かじきあん > ブログ トップ > 地域 > ナルスアン島

Category / ナルスアン島

    • 2018
    • 06/11

ミナミフトスジイシモチ その8

本日のアポゴンマンデイは約1ヶ月前にも書いてる種ですが、前回は
黄色の色彩タイプだけに絞らせていただきましたので、今回は異なる
白色タイプでだけで纏めてみました。
同じ種なのに色違いが明瞭でありながら、生息している環境や日中と
夜間とか雌雄などに関係なく、同じ種でこの2色が観察出来るのは
とても不思議に思います。

minamifutosujiishimochiB20170210a
minamifutosujiishimochiB20170210b
ミナミフトスジイシモチの白色タイプ
         学名 Ostorhinchus nigrofasciatus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                 水深-5m 大きさ約50mm
英名 Blackstripe Cardinalfish
生息域 神奈川県以南の南日本
~ 台湾、中、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、昼中は岩穴や岩陰に隠れる様にして単独で
生息しており、夜になると岩穴から出て海底近くを浮遊しております。
体地色は淡褐色で、体側面に5本の太くて黒い縦帯があり、その内の
真ん中の3本は尾柄部まで届き、黒帯の間には光沢のある白色の細い
縦線がある事などが特徴です。

minamifutosujiishimochi20170412a
minamifutosujiishimochi20170412bminamifutosujiishimochi20170412c
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-18m 大きさ約60mm
minamifutosujiishimochi20170414eminamifutosujiishimochi20170414d
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島
                 水深-12m 大きさ約70mm

minamifutosujiishimochiB20160908a
minamifutosujiishimochi20160908a
minamifutosujiishimochi20160908b
撮影 2016年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-13m 大きさ約50mm

本種は自分は見ると必ずと言っていいほど撮影しているアポゴンです。
そのせいか約1ヶ月前の観察報告の、その前の2015年12月の報告からの
約2年間の間に、なんと本種だけで200枚ほど撮影しておりましたので、
前回の黄色タイプと白色タイプと2回に分けて報告させていただきました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 06/01

オジロスズメダイ その4

昨夜、長男の iPhone8 がフリーズしました。
そんなもん強制リセットしたら治るだろうと、今までのやり方で
試してもリセット出来ません。

んにゃ?、これはグーグル先生に聞くしか無いかと検索したら
直ぐに判明しましたが、どうやら iPhone8/8Plus、X は 従来の
iPhone7 までのリセット方法が変更されておりました。
もう半年は使ってると言うのに、まだまだ使いこなせてませんね。

ojirosuzumedaiYg20170209b
ojirosuzumedaiYg20170209a
ojirosuzumedaiYg20170209dojirosuzumedaiYg20170209c
オジロスズメダイの幼魚  学名 Pomacentrus chrysurus
 スズキ目 / スズメダイ科 / ソラスズメダイ属

撮影 2015年4月:フィリピン・カビラオ島
                 水深-4m 大きさ約25mm
英名 Whitetail Damsel
生息域 伊豆半島、和歌山県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域の潮間帯や水深が5mぐらい迄の礁池や砂礫底域に
生息しており、岩陰や小さな岩塊の隙間から、出たり隠れていたり
しております。

幼魚の頃の体色は橙色に近い茶褐色ですが、頭部の明色から尾柄部に
掛けて暗くなっていくグラーデーションがかかりますが、地域に
よっては頭部が明色では無く全身が暗色のタイプも見られます。
腹鰭や臀鰭の先縁が青白く光る事や、背鰭の後方に大きな眼状班が
有る事などが特徴です。
成魚になると体色は全身が茶褐色に変化し眼状班はなくなってしまい、
尾鰭全体が白色のタイプと、尾鰭終縁が黄色に染まるタイプが地域に
よって見られます。

近似種の メガネスズメダイ は体側面に縦線等の模様が入り、尾鰭の
付け根に白い帯が入る事で、クロメガネスズメダイ は体側面に
縦線等の模様が入りますが尾鰭の付け根に白い帯が無い事で、それぞれ
区別ができます。
なおこの3種の写真での詳しい比較は、こちらを を参照願います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/27

インドカイワリ

F-1モナコGPの決勝を観ながら書いておりますが、ほとんどの
チームが2ストップの様で3種類のどのタイヤをチョイスするのか、
モナコだけにセーフティカーが入った時にそのタイヤの選択が
どう影響するのか。
やはりモナコGPは観ていて一番面白いF-1GPですね。

さて本日の休日も先週に引き続きネコマルファームで日焼けを
して参りました。
その日焼けで暑いのかと思ってて室温計をみると、なんと28度。
そりゃ暑いわけですね。

indokaiwari20170909a
インドカイワリ 学名 Carangoides plagiotaenia
スズキ目 / アジ科 / ヨロイアジ属

撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
          水深-8m 大きさ約300mm
英名 Barcheek trevally
生息域 琉球列島以南 ~ インド洋、西部太平洋の熱帯域など。

珊瑚礁域の外縁部から水深 200m以深の沖合に生息しており、浅い
水深では単独もしくは少数匹の群れで遊泳しております。
体型は側偏した楕円形にて上下は対称、体の厚みは無く、アジ科の
他種とは下顎が僅かに突出する事や、鰓蓋に黒色の横帯が入る事で
識別が可能です。
体色は全体に銀色にて前鰓蓋骨の後縁は黒色に染まります。

    • 2018
    • 05/26

オカメブダイ その2

先日の朝、通園中のサナちゃんに会ったらご機嫌ななめ。
でも保育園までのだっこは当然の如く要求してきます。
どうやら原因は保育園の帽子が見当たらない事らしく、おそらく
おばあちゃんちか車に忘れたんだろうとの事でした。

そして翌朝、しっかりと帽子を被っていてご機嫌のサナちゃん。
帽子どこに有ったの?と聞くと、「玄関にあった~」
「違うでしょサナ、保育園に忘れてたんでしょ」とお母さん。
お姉さんのネネちゃんに似て、サナちゃんもてきとう~です。

okamebudai20170909h
okamebudai20170909eokamebudai20170909c
okamebudai20170909b
オカメブダイ  学名 Chlorurus bleekeri
 スズキ目 / ブダイ科 / ハゲブダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
      水深-8m 大きさ約400mm
英名 Bleeker’s parrotfish
生息域 八重山諸島 ~ 西部・南太平洋の熱帯域など。

水深が3m~35mぐらいの珊瑚礁域にて、珊瑚混じりの礁池や礁潟、
礁斜面などに生息しております。
ハゲブダイ オオモンハゲブダイ に似ておりますが、雄は頬部に
青色から緑色の細めの帯で縁取られた大きな白色から黄色の部分が
有る事で識別が出来ます。
ただし雌は一様に茶褐色な事より、他のハゲブダイ属の魚類との
区別は困難です。

okamebudai20170909fokamebudai20170909g

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 05/04

シチセンチョウチョウウオ その3

4月から約30年振りぐらいに残業手当が出る報酬体系になった自分は
出来るだけ付かない時間に退社し、帰宅すると自宅近隣のポケモンの
ジムへ出かけては自分のポケモンをジムに乗せてます。

今のルールでは24時間以内に50ポケコインまでしか貰えないので、
せいぜい2~3箇所しか乗せてきませんが、いつもなら乗せたら8時間
以上乗ってるのが予測されジムでも、ここ最近GWで皆さん暇なのか
予想以上に短時間で帰ってきてしまい、いつもみたいに上手くコインが
貰えません。
早くGWなんて終わって皆さん仕事へ行けばいいのに。
でもGW中は通勤の地下鉄は空いてて嬉しいし、なんともです。

shichisenchouchouuo20170210a
shichisenchouchouuo20170210b
シチセンチョウチョウウオ  学名 Chaetodon punctatofasciatus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
   水深-5m 大きさ約70mm  
英名 SpotBanded Butterflyfish
生息域 小笠原諸島、八丈島、琉球列島
                ~ インド洋、西部太平洋域など。

水深が30m以浅の珊瑚礁域や岩礁域に単独、もしくはペアを成して
棲息しております。
体形はやや楕円形にて吻端は短くて尖っており、背鰭棘数は13本と
チョウチョウウオ属らしい特徴です。
体地色は黄色にて腹部は白色、体側面の上半身には濃灰色の横縞が
7本入り、腹部には濃灰色の大小の斑紋が密に散在し上半身にも同じ
斑紋が所々入ります。
また背鰭は黄色にて、腹鰭、臀鰭は白色、尾鰭は基底部が鮮やかな
橙色にて後端向かって白色横帯、黒色横帯が並び後端は透明色です。
チョウチョウウオ属の大半が目の上を通る太い横帯は黒色なのに
対して、本種だけは橙色をしております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 04/30

ミナミフトスジイシモチ その7

本日のアポゴンは前から黄色タイプと白色タイプが観察されていて、
別種なのか亜種なのかと不思議に思っており、アポゴンに詳しい
研究者の方に尋ねても未だ解明されていないそうです。

アポゴンの中でも好きな種でマクタンに潜りに行くと毎回必ず撮って
いるアポゴンなんですが、本日はそんなアポゴンの黄色バージョンに
絞って報告させていただきます

minamifutosujiishimochi20170912a
minamifutosujiishimochiB20170912a
ミナミフトスジイシモチの黄色タイプ
         学名 Ostorhinchus nigrofasciatus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-12m 大きさ約50mm
英名 Blackstripe Cardinalfish
生息域 神奈川県以南の南日本
~ 台湾、中、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、昼中は岩穴や岩陰に隠れる様にして単独で
生息しており、夜になると岩穴から出て海底近くを浮遊しております。
体地色は淡褐色で、体側面に5本の太くて黒い縦帯があり、その内の
真ん中の3本は尾柄部まで届き、黒帯の間には光沢のある白色の細い
縦線がある事などが特徴です。

minamifutosujiishimochiYg20170207d
minamifutosujiishimochiYg20170207bminamifutosujiishimochiYg20170207e
幼魚:撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
                 水深-12m 大きさ約30mm

minamifutosujiishimochiYg20170209b
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
                 水深-5m 大きさ約50mm

こちらは尾鰭の形が正常ではない個体でした。
おそらく成長過程で何か異変があったんでしょうね。

minamifutosujiishimochi20171003a
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
               水深-12m 大きさ約40mm 

そして最後は、自分自身が内浦ビーチで初観察の本種です。
なので定点観察を続けて見たかったんですが、諸事情でこのシーズンは
ほとんど潜れずで、この秋からの次シーズンに期待しております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 04/09

スミツキアトヒキテンジクダイ その2

名古屋市内の小学生は新1年生を除いて今朝が新学期の初登校。
久し振りに登校中のネネちゃんに会いましたが3月まで被ってた
黄色の帽子を被っておりません。
自分たちの学区の小学校では1年生だけ黄色の帽子を被ります。
ネネちゃんに「あれっ、今日は帽子忘れたの?」って聞くと、
「今日から黒い帽子なんだよ」って返されました。

sumitukiatohitennjikudai20170207b
sumitukiatohitennjikudaiB20170207a

スミツキアトヒキテンジクダイ  学名 Taeniamia kagoshimanus
スズキ目 / テンジクダイ科 / アトヒキテンジクダイ属

撮影 2015年9月:フィリピン・ナルスアン島
              水深-8m 大きさ約60mm~70mm
英名 Narrowlined Cardinalfish 
生息域 和歌山県、高知県、奄美大島以南
             ~ 西部太平洋域、インド洋、紅海等

珊瑚礁域の内湾の礁湖内や岩礁域の岩壁や岩穴などで同属の他種と
混生した群れを形成しております。
体地色は赤褐色にて体側面には橙色の細い横縞が多数本入り、尾鰭
基底部には大きな黒色斑紋が入り、鰓蓋後方の体高の中心あたりに
シミの様な赤色の斑紋が入りますが、個体によっては不鮮明な個体も
見られます。

近似種の アトヒキテンジクダイ は臀鰭の軟条数が13条~15条数で
ある事に対して、本種は16条~18条数である事で識別が可能です。

sumitukiatohitennjikudai20150906b
sumitukiatohitennjikudai20130111dsumitukiatohitennjikudai20150906a
撮影 2013年1月/2015年9月:フィリピン・マクタン島
          水深-8m~10m 大きさ約60mm~70mm

以前では アトヒキテンジクダイ属は Archamia とされておりましたが、
冒頭にも書かせていただいた様に2015年4月に国内において観察例の無い
Archamia bleekeri のみを除く4種は全て Taeniamia と新たに分類され、
Archamia 属の種は国内には存在しない事から標準和名は無しとされ、
改めてTaeniamia となりました。
それと同時に今まで日本では Archamia属とされてきていた4種は全て
アトヒキテンジクダイ属Taeniamia と改められております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 04/02

マンジュウイシモチ その6

アポゴンことテンジクダイ科の生物は、ハゼ科の生物と同様に非常に
色彩が地味な種からカラフルな色彩の種まで幅広い種類が観られますが、
本日はアポゴンの中で最も可愛いと思われる種の報告です。

manjyuuishimochi20170909f
manjyuuishimochi20170909d
manjyuuishimochi20170909amanjyuuishimochi20170909c
マンジュウイシモチ  学名 Sphaeramia nematoptera
 スズキ目 / テンジクダイ科 / マンジュウイシモチ属

撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島
        水深-6m 大きさ約40mm~60mm
英名 Pajama cardinalfish
生息域 奄美諸島以南、石垣島、西表島 
                ~ インド洋、西部太平洋域など。

サンゴ礁域の静かな内湾などで、ショウガサンゴ属などの枝サンゴの
間に少数匹の群れを成して生息しております。
体高は高く、第1背鰭から体の中心部を通り腹鰭にかけて黒色の瞳大の
太い横帯が走っており、その横帯の前部分は黄色く眼には赤色の横帯が
走り、後部分は白みをおびた透明色に複数の赤色の小班点が散在して
おり、第1背鰭と腹鰭は黄色にて赤色で縁取られます。

近似種の ホソスジマンジュウイシモチ は本種と比較し体側面の横帯が
細い事や、その横帯の前部分も後方部分も同色の灰褐色な事など、
本種に比べて地味な色彩である事で両種の識別は容易に出来ます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 03/27

ツノハタタテダイ その4

今週末で終わってしまうNHK連ドラ「わろてんか」を毎朝観ております。
ここ最近は第二次世界大戦中の話ですが、皆さん胸に生年月日、氏名や
現住所が書かれた物を胸に貼られております。
当時は本人確認をする為の大事なアイテムだったと思うのですが、今の
時代では犯罪防止との事で小学生ですら表示しておりません。

自分が初めて自宅の固定電話を設置した当時は、電話帳に自宅の住所も
表記するのが普通でしたが、今では隠すのが当たり前になってます。
ちょっと前まで当たり前だった事が、今では普通では無い事に。
時代の進化は、必ずしも良いことでは無いですね。

tunohatatedaiYg20171014a
tunohatatedaiYg20171014ctunohatatedaiYg20171004a
ツノハタタテダイの幼魚  学名 Heniochus varius
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / ハタタテダイ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                水深-4m 大きさ約30mm/50mm
英名 Horned bannerfish
生息域 和歌山県以南 ~ ハワイ諸島を除く中部太平洋域など。

水深が25m以浅の珊瑚礁域や岩礁域にて、単独、もしくは少数匹の群れで
いる事が多く、体型は側扁しており体高は高く三角形にて成魚の眼上棘は
角状になります。
また幼魚の頃は眼上棘が顕著ではなく背鰭の一部が伸長しております。

ハタタテダイ属の多くは白色の体地色に模様が入る事に対して、本種では
濃茶色の体地色に2本の白色の横帯がハの字型に入る事や、額が尖っている
ことなどで本種の同定が可能です。

tunohatatedai20170207b
tunohatatedai20170207dtunohatatedai20170207a
成魚:撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアンン島
                 水深-5m 大きさ約200mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 02/26

ヒラテンジクダイ その5

本日のアポゴンは撮影してる時から最近まで ヤライイシモチ と思って
いて、最近 ヤライイシモチ の写真を整理していて違うと気づきました。
ヤライイシモチ とは縦帯の太さが異なりますし体高も高く、これは何と
調べていて本種の幼魚と知りました。
本種をもう10年以上も色んな海で観察しているのに今頃気がつくとは。
まだまだアポゴン道の頂は遙か彼方みたいです。

hiratenjikudaiYg20170207b
hiratenjikudaiYg20170207a
ヒラテンジクダイの幼魚  学名 Ostorhinchus compressus
 スズキ目 / テンジクダイ科 / スジイシモチ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島
水深-5m 大きさ約40mm
英名 Split-banded cardinalfish
生息域 奄美大島以南 ~ インド洋、太平洋域など。

内湾の珊瑚礁域に生息しており、湾口等の防波堤近くで観察されます。
日中は枝状珊瑚の枝間などの隙間に潜む様にしており、夜になると
出てきます。
体高は高くやや側偏しており、体地色は銀白色にて体側面に5本の太い
茶褐色の縦帯がありますが、その内の1本が頭部の後ろの第1背鰭の下の
あたりで頭部方向に向けて二股に分かれており、成長するとその間にも
1本の縦帯が現れてきます。
また尾柄部には茶褐色の小斑紋が入りますが幼魚の頃は1個で、こちらも
生長すると共に個数が増えます。
また各鰭の色は赤みを帯びた透明色です。

hiratenjikudai20160910b
成魚:撮影 2016年9月:フィリピン・ナルスアン島
                    水深-5m 大きさ約70mm

hiratenjikudai20170207a
成魚:撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島
                    水深-5m 大きさ約70mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > 地域 > ナルスアン島

Feed

Page top