かじきあん > ブログ トップ > ヤドカリ下目 > カニダマシ科

Category / カニダマシ科

    • 2013
    • 09/17

アカホシカニダマシ

さて今週末いよいよ NTT-docomoから iPhoneが発売されますが、今まで海外から取り寄せて
SIMフリー iPhoneを色々と触りまくって docomo回線で使ってきた ケータイヲタクの自分と
してはちょっと複雑、なんかつまらない気分です。

でも、iPhone5までは使えなかったプラチナバンド帯 (docomoでの表現はプラスエリア) が、
今回の 5Sと 5Cでは使えますので、やはり、また海外からSIMフリーを取り寄せて使おうかと
考えてましたが、海外での販売モデルはプラチナバンドには対応しておらず、日本で使ってて
便利なプラチナバンド対応モデルは結局、国内の携帯電話会社で購入するしかありません。

国内の携帯電話会社から購入した方が安いし安心なんですが、やっぱりなんかつまらんです。



アカホシカニダマシ 学名 Neopetrolisthes maculatus
 十脚目 / ヤドカリ下目 / カニダマシ科 / アカホシカニダマシ属

撮影 2013年6月:フィリピン・マクタン島 水深 -8m 大きさ 胴長15mmぐらい
英名 Porcelain anemone crab、Red-spotted porcelain crab など。
生息域 和歌山県以南 ~ 琉球列島、西部・南太平洋域、インド洋域など。

珊瑚礁域の水深が5m~15mぐらいの潮通しの良い礁原や、礁湖などに生息している
ハタゴイソギンチャク類をホストとし、裏側の根元や触手の間などに隠れております。
頭胸甲の中央部は盛り上がっていて額角は幅広で前方に突出しており、鋏脚の大きさは
左右不同です。
体地色は白色にて甲や鋏脚、歩脚など全身に大小の紅赤色の斑紋が散在しており、斑紋の
大きさや数量は個体によって様々です。

本種は特にマクタンならではの生物なんて事は無く、いつも潜っている和歌山県の南紀で
観察出来る生物なんですが、何故か南の島で見ると珍しく見えてしまいます。
本種に限らず他の生物でもそういう気分になりますが、やはり海が綺麗で常夏の島での
アイランド・ハイって奴なんでしょうか。

かじきあん > ブログ トップ > ヤドカリ下目 > カニダマシ科

Feed

Page top