甲の前方が暗色な事から”セグロ”の和名が付けられており、前甲
後方は淡灰色をしております。

segurosangoyadokari20100728ba
撮影 2010年7月:高知県大月町柏島
            水深-5m 大きさ不明 (鋏脚約15mm)

近年まで同種とされていた、近似種の クリイロサンゴヤドカリ は、
眼柄の中央部が青色をしていることで識別が可能だそうです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/12

ヒトスジイシモチ その5

仕事にしろ旅行やスポーツ等の遊びにしろ何事も運が良い事は大事な
要素のひとつとは思いますが、今回の冬季オリンピックを見ていると
強風に結果が左右される選手があまりにも多くて、4年間頑張ってきた
努力が水の泡と消えてしまってる様でとても残念に思えます。
会場設営地の選択ミスなのか、強風対策不足なのか。
他にも関係者の専用道路が無いとか、日本のスキージャンプチームが
競技を終えて帰るバスが来なくて-14度の中で45分も待たされたなど
運営側の不手際が非常に多くて、こんな所で戦わさせられた選手達が
可愛そうですね。

hitosujiishimochi20170910c
hitosujiishimochi20170910b
ヒトスジイシモチ  学名 Pristiapogon exostigma
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヒトスジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・セブ島 水深-9m 大きさ約50mm
英名 Bridled cardinalfish、Spur-cheek cardinalfish
生息域 三宅島、和歌山県、高知県、奄美諸島以南~インド・太平洋域、
     紅海、東アフリカ、フレンチポリネシアなど。

珊瑚礁域の内湾などの礁湖、礁池の珊瑚群落や岩礁周りなどで単独か、
もしくは小数匹の群れを形成して棲息しております。
体地色は薄黄土色から赤みががった銀灰色にて、体側面の吻端から眼を
通って尾柄部まで1本の太い暗褐色の縦帯が伸びており、その縦帯と同じ
ライン上で尾柄部に大きな黒色の斑紋があるのが特徴です。

hitosujiishimochi20180106b
撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深-12m 大きさ約60mm 

近似種の ユカタイシモチ は、尾柄部にある大きな黒色斑紋が、暗褐色の
縦帯のラインよりも上方に位置して居る事などで、カスリイシモチ
尾柄部にある大きな黒色斑紋が、暗褐色縦帯のラインより上方に位置して
おりますが、全身の鱗の縁が濃褐色をしている事などで、それぞれ識別が
可能です。

尚、それらの写真での比較は こちら を参照願います。
また過去の本種の報告は、 こちら をどうぞ。

    • 2018
    • 02/09

ムツ

このところ銀色に光り輝き撮影するとテカテカになってしまう魚の
撮影にチャレンジしてますが、本日の観察報告もそんなテカテカに
なってしまう生物のひとつです。
どれだけ絞ればいいのか、ストロボの光量とか色々と試してますが
難しいですね。
本日はそんなチャレンジ途中のお試し写真での報告です。

mutu20180106b
mutu20180106amutu20180106d
mutu20180106c
ムツ  学名 Scombrops boops
 スズキ目 / ムツ科 / ムツ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-5m 大きさ約150mm
英名 Japanese bluefish
生息域 北海道以南より鳥島、東シナ海など。

幼魚の頃は沿岸のごく浅い藻場や岩礁域に生息しておりますが、成魚になると
200m ~ 700mほどの深海に生息する様になり、大きさも600mm程に成長
します。
背鰭が2基離れて有る事や臀鰭の棘が3本などが特徴にて、体色は幼魚の頃は
鮮やかな金色にて成魚になる金紫褐色に変化します。
また尾鰭の縁辺は黒色に染まります。

近似種の クロムツ は体色が黒褐色で有る事や、側線の有孔鱗数が本種は57
以下で有る事に対して、59以上有る事等で識別が可能です。

    • 2018
    • 02/06

ハチ その7

昨日は雪がぱらつく天気でしたので今朝お墓掃除に行ってみると、予想どおり
お墓の水道は凍り付いており、いつも車に入れてあるお墓掃除用のタオルも
見事に凍ってます。
そして本来の使用目的には使われなく最近はお墓掃除用に使っている5mmの
三つ指のダイビンググローブをはめて拭き掃除をしてみると、タオルが墓石に
凍りついてしまいました。
寒いわけですね。

hachiC20180106d
hachiA20180106bhachiB20180106b
ハチ   学名 Apistus carinatus
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / ハチ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深-18m 大きさ約70mm
英名 Longfin waspfish
生息域 本州中部以南 ~ 西部太平洋域、インド洋域など

水深が100m位までの砂底や砂泥底に棲息しており、昼間は砂底に潜って
身を潜めていて夜になると水底近くの中層を遊泳しながら活発に活動します。
体型は細長く頭部の一部を除いて櫛鱗に覆われており、体色は体側面の
上側は薄茶色にて腹部は白色、大きく広がる胸鰭は黄褐色にて白く縁取られ、
下顎には3本の髭が有ります。
また背鰭後縁には白く縁取られた大きな黒斑が有る事などで本種と同定が
可能です。
また背鰭の棘には毒腺があり、刺されると非常に痛むそうです。

hachiC20180106b

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/04

クロサギ その2

本日の観察報告の種は、海の中で魚をデジカメで撮影して約17年に
なりますが、その間にカメラの性能がどんどん上がっても未だに
自分が上手く撮れない種のひとつです。
本州の広い地域で生息している種ですから撮影チャンスは多くさん
ありますし、誰もが見たことのある魚だと思いますが、難敵です。

今回久々にチャレンジしてみましたが、またしてもコテンパンに
やっつけられました~(泣)

kurosagi20180107e
kurosagi20180107bkurosagi20180107c
クロサギ  学名 Gerres equulus
 スズキ目 / クロサギ科 / クロサギ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                 水深-5m 大きさ200mm
英名 Silver Biddy
生息地 佐渡島以南の日本海沿岸、房総半島以南の太平洋沿岸 ~
九州北西岸、朝鮮半島南部等にて、琉球列島には生息して
いない。

沿岸の内湾や、浅い水深の砂底近くや河川の汽水域などに生息して
おります。
体高はあまり高く無く細長の体型にて体地色は銀白色、腹鰭や臀鰭
および尾鰭の下縁部は鮮やかな黄色をしております。
口は前下方に突出させる事ができ、底生動物などを食してます。

近似種の ミナミクロサギ とはほとんど識別が困難らしいですが、
生息域が琉球列島である事で区別ができます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/02

カマスベラ その4

先日、ねねちゃんが遊びに来ていた時の事です。
この日は小学館の図鑑NEOのクラフトぶっくの恐竜を作っていました。
作り終えた時に「もうあとこんだけしか作れないから新しいの欲しいな」
って言いながら、図鑑に載っている他のシリーズの動物や魚など見てます。

「どれがいいの?」って聞くと「これもいいいけど、こっちもいいな~」
「どっちも欲しいの?」って聞くと「うんっ、だから買っといてね」
上手いな~、こんな技、どこで覚えるんでしょうね。

kamasubera20171112a
kamasubera20171112bkamasubera20171112c
カマスベラ  学名 Cheilio inermis
 スズキ目 / ベラ科 / カマスベラ属

撮影 2017年9月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-5m 大きさ約300mm
英名 Cigar Wrasse
生息域 千葉県、富山県以南 ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋域など。

珊瑚礁域やその周辺の海藻などの藻場にて、水深が1m~5mぐらいの岩礁と
砂地の境界あたりに生息しております。
吻は長くて体高は低く細長い体形をしており、色彩変異が多く見られ淡赤色や
赤褐色の縞模様、淡緑色、緑色の縞模様、黄色など多くの体色が観察出来ます。
脅威を感じたり夜間の睡眠時は砂の中に潜る習性が有り、和名はその名前の
とおり カマス に似ている事から付けられております。

kamasuberaB20171112c
撮影 2017年9月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-5m 大きさ約250mm

同じところで観察した別個体ですが、同じ環境で色彩が大きく異なるとは
色彩変異の結論は難しそうですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 紀伊大島須江

Feed

Page top