かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 柏島

Category / 柏島

    • 2018
    • 06/11

ミナミフトスジイシモチ その8

本日のアポゴンマンデイは約1ヶ月前にも書いてる種ですが、前回は
黄色の色彩タイプだけに絞らせていただきましたので、今回は異なる
白色タイプでだけで纏めてみました。
同じ種なのに色違いが明瞭でありながら、生息している環境や日中と
夜間とか雌雄などに関係なく、同じ種でこの2色が観察出来るのは
とても不思議に思います。

minamifutosujiishimochiB20170210a
minamifutosujiishimochiB20170210b
ミナミフトスジイシモチの白色タイプ
         学名 Ostorhinchus nigrofasciatus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                 水深-5m 大きさ約50mm
英名 Blackstripe Cardinalfish
生息域 神奈川県以南の南日本
~ 台湾、中、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、昼中は岩穴や岩陰に隠れる様にして単独で
生息しており、夜になると岩穴から出て海底近くを浮遊しております。
体地色は淡褐色で、体側面に5本の太くて黒い縦帯があり、その内の
真ん中の3本は尾柄部まで届き、黒帯の間には光沢のある白色の細い
縦線がある事などが特徴です。

minamifutosujiishimochi20170412a
minamifutosujiishimochi20170412bminamifutosujiishimochi20170412c
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-18m 大きさ約60mm
minamifutosujiishimochi20170414eminamifutosujiishimochi20170414d
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-12m 大きさ約70mm

minamifutosujiishimochiB20160908a
minamifutosujiishimochi20160908a
minamifutosujiishimochi20160908b
撮影 2016年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-13m 大きさ約50mm

本種は自分は見ると必ずと言っていいほど撮影しているアポゴンです。
そのせいか約1ヶ月前の観察報告の、その前の2015年12月の報告からの
約2年間の間に、なんと本種だけで200枚ほど撮影しておりましたので、
前回の黄色タイプと白色タイプと2回に分けて報告させていただきました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 06/06

クモウツボ

本日帰宅すると自分の机の上に amazon からの荷物が置いて
有り、先日ポチった図鑑が届いたかと開けてみると頼んだ
覚えの無い本が出てきました。
実は約2ヶ月ほど前に数年間に渡って注文している酒屋さんが
注文したのと間違えて焼酎を送ってきた事があり、amazonでも
間違う事があるのかと思いながらよく見ると長男宛の荷物でした。

家族とは言え宛名をよく確認せずに開封してしまったとは。
加齢による耄碌は、じわじわと進行しているようです。

kumoutubo20171122c
kumoutubo20171122b
kumoutubo20171122d
クモウツボ  学名Echidna nebulosa
 ウナギ目 / ウツボ科 / アラシウツボ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島 水深-12m 大きさ不明 
英名 Snowflake moray
生息域 小笠原諸島、八丈島、和歌山県以南
          ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋域など。

珊瑚礁域の干潮帯から比較的に浅い水深にて、岩塊や根の隙間や
切れ目などに胴部を隠し頭だけを出して生息しております。
歯は基本的に臼歯状ですが成熟した雄では鋸歯縁を持つ犬歯状を
しており、甲殻類や魚類などを食べる動物食性です。
体地色は白色から黄色の淡色にて黒色や茶褐色の太い横帯を複数
入り、鮮やかな色彩から観賞魚として人気があります。

    • 2018
    • 06/04

アオハナテンジクダイ その5

本日のアポゴンはバリ島のトランベンに行って撮り直してから書こうと
思っていた観察ネタなんですが、ここ最近の状況では当面の間はバリ島
どころか和歌山で潜水する事すら出来無さそうなので、とりあえず書いて
おいて再び以前の様に潜水できる状況に戻れたら、新しい写真で再報告
させていただく事といたします。

aohanatenjikudai20160130a
aohanatenjikudai20160130daohanatenjikudai20160130g
アオハナテンジクダイ  学名 Ostorhinchus apogonoides
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2016年1月:インドネシア・バリ島トランベン 
水深-22m 大きさ約70mm
英名 Plain Cardinalfish
生息域 三宅島、和歌山県、高知県以南
~ フィリピン、東インド諸島など

岩礁域や珊瑚礁域にて日中は珊瑚の奥や岩穴、岩陰の奥等にひそむ様に
生息しており、夜間になると外に出て活動します。
体色地色は透明感のある金色っぽい薄い茶色にて、眼の瞳の上下に2本の
水色の細線があり、それらの間は茶色~金色。
またそれらの延長上の体側面に不明瞭な水色の小斑点が少数見られます。
近似種の アオスジテンジクダイ とは、尾柄部に黒帯がない事などで識別が
可能です。

aohanatenjikudai20140504b
aohanatenjikudai20140504f
撮影 2014年5月:高知県宿毛市鵜来島 親指
                  水深-35m 大きさ約80mm
aohanatenjikudai20160422c
aohanatenjikudai20160422h
撮影 2016年4月:高知県大月町柏島 後浜
                  水深-13m 大きさ約70mm

aohanatenjikudai20130302b
撮影 2013年3月:紀伊大島須江 内浦ビーチ
                  水深-5m 大きさ約100mm

自分の今までの本種の観察では濃い色彩のタイプと、薄い色彩のタイプを
見ておりますが、トランベンの個体はやはりかなり濃い個体でした。
水深の浅い深いでの違いでも無く、生息環境によるものなのかどうかは
判りませんが、もっともっと色んな地域で観察してみたいアポゴンです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 06/03

ヌノサラシ その5

以前に歩道橋ですれ違う方の日傘が危なっかしくて怖いと思ってる事を
書きましたが、今朝、出勤途中の地下鉄に乗っていたら隣に坐ってきた
おばさんにヤラれました。
右手でスマホを触りながら左手に2個のバックと日傘をフラフラと持って
いて、危なっかしいなと思っていたら案の定、自分の太股に日傘の先端で
刺してきました

ところがなかなか気づかないので、わざと大声で「痛いんですけどっ!」
って伝えてみたところ、予想通り社内中の方達の視線が集中しましたが
「ごめんなさい」と一声だけで、その後はそ知らぬ素振りを通し、次に
停車した駅で何も詫びずに降りて行きました。
恥ずかしかったのかどうかは判りませんが、「申し訳ありませんでした」
と一声だけでも言って降りていけば良かったのに、その一言が無いだけで
最低な人間だったなとの印象が残りました。
人の気持ちってこんなもんでしょうから、気をつけないといけませんね。

nunosarashiB20170713c
nunosarashiB20170713b
ヌノサラシ  学名 Grammistes sexlineatus
 スズキ目 / ハタ科 / ヌノサラシ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ約60mm 
英名 Sixlined soapfish
生息域 相模湾以南の南日本、西部太平洋域、インド洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域の沿岸の浅い水深にて、岩陰や岩の隙間などに
生息しております。
幼魚の頃の体地色は黒色にて、複数の黄色っぽい白色の縦縞が
全身に走りますが、この白色の縦縞は成長するに伴い、縞模様から
水玉模様に変わります。
粘液細胞と真皮中の粘液腺の中にグラミスチンと言う毒を持って
おり、外敵から脅威を与えられたりすると、体表から大量の粘液と
共にこの毒を分泌します。

nunosarashi20170713a
nunosarashi20170713bnunosarashi20170713c
撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-6m 大きさ約100mm

nunosarashi20170413c
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ約60mm

アゴハタ や、 ルリハタ 、 キハッソク 等と共に、毒を分泌すると
海水をまるで石鹸水の様に泡立てることから、英名では ” ソープ
フィッシュ ” と呼ばれていて、水槽などで他の生物と一緒に飼育を
すると毒を分泌して他の生物を殺してしまい、同じ水槽で複数の本種を
生育しすると共食いするそうですので、もしも自宅などで生育しようと
する場合は色々と注意が必用なサカナですね。

nunosarashi20170714a
nunosarashi20170714cnunosarashi20170714b
撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-12m 大きさ80mm

そしてこちらが、昔から観たかった本種のナイトバージョン。
凄く願望していたのに、ただ黄色が薄くなってただけでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/31

トビギンポ

今まで特に遊んでみたいと思うソフトが無く Nintendo Switch を
購入してませんでしたが、今年11月に Switch用のポケモンソフトが
発売され Pokémon GO と連携されると昨日発表されました。
さらに同時に別売りで発売される「モンスターボールPlus」と言う
コントローラーが Pokémon GO に使ってる「Pokémon GO Plus」と
しても使えるそうで、それでかと思いました。

と言うのもこの「Pokémon GO Plus」なるアイテムは我が家の様に
未だにガチで Pokémon GO を楽しんでいる者達には必須のアイテム
なんですが、発売1年後辺りからずっと欠品中でして、amazonなどで
悪徳転売屋たちがぼったくりの価格で販売しております。
なかなか再生産してこなかったのは、この為だったんでしょうね。
でもこの「モンスターボールPlus」、「Pokémon GO Plus」に比べて
デカくて目立ちそうなのでちょっと考えもんです。

tobiginpoYg20171121c
tobiginpoYg20171121e
トビギンポ 学名 Limnichthys fasciatus
スズキ目 / トビギンポ科 / トビギンポ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ 約15mm
英名 Barred sand burrower
生息域 伊豆諸島、伊豆半島以南の南日本 ~ 西部太平洋域など

潮間帯の潮溜まりから浅い水深にかけて、砂の中に隠れる様にして
棲息している姿を多く観察されますが、150mほどの深い水深でも
観察されております。
体形は円筒形ですが頭部は縦扁していて、その横断面は三角形で
上唇は嘴状にて下方に垂れており著しく肥厚しております。
また体地色は白色や薄灰色、薄暗色など、生息している環境に
よって多々見られますが、体側面の背部に褐色の鞍状横帯が
8本入り、上側にむけて位置する左右の眼は独立して動きます。

と、書いてみましたが国内には ミナミトビギンポ、サンゴトビ
ギンポと本種が観察出来るらしいのですが、識別するには各部の
鱗の数を数えなければならず捕獲しないと不可能。
潜水中にそんな事は出来ないので、間違ってるかも知れませんが
いちおう本種にしときました。

    • 2018
    • 05/25

ホタテエソ その3

今週はF-1モナコGPウィーク。
毎週金曜日に行われるフリー走行の1回目と2回目の走行が、年に1度だけ
木曜日に催されますので録画予約を忘れがちですが、昨夜はバッチリ。
最も時差の関係で2回目はLiveで観る事が出来ました。

そして今夜、帰宅してTVを点けるとモンテカルロの公道を走るF-1の映像が
流れております。
2日目のフリー走行に間に合ったかと観ていると、どうも昨夜観ていた映像の
様な感じで。
当たり前です、冒頭に書いた様にモナコGPでは金曜日は走りません。
昨日の再放送を観て勘違いしてしまいました。
とてもバッチリでは無いですね。

hotateeso20170715e
hotateeso20170715g
hotateeso20170715i
ホタテエソ 学名 Pseudotrichonotus altivelis
ヒメ目 / ホタテエソ科 / ホタテエソ属

撮影 2017年7月:高知県大月町柏島 水深-40m 大きさ 約60mm
生息域 相模湾、駿河湾、伊豆諸島以南 ~ 東シナ海など。

水深が30m~50mぐらいの岩礁域にて、岩礁に隣接する傾斜面の砂地や
砂底などに生息しており、体型は細長い円錐形、背鰭と臀鰭の基底部が
長いことで他のエソ科の生物とは区別が出来ます。
臀鰭起部を超えるほど長い腹鰭で体を支え、背鰭をピクピクと動かし
ながら静止してるかと思うと突然、パパッ、パッと素早く砂地を移動し
時には砂中に潜り隠れてしまいます。

エソとの名前は付いておりますが、一般的に知られているエソ科の生物
とは形状など異なり、1科1属1種の生物です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/18

ハナキンチャクフグ その7

ネネちゃん家の前には公園があり、ネネちゃんのお母さんは私んちの
庭と呼んでます。
1ヶ月ほど前の日曜日、その庭で妹のサナちゃんは朝から夕方まで
一日中お弁当とおやつを持って遊んでたそうで、おやつは何だったのと
聞くと「みろりのブロウとメロンと、ちゃいろのブロウとイチゴ」
「すご~い、豪華だね~」と自分が言うと、ネネちゃんのお母さんが
「ぜ~んぶグミだけどね」って言ってました。
なるほど、そう言う事ね。

hanakinchakufuguYg20160421a
hanakinchakufuguYg20160421ehanakinchakufuguYg20160421d
hanakinchakufuguYg20160421f
ハナキンチャクフグの幼魚  学名 Canthigaster coronata
 フグ目 / フグ科 / キタマクラ属

撮影 2016年4月 高知県大月町柏島 水深-5m 大きさ約30mm
英名 Crowned Pufferfish
生息域 相模湾以南 ~ 西部太平洋域、インド洋など

温帯域から熱帯域にかけての珊瑚礁域や岩礁域に、単独もしくはペアで
生息をしていて、体側面には黄色く縁取りされた4本の鞍掛状の焦茶色の
太い横帯があり、それらの横帯の上や腹部にかけて黄色の斑点や、また
腹部には黄色と水色の斑点がある事などで、近似種である シマキンチャク
フグ
との区別が出来ます。

hanakinchakufuguYg20160421g

で、あまりにもバックがピンクめでしたのでちょっと女子力アップと
頑張ってみましたが。
やはりガチ撮り爺いには無理なチャレンジでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/13

ヤセアマダイ その2

さてあと少しで今年のF-1スペインGPの決勝スタートです。
今年から昨年までの従来のスタート時間から70分遅くなったお陰で
ヨーロッパラウンドが、TBS系の日曜劇場を見てからLiveで見られる
様になりました。
昨年までは日曜劇場を録画で見ていただけに、スタート時間が遅く
なったのは自分にとっても良い変更です。

yaseamadai20171123e
yaseamadai20171123c
yaseamadai20171123f

ヤセアマダイ  学名 Malacanthus brevirostris
 スズキ目 / キツネアマダイ科 / キツネアマダイ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島 水深-22m 大きさ約150mm 
英名 Stripetail Tilefish
生息域 伊豆半島以南 ~ 琉球列島、インド洋、太平洋熱帯域など。

珊瑚礁域周辺の砂底や砂礫底にて、水底近くを単独もしくはペアにて
浮遊しておりますが、希に温帯域にも現れます。
体型は細長く主鰓蓋骨に大きな棘を持っており、 キツネアマダイ
似ておりますが吻は細長くありません。
体地色は青灰色にて体側面に目立つ模様は特になく、背鰭や胸鰭、
腹鰭は透明色、尾鰭は中央部が白色で上下に黒色の縦帯が入ります。
全長が250mmぐらいまで成長し、キツネアマダイ科では大形種に
なります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/05

コガネスズメダイ その5

コンクリート製の名古屋城天守が木造に建て替えられる事で本日が
最後の入場となり惜しむ声の人達のNEWS報道を見ました。
自分はこの10年間で5回ほど名古屋城を訪れてますが、重要文化財の
東南隅櫓と西北隅櫓が特別公開される時のみで天守には入場した事が
有りません。
理由はこの天守はコンクリート製の紛い物だから。

それに対して東南隅櫓と西北隅櫓は現存する建物で、隅櫓と言っても
西北隅櫓は彦根城や犬山城の天守ほどの大きさです。
共に年に1度くらいしか中に入れませんので貴重です。

koganesuzumedaiYgA20171123c
koganesuzumedaiYg20171123ckoganesuzumedaiYgB20171123a
コガネスズメダイの幼魚 学名 Chromis albicauda
 スズキ目 / スズメダイ科 / スズメダイ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島
              水深-14m 大きさ約20mm/30mm
英名 White-caudal Chromis、Yellow Chromis など
生息域 伊豆半島以南 ~ 琉球列島など

珊瑚礁域や岩礁域の10m~30m位の水深にて、単独もしくは小数匹の
小さな群れを成して生息しております。
体形は著しく側扁していて卵円形にて、吻は短く体色は全身が黄褐色
から黄金色にて各鰭も黄色ですが、尾鰭や臀鰭などが白色彩タイプも
観察されます
また幼魚の頃はより黄色が濃くて目立ちやすい事から、和名のコガネと
付けられたそうです。

koganesuzumedaiYg20171123a
koganesuzumedaiYg20171123d

凄く小さな頃は普通の眼ですが、少し育って若魚までは猫目なことも
本種の特徴のひとつ。
成魚まで育つとまた普通の眼に戻ってしまいます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 04/27

オトメハゼ その6

最近は地下鉄で通勤する方が多いので 1週間に2回ぐらいしか掃除に
行けませんが、本日は車通勤でしたので出社前に匡平のお墓掃除に
行ってきました。
やはり黄砂が舞い始めてるのか雨上がりはいつも白く汚れてますが、
最近はアカムシが出始めてきていて墓石に水をかけた後に拭き上げる
タオルがポツポツと赤く染まります。
ごめんねと思いながらも掃除の為に何匹が犠牲にしてしまいました。

otomehaze20170412a
otomehaze20170412c
オトメハゼ  学名 Valenciennea puellaris
 スズキ目 / ハゼ科 / クロイトハゼ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ約80mm
英名 Orange-dashed goby
生息域 伊豆半島以南、
中・西部太平洋域、インド洋、紅海、オーストラリアなど

珊瑚礁域の礁斜面や、礁池や礁湖などの砂泥底や砂礫底等にペア、
もしくは単独で生息しております。
体地色は灰白色にて頭部から体側面の全身にかけて橙色の円形斑紋が
散在しておりますが、腹部の円形斑紋は成長すると共に橙色の縦帯状に
変化していきます。
口から砂底の砂を吸い込み鰓からはき出す事によって砂の中に生息して
いるベントス類(底生微生物)を食べており、水底付近をゆっくりと
移動する姿が観察されます。

otomehaze20170411c
otomehaze20170411e
otomehaze20170411a

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 柏島

Feed

Page top