かじきあん > ブログ トップ > ヤドカリ下目

Category / ヤドカリ下目

    • 2017
    • 03/03

ヒノマルヒメヨコバサミ

先日の朝、出勤する為に支度していた時に奥さんから、「これどうやれば見えるの?」と
質問されました。
いつもの事ですが時間に余裕のある夜に聞いてくるのでは無く、出かける為に時間の無い
朝に聞いて来るのは専業主婦の世間知らずの事ですが、見てみるとインスタの動画影像で
アプリを入れたのに見られないとの質問で、「登録した?」と聞くと「なにそれ?」と。

時間が無いので簡単に「いつものIDとパスワード登録しないと見られない」と答えると、
「またそれ~、何で全部ひとつでイカンの?」との素晴らしきご返答。
更には「わたしのパスワードって、********* で合ってたっけ?」
この人は亭主に秘密は作れんなと、ちょっと安心しました。

hinomaruhimeyokobasami20170208b
hinomaruhimeyokobasami20170208d
hinomaruhimeyokobasami20170208e
ヒノマルヒメヨコバサミ 学名 Paguristes gonagrus
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ヤドカリ科 / ヒメヨコバサミ属

 撮影 2017年2月:フィリピン マクタン島 水深50m 大きさ不明 (鋏脚は約3mm)
 生息域 相模湾以南の日本沿岸、台湾、フイリピンなど。

水深が20m~50m程の内湾の砂底や泥底に生息しております。
鋏脚や歩脚は赤橙色、鋏脚の長節は青紫色から赤色にて内側と外側に白色で縁取られた
赤色の円形斑紋が入ります。
眼柄部は赤橙色にて眼は黄色、第1触覚は青紫色にて第2触覚は赤橙色にて基部は青紫色に
染まります。

    • 2017
    • 02/14

アカテミギキキヨコバサミ その3

今回の遠征の最終日の事です、「なんか撮り残したの有ります?」との現地ダイビング
サービス
の風邪引きオーナー様からの質問に「そう言やジャネットカエ撮ってないわ~」
との自分の回答に対して、オーナー様と自分以外にヤドカリに興味の無いガイドさんや
ゲストさんから「なにそれ?」とのご質問。

それに対して「え~と平安京の公家たちの “ジャネットかえ~” ですわ」との風邪引き
オーナー様のお笑い迷回答。
そんなアホなこと言いながらも、その後の潜水でキッチリ見せてくれました。
いやいや、流石ですわ。

そう言えばこの風邪引きオーナー様の師匠のひとりである柏島の AQUAS の松野さんに
初めてお会いした時の自分のリクエストは アデヤカゼブラヤドカリ でしたが、その時も
お願いしたすぐの潜水でに見せていただけました。
自分はこんな素晴らしいガイドさん達に出会えて、本当に幸せに思います。

akatemigikikiyokobasami20170211d
akatemigikikiyokobasami20170211aakatemigikikiyokobasami20170211e
アカテミギキキヨコバサミ 学名 Pseudopaguristes janetkae
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ヤドカリ科 / ミギキキヨコバサミ属

 撮影 2017年2月:フィリピン マクタン島 水深50m 大きさ不明 (鋏脚は約3mm)
 生息域 琉球列島、グアム、フイリピンなど。

水深が5m~60m程の珊瑚礁域にて、崖下底面や洞窟内の転石の隙間、壁の亀裂などに
隠れる様に生息しており、成長しても甲長が5mm程度の小型種です。
前甲は乳白色、鋏脚全体と歩脚長節の付け根部分は赤桃色にて、先端側と腕節や前節、
指節などは白色。目柄部、第1触角は黄色にて、第1触角は付け根が黄色にてその他は
透明色に赤色の斑点が並びます。

本種は2002年に新設された ミギキキヨコバサミ属(Pseudopaguristes)の初記録種にて、
本属の判断の基準種されております。
前回の観察報告時にはまだ和名は付いておりませんでしたが、最近、和名が付けられた
そうです。

本種の過去の報告は、こちらを どうぞ。

    • 2016
    • 12/02

ゼブラヤドカリ属の1種 その3 (学名無し)

自分の仕事は毎月月末月初に多くの実務が重なり、その月の曜日次第では仕方なく
連勤が続くことがあります。
そんな中、2ヶ月ほど前から社内で人手が足らない部署の仕事を手伝っており、この月末
月初はその仕事も重なり、今週末も海へは行けず楽しい土日の仕事となりました。

そんな風ですから手伝ってる部署のスタッフも仕事かと思っていたら、なんと年間休日の
消化の為に今週末は全員三連休らしく、なんか填められてしまった様な感じです。
まぁでも数年の内に会社から去って行くと思われるロートル社員の自分が働くことで、
未来の弊社が保たれると思うと仕方ないですよね。

zebrayadokarisp20160911c
ゼブラヤドカリ属の1種 学名 Pylopaguropsis Sp
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ホンヤドカリ科 / ゼブラヤドカリ属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島 水深-6m 大きさ:宿貝の穴の直径約20mm
生息域 フィリピン、他不明

水深が3m~10mぐらいの珊瑚礁域に生息しており、夜になると岩や珊瑚の上などに出て
活動しております。
国内でも観察されるフルセゼブラヤドカリ によく似ておりますが、フルセゼブラヤドカリ
眼柄部の色と眼は共に黄色なのに対して、本種は眼は黄色でも眼柄部は紫色にて、同様の
色彩の アデヤカゼブラヤドカリ は歩脚の色が橙色に淡白色の縦縞が入るのに対して、
本種は橙色単色で白色の縦縞が無い事などで、それぞれとは異なる種と考えられます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 08/17

オルトマンワラエビ その4

常日頃に於いてあまり日本国民を意識する事はありませんが、4年ごとのオリンピックの
時だけは、必要以上に日本国民として日本選手を応援してしまいます。

今回のリオでは毎日まいにち、勝って喜ぶ涙に貰い泣き、負けて悔しがる涙に貰い泣き。
自分たち日本国民に感動を与えていただけるリオ・オリンピックに出場している選手達に
感謝の念に絶えませんよね。

orutomanwaraebi20160717d
orutomanwaraebi20160717bb
orutomanwaraebi20160717a
オルトマンワラエビの抱卵 学名 Chirostylus ortmanni
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ワラエビ科 / ムギワラエビ属

 撮影 2016年7月:和歌山県串本町 備前 水深-16m 甲長約10mm
 英名 Ortmann’s spider-crab
 生息域 房総半島以南 ~ 鹿児島県

岩礁域の水深が10m ~ 70mぐらいのヤギ類や、ウミカラマツ類、ウミトサカ類等の
枝上に生息しております。
甲の色は赤褐色にて三角形模様に白色の縦線が入り、歩脚や鋏脚は茶褐色にて各節には
細かな黄色点が列状に入り、3対ある歩脚の長節の間接手前には黒色で囲まれた白色の
斑紋があります。

昨年に本種の抱卵姿を初観察しましたが 写真が今ひとつでしたので、今年はリベンジと
ばかりにと頑張って見ましたが、昨年の出来以下の写真しか撮れませんでした。
甲長が僅か10mm以下にて卵に至ってはほぼ1mmぐらいの極小サイズと、なかなか難題の
撮影ではありますが、来年こそはやっつけたいと思います。

orutomanwaraebiB20160730c
orutomanwaraebiC20160730a
orutomanwaraebiA20160730c
orutomanwaraebiA20160730a
 撮影 2016年7月:三重県尾鷲市三木浦 ナナコのダボ 水深-12m 甲長約10mm

その2週間後に潜った三木浦でも探してみましたが、残念ながら抱卵中の個体には会えず。
ただ最後の写真の個体は鋏脚がちょっと変な感じで。
おそらく欠損した後の生え替わりにて異形になつてしまったかと思われます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 04/07

ゼブラホンヤドカリ その3

当初の計画では昨日の夜にマクタン入りして本日から潜水の予定でしたが、日程が確定し
いつものアクエリアスダイバーズに連絡したところ、「その日程ですと毎日7人~10人ほど
ゲスト居ますけど大丈夫ですか?」との返信が届きました。
知り合って約10年のガイドの拓ちゃん、自分が少人数でしか潜らない事を良く判っている
返信内容です。
わがままな自分は予約時に4人までなら予約したところですが今回は諦めて、それならばと
今回は柏島に行く事にしましたが、結局はインフルエンザ感染でこちらもキャンセル。

でももしも当初の計画どおりにマクタンに予約していたら飛行機のチケット代はパーだし、
ホテルもキャンセル代がかかってたかと思うと、こいつはラッキー。
どなたかは判りませんが、例年なら空いてるこの時期に自分より前に予約されてたゲストの
方達に感謝です。

zebrahonyadokari20150903a
zebrahonyadokari20150903b
zebrahonyadokari20150903d
ゼブラホンヤドカリ 学名 Pylopaguropsis zebra
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ホンヤドカリ科 / ゼブラヤドカリ属

 撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-16m
                    大きさ:宿貝の穴の直径15mm位
 英名 Zebra Hermit-Crab
 生息域 伊豆諸島、相模湾 ~ 土佐湾、津島列島、 西部太平洋域、インド洋など

珊瑚礁域や岩礁域にて転石の下や岩穴奥、洞窟内など暗い場所に生息しており、夜になると
活発に活動をします。
眼柄部と第1触覚はピンク色にて眼は黄色、左の鋏脚と各歩脚は白色と赤色の縦縞模様にて、
右の鋏脚は長くて大きく長節は白色と赤色の縦縞模様、腕節と掌部は共に薄い橙色にてその
内側に赤色の細い縦縞が入ります。
国内では深い水深に生息している様ですが、マクタンでは比較的に浅めの水深でも観察が
できます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2016
    • 01/10

フタスジウミシダコシオリエビ

昨日は我が家のお寺さんの大盤若会 ( 詳しくは こちら を ) にて、14時から催されたので
終わってからお墓掃除に行ったところ、匡平の幼なじみの3人の男子がお墓参りに来て
くれてました。
会うのは数年振りにて尋ねてみると、やはりいつもお墓にデコ蝋燭をお供えしてくれて
いたのは彼らでした。
何年経とうと匡平の事を忘れてくれていない友達に感謝です。

futasujiumishidakakureebi20150803i
futasujiumishidakakureebi20150803h
futasujiumishidakakureebi20150803k
フタスジウミシダコシオリエビ 学名 Galathea inflata
 十脚目 / ヤドカリ下目 / コシオリエビ科 / コシオリエビ属

撮影 2015年8月:高知県大月町柏島 水深-9m 大きさ 甲長15mmぐらい
英名 Commensal SquatLobster
生息域 伊豆諸島以南の南日本、琉球列島、東南アジアなど。

珊瑚礁域に岩礁域のウミシダ類をホストとして共生していてホストの巻枝付近に隠れる様に
しております。
鋏脚は長く甲長の約1.5倍ぐらいで前方に大きく広げて伸ばしております。
近似種の コマチコシオリエビ に比べると額角は短く、両脇の歯が大きく、縦帯の入り方が
異なりますので識別は容易です。
体地色は黒色にて頭胸甲の背面に2本、腹節の中心部と両側部に各1本の計3本のそれぞれ
乳白色の縦帯が入り、鋏脚や歩脚の先端は乳白色に染まります。

futasujiumishidakakureebi20150803ffutasujiumishidakakureebi20150803c
futasujiumishidakakureebi20150803m

撮影した時は コマチコシオリエビ と思ってましたが鋏脚がこんなに毛むくじゃらだったかな?
と言う疑問が残り、自宅に戻ってから図鑑で調べて本種と知りました。
コマチコシオリエビ の色彩パターンが多い事から間違いがちなので、気をつけないと
いけませんね。

    • 2015
    • 10/29

ミギキキヨコバサミ属の1種 (P.janetkae) その2

当観察報告を書く時に初めて書く生物は、まず国内の図鑑で調べ次に海外の図鑑を調べて
最後にWeb検索をして纏めます。
本日の生物も同様に調べて、最後にWeb検索をしてみたところ以前に自分が書いたモノが
ヒットしました。
てっきり初めての観察と思い込んでましたが、約1年半前に既に書いておりました。
やはり人は歳を取ると物覚えが悪くなる様でして。

と、物覚えの悪さを歳のせいにする自分です。

PseudopaguristesJanetkae20150904g
PseudopaguristesJanetkae20150904ePseudopaguristesJanetkae20150904b
PseudopaguristesJanetkae20150904c
ミギキキヨコバサミ属の1種 学名 Pseudopaguristes janetkae
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ヤドカリ科 / ミギキキヨコバサミ属

 撮影 2015年10月:フィリピン マクタン島 水深-35m 大きさ不明 (鋏脚は約3mm)
 生息域 琉球列島、グアム、フイリピンなど。

水深が5m~40m程の珊瑚礁域にて、崖下底面や洞窟内の転石の隙間、壁の亀裂などに
隠れる様に生息しており、成長しても甲長が5mm程度の小型種です。
前甲は乳白色、鋏脚全体と歩脚長節の付け根部分は赤桃色にて、先端側と腕節や前節、
指節などは白色。目柄部、第1触角は黄色にて、第1触角は付け根が黄色にてその他は
透明色に赤色の斑点が並びます。

本種は2002年に新設された ミギキキヨコバサミ属(Pseudopaguristes)の初記録種にて、
本属の判断の基準種とされております。
以前に報告済みの異なる ミギキキヨコバサミ属の1種 も、本種を基準とされております。

和名はまだ付けられておらず、学名 シュードパグリステス・ジャネットカエ との名で
呼ばれる事が多いです。

本種の過去の報告は、こちらを どうぞ。

    • 2015
    • 09/30

ゼブラヤドカリ属の1種 その2 (学名無し)

「彦根佐和口学園ミステリー部」って、ご存じでしょうか?
彦根市で催されている「井伊直弼公生誕200年祭」を機に、彦根城に観光誘致を
目的に作成されるドラマですが、現在エピローグ版を YouTube で見られます。
彦根城に纏わる謎を高校生が解いていく様なミステリー作品になるそうでして、
お城好きには面白そうな企画にて、期待しております。

zeburahonyadokariSp20150903c
撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-5m
 大きさ:宿貝の穴の直径20mm位

zeburahonyadokariSp20150117a
撮影 2015年1月:フィリピン・マクタン島 水深-8m
 大きさ:宿貝の穴の直径20mm位

ゼブラヤドカリ属の1種 学名 Pylopaguropsis Sp
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ホンヤドカリ科 / ゼブラヤドカリ属
 生息域 フィリピン、他不明

水深が3m~10mぐらいの珊瑚礁域に生息しており、夜になると岩や珊瑚の上などに出て
活動しております。
国内でも観察されるフルセゼブラヤドカリ によく似てますが、フルセゼブラヤドカリ
眼柄部の色と眼は共に黄色なのに対して、本種は眼は黄色でも眼柄部は紫色にて、同様の
色彩の アデヤカゼブラヤドカリ は歩脚の色が橙色に淡白色の縦縞が入るのに対して、
本種は橙色単色で白色の縦縞が無い事などで、それぞれとは異なる種と考えられます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 08/14

ミギキキヨコバサミ属の1種 (P.kuekenthali) その2

先日の事、遊びに来ていたネネちゃんが「おしっこ~」って言ってトイレに入って
いったら、サナちゃんが後ろからトコトコと歩いて一緒に入っていきます。
なんか最近いつもそうらしく、この暑いのに2人してトイレに入ってるらしいです。
ネネちゃんも嫌がることは無いようでして、なかよしさんですね。

さて連日の産卵ネタが尽きましたので、本日からは普通の観察報告に戻ります。

migikikiyokobasamiSp20150410a
ミギキキヨコバサミ属の1種 学名 Pseudopaguristes kuekenthali
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ヤドカリ科 / ミギキキヨコバサミ属

 撮影 2015年4月:フィリピン マクタン島 水深-5m 大きさ不明 ( 鋏脚は約10mm )
 英名 Orange Hermitclub 
 生息域 マレーシア、ベトナム、インドネシアなどの西部太平洋域。

水深が5m~30m程の珊瑚礁域にて、潮通しの良い岩肌の上や亀裂の隙間、洞窟内などに
生息しております。
前甲は乳白色、鋏脚や歩脚、目柄部、第1触角などその他はオレンジ色にて、各脚には
赤褐色のライン状の斑紋が縦に走っており、第2触角は赤褐色と白色のの縞模様になります。

migikikiyokobasamiSp20150409c
migikikiyokobasamiSp20150409amigikikiyokobasamiSp20150409b
 撮影 2015年4月:フィリピン マクタン島 水深-12m 大きさ不明 ( 鋏脚は約10mm )

こう言う姿をしてくれると甲部の色彩がよく判りますね。

本種の英名の Orange Hermitclub で調べてみると、Elassochirus gilli も同名で呼ばれて
おりますので、英名では検索しない方が無難の様です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2015
    • 08/11

オルトマンワラエビ その3

昨日はお寺さんがお盆のお経を読みに来て下さる為、仕事を正午過ぎに切り上げ帰宅して
仏壇周りをお盆仕様に飾りました。
そしてお寺さんがお越しになり帰られた後に、ネネちゃんとサナちゃんが遊びに来てくれ
ましたが、2人とも回り灯籠に興味津々にて回ってる綺麗な灯籠の絵を眺めるのでは無く
上から回ってる電球をのぞき込んでます。

そして壁に貼られた五如来幡を見て、ネネちゃんが上から「グリーン、イエロー、レッド」
と読んで、次に「ホワイチュ」と言ってます。
「あれっ?ワイトッだよ」と自分が言うと「違うよチュの発音が大事なんだよ」と教えて
くれました。
どうやら時代は、チュの様です。

orutomanwaraebi20150607b
orutomanwaraebi20150607ac
オルトマンワラエビの抱卵 学名 Chirostylus ortmanni
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ワラエビ科 / ムギワラエビ属

 撮影 2015年5月:和歌山県串本町 住崎 水深-16m 甲長約10mm
 英名 Ortmann’s spider-crab
 生息域 房総半島以南 ~ 鹿児島県

岩礁域の水深が10m ~ 70mぐらいのヤギ類や、ウミカラマツ類、ウミトサカ類等の
枝上に生息しております。
甲の色は赤褐色にて三角形模様に白色の縦線が入り、歩脚や鋏脚は茶褐色にて各節には
細かな黄色点が列状に入り、3対ある歩脚の長節の間接手前には黒色で囲まれた白色の
斑紋があります。

以前は深海性のムギワラエビと同種と考えられていましたが、現在では別種として
分けられております。

orutomanwaraebiYg20150803a
orutomanwaraebiYg20150803borutomanwaraebiYg20150803c
orutomanwaraebiYg20150803d
 撮影 2015年8月:高知県大月町柏島 後浜 水深-18m 甲長約5mm

orutomanwaraebi2014712aorutomanwaraebiB2014712aorutomanwaraebiC2014712a
 撮影 2014年7月:三重県尾鷲市三木浦 ナナコのダボ 水深-12m 甲長約10mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > ヤドカリ下目

Feed

Page top