かじきあん > ブログ トップ > 地域

Category / 地域

    • 2017
    • 06/26

アトヒキテンジクダイ

今夜は書いてる途中に寝落ちしてしまいましたが、ハッと目覚めて日付変更前に
無事にアップ出来たアポゴン・マンデイです。

atohikitenjikudai20170207b
atohikitenjikudai20170207datohikitenjikudai20170207a
atohikitenjikudai20170207f
アトヒキテンジクダイ  学名 Taeniamia macroptera
スズキ目 / テンジクダイ科 / アトヒキテンジクダイ属

撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-8m 大きさ約70mm~80mm
英名 Duskytail Cardinalfish 
生息域 和歌山県、高知県、奄美大島以南 ~ 西部太平洋域、インド洋、紅海等

珊瑚礁域の内湾の礁湖内や、岩礁域の岩壁や岩穴などで同属の他種などと混生した
群れを形成しております。
体地色は赤褐色にて体側面に橙色の細い横縞が多数入り、尾鰭基底部に大きな黒色
斑紋が入ります。
また近似種の スミツキアトヒキテンジクダイ は、臀鰭の軟条数が16条~18条数で
ある事に対して、本種は13条~15条数である事で識別が可能です。

sumitukiatohikitenjikudai20170207c
スミツキアトヒキテンジクダイ  学名 T.kagoshimanus
撮影 2017年2月:フィリピン・ナルスアン島 水深-8m 大きさ約70mm

パッと見は本種とほとんど同じですが、写真を拡大して臀鰭の軟条数で識別しました。

以前では アトヒキテンジクダイ属の属名は Archamia属 とされてましたが、2013年に
国内において観察例の無い Archamia bleekeriを除く4種は全てTaeniamia属 と新たに
再分類されました。
自分の観察報告も含めて過去に書かれた物には Archamia と書かれておりますので
ご注意願います。

なお本種の観察報告は今までにも何度か書いてますが、最新の学名とは異なりますので
過去の観察報告へのリンクは省かせていただきます。

    • 2017
    • 06/25

アケボノハゼ その2

今週末は6月最後の週末ですが、残念ながら海へは行けませんでした。
これで4月に柏島で潜水して以来、2ヶ月以上潜っておりません。
特にこの1ヶ月は家庭事情で外泊する事自体を自粛してた事も有りますが、考えて
みればダイビングを始めてから16年間、海外遠征などの予定変更はほとんどが
仕事関係から、その間ずっと健康で居てくれてた奥さんに感謝ですね。

しかし今年半年間で潜った本数は僅か34本ですが、本日の観察報告で136種目です。
フィリピンの某ガイドさんから”生物撮影具合が雑食”とおほめいただいてる様に、
常日頃から沢山の種の撮影を心がけてる賜ですね。

akebonohaze20170413c
akebonohaze20170413dakebonohaze20170413a
akebonohaze20170413h
アケボノハゼ 学名 Nemateleotris decora
 スズキ目 / クロユリハゼ科 / ハタタテハゼ属

撮影 2017年年4月:高知県大月町柏島 水深-22m 大きさ約70mm 
英名 Decorated Goby
生息域 伊豆諸島、高知県、奄美大島以南の琉球列島、西部太平洋域、インド洋など
      インド洋~西部太平洋、PNGなど

内湾の湾口部、珊瑚礁域の礁外縁や礁斜面などにて水深が20m~55mぐらいに単独、
もしくはペアで、中層をホバリングして生息しており、脅威を感じると瞬時に巣穴に
逃げ隠れます。

体形は細長く、第1背鰭の前方は伸長し先端が丸く、尾鰭の後縁はやや湾入しており、
体色は前半身は乳白色にて後方に向かうにつれて濃紫色になり、第1背鰭は赤紫色にて
前部が青色で縁取られ、腹鰭は白色にて先端は赤紫色、第2背鰭と腹鰭は赤紫色にて
それぞれ基部の境界と外縁は青色で縁取られており、尾鰭は中心部が青色にて上下の
外側は赤紫色にて青色で縁取られます。

和名の”アケボノ”は、皇后陛下の美智子様のご提案で付けられたそうです。

akebonohaze20160614b
akebonohaze20160614aakebonohaze20160614d
撮影 2016年年6月:高知県大月町柏島 水深-22m 大きさ約50mm 

こちらは約1年前に同じところで観察した同種、大きさはひと回りほど小さく第1背鰭が
長く伸びておりましたが、同じ個体だとしたら成長すると短くなるんでしょうかね?

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/24

ヒラミルミドリガイ

梅雨に入っても晴天の日が続き、日傘をさしている女性を多く見かけます。
会社の最寄りの駅からはいつも歩道橋を渡るのですが、上り下りの階段のところは
真ん中に自転車を押せる部分があるので3人ぐらいの幅がありますが、道路の上の
歩道のところは2人ぐらいの幅しか無いので、すれ違う時に日傘が顔に当たりそうに
なります。

気が利く女性の方は高く手を伸ばしたり斜めにしたりしてくれますが、中には何も
考えずに歩いてくる女性も居て、いつも大げさによけてアピールしてますが、まぁ
そんな女性に限って何にも感じてないのが現実です。
今日は土曜日にて出勤してる人は少なく、安心の歩道橋でした。

hiramirumidorigai20170412b
hiramirumidorigai20170412d
ヒラミルミドリガイ 学名 Elysia trisinuata
 嚢舌目 / ゴクラクミドリガイ亜目 / ゴクラクミドリガイ科 / ゴクラクミドリガイ属

 撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ約15mm
 生息域 伊豆諸島、千葉県以南の太平洋岸、新潟県以南の日本海岸、琉球列島、
インド洋、太平洋の熱帯域など

春から初夏にかけてよく観察される緑藻類のミルをホストにしている事から、同時期に
観察される種です。
体地色はホストのミルの色彩に併せていて草緑色から緑色にて、全身に渡って赤色の
細点が散在し、側足には白色の円錐状の微細な突起があり、触角の先端は黒色か灰色で
白色の小突起が散在します。
ガイドさんに居場所を指示棒などで指して貰っても、非常に判りづらいウミウシです。

    • 2017
    • 06/23

ヘコアユ その3

今朝6時過ぎの事、寝ていたら「ジム再開しとるよ!」って奥さんに起こされ、
そのまま奥さんはジム戦へと出かけて行きました。
そりゃ専業主婦が職業の人は問題ないと思いますが、仕事に行く必要がある自分には
朝からそんな時間は無いし、いつも起こさないくせに、わざわざ自分が起きる時間前に
起こさなくても。

そして仕事から帰ってきた長男と話していると、長男は朝4時半頃に目が覚めジムが
再開してる事に気づき、10箇所ほどジムに乗せに行ったらしいですが時間が時間だけに
まだカラのジムだらけだったらしいです。
それで奥さんに伝えたのかと聞くと「いや、こんな事ぐらいで寝てる人を起こすのは
ちょっと」との返事です。
まぁ、普通はそうですよね。

hekoayu20170208a
hekoayu20170208b
ヘコアユ  学名 Aeoliscus strigatus
 トゲウオ目 / ヘコアユ科 / ヘコアユ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ80mmぐらい
英名 Striped shrimpfish 
生息域 相模湾以南 ~ インド洋、西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域の砂底域や礫砂底、藻場などで、比較堤浅い水深に小さな群れを
形成して生息しております。
体型は極端に側偏していて厚みは無く、体表面は甲板に被われていて、体地色は
銀灰色。
体側面には太さや色の濃淡が不規則な太い黒色の縦帯が1本入り、吻は管状に伸びて
いて歯はありません。

また体後半の棘は背鰭の第1棘にあたり、それらの基部に間接がある為に動かす事が
出来ます。
近似種の ヨロイウオ は、黒色の縦帯が入らない事で識別が可能です。

和名の「ヘコ」とは、反対とか逆さまの意味からで、「アユ」は歩む事から付けられて
いるそうですが、英名は体全体がエビの様に甲板で被されていることから、シュリンプ
フィッシュなどと呼ばれております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/22

ゴシキキュウセン その3

本日報告させていただくホンベラ属の種は、見かけたら直ぐにファインダー越しに
見ながら追いかけて追いかけて泳ぎまくって、止まった瞬間を狙ってシャッターを
切って、また再び追いかけて追いかけて泳ぎまくって撮影して、って事を延々と
繰り返します。

当然ながら、その泳いでる間はファインダー越しに本種を見ているだけなので珊瑚や
岩等にぶつかる事もしばしば、それでもなかなかベスト写真が撮れない強敵です。
まさにベラ撮影はスポーツと思える戦いです。

今回も「やった~撮れたぞ~!」と思っても、残念ながら腹鰭が開いておりません。
でもそんな風に追いかけて泳ぎまくってる時って、凄く楽しくてたまりませんよね。

goshikikyuusenFe20170211c
ゴシキキュウセンの雌 学名 Halichoeres richmondi
 スズキ目 / ベラ科 / ホンベラ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約70mm
英名 Richmond`s wrasse
生息域 小笠原諸島、屋久島、西表島 ~ 台湾、西部太平洋域など。

比較的に浅い水深の、潮通しの良い珊瑚礁域に生息しております。
体形は吻端から頭部にかけて細長く、雌の体地色は橙色にて体側面の吻端から尾弊部に
かけて全身に淡水色の縦帯が複数本入り、白色で縁取られた黒色の眼状斑紋が背鰭の
基底部の先端と真ん中あたり尾弊部の背側の3カ所に入る事などが特徴です。
またの体地色は赤褐色にて体側面の鰓蓋以降、尾鰭まで全身に渡り青緑色の鎖模様が
繋がった様な縦帯が複数本入ります。

近似種の アミトリキュウセン は体側面が黄色のドット模様である事や、カザリキュウセン
縦帯のゴツゴツ感が本種の鎖模様より滑らかな事や個体によっては横帯模様が混じる事
等で識別が可能です。

本種の観察報告は、こちらを どうぞ。

    • 2017
    • 06/21

ハマフグ その5

今日ちょっと面白い事がありました。
朝、会社の最寄りの地下鉄駅でいつもの様に改札を Apple Watch使って通過しようと
した時に、改札機の画面に「定期期限7月12日」って表示されました。
特に問題無く通れたので、誤表示なんかなと思って無視していたら、今度は帰り道に
改札機で何度 Apple Watchを飾してもエラー状態になり「係員にお問い合わせ下さい」
と表示されます。

仕方ないので改札機の横の窓口の係員に尋ねてみると「そんな腕時計で通れるの?」と
言われてしまい、色々と説明したところ「それなら窓口の奥の方に有る機械に飾して
みたら現在の状態が判る」との事なのでやってみたら、どうやら朝の時に改札口から
出ていない状態になってました。

つまり約11時間近くも地下鉄に乗ってた事になる訳ですが、申告した内容の証明は何も
無いにも関わらず信じて貰い、特に追加料金なんかも取られなくてホッとしました。

hamafugu20170413f
hamafugu20170413ahamafugu20170413b
ハマフグ  学名 Tetrosomus concatenatus
 フグ目 / ハコフグ科 / ラクダハコフグ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-26m 大きさ約150mm 
生息域 三浦半島以南の大平洋岸、琉球列島 ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、水深が 50m以浅の沿岸の砂底や砂泥底に単独で生息しており、
体地色は薄茶色にて、全身に蜂の巣状に茶褐色の模様が入り青色の細点が頭部と背部、
尾柄部に散在します。

眼の上部に2本の棘が有る事や、背中の隆起部の頂点付近にも2本の棘が有る事で本種との
特定が可能ですが、ハコフグ科の多くが正面から見ると四角形であるのに対して、本種は
三角形の形をしている事が最大の特長と思えます。

hamafugu20131207e
撮影 2013年12月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-23m 大きさ約40mm 

hamafugu20140125f
撮影 2014年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ約40mm 

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/20

サンゴトラギス その3

一緒に暮らし始めてから約40年にて、夫婦初めての共通の趣味のポケモンGO。
最近は毎夜の如く、その日にジムからやっつけられて帰ってきたモンスターを再び
ジムに乗せにと、夫婦そろって行くこ事が多かったんですが今夜はひと休み。

未だにポケモンGOを楽しんでる方ならご存じの様に、本日未明からジムの戦いの
システム変更の為にリセットとなり、しばらくはジム戦は休止になります。
自分が乗せていたモンスターも朝方からポツポツと帰ってきて、正午過ぎには合計
14匹のモンスター全てが戻ってきました。

ジム戦をリニューアルして面白くするのは歓迎しますが、その為に今まで苦労して
乗せてきたのを単純にリセットするのは、ちょっとなぁ。
リスタートするまで、そのままにしておくと言う方法は採れなかったのか。
ちょっと不満が残るアップデートでしたね。

sangotoragisu20170413a
サンゴトラギス  学名 Parapercis multiplicata
 スズキ目 / トラギス科 / トラギス属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-18m 大きさ約70mm
英名 RedBarred sandperch
生息域 小笠原諸島、伊豆諸島、和歌山県以南 ~ 琉球列島、など。

珊瑚礁周りの水深が10m~20mぐらいの潮通しのよい砂礫域底や、礫混じりの砂底に
生息していて、ほとんど遊泳はしません。
体地色は白色にて体側面の背側は淡褐色の鞍条横帯があり、腹側には赤褐色の幅の狭い
横帯が並びます。
また背鰭前方部分に赤色の斑紋があり、背鰭軟状部に小黒班が縦一列に並びます。

近似種の ハワイトラギス は、腹側の横帯が背側の鞍条横帯が太さが同じぐらいな事で
識別が可能です。

sangotoragisu20160424csangotoragisu20140705bsangotoragisu20150803b
撮影 2015年~2016年:高知県宿毛市鵜来島、高知県大月町柏島

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/17

コガラシエビ その3

土曜日の今日、いつもの平日と同じくNHK-BS放送での「ひよっこ」を見終えて家を
出たのに、会社にはいつもより10分以上も早く着きました。
地下鉄の平日とは異なる土日ダイヤではありますが、出勤時間帯は土日でも5分おきに
電車が来ますので条件的には平日と同じです。

違う条件を考えると土日は小学校がお休みなので、ネネちゃんに会えない事ぐらい。
と言う事は、平日は毎朝10分ほどネネちゃん達小学生と会話してると言う事ですね。
先日はゴミをあさってるカラスを見て話してましたが、いつも大人の視点とは異なる
感想が面白いです。

kogarashiebi20170208f
kogarashiebi20170208d
kogarashiebi20170208b
コガラシエビ 学名 Leander plumosu
 十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科 / マイヒメエビ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-10m 大きさ約30mm
英名 Longnose Rockshrimp
生息域 高知県〜琉球列島、 インド洋〜西部太平洋域、ニューカレドニアなど。

珊瑚礁域の礁斜面や礁原などにて日中は死珊瑚塊の裏や岩の裂け目などに隠れていて
夜間になると外へ出て、海藻や網、死珊瑚片などの上で観察されます。
体形は細長にて、額角は頭胸甲の2倍以上大きい。
体地色は黄色みががった赤褐色にて、額角には濃褐色の縞模様があり、腹節の背部や
尾部には褐色の小点が点在します。
鋏脚や歩脚は紫がかった半透明色にて腹肢は赤褐色です。
 
和名の コガラシエビ は、細長い体型と、木枯らしが吹く頃の樹木の枝の様な形に
似ている事から、付けられたそうです。
そんな標準和名が付く以前は、第二額角が真横に2つに割れた形から ワリバシエビ
名前でダイバー達からは呼ばれておりました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/16

ツースポットコーラルフィッシュ その3

優勝目前にしたTOYOTA車が、ラスト3分にパワーダウンで完走出来なかった
あの悔しさから1年、今週末はルマン24ウィークです。
今年のWECレースでの第3戦にもなりますが、そのWECの第1戦シルバーストーン、
第2戦スパと TOYOTAは連勝にて、特にスパでは1-2フィニッシュ。
そして昨日行われた予選走行では8号車がポールポジション獲得で7号車が2位と、
フロントローを独占しました。

明日17日の21時~25時のスタート前後と、18日の13時~23時のゴール前後の
時間帯は TOYOTA GAZOO Racing が、JSPORTSでのル・マン生中継番組と同じ
内容の映像をWeb配信してくれます。
今年もF-1で HONDA がパッとしない中、TOYOTA が楽しみですね。

TwospotCoralfish20170211a
TwospotCoralfish20170211dTwospotCoralfish20170211b
ツースポットコーラルフィッシュ 学名 Coradion melanopus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / タキゲンロクダイ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約150mm
英名 twospot coralfish、twoeyed coralfishなど
生息域 フィリピン、インドネシア、パプアニューギニアなど。

水深が10mぐらいの珊瑚礁域や、岩礁域に単独、もしくはペアで生息しております。
背鰭棘数は10本とタキゲンロクダイ属では最も多く、体地色は白色にて頭部に眼の上を
横切る1本と、背鰭基部から腹部にかけて鰓蓋の上を通る1本と少し離れて1本のそれぞれ
背鰭基部あたりでは茶褐色で腹部にかけて暗褐色に変わる太い横帯が入り、その後ろには
前後を橙色の横帯に縁取られた濃灰色の横帯が入ります。

また背鰭第2棘に黒色斑が入り、背鰭後部の軟条部と臀鰭軟条部に白色で縁取られた黒色の
眼状斑がそれぞれ1個入る事などが特徴です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 06/15

アマミスズメダイ その9

Facebookの方には少し書きましたが、昨日の朝の通勤途中に会ったネネちゃんから、
「マヌカハニーとパンに塗ってどっちが美味しいか比べたいから、この間の蜂蜜が
まだあったらちょうだい」と言われ、奥さんに届けてもらいました。

そして今朝ネネちゃんに会った時に「マヌケなハニーと、どっちが美味しかった?」
と聞くと「マヌケじゃないよ、マヌカだよ!」と真面目に返されました。
残念、小学1年生にはまだこの手のジョークは通じない様です。

amamisuzumedaiYg20170413a
amamisuzumedaiYg20170413bamamisuzumedaiYg20170413g
amamisuzumedaiYg20170413f
アマミスズメダイ  学名 Chromis chrysura
スズキ目 / スズメダイ科 / スズメダイ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-22m 大きさ約30mm
英名 Stoutbody chromis
生息域 南日本~台湾、西インド諸島、モーリシャス、フィジーなど

水深が5m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域等で観察が出来、成魚は群れを形成して
生息しておりますが、幼魚の頃は群れは作らず、単独で珊瑚や岩などの隙間に隠れたり
しながら生息しております

成魚の体色は黒褐色にて、背鰭の軟条部と臀鰭の後部を結ぶ位置より後ろは淡色であり、
シコクスズメダイ の成魚と非常に良く似ておりますが、本種の方が体高が高くて鱗が
粗めで良く目立つことや、本種の背鰭の軟条数が本種は14本~15本であるのに対して、
シコクスズメダイ は12本~13本であること等で識別が可能です。

また幼魚の小さな頃の体地色は黒みがかった鶯色にて、各鰭の縁と、頭にV字型に蛍光
ブルーの色彩が入り、ひと目で本種と識別が出来ます。

amamisuzumedai20161224a
amamisuzumedai20161224camamisuzumedai20161224f
amamisuzumedai20161224g
撮影 2016年12月:和歌山県串本町紀伊大島須江 内浦 水深-7m 大きさ約80mm

こちらは水温が18度に下がっても頑張ってました。
このまま年を越しても居てくれるかなと思ってましたが、2月末に潜ったときには
見かけませんでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > 地域

Feed

Page top