かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 紀伊大島須江

Category / 紀伊大島須江

    • 2017
    • 10/20

ヒレグロコショウダイ その5

先日の夜に仕事帰りにポケジムで戦っていたら、ネネちゃんが同じく戦いに
来たお母さんと一緒にやって来ました。
すると「なんで最近、分団来ないの?」とネネちゃんから聞かれました。
この分団とは、小学生の集団登校のネネちゃんの分団集合の場所の事です。

「最近、車で行く事が多かったからね、でも金曜の朝は地下鉄だから行くよ」
っと答えたにも関わらず、今朝行くと既に集合時間後でした。
まぁでもきっとネネちゃんの事だから、そんな約束忘れてるから大丈夫でしょう。

hiregurokosyoudaiYg20171014f
hiregurokosyoudaiYg20171014h
hiregurokosyoudaiYg20171014a
ヒレグロコショウダイの幼魚  学名 Plectorhinchus lessonii
 スズキ目 / イサキ科 / コショウダイ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                        水深-9m 大きさ約15mm
英名 Striped Sweetlips
生息域 伊豆諸島、南日本以南 ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋の熱帯域など

沿岸浅海の岩礁域や、珊瑚礁域に単独で生息しております。
幼魚の小さな頃は体地色は赤茶色で、吻端から尾鰭の端までつながる黒色の縦帯が
1本入っていて、吻端上部と背鰭手前、背鰭中間の基部、尾柄部上部に白色の斑紋が
入ります。
また臀鰭と背鰭後部は黒色、胸鰭は基部から「く」の字型の白色模様で囲まれた
黒色です。

hiregurokosyoudaiWg20171014e
hiregurokosyoudaiWg20171014d
hiregurokosyoudaiWg20171014b
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                        水深-5m 大きさ約90mm

幼魚も40mmぐらいまで育った頃には体地色は白色へと変化し、細く赤茶色で
縁取りされた黒色の太い縦帯が3本ある色彩に変化します。
そして成魚になると体地色は暗灰色へと変化し、体側面の黒色の縦帯は4本へと
変化し、頭部では5~6本、背鰭後部と臀鰭、尾鰭には黒色の斑紋の模様に変わり
ます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 10/19

メイチダイ その6

本日観察報告の生物は毎年内浦ビーチがオープンすると必ず撮影している生物。
凄く綺麗でも無く、水中で見ても白色に黒色の縞模様のある地味な生物ですが
毎年好んで撮影してしまいます。
料理するには眼の周りに臭みがあるので注意する必要があるそうですが、非常に
美味らしく流通量も少ないので活魚は高価格らしいです。

meichidaiYg20171015e
meichidaiYg20171015ameichidaiYg20171015c
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深-18m 大きさ約40mm

メイチダイ  学名 gymnocranius griseus
 スズキ目 / フエフキダイ科 / メイチダイ属
英名 Gray Large-eye Bream
生息域 南日本以南 ~ 西部太平洋域、インド洋など。

水深が-100m以浅の沿岸の海底付近に生息しております。
体高は高くて楕円形、体地色は灰銀色にて、数本の暗色の横帯、もしくは
網状模様が瞬時に現れたり、消えたりします。
この傾向は幼魚ほど顕著に見られ、外敵に対する防御行為のひとつと
思われております。

meichidaiYgB20171015bmeichidaiYgB20171015emeichidaiYgC20171015d
meichidaiYgC20171015b
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                 水深-18m 大きさ約40mm/35mm

全文を読む

    • 2017
    • 10/14

内浦ビーチで、まったりハゼ撮影

DSC_6040b
DSC_5764bDSC_6019b
DSC_6022bDSC_6015b
DSC_6034b
DSC_6030b
DSC_6023b

内浦ビーチには、自分が勝手に”まったりハゼゾーン”と読んでいるエリアがあります。
今日はそんなエリアで撮影したハゼたちの撮影報告です。

ネジリンボウ以外は、全て今日の1本目での撮影。
ヤツシハゼとカスリハゼは引っ込みまくられでしたので、明日にでもリベンジです。

    • 2017
    • 10/12

カザリイソギンチャクエビ その2

誰もが騒音迷惑と思ってると考えられる、選挙カーによる迷惑な2週間が
始まってます。
8時から20時までに限ると決められてるらしいですが、住宅街に限られず
夜勤労働でその時間帯に就寝している方も居ますし、昼寝が必要な乳児に
とっても凄い迷惑な騒音で、いつになったら改められるのでしょうか。
国民の事を考える職業なら、まずそこから考えろと思います。

kazarikinchakuebiB20171004e
kazarikinchakuebiB20171004ckazarikinchakuebiB20171004a
カザリイソギンチャクエビ 学名 Periclimenes ornatus
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / ホンカクレエビ属

 撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深-5m 大きさ約40mm&20mm
 生息域 房総半島以南 ~ 香港、西部太平洋域、インド洋域、紅海など

岩礁域や珊瑚礁域の比較的に浅い水深に生息している サンゴイソギンチャク や、
シライトイソギンチャク 等に共生しております。
体地色は透明色にて、体側面には数本の白色縦線があります。
左右の眼は白色の横線にて繋がっており、鋏脚や歩脚と尾扇にはそれぞれ濃褐色と
白色の細かな点が散在しております。

kazarikinchakuebi20171004c

今シーズンの内浦ビーチは夏の水温が高かったらしく、浅場のイソギンチャク類が
ほとんど白化していて、それらをホストとして生息して居る本種も色彩の薄い個体が
多く見られます。

kazarikinchakuebi20171004e

よく見るとこの個体は、片側の眼が可愛そうな事になってました、

kazarikinchakuebi20171004d

白化したイソギンチャクと言う事で、綺麗な絵柄も撮れそうです。
まぁそう言う感性と撮影スキルが無い自分にはムリですが。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 10/11

アケボノチョウチョウウオ その2

本日の観察報告はチョウチョウウオ科の種の中でわりと好きなタイプなのに、
過去に2008年に1度書いたきりでして、過去の写真のストックから捜しても
なかなか出てこず約9年近くも撮影しておりませんでした。
昨日の報告のクロベラみたいに毎年撮している生物もあれば、日頃からよく
観察していても撮って無いとは。
もっとマメに生物全般を撮影しないとと反省です。

akebonochouchouuoYg20171004e
akebonochouchouuoYg20171004cakebonochouchouuoYg20171004b
akebonochouchouuoYg20171004a
アケボノチョウチョウウオの幼魚 学名 Chaetodon melannotus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年9月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                    水深-4m 大きさ約30mm
英名 Blackback Butterflyfish
生息域 千葉県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

水深が15ぐらいまでの珊瑚礁域にて、珊瑚類の近くで単独模式はペアを成して
生息しております。
顎下から眼の後部あたりを境目に背鰭から尾鰭、臀鰭を含めた体側面の全周に
渡って周縁部は黄色く染まり、その内側は白色にて黒色の斜線帯が複数入り、
腹部では斑点状になります。
臀鰭基部に黒色斑が入り、幼魚の頃は尾柄部に明瞭な黒色斑紋が入りますが
成長すると共に不鮮明になります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 10/06

クロホシフエダイ その2

日本語対応ゆえ欧米からは遅れておりましたが、Googleが「Google Home」を
本日から、LINEからは「WAVE」を昨日から、SONYも年内には発売予定とやっと
日本でもAIホームスピーカーが市場に出てきました。
しかしAppleヲタクの自分としては、やはり「HomePod」が欲しいところでして
英語圏の国では年内に発売されるらしいですが早く日本でも販売して欲しい
ものです。

さて本日も昨日に引き続いて、先日の紀伊大島須江内浦ビーチで見つけた
宝物の報告です。

kurohoshifuedaiYg20171003f
kurohoshifuedaiYg20171003ckurohoshifuedaiYg20171003d
kurohoshifuedaiYg20171003a
クロホシフエダイの幼魚  学名 Lutjanus russellii
 スズキ目 / フエダイ科 / フエダイ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m
大きさ約20mm
英名 Russell’s snapper
生息域 南日本以南 ~ 中部太平洋域、インド洋域など

岩礁域の沿岸や、その近くの砂地などに生息しており、約600mm位まで
成長します。
体高は高く、体色はメタリックな銀色で腹鰭と臀鰭は黄色にて、体側面の
背鰭後縁の下側あたりに、眼経よりも大きい眼状斑が有る事で本種と同定が
できます。
写真の幼魚の頃は河口域にも棲息しており、4本の暗色縦帯が体側面に
入ります。

kurohoshifuedai20110129a
成魚;撮影 2010年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-8m
大きさ約150mm

近似種の イッテンフエダイ は眼経と、眼状斑の大きさが同じぐらいな事で
識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 10/05

ニシキブダイ その2

この火曜、水曜と今月1日に今シーズンのオープンしたばかりの内浦ビーチを
潜ってきました。
昨年はオープン初日、今年は3日目と毎年オープンして早い時期に行きますが、
目的は人が入り出すと観察出来なくなってしまう生物が多い事からでして、
特にダイバーの通り道近くのハゼ達に多く見られる現象です。
そしてもう一つ、クローズしてる夏の季節に今年は何が流れ着いているかなと
ワクワクしながらの宝物探し。
今年も何種かそんな宝物が見つかりましたが、全て一般ウケはしなさそうなの
ばかり。
今日はそんな中のひとつを報告させていただきます。

nishikibudaiYg20171004c
nishikibudaiYg20171004bnishikibudaiYg20171004a
ニシキブダイの幼魚  学名 Scarus prasiognathos
 スズキ目 / ブダイ科 / アオブダイ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-4m
                           大きさ約35mm 
英名 Greenthroat Parrotfish
生息域 八丈島、相模湾、和歌山県、高知県以南
              ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋域など。

珊瑚礁域や珊瑚礁域の外縁やドロップオフなどに群れを成して生息しており、
幼魚の頃は潮間帯等の浅い水深でも観察されます。
体高が高く頭部は丸みを帯びており、雄の成魚の尾鰭は湾入しており上下葉は
伸長しますが、雌の尾鰭は湾入しません。
雄の成魚は頭部が黄色みがかった薄緑色にて、口元から頬部にかけては明るい
青緑色、体側面の後方は緑色をしており、腹鰭と臀鰭は青緑色にて黄色の縦帯が
入ります。
雌の成魚は茶褐色にて体側面の後方に白色の小さな斑紋が多数散在します。

nishikibudaiyg20160818c
撮影 2016年8月:和歌山県串本町 串本DP前ビーチ 水深-6m 大きさ約15mm 

もしも興味を持たれた方が居たなら、エントリー口南側のテトラポット前の
敷石の上の浅場で、色んなベラと一緒にウロウロと遊泳してますので捜して
みて下さい。

nishikibudaiYg20171004d

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 08/21

オオスジイシモチ その7

ここ最近、左の腕を後ろ方向に伸ばすと左肩に激痛が走りますので定期的に通院を
している整体の先生に相談して治療して貰うとあっさりと治りました。
治療後に原因が何かと相談していると、例えば常に肘を閉じた姿勢を続けていると
上腕の筋肉が縮む状態が続き痛むことがあるとの事。
考えてみれば痛みを感じ始めたのは先月末で、ちょうどドラクエ11を遊び始めた頃。
確かにゲームコントローラーを操作する姿勢は、常に肘を閉じた姿勢です。

若い頃は体が軟らかくて何も問題ありませんでしたが、やはり加齢によるものかと。
歳を取るとゲームするにも支障があるんですね、悲しい。

oosujitenjikudai2017074b
oosujitenjikudai2017074aoosujitenjikudai2017074d
oosujitenjikudai2017074c
オオスジイシモチの夜の色彩  学名 Ostorhinchus doederleini
スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイチモチ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約80mm
英名 FourLine cardinalfish
生息域 千葉県以南 ~ 西部太平洋域など

内湾の珊瑚群生域や岩礁域にて、日中はそれらの珊瑚や岩礁の隙間に隠れる
様にして生息しておりますが、夜になるとフラフラ~って感じで中水層を
泳いで捕食したりしております。
体型は長卵形にて体地色は赤みががった白色にて、体側面に濃い茶褐色の
縦縞が5本走り、尾柄部には眼径並みの大きさの黒斑がひとつあります。
また幼魚の時は群れを成しますが、成魚になると単独で生息し繁殖期には
ペアを組みます。

oosujitenjikudaiYg20161001b
幼魚:撮影 2016年10月:和歌山県串本町紀伊大島須江 内浦ビーチ
                     水深-5m 大きさ約40mm

oosujitenjikudai20160614a
oosujitenjikudai20160614b
求愛姿:撮影 2016年6月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約80mm

で、ここまで書いて気づきましたが、本種の産卵シーンどころか口内保育の姿を
写した事がありませんでした。
季節的にはもう今年はムリかと思いますので、来年の課題とさせていただきます。

過去の本種の報告は、 こちら を、参照願います。

    • 2017
    • 07/31

スジイシモチ属

下記の投稿ですが、当初、上から3本目の縦帯が目の後ろで途切れる事や尾柄部に
黒色斑紋が入らない事から ミスジテンジクダイ と書かせていただきましたが、
観察時には縦帯が目の後ろで途切れる個体と、途切れない個体が混在して泳いで
いたり、スジイシモチ と思われる個体も混在してましたので、これら上記の
特徴は標本上の識別点で有って生存時には、鮮明であったり不鮮明になったりと
変異する物かも知れない疑問が出てきましたので、今後の自分の課題として今回は
種小名の同定をしない報告に訂正させていただきます。

****************************

この春に入学祝いにプレゼントしたイーブイのぬいぐるみは今はどうしてるのと
ネネちゃんに聞いたところ、「元気に育ててるよ」って返事されました。
「育ててるって、エサとかあげてんの?」と聞くと「毎日あげてるし、ウンチも
ブリブリしてるよ」との事です。
「オシッコだっていっぱいするし」って言うので「じゃあ見てみたいから今度
連れてきて」って言うと「最近エサあげてないからムリだよ」って言われました。
いくつになっても女子の心の中は解りません。

misujitenjikudai20170208d
misujitenjikudai20170208emisujitenjikudai20170208a
スジイシモチ属
 学名 Ostorhinchus
スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-2m  大きさ約80mm

    • 2017
    • 07/02

ビイドロカクレエビ その3

朝刊で今夜のTV欄を見て苦笑しました。
まぁこう言う事を書くと、また無知なヤツがほざいてると思われるでしょうが、
日曜日のゴールデンタイムに、国政選挙でも無いのに東京都議選の開票特番が
民放で2局、更に1時間とは言えNHKまでもが。

確かに日本の首都にてちょっとした外国の国家予算ほどの財政のある議会ですし、
結果次第では国政にも影響があるとは思いますが、愛知県民の自分にしてみたら
ほぼ関係の無い議員さんの選挙です。
と言うか、日本人の90%の方達に関係ない選挙なのに全国ネットで特番を組んで
放送する意味があるんでしょうかね、NEWSだけで十分と思うんです。
と思いながらも藤井四段の結果を気にしつつ、やはり見てしまいましたが。

biidorokakureebi20161105b
biidorokakureebi20161105a
ビイドロカクレエビ 学名 Ancylomenes adularans
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / カクレエビ亜科 / Ancylomenes属

撮影 2016年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-22m 大きさ約20mm
生息域 伊豆半島以南 ~ 長崎県、琉球列島、台湾、北部オーストラリアなど

内湾の砂底や泥砂底に生息しており、イソギンチャク類や水底に体を潜らせている
生物などをホストとしておりますが、ホストへの依存性は低く、外敵生物や人間等が
近づくと浮遊して逃げていきます。
多くのカクレエビ亜科の種はホストの側にいて姿勢はそのままで上下左右に動いて
おりますが、本種は全身を横方向左右にフラフラと斜めに傾けて動いており、危険を
察知すると瞬時にそのままの姿勢でスス~ッと移動します。
体地色は透明にて、頭胸甲から腹節にかけて白色の横帯が複数入り、赤色と白色の
細斑点が散在しており、鋏脚の先端と間接部や尾鰭の両端が青色、尾鰭のその内側は
白色です。

biidorokakureebi20161105f

本種は千葉県立中央博物館分館海の博物館の奥野先生により、長崎の辰ノ口で標本が
採取され論文を発表された事から、長崎のガラス細工にちなんで、和名のビイドロが
付けられたそうです。
その辰ノ口では本種は ムラサキハナギンチャク をホストとされている姿が多いそう
ですが、自分が観察している紀伊大島須江の内浦ビーチでは、 ムラサキハナギンチャク
自体が少なく、水底に隠れている生物をホストとしている姿を多く見ます。
と言うか、ホストへの執着性は低いと言うより、無い様な気がしますね。

尚、本種の学名は発表された当初は Periclimenes adularans とされておりましたが、
2010年新属の Ancylomenes が創設され、 Ancylomenes adularans の学名に改められ
ました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 紀伊大島須江

Feed

Page top