かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 西表島

Category / 西表島

    • 2015
    • 04/04

オオメワラスボ と、ダイダイオオメワラスボ

先日、最近はフィリピンのマクタンと紀伊大島須江でしか潜っておらず、その地域での
観察報告ばかりと書きましたが、その前に潜った西表島や柏島のハゼ科の仲間の報告が
色々と埋もれておりましたので、本日はその中からの報告です。

さていつも単独の種の観察報告をさせていただいてますが、自分が今まで勉強してきた
図鑑や文献では生息域が若干異なる様に思う2つの種が一緒に混泳しておりましたので
本日は2種を一度に紹介させていただきます。

daidaioomewarasubo20141013a
oomewarasubo20141013d
オオメワラスボ と、ダイダイオオメワラスボ
こうしてみると、まるで同じ種の色違いの雄と雌が一緒に泳いでる様に見えますよね。

oomewarasubo20141013c
oomewarasubo20141013h
オオメワラスボ 学名 Gunnellichthys pleurotaenia
 スズキ目 / オオメワラスボ科 / オオメワラスボ属

撮影 2014年10月:西表島 水深-3m 大きさ70mmぐらい  
英名 Onestripe Wormfish
生息域 沖縄諸島、石垣島、西表島 ~ 中・西部太平洋など

河川の河口や内湾の湾奥域、珊瑚礁域の礁原の岸寄りなど、水深が50cm~3mぐらいの
比較的に浅い水深に棲息しており、礫砂底や砂泥底、砂底などの中層を単独で遊泳して
おります。
体地色は白色にて、体側面の中央辺りに吻端から眼を通って尾柄部まで繋がる黒色の太い
縦帯が入る事や、鰓蓋や尾鰭の基底部に黒色斑紋が無い事で本種との同定が可能です。

daidaioomewarasubo20141013b
daidaioomewarasubo20141013e
ダイダイオオメワラスボ 学名 Gunnellichthys viridescens
 スズキ目 / オオメワラスボ科 / オオメワラスボ属

撮影 2014年10月:西表島 水深-3m 大きさ50mmぐらい  
英名 Yellowstripe Wormfish
生息域 千葉県以南 ~ 九州までの太平洋岸、琉球列島、インド洋域、太平洋域など

内湾の湾内、珊瑚礁域の礁外縁の水深が10m~35mぐらいの礫砂底や砂底などの中層を
単独で遊泳しております。
体地色は薄く水色がかった白色にて、体側面の中央辺りに吻端から眼を通って尾柄部まで
繋がる黄橙色の太い縦帯が入る事や、鰓蓋や尾鰭の基底部に黒色斑紋が無い事で本種との
同定が可能です

    • 2015
    • 02/04

シマオリハゼ その2

今日は久々に自宅に引きこもる休日を過ごしました。
と言っても5時間ほどは倉庫の整理をしておりましたが、それ以外は先日のマクタン研修で
撮影してきた写真の確認と整理をしておりましたが、撮してきたヤドカリ類の学名どころか
属名も判らない種の多さに、ちっとも捗りませんでした。
そう言えば昨年9月に撮してきたハゼ類も、さっぱり判らずオクラ入りした生物がいっぱい
ですが、今回もオクラ入りするヤドカリがいっぱいの感じです。

さて本日観察報告させていただく生物は観察は昨年10月になりますが、上述した様にこの頃
ハゼ科の生物を沢山観察しておりまして、まだまだ未報告の物が多く有りますので、本日は
その中からの観察報告です。

shimaorihaze20141010e
shimaorihaze20141010ashimaorihaze20141010b
シマオリハゼ  学名 Vanderhorstia ambanoro
 スズキ目 / ハゼ科 / ヤツシハゼ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-5m 大きさ約60mm
英名 Twinspotted Shrimpgoby
生息域 伊豆半島、紀伊半島、奄美大島以南 ~ 沖縄本島、八重山諸島、インド洋、西部太平洋域など

水深が2m~25mにて内湾の中程から湾奧にかけて、主に泥底や砂泥底、砂底など
単独もしくはペアにてテッポウエビ類と巣穴を作成し共生しており、希に珊瑚礁域の
礁湖でも観察されます。
第1背鰭が四角形にて体地色は白色、体側面の背側に大きさの異なる小黒色斑紋が多数、
横列状に入る事で同属他種と識別が可能です。
また個体によっては斜めの横列斑紋に入る事もあります。

shimaorihaze20081020a
shimaorihaze20081020cshimaorihaze20090314a
撮影 2008年10月:PALAU GP3 水深-12m 大きさ約70mm

こちらは約6年も前にパラオで撮影した物ですが、生息環境のせいか色々な泥ハゼの体色が
濃いポイントにて、各鰭の色彩が濃い個体でした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 12/23

オヨギイソハゼ

23日とかクリスマスイブに名古屋の都心部にある Apple Store へ行く事は避けたいので、
昨日の仕事帰りに先日故障した MacBook Pro を診て貰いに行ってきました。
結果は、Apple Store の方が PRAMリセットを試すと一発で治りました。
最初に電話サポートで聞きながら自分が PRAMリセットを何度かしても全然ダメだったのに
不思議なものですね。

しかし初めて Apple Storeに行きましたが、故障で来店してる方の多い事、多い事。
自分は予約していったので予約時間に直ぐ診て貰えましたが、予約せずに来ている方達が
20名ほど行列になってました。
iPhone があれだけ売れてるんですから故障修理や破損、相談とか凄く多いんでしょうが、
皆さんも来店される時は Webサイトから予約は必須と思いますよ。

oyogiisohaze20141010a
oyogiisohaze20141013d
オヨギイソハゼ  学名 Eviota bifasciata
 スズキ目 / ハゼ科 / イソハゼ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-5m 大きさ約20mm
英名 Twostripe Pygmygoby
生息域 奄美大島以南 ~ 八重山諸島、インド洋、西部太平洋域など

内湾の珊瑚礁域など水深が3m~30mぐらいのガレ場や、枝状珊瑚類やテーブル状珊瑚類の
周辺に群れ形成して遊泳しております。
雄の第1背鰭の第1~第4棘と尾鰭の鰭条は糸状に伸長しており、雌は伸長しません。
体地色は赤みがかった透明色にて、体側面の頭部から尾柄部にかけて赤褐色の太い縦帯が
2本入り、それらの間に吻端から眼の上を通って尾柄部まで白色の太い縦帯が入ります。
近似種の ソメワケイソハゼ は、上下に白色の細い縦帯で挟まれた幅広い赤色の縦帯が入る
こと等で識別が可能です。

oyogiisohaze20141013a
oyogiisohaze20141013boyogiisohaze20141010b

本種はいままでパラオやマクタンで撮影して観察報告済みと思ってましたが、今回が初めての
撮影でした。
まだまだ思ってるだけで撮影や観察報告をしていない生物は沢山有りますから、今回みたいに
勘違いしない様、注意しなければいけませんね。

    • 2014
    • 12/10

イチモンジコバンハゼ その2

15連勤後の昨日の久々の休日、所用を済まして帰宅してみると郵便局の不在配達連絡の
お知らせがあり、その時点で最短である19時~21時の時間帯での再配達の手続きをして
待ってましたが、結局、再配達には来られませんでした。

そして本日の仕事帰りに郵便局に行ってその旨を伝えた返答の内容は「調べましたところ
誠に申し訳ありませんが、確かにお客様の仰るとおり昨日再配達のご依頼が有ったとの
システム記録が残ってますが、何故か再配達に出発した記録が残っておりません」との事。

あまりにも堂々とした手抜き仕事のご回答に、驚くばかりで怒りすら感じませんでした。
何の為の再配達希望連絡システムなのか、お客様目線に無っていない人達の仕事ぶりに
弊社はそんな風に陥っていないかと、改めて確認させて戴くきっかけを頂戴出来ました。

ichimonjikobanhaze20141013b
ichimonjikobanhaze20141013g
ichimonjikobanhaze20141013c
イチモンジコバンハゼの幼魚  学名 Gobiodon albofasciatus
 スズキ目 / ハゼ科 / コバンハゼ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-3m 大きさ約15mm
英名 WhiteLined coralgoby
生息域 奄美大島以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

内湾の湾奥、珊瑚礁域など水深が2m~6mぐらいのミドリイシ属のテーブル状、又は枝状の
サンゴや、ユビエダハマサンゴの枝間に、単独か複数匹で生息しています。
第1背鰭は長方形にて、幼魚の頃は顔に小さな黒点があり胸鰭手前が赤く、まるでほお紅を
付けている様な可愛いらしい姿をしておりますが、成魚になると全身黒色一色に変化します。

尚、本種は キハッソク や、ヌノサラシ が持っているグラミスチンに似た魚毒を、体表の
粘液中に持っており、この魚毒は他の魚への殺傷力はありますが人間への中毒はありません。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 12/05

ヒフキアイゴ その2

バ先日NHKのBS放送番組で、ミャンマー最大の仏教聖地バガンでお釈迦様の降臨をお祝い
するダディンジュと言うお祭りを知りました。
仏教聖地バガンにお釈迦様が雨期の終わりの満月の夜に天界から舞い降りる事に対して、
沢さんの蝋燭に灯りをともして祈りを捧げる物でしたが、年に1度だけの事だそうです。
またまた、実際に見てみたいものが増えました。

hifukuaigo20141013b
hifukuaigo20141013ehifukuaigo20141013d
ヒフキアイゴ 学名 Siganus unimaculatus
スズキ目 / アイゴ科 / アイゴ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-8m 大きさ150mmぐらい
英名 Onespot rabbitfish
生息域 小笠原諸島、沖縄諸島以南の琉球列島 ~ フィリピン、北西オーストラリアなど。

珊瑚礁域の礁外縁の礁斜面や、礁湖、礁池などで幼魚の頃は他のアイゴ類と少数匹の
群れを成し、成魚になるとペアになり縄張りを作って生息します。
体形は吻が著しく突出し、背鰭は13棘10軟条にて胸鰭は15-17軟条、腹鰭は1棘3軟条、
臀鰭は7棘9軟条。
体地色は頭部は白色にて吻端から頭頂付近にかけてと、胸部から上方向に伸びる2本の
黒色帯があり、体側面の鰓部辺りから後ろは明るい黄色にて、中心辺りのやや上位置に
大きな黒色斑がありますが、大きさには個体差があります。
また幼魚の頃は上半身は黒色にて、成長すると共に上述の黒色帯や黒色斑紋に変化して
いきます。

本種の幼魚の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 11/27

テンジクカワアナゴ

本日は久々に10月に西表島の川で観察した生物の報告です。
既に報告済みの タネカワハゼ と同じ所に居ました。

その観察報告の時にも書きましたが、観察した時は8月以降、2ヶ月も雨が降っていなくて
生息して居る川はほぼ干上がり状態、水量が少なくて流れていない事から川底の沈殿物も
いっぱい貯まっていて、水深も30cmぐらいと何とかカメラが沈むぐらいのとっても最悪の
撮影環境にて、こんな見づらい写真で申し訳ございません。

tenjikukawaanago20141012b
tenjikukawaanago20141012c
テンジクカワアナゴ  学名 Eleotris fusca
 スズキ目 / カワアナゴ科 / カワアナゴ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-30cm 大きさ約70mm
英名 Dusky sleeper
生息域 小笠原諸島、静岡県、宮崎県 ~ 八重山諸島、台湾、中国、インド洋、太平洋域など

河川の感潮域最上流や中流域、渓流域、細流、水田や湿地などの淡水域に生息しており、
汽水域では見られませんが、日本のカワアナゴ属で渓流域にも見られるのは本種のみです。

転石の下や枯れ葉、枯れ木などの障害物の陰に潜んでおり、体色には変異が多く見られ、
同一個体でも環境の変化によって色彩が変わりますますが、通常時は体地色は暗褐色にて
背部は明色に、胸鰭の基底上部に黒色斑紋が1個見られます。

    • 2014
    • 11/24

イトヒキテンジクダイ その3

君が代の歌に感涙し、優勝して天皇陛下に感謝の言葉をのべられ、且つ、大相撲の歴史に
日本人よりも詳しく勉強されている。
いつも横綱白鵬関の優勝インタビューには、日本人以上に日本人らしいと感動してます。
土俵上で感情が出る事で品位にかけると言われる方もいらっしゃいますが、心技体そろった
素晴らしい大横綱だと自分は思います。

さて話しは変わりまして、このところ数日間休んでおりましたが本日より観察報告の再開。
再開第一弾の本日は月曜日ですので、当然の如くアポゴンマンデイです。



イトヒキテンジクダイ  学名 Zoramia leptacanthus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / イトヒキテンジクダイ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-8m 大きさ50mmぐらい
英名 Threadfin Cardinalfish
生息域 奄美諸島以南 ~ 琉球列島、西部太平洋域、紅海、インド洋など。

珊瑚礁域や内湾の礁湖、礁池などに生育している枝珊瑚などの周辺に複数匹で遊泳しており
内湾の泥底域や砂底域の珊瑚礁域にてウスモモテンジクダイ や、サンギルイシモチ 等の
他のテンジクダイ科の生物と混じって生息しております。
体高は高く、第1背鰭は6棘からなり、その内の第2、第3棘は糸状に長く伸びます。

体地色は半透明色にて、鰓蓋と体側面前部には橙色の細い横帯が数本入り、眼は青色。
近似種のウスモモテンジクダイ は、背鰭が伸長しない事や尾柄部や尾鰭に黒色斑が有る
ことや、吻端から眼にかけて黄色の縦帯が入ること等で識別が可能です。


撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-8m 大きさ35mmぐらい

写真に中で上側に写っているのがウスモモテンジクダイ で、下側が本種。
赤丸で囲ったところが相違点です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 11/17

ネオンテンジクダイ その2

さて本日は帰宅が遅くなりそうなので、珍しく出社前の朝にアップです。
昨日から奥さんが旅行に行っているので、自分で起きてお布団たたんで朝御飯作ってと
今朝は忙しいぞと思いましたが、よくよく考えてみたらそれらはいつも自分でやってる事で
洗い物をいつもに追加でヤルだけでした。



ネオンテンジクダイ  学名 Ostorhinchus parvulus ( 旧Apogon parvulus )
 スズキ目 / テンジクダイ科 / Ostorhinchus属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-8m 大きさ30mmぐらい
英名  Red-spot Cardinalfish
生息域 奄美諸島以南、石垣島、西表島 ~ インド洋、西部太平洋域など。

内湾の泥底域や砂底域の珊瑚礁域にてウスモモテンジクダイ や、サンギルイシモチ 等の
他のテンジクダイ科の生物と混じって生息しております。
体色は透明色にて卵など内蔵がハッキリと見え、体側中央に吻から尾柄部にかけて1本の
黒色の縦帯があり、尾柄後端にある明瞭で大きな赤色斑により本種との同定が可能です。


色んな所で見ていた気がしますが本種を撮影したのは、約5年振りでした。
そんな訳で、どこで観察してたんだろう?と前回に撮影した奄美大島以降に潜ったそれらしき
ポイントを思い出しても出てきません。

奄美大島で初めて見た時までは、あれほど見たかったアポゴンだったのに。
歳は取りたくないものですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2014
    • 11/10

サンギルイシモチ

さて本日はアポゴンマンデイにて、先週から始まった内浦ビーチ特集はひと休み。
先月の西表島研修遠征にて観察した中から報告させていただきます。




サンギルイシモチ  学名 Fibramia thermalis (旧Apogon thermalis)
 スズキ目 / テンジクダイ科 / サンギルイシモチ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-8m 大きさ40mmぐらい
英名  Sangi cardinalfish
生息域 奄美諸島以南、石垣島、西表島 ~ インド洋、西部太平洋域など。

内湾の泥底域や砂底域の珊瑚礁域にて、ウスモモテンジクダイ ネオンテンジクダイ 等の
他のテンジクダイ科の生物と混じって生息しており、日中は頭部を下に下げ斜めった姿勢で
浮遊しております。
前鼻管は長くて黒色にて体地色は明灰色、吻端から体側面の中央あたりまで明瞭でその後ろは
尾柄部まで不鮮明な黒色の太い縦帯が入り、尾柄部には黒色斑紋が入ります。
また第1背鰭の先端は黒色に染まり、第1背鰭の基部の先端と後端、第2背鰭の後端にそれぞれ
黒色斑点が入る事や、腹部に蛍光色の水色がかった白色の斜斑紋が有る事などが特徴です。

    • 2014
    • 10/31

タネカワハゼ

本日の写真は非常に見づらくて申し訳ございません。
何せ観察した時は8月以降、2ヶ月も雨が降っておらず生息して居る川は干上がり状態、
水量が少なくて流れていない事から川底の沈殿物もいっぱいで、水深も30cmぐらいと
何とかカメラが沈むぐらいの最悪の撮影環境。
でも個人的には初観察のハゼにて、嬉しさ満点の撮影でした。


雌 体長約60mm


雄 体長約70mm

タネカワハゼ  学名 Stenogobius Sp
 スズキ目 / ハゼ科 / ゴビオネルス亜科 / タネカワハゼ属

撮影 2014年10月:沖縄県西表島 水深-30cm
生息域 小笠原諸島、鹿児島県、種子島、屋久島、琉球列島、台湾など

河川の感潮域最上部から中流、もしくは渓流域下部や細流などの流れが緩やかで
砂や砂泥、枯れ葉などが堆積したところに生息しております。
上顎と下顎はほぼ同じ長さにて、体地色は白灰色にて眼から後ろ下方向に太い
黒色の斜帯が有り、雄の体側面には暗色の細い横線が10本入りますが成長すると
共に薄く不明瞭になっていきます。
近似種の ドウケハゼ は体側面の暗色の細い横線が「く」の字型である事や
尾鰭の上部に点列が入る事などで識別が可能です。

かじきあん > ブログ トップ > 地域 > 西表島

Feed

Page top